インフィルトレーション

『ストリートファイター5』韓国人プロゲーマー「インフィルトレーション(Infiltration)」にDV疑惑

韓国人プロゲーマー Infiltration(インフィルトレーション) こと李ソン優氏が元妻に暴行を働いていたことを匿名で告発されている。

Infiltration(インフィルトレーション)の華々しい経歴

インフィルトレーションは『ストリートファイターIV』、『STREET FIGHTER X 鉄拳』、『ストリートファイターV』といった数多くのタイトルの大規模トーナメントで何度も優勝してきた世界的なトッププレイヤーで、『ストリートファイターV』の公式世界ランキング「カプコンプロツアー2018」では現在7位(2018年9月22日時点)。

インフィルトレーション

EVO2012 SSFIV AE2012 優勝、Canada Cup 2012 SFxTK 優勝、ストリートファイター25周年記念世界大会決勝 SSFIV AE2012 優勝、ストリートファイター25周年記念世界大会決勝 SFxT 優勝、EVO2013 SFxTK 2013 優勝、Capcom Cup 2013 SFxTK2013 優勝、EVO2016 SF5 優勝、EVO Japan 2018 SF5AE 優勝(画像は本人のTwitterより)


インフィルトレーションは徹底的に「最強キャラ」を開発し安定して勝つプレイスタイルと、通常トーナメントでは選択されないが故に対策もされない「レアキャラ」を磨き上げいきなり大舞台に投入し対戦相手の意表をつく戦略を併せ持ち、カリスマ視されていた。

今期の『ストリートファイターV』でも世界各地で順調に結果を残していたが、ここしばらくは大会を欠場しており、「既にランキング上位を確保している為これ以上の結果は目指さず12月のカプコンカップに焦点を合わせているのではないか」と推測されていた。

※EVO会場を驚愕させたレアキャラ・ハカン

2018年9月22日・23日に東京ゲームショウ2018で開催される賞金総額1000万円の「CPTジャパンプレミア」大会で久しぶりにその姿が見られると期待されていた中での告発だった。

インフィルトレーションの疑惑

告発はredditで行われた。内容を要約すると、

  • インフィルトレーションは2017年、EVO 2017 での敗北を元妻のせいにして暴行を加えた
  • 元妻を激しく殴打し、警察を呼ぼうとした元妻の携帯電話を奪い、首を締めあげた
  • その様子を近隣住民に通報され逮捕された
  • その後、接近禁止命令を受けているにも関わらずインフィルトレーションは再び元妻のアパートを訪れ暴行した
  • 韓国コミュニティの一部はこの事実を知っていながら、名誉棄損の罪を恐れて何も言わなかった
  • この問題とは別に、インフィルトレーションはスポンサーに対して詐欺行為を働いたという噂がある

※EVO 2017 でアメリカ最強ガイル Nuckle Du に敗れるインフィルトレーション

情報源も告発者も匿名であり信頼できるとは言い切れないものの、アップロードされた関係者しか閲覧できないはずの裁判記録を含めた証拠の全てがねつ造とは思えないほどにもっともらしく、米国と韓国のコミュニティは思わぬスキャンダルに騒然としている。

生々しい暴行の録音記録の「文字起こし」まで上がっており、助けを求める元妻を嘲りながら暴行を加える男の様子は人々の知るインフィルトレーションの姿と結び付かないが、裁判記録に記されている男女の本名や状況はその犯罪者がインフィルトレーション本人であることを示唆している。

告発者に「犯罪を隠蔽した配信者たちがいる」と暗に非難された韓国の格ゲー団体「Team Spiritzero」は

  • もしインフィルトレーションの問題が事実なら非難に値する
  • ただし第三者に裁判記録を知る手段はなく、インフィルトレーションの結婚生活について具体的には知らなかった
  • 何かを知っていたのに知らないふりをしていたということはない

反論している。


所属チームの Panda Global は「現在調査中」とした上で、「事実が確認された場合は適切な対応を取る」とし、東京でTGS大会の準備をしていたインフィルトレーションに出場を辞退させた。

※つい数日前までは東京をエンジョイしていたインフィルトレーション

カプコンプロツアー運営は大会出場者の言動に対する規約と調査から、過去に大会の現場で女性にセクハラ行為を働いたプレイヤー Noel Brown には該当シーズンの出場停止処分を下している。

ただし、最も権威あるカプコンカップに出場する権利を持っていたトッププレイヤーに対する処分、しかも家庭内の犯罪にどのようなペナルティが相応しいのかという点については前例がなく予想は難しい。 #MeToo 運動の高まりは今回のような判断をこれまでより厳しくさせる可能性がある。

インフィルへの疑惑まとめ
  • インフィルトレーションは日常的に家庭内暴力を行っており、裁判でも敗訴しているが事実を隠蔽している。関連した別の裁判も控えている。
  • 所属団体による調査はまだ終わっていないが、インフィルトレーションは何の弁明もしていない。
  • 今後は裁判所、スポンサー、大会運営、カプコンの判断が重要になる。
  • インフィルトレーションの選手としてのキャリアがこのまま終わりかねない深刻な状況。
追記
沈黙を続けていたインフィルトレーションだったが、ツイッターで立場を明らかにした。
インターネットには私に関するデマが出回っていますが、直に(所属チームの) Panda Global と共に正式な声明を発表します。

2018年11月16日、Panda Globalは韓国語の非公開裁判資料を翻訳して精査した結果を報告した。

カプコンの発表と併せて要約すると、
  • インフィルトレーションは「無実」を主張している
  • 精査の結果、匿名での告発の多くは偽造である
  • インフィルトレーションは2017年10月22日の「暴行」で70万ウォン(7万円)の罰金を支払っている
  • Panda Globalはインフィルトレーションとの契約を終了した
  • カプコン及びインフィルトレーションとの相談の結果、インフィルトレーションの2018年と2019年のカプコンプロツアーへの不参加が決定された
  • 事件が再発した場合、インフィルトレーションのカプコンプロツアーへの参加は永久に禁止される

Panda Globalは引き続き格闘ゲームコミュニティでの活動をしていくとのこと。

追記
その後、インフィルトレーション本人も配信で事情説明を行った。

eスポーツ / ニュースカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。