• スマブラSP
  • 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALのカテゴリ
スマブラDLC

『スマブラSP』ファイターパスの参戦キャラクターは誰?ジョーカーに次ぐDLC4人を予想

「スマブラSP」はDLC「ファイターパス」として5人の追加ファイター+それぞれのファイターにちなんだステージと音楽の販売をしており、全てセットで2500円。602円で1体ぶんだけ購入することもできる。

「ファイターパス」では何のキャラ・ステージ・音楽が追加されるのか、内容がわからないまま購入する仕組みとなっている。5人の追加ファイターのチョイスを予想してみた。

スマブラ参戦キャラクターの基準

12月7日に開催されたゲームイベントThe Game Awards 2018で任天堂は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のDLC第一弾・新規ファイターとして『ペルソナ5』の主人公「ジョーカー」の参戦を発表した。

『ペルソナ5』は世界220万本を売り上げた人気JRPGで、The Game Awards 2017では『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』『PUBG』『ホライゾンゼロドーン』と並んでゲームオブザイヤーにノミネートされるなど、世界的な評価も高い。

ペルソナ5 新価格版 - PS4
アトラス (2018-09-06)
売り上げランキング: 173

「スマブラ」ディレクターの桜井政博はファミ通のコラム「ゲームについて思うこと」で『ペルソナ5』を絶賛しており、スマブラの「オールスター」の一員としての資格は十分あるように見える。一方でペルソナシリーズはソニーハードでシリーズ展開してきたゲームであり、任天堂との関わりは薄い。

もっともスマブラには、ゲーム史的に偉大なキャラクターではあるが任天堂ハードにほとんど登場しない「クラウド」や「スネーク」など、「他社キャラ」の参戦が少なくない。それを考えれば任天堂のパブリッシングで『幻影異聞録♯FE』を世に出したアトラスから『ペルソナ5』が参戦するということもあり得ない話ではなかった。

The Game Awards 2018でニンテンドー・オブ・アメリカ社長レジーことレジナルド・フィサメィは、サプライズがこれだけではないことを示唆した。「DLCに登場するファイターたちは、ジョーカーのように思いもよらないキャラになるだろう」。

レジーコング

右がレジー


「思いもよらない」のは、DLCで発売されるファイターが任天堂キャラクターではない「他社キャラ」だからではないだろうか?また、『ペルソナ5』のように直接任天堂ハードと関係のないゲームからの参戦が他にもあるのでは?

「パックンフラワー」や「ジョーカー」のスマブラ参戦を言い当てられた人などいないのでこの先も予想するだけ無駄かもしれないが…

「スマブラSP」DLCファイター予想

『ダークソウル』からアルトリウス

DARK SOULS REMASTERED - Switch
フロム・ソフトウェア (2018-10-18)
売り上げランキング: 574

売り上げ・評価・世界的人気の全てで「文句なし」がフロム・ソフトウェアの『ダークソウル』。2018年10月18日にはNintendo Switchから『ダークソウル リマスタード』が発売され、スマブラに参戦しやすい人気キャラクターもいる。そこで「深淵歩きアルトリウス」だ。

人気という面では「太陽の戦士ソラール」も捨てがたいが、なにしろソラールは太陽の長子でもなんでもない戦士なので、スマブラではあまり見栄えがしなさそう。

『マインクラフト』からスティーブ

Minecraft (マインクラフト) - Switch
日本マイクロソフト (2018-06-21)
売り上げランキング: 24

『Minecraft』を開発するMojangはマイクロソフトの子会社で、マインクラフトとコラボレーションするということはマイクロソフトとコラボレーションするということだ。ソニーとマイクロソフトのキャラクターをもってくるのは単なる「他社キャラ参戦」ではなく、ライバル企業のIPを借りるということになる。

ただし「マインクラフト」は任天堂ハードでも(ソニーハードでも)展開されており、「クロスプレイ」の方針からSwitchとXbox間のマルチプレイさえ可能になっている。ゲーム史的に考えればこれほど「ビデオゲームのオールスター」に相応しい作品はない。

『忍者龍剣伝』からリュウ・ハヤブサ

忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション
コーエーテクモゲームス
ブレイブウェーブプロダクション株式会社
売り上げランキング: 9,174

近年任天堂とのコラボに積極的なコーエーテクモからの参戦はありえそうだ。『仁王』のウィリアムも悪くないが、新規IPの新キャラクターよりはリュウ・ハヤブサのほうが現実味がある。

『バンジョーとカズーイの大冒険』からバンジョー&カズーイ

バンジョーとカズーイの大冒険
任天堂 (1998-12-06)
売り上げランキング: 14,289

ニンテンドー64『バンジョーとカズーイの大冒険』も今やマイクロソフト傘下レア社のIPだが、「思いもよらない」とは程遠い。むしろ、多くのファンがスマブラのためなら「バンカズ」を引っ張ってこれるはず、と考えている。

その予想は何度も外れてきたが、ついに当たると信じたい。


個人的な希望としては、『ソウルキャリバー6』にもコラボ参戦した『ウィッチャー』のゲラルトを推す。任天堂ともスマブラとも関わりはないがゲームとキャラクターの人気は間違いないので、任天堂が本気でファンを驚かせたいなら“アリ”だと思うのだが、どうだろうか。

スマブラSP 関連記事

HARDMODEは「スマブラSP」の攻略ガイドを出しています。ぜひ参考にしてください。

スマブラSP / コラムカテゴリの最新記事

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Anonymous

    有野課長とか・・・・w

  2. Anonymous

    SNKから風雲STBのキム・スイルとか来ないかな?
    カードファイターズDSにも出たから資格はあるかと。>キム・スイル