【フォートナイト】シーズン5は「遊び場」が一時閉鎖 いつかの復活を期待してプレイ動画でおさらい!

遊び場のルール
・最大4人のフレンドでプレイ可能
・フレンドの位置は表示されず、フレンドをキルできる
・無限にリスポーン可能であり、デス地点からグライダーで復活
・素材の入手量とラマの出現数が増加
・ストームの収縮が遅く、1時間たっぷり遊べる
・ミッションの達成はできない

2018年7月12日からフォートナイトシーズン5が開幕し、同時に特殊モードの『遊び場(プレイグラウンド)』が閉鎖される。
遊び場はフォートナイトで唯一の練習モードであり、2018年7月2日からこのモードが実装された。
しかしたった10日間でこのモードは終了となったため、「いつ復活するのか」「常設して欲しい」という意見を多数見かける。

皆の遊び場(プレイグラウンド)プレイ動画集

遊び場はかなり期待されていたルールであり、その反響からTwitterなどに多数プレイ動画がアップロードされている。
買い物カゴを利用したカートコースや、パネルを何枚を重ねた大規模な建築、バウンサーやトラップを組み合わせアスレチックコースなど様々な遊び方があるようだ。

カートコース風



フォートナイトには『買い物カゴ』という乗り物があり、プレイヤーは買い物カゴに乗ると通常より速く移動することができる。
その買い物カゴを活かし、遊び場でカートコースを作る人も多かった。
バンパーやジャンプパッドも使い放題なので、通常のバトルロワイヤルではまずできない遊び方だ。

バウンサー系



設置型アイテムも入手しやすくなっており、中でもバウンサーを使った遊びを考案した人が多い。
ピタゴラスイッチ的なものから、バウンサーを使ったエイム練習など遊び方は様々。
何枚もバウンサーを組み合わせ、全自動化ステージを作るプレイヤーもかなりいたようだ。

アスレチック系

サンドボックス系ゲームの定番ネタであるアスレチックコースを作成するというプレイヤーも多かったようだ。
フレンドに攻撃できたり、無限にリスポーンできるという遊び場ならではのコースも多い。
中にはグライダー展開での移動を活かしたコースを制作したというプレイヤーもおり、遊びの幅の広さが伺える。

その他ネタ建築・ネタプレイ

パネルを使ったドット絵や、1時間いっぱい遊べることを活かした大規模な建築のツイートが非常に多かった。
中にはアイテムが通常より多いことを利用した遊び方もあったようだ。

ちなみに筆者は遊び場が閉じる前に、フレンドと一緒にC4爆弾をありったけ設置して同時に爆破させるという遊びを試みた。
今までフォートナイトを遊んでいて「ゲームが重い」と思ったことは一度も無かった。
しかしC4の同時爆破は画面がカクつき、はじめてフォートナイトの動作が重いと感じる経験になった。

シーズン5で遊び場はいつ復活するのか



フォートナイト運営は遊び場を一時的なものではなく、恒久的なものにしたいと発言しており、今後は常設モードになる可能性もある。
しかしシーズン5はマップが変更されているということもあり、遊び場の登場には時間がかかると予想できる。
シーズン4で実装されたときも延期に延期を重ねていたので、技術的な問題も解決しなければならないのだろう。

シーズン5では今までになかった『オールテレインカート』という4人乗りの車が追加されており、この車を使って遊び場で遊びたいという意見をかなり見かける。
また、マップが変更されているので見回りたいという意見も多いようだ。
今のところは公式から遊び場の復活に関するアナウンスは無いので、気長に待つしかないだろう。

フォートナイト攻略ガイドまとめ記事

当サイト、HARDMODEではフォートナイトに関する攻略記事を発信しています。
初心者向け記事・情報系まとめ記事・テクニック系記事は以下のリンクからご覧ください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。