• オートチェス
  • dota2のMOD『Dota Auto Chess(ドタオートチェス)』、モバイル版『Auto Chess(オートチェス)』のカテゴリ
autochess

【ドタオートチェス】『Dota Auto Chess』のダウンロード方法・遊び方

『Dota Auto Chess(オートチェス)』とは、「麻雀バトルロイヤル」とも呼ばれる運と実力が絶妙に混ざったシステムが人気の『Dota 2』カスタムゲームです。開発は中国のDrodo Studioで、2019年1月公開以来世界中でプレイされています。

カスタムゲームというのはユーザーが作る巨大な改造MODのことで、「オートチェス」は『Dota 2』を元に作り上げたゲームです。ゲームのルールは『Dota 2』とは完全に別物ですが、「オートチェス」をプレイするためにはまず『Dota 2』本体をダウンロードする必要があります。

この記事ではオートチェスをプレイするまでの手順を解説します。

「オートチェス」のモバイル版である『オートチェス モバイル』のダウンロード方法・遊び方は別の記事で紹介しています。

オートチェスを遊ぶまでの準備

オートチェスをプレイするまでの手順を解説していきます。

Steamをインストール

steam

Steamを使ったことがない人は、まず公式サイトからSteamクライアントをインストールしてアカウントを作成します。

『Dota 2』をダウンロード

dota2

Steamを開き、『Dota 2』をダウンロードします。『Dota 2』は無料ゲームなので、「Dota 2」で検索して「今すぐプレイ」からダウンロードできます。

『DOTA AUTO CHESS』をインストール

オートチェス

『Dota 2』を起動し、チュートリアルは無視して「アーケード」を選択。「カスタムゲームを検索」欄に「DOTA AUTO CHESS」と入力して検索し、表示されたオートチェスを「インストール」すれば準備完了です。

以降は「アーケード」の「ライブラリ」からオートチェスを選択すればいつでもオートチェスを遊べるようになります。

オートチェスの基本ルール

オートチェス ルール

オートチェスの基本ルールは以下の通りです。

オートチェスのチュートリアル
  • STEP 1
    駒の購入
    ゴールドを使って欲しい駒を採用パネルで買う。
  • STEP 2
    準備
    「駒を選択」をクリックして選んだ駒をチェス盤に配置する。
  • STEP 3
    合体
    同じ駒を3つ揃えてチェス盤に置くと、それらは合体し、★が1つ増えて強くなります。
  • STEP 4
    戦闘
    駒は自動的に戦います!

それぞれの駒には「種族」と「クラス」があり、同じ種族やクラスで駒を揃えると強力な効果が発動します。自分の手駒を強化していき、8人のプレイヤーのなかで最後の1人まで生き延びれば勝利です。

ルールはシンプルですが、1ターン毎に制限時間があるので初めは操作が追い付かないかもしれません。

そこで、初心者はまずカスタムロビーのソロプレイで操作の練習をするといいでしょう。

カスタムロビーでオートチェスの基本操作を確認しよう

オートチェス カスタムロビー

「カスタムロビーを作成」からマッチを作成し、一人でマッチに入ることでbot戦ができます。

bot戦はランクに反映されないので気楽に練習できます。bot戦で終盤(レベル9~)まで生き延びることができれば、対人戦でも上手く動けるようになっているはず!

Qキーは「駒を移動」、Wキーは「駒を倉庫に戻す」、Eキーは「駒を売却」、Dキーは「ショップリストを更新」、Fキーは「経験値を購入」、スペースキーは「ショップリストの開閉」です。

とりあえず、この基本操作だけは覚えておきましょう。

対人戦をしよう

対人戦をプレイしてみましょう

「PLAY DOTA AUTO CHESS」をクリックすると対人戦ができます。

麻雀の初心者があらゆる役を覚えるのが不可能なように、オートチェスのあらゆる駒のシナジーをいきなり使いこなすのは不可能です。まずは序盤で「今回はゴブリンを集める」「ウォリアーを集める」といった方針を決め、シナジーの揃えやすいところからチャレンジしてみましょう。

初心者がナイト帯に上がるための基礎講座はこちら。

ナイトの上位までランクが上がったら、効率良くランクを上げるためにプライベートロビーを使ったマッチングをお勧めします。

オートチェスをプレイする時に注意すべき設定

オートチェスをプレイする際に、設定面での注意点がいくつか存在します。

グラフィック設定

オートチェス グラフィック設定

グラフィック設定の一例です。

オートチェスは後半になってくるとエフェクトが派手になり、動作が重くなることがあります。極端に重くなるわけではありませんが、快適にプレイしたいならグラフィック設定はできるだけ下げておきましょう。

ただし、「game screen render quality」が75%より低くなるとかなり画面が見辛く感じます。できればここは下げずに、別の設定をいじって調整してください。

ゲーム後半でも特に問題を感じなければ設定を変更する必要はありません。

オーディオ設定

dota2 サウンド設定

「マスターボリュームを下げてもマッチが始まると100パーセントに戻る」という現象が存在します。つまり、音量を絞っているつもりなのに爆音でゲームをやらされるということです。

ゲーム内のマスターボリュームは100パーセントにしたまま、音量ミキサーの方で『Dota 2』の設定をいじりましょう。

音量ミキサ-

ちなみにオーディオ設定の「デスクトップの音声を再生」にチェックを入れればオートチェスの画面を開いていなくても音声が鳴ります。マッチングするまでの時間に別ブラウザを閲覧したい人は必ず入れておいたほうがいい項目です。無音だとマッチングしたことに気付かずにボロ負けしてしまいます。

「倉庫で自動合体」にチェック

倉庫で自動合体

プレイ画面右上に「倉庫で自動合体」という項目があります。倉庫に3体同じ駒が集まったときに自動的に合体するかどうかという設定なのですが、この項目はデフォルトでオフになっています。

3体揃った駒は合体させたほうが間違いなくお得なので、試合が始まったら必ず「倉庫で自動合体」にチェックを入れておきましょう。

オートチェスをプレイするために必要なPCスペック

「オートチェス」を遊ぶために必要とされるPCスペックはそれほど高くありません。

『Dota 2』が要求する最低スペックは以下の通りです。

最低スペック(公式サイトから引用
CPUDual core from Intel or AMD at 2.8 GHz
メモリ4GB
GPUnVidia GeForce 8600/9600GT, ATI/AMD Radeon HD2600/3600

自分のPCでオートチェスをプレイできるかどうかわからなければ、とりあえずイントールしてみて確かめてみましょう。

オートチェスは一秒を争う操作が勝敗を分けるので、ちょっとしたカクつきも致命的になり得ます。少しでも映像がカクついたり動作に時間がかかったりしたら、新しいゲーミングPCを買うと快適にプレイできます。

ガレリア ZF
ガレリア ZF
CPU : Core i7-9700K
グラフィック : RTX2070 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

「ガレリア ZF」は「ゲーミングPCとして最高性能ではないが、最新ゲームでも快適に遊べる」という点でコスパの良いゲーミングPCです。

GPUは「RTX2070」、CPUは「i7-9700K」、メモリは「16GB」と『Dota 2』の最低スペックを軽々超えており、もちろんオートチェスもサクサク動きます。このPCならグラフィック設定を下げなくても問題ありません。オートチェスに限らず、PCゲームをしたい人全般におすすめです。

ちなみに、PCゲームをプレイするときはマウスの操作性も重要です。オートチェスの場合は主に駒を移動させるときに素早いマウス操作をします。こちらの記事では様々なワイヤレスゲーミングマウスを紹介しています。

オートチェス / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。