• HOME
  • 全記事
  • Apex Legends
  • 『Apex Legends』アルティメットアビリティのクールタイムと使い方【エーペックスレジェンズ】
apex legends アルティメットアビリティ クールタイム

『Apex Legends』アルティメットアビリティのクールタイムと使い方【エーペックスレジェンズ】

『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のアルティメットアビリティのクールタイムと活用方法を解説します。

アルティメットアビリティのクールタイム一覧

全レジェンドが使える必殺技である「アルティメットアビリティ」。
時間経過でゲージが溜まり100パーセントになると使用できるようになりますが、レジェンドによってこのクールタイムは異なります。
ゲームが開始して降下し着地してからアルティメットアビリティを使用できるようになるまでの時間を計測しました。

ブラッドハウンド 3分

ハンティングビースト:五感を研ぎ澄ますことで獲物が強調表示され、動きも速くなる。

ブラッドハウンドのアルティメットアビリティは『3分』で使用できるようになります。

奇襲に最適で、索敵能力も強化されるので周囲に敵がいるとわかっている時は出し惜しみせずに使いましょう。

ジブラルタル 4分30秒

防衛爆撃:マークされた地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する。

ジブラルタルのアルティメットアビリティは『4分30秒』で使用できるようになります。

広範囲爆撃のアビリティは敵の連携が乱せる重要な能力なので、1人ダウンを取った際や蘇生の阻害、進行妨害に使用しましょう。

ライフライン 6分

ケアパッケージ:高品質の防御用装備を積んだドロップポッドを要請する。

ライフラインのアルティメットアビリティは『6分』で使用できるようになります。

ゲージが溜まり次第ガンガン使ってチームの物資をできる限り強化しましょう。

パスファインダー 1分30秒

ジップラインガン:誰もが使用できるジップラインを作り出す。

パスファインダーのアルティメットアビリティは『1分30秒』で使用できるようになります。

短いクールタイムを活かして最終安地をジップラインだらけにしておけば、展開力でチームが負けることはなくなります。

レイス 2分40秒

ディメンションリフト:2地点間をポータルで60秒間連結する。チーム全員が使用できる。

レイスのアルティメットアビリティは『2分40秒』で使用できるようになります。

攻めにも逃げにも使いやすくクールタイムも早いので使えるシーンで迷わず多用しチームの柱となりましょう。

バンガロール 4分30秒

ローリングサンダー:一帯をゆっくりと巡る支援砲撃を要請する。

バンガロールのアルティメットアビリティは『4分30秒』で使用できるようになります。

ジブラルタルと同様に広範囲爆撃で敵の連携をめちゃくちゃにできます。

コースティック 2分

NOXガスグレネード:広いエリアをNoxガスで包む。

コースティックのアルティメットアビリティは『2分』で使用できるようになります。

クールダウンは短いものの、味方の邪魔になりがちな能力なので使う際は慎重に状況を見極めましょう。

ミラージュ 3分

ファントム:デコイ集団を展開して敵の注意をひき、自身はクロークで身を隠す。

ミラージュのアルティメットアビリティは『3分』で使用できるようになります。

逃げにも攻めにも使いやすいアルティメットアビリティなので、出し惜しみせず使いましょう。

オクタン 1分30秒

ジャンプパッド:仲間を空中へ射出するジャンプパッドを展開する。

オクタンのアルティメットアビリティは『1分30秒』で使用できるようになります。

1つのジャンプパッドで全方向に移動できるため非常に便利ですが、敵も使うことができるので注意しましょう。

まとめ

爆撃系 4分30秒
非常に強力な広範囲攻撃はクールタイムも長いです。

物資系 3分
一試合20分前後で3分置きにケアパケを呼ぶとすると5回は使用できるのが強みです。

自己強化系 3分
強力ですが、最後に勝ち負けを決めるのはアビリティではなくエイム力。クールタイムは長くありません。

全体効果 2分30秒
必ず役に立つとは限らないアビリティは少しクールタイムも短めです。

移動系 1分30秒~2分40秒
チーム全員が移動できる優秀な技ですが、敵も使用できてしまうからかクールタイムは短めです。

Apex Legends 関連記事

『Apex Legends』の攻略ガイドはこちら。

PC版『Apex Legends』を遊びたいけどゲーミングPCを持っていないという人はこちらの記事が参考になります。

Apex Legendsカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。