工事不要で使えるWiFiのおすすめランキング厳選5社!実際の口コミも紹介

「光回線を利用したいけど家を工事することに抵抗がある。工事不要で使えるWi-Fiはないかな?」

光回線を利用することで高速で安定したインターネットとなりますが、工事が必要になるため、住む地域や住宅によっては光回線を利用できない可能性があります。

しかし、Wi-Fiには工事が不要で光回線に劣らない機能を持ったものがあります

そこで、本記事では工事不要で使えるおすすめのWi-Fiを5つ紹介します。

この記事を読むことで、光回線が引けない人でも、工事不要のWi-Fiを利用して快適にインターネットが使えるようになります。

本記事でわかること
  • 工事不要で使えるおすすめのWi-Fi5選
  • 工事不要のWi-Fiの選び方
  • 工事不要のWi-Fiの実際の口コミ
目次

工事不要で使えるWiFiのおすすめランキング5選

工事不要で使えるWi-Fiを5つ厳選し、ランキングでまとめました。

工事不要で使えるWi-Fi5つ一覧は、以下の表をご覧ください。

ドコモ home 5Gソフトバンク Airビッグローブ WiMAX +5Gau スマートポート楽天 ポケット WiFi
おすすめランキング1位2位3位4位5位
取り扱いホームルーターホームルーターホームルーター
ポケット型Wi-Fi
ホームルーターポケット型Wi-Fi
月額料金4,950円(税込)5,368円(税込)4,191円(税込)4,721円(税込)〜3GB:1,078円(税込)
〜20GB:2,178円(税込)
20GB〜:3,278円(税込)
端末料金39,600円(税込)71,280円(税込)21,912円(税込)22,000円(税込)7,980円(税込)
契約期間縛りなし2年間1年間2年間縛りなし
月間データ容量無制限無制限無制限30GB無制限
最大通信速度4.2Gbps2.1Gbps2.7Gbps440Mbps150Mbps

1位:ドコモ home 5G

工事不要で使えるWi-Fiおすすめランキング1位はGMOとくとくBBのドコモhome5Gです。

home 5Gとは、NTTドコモが提供する、Wi-Fi環境が工事不要で整うホームルータータイプのWi-Fiサービスです。

コンセントに挿すだけですぐに利用開始できます。

ドコモ home 5Gは月額4,950円(税込)で安く、月間のデータ容量無制限でWi-Fiを利用できるため、通信制限でサクサクインターネットが使えないということがありません。

さらに、契約期間に縛りがないため、どのタイミングで解約しても解約違約金がかかりません。

ドコモ home 5Gソフトバンク Airビッグローブ WiMAX +5Gau スマートポート楽天 ポケット WiFi
月額料金4,950円(税込)5,368円(税込)4,191円(税込)4,721円(税込)〜3GB:1,078円(税込)
〜20GB:2,178円(税込)
20GB〜:3,278円(税込)
端末料金39,600円(税込)71,280円(税込)21,912円(税込)22,000円(税込)7,980円(税込)
契約期間縛りなし2年間1年間2年間縛りなし

ドコモ home 5Gは他のWi-Fiと比べて月額料金が安く、解約違約金もかからないため、お得に利用できます。

また、最大の通信速度が4.2Gbpsで、ほとんどの光回線が1Gbpsであるため、光回線より高速で利用できます。

さらに、GMOとくとくBBから申し込むことで、ホームルーター代の18,000円の特別還元を受け取れるため、実質無料でルーターを使用可能です。

2位:ソフトバンク Air

工事不要で使えるWi-Fiおすすめランキング2位はSoftBank Airです。

SoftBank Airはソフトバンクが提供するホームルータータイプのWi-Fiで、コンセントに接続・設定が完了するため、すぐに利用開始できます。

ソフトバンクAirには「Airターミナル4/4 NEXT」と「Airターミナル5」の2種類があります。

5G対応の最新機種であってもAirターミナル4/4 NEXTと同じ料金の月額5,368円(税込)で利用できます

他のWi-Fiと比べて若干月額料金が高くなりますが、最新の5G機種を利用できるのが強みです。

さらに、ソフトバンク公式から申し込むことで、他社への違約金・撤去工事費満額還元やスマホセット割などのキャンペーンを適用させることも可能です。

3位:ビッグローブ WiMAX +5G

工事不要で使えるWi-Fiおすすめランキング3位はWiMAX +5GをはじめるならBIGLOBEです。

ビッグローブ WiMAX +5GはKDDIが提供するWi-Fiサービスです。

ビッグローブ WiMAX +5Gは今回紹介するWi-Fiの中で、唯一ホームルータータイプとポケット型Wi-Fiタイプを選ぶことができます

自宅でのみWi-Fiを利用する人はホームルータータイプを、出先でもWi-Fiを使う予定がある人はポケット型Wi-Fiタイプという選び方も可能です。

また、月額料金が4,191円(税込)で最も安くなっています

さらに、申し込む際、公式サイトに記載されているクーポンを使用することで、15,000円のキャッシュバックが受け取れるようになります。

ドコモ home 5Gソフトバンク Airビッグローブ WiMAX +5Gau スマートポート楽天 ポケット WiFi
取り扱いホームルーターホームルーターホームルーター
ポケット型Wi-Fi
ホームルーターポケット型Wi-Fi
月額料金4,950円(税込)5,368円(税込)4,191円(税込)4,721円(税込)〜3GB:1,078円(税込)
〜20GB:2,178円(税込)
20GB〜:3,278円(税込)

とにかく安く利用したい人はWiMAX +5GをはじめるならBIGLOBEがおすすめです。

4位:au スマートポート

工事不要で使えるWi-Fiおすすめランキング4位はau スマートポートです。

au スマートポートはKDDIが提供するホームルータータイプのWi-Fiです。

au スマートポートは5GHzと2.4GHzの2つの回線を利用できるため、自宅が広く、かつ複数のデバイスでWi-Fiを利用するときでも快適にインターネットが使えます

また、コンセントに挿すだけで利用開始できるため、ホームルーターを持ち帰ったその日からインターネットに繋げられるようになります。

5位:楽天 ポケット WiFi

工事不要で使えるWi-Fiおすすめランキング5位は楽天 ポケット WiFiです。

楽天 ポケット WiFiは楽天が提供するポケット型Wi-Fiです。

楽天 ポケット WiFiの料金体系は他のWi-Fiと異なり、Wi-Fiを利用した分に合わせて料金が変動します。

データ利用量月額料金
〜3GB:
1,078円(税込)
〜20GB2,178円(税込)
20GB〜3,278円(税込)

20GB以降はいくら使用しても3,278円(税込)から上がることがなく、どれだけ使っても他のWi-Fiより安く利用することができます。

しかし、最大通信速度が150Mbpsで、一般的なポケット型Wi-Fiとしては遅くありませんが、他のWi-Fiと比べると遅くなることには注意が必要です。

月によってWi-Fiのデータ使用量が変化する人や、月額料金を安く済ませたい人におすすめです。

工事不要のWiFiを選ぶときにチェックしたい3つのポイント

工事不要のWi-Fiのおすすめを5つ紹介しました。

これらのWi-Fiからどれを選べば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

次に工事不要のWi-Fiを選ぶとき、チェックするべき3つのポイントを紹介します。

データ通信量が無制限かどうか

工事不要のWi-Fiを選ぶ際、データ通信量が無制限かどうかということをチェックしましょう。

今回紹介した5つのWi-Fiでは、au スマートポートのみ30GBの制限があり、それ以外は無制限で利用可能となっています。

ドコモ home 5Gソフトバンク Airビッグローブ WiMAX +5Gau スマートポート楽天 ポケット WiFi
月間データ容量無制限無制限無制限30GB無制限

データ通信量に制限がある場合、データ容量を超えるとその月が終わるまで低速モードでWi-Fiを利用しなければいけなくなります。

低速モードになると快適にインターネットを利用できなくなるため、データ通信量が無制限のWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

通信速度が高速か

工事不要のWi-Fiを選ぶ際、通信速度が高速かどうかも重要になります。

今回紹介したWi-Fiでは、GMOとくとくBBのドコモhome5GSoftBank AirWiMAX +5GをはじめるならBIGLOBEの3つが特に高速であることがわかります。

ドコモ home 5Gソフトバンク Airビッグローブ WiMAX +5Gau スマートポート楽天 ポケット WiFi
最大通信速度4.2Gbps2.1Gbps2.7Gbps440Mbps150Mbps

通信速度によってダウンロードとアップロードの速度が変化します。

また、インターネットで何かを行うときのほとんどは、ダウンロードとアップロードどちらかを行っているため、Wi-Fiを選ぶ際は通信速度が重要になります。

Wi-Fiを使用する環境や時間帯によって通信速度は変動しますが、最大通信速度が速いGMOとくとくBBのドコモhome5GSoftBank AirWiMAX +5GをはじめるならBIGLOBEの3つから選ぶのがおすすめです。

速度制限の条件

工事不要のWi-Fiを選ぶ際、速度制限の条件の有無もチェックしましょう。

工事不要のWi-Fiのデータ容量が「無制限」と記載されているものもありますが、実際は無制限ではなく、3日間に10GBまたは15GBまでといった制限がかけられていることがあります

また、ネットワークが混雑する18時〜深夜2時の時間帯は通信速度を1Mbpsに制限する場合もあります。

速度制限の条件が設定されており、把握せずに利用するとストレスとなってしまうため、工事不要のWi-Fiを選ぶ際は事前にチェックしておきましょう。

工事不要WiFiと光回線の違いは?

ここまで工事不要のWi-Fiについて解説してきました。

しかし、「工事が不要であること以外に光回線とどのような違いがあるかわからない」という人もいるのではないでしょうか?

そこで、次に工事不要のWi-Fiと光回線の違いについて解説します。

回線の種類

工事不要のWi-Fiと光回線は回線の種類が異なります。

工事不要のWi-Fiは、「データSIMを使用したモバイル回線」を使用しています。

スマホと同様に、契約情報からユーザーを特定しながら通信を行うという仕組みです。

一方で、光回線は「固定回線」を使用しています。

光回線と電話線を経由して通信を行うという仕組みになっています。

固定回線は自宅に回線を引くことになるため、工事が必須になります。

通信速度や安定性

工事不要のWi-Fiと光回線では、通信速度や通信の安定性が異なります。

結論、光回線をはじめとする固定回線の方が通信速度が速く、通信の安定性が高いという特徴があります

直近3ヶ月の各回線タイプの通信速度の平均値は以下の通りです。

Ping下り上り
光回線27.2ms337.5Mbps270.4Mbps
ホームルーター81.4ms148.9Mbps17.7Mbps
引用:みんなのネット回線速度

Ping値:通信の応答速度を示す数値で、この数値が低いほどネット回線の品質が高い

表からホームルーターがPing値が高く、通信速度が低いことがわかります

その理由は、固定回線の場合、自宅に有線のケーブルを直接引き込んで電波を飛ばすからです。

固定回線を使用すると、自分専用の電波を飛ばせるため、通信速度が速く、安定性が増します。

一方で、工事不要のWi-Fiは、もともと飛んでいる電波をキャッチしてインターネットを利用するという仕組みになっています。

工事が不要であったり、月額料金が安くなったりしますが、通信速度や通信の安定性は光回線に比べて劣ります。

工事不要のWiFiでもゲームはできる?事前に確認すべき注意点

工事不要のWi-Fiを利用する場合、事前に確認するべき注意点があります。

次に工事不要のWi-Fiの注意点を3つ紹介します。

速度制限にかかる場合がある

工事不要のWi-Fiを利用すると、速度制限にかかる場合があります

多くのWi-Fiは月間データ容量が無制限となっていますが、中には「3日で10GBまで」や「3日で15GBまで」といった制限が設けられている場合があります。

速度制限が設けられているWi-Fiでオンラインゲームを実施した場合、データ容量を超えて低速モードになってしまう可能性があります。

そのため、オンラインゲームを実施する機会が多い人は、月間データ容量が無制限のWi-Fi、または光回線を利用するのがおすすめです。

光回線より速度が遅い

工事不要のWi-Fiの多くは光回線より通信速度が遅いという特徴があります

上記でも解説した通り、光回線は安定性が高い固定回線と使っている一方で、工事不要のWi-Fiは安定性の低いモバイル回線を利用しています。

通信速度が遅いということは、ダウンロードやアップロードに時間がかかってしまうため、インターネットを利用する機会が多い人にはストレスとなってしまうでしょう。

また、住んでいる環境や時間帯によっても通信速度に変化が生じやすいことにも注意が必要です。

ホームルーターに有線で接続できるかチェック

ホームルーターの中には有線で接続できるものもあるため、事前にチェックしましょう。

有線で接続可能な場合、通信が安定するため、無線に比べて快適にインターネットが利用できるようになります

特にオンラインゲームをする人にとっては、通信の安定は非常に重要になるため有線で接続可能であることが好ましいです。

また、住んでいる環境が光回線を引くことができないが安定した通信環境を整えたい人も、有線接続可能なホームルーターを選ぶのがおすすめです。

工事不要で使えるWiFiの口コミ:実際の評判は?

最後に、工事不要で使えるWi-Fiの実際の評判を紹介します。

導入を検討している人はぜひ参考にしてください。

ドコモ home 5G

他社と比較すると若干高値ですが、その分充実したサービス内容で、満足度は高いです

分からないところと サポートしてくれるので 助かります

他社と比較すると若干高値ですが、その分充実したサービス内容で、満足度は高いです

ドコモ home 5Gには、「サービス内容が充実している」「サポート体制が整っている」などの評判が寄せられています。

一方で、「値段が若干高い」という意見もあります。

他のWi-Fiに比べて若干値段が高い分、サービスが充実しているため、Wi-Fi選びで外したくない人におすすめです。

ソフトバンク Air

私の地域は5Gは対応はしていませんが受信感度も格段に良くなり
速さも以前のADSL並みになったので満足しています。

Air5にして5日目ですが昼間70Mb前後 夜間40Mb前後安定して出ます
動画はサクサク動きます 
ゲ-ムはやらないのでこれで充分です

ターミナル4から変えましたが、圧倒的に新しい5の方が良いです。4に比べてかなり安定しています。が、雨にはやっぱり弱い…

ソフトバンク Airについて「通信速度が速く、安定している」という評判が寄せられています。

一方で、「雨の日になると通信が不安定になる」という声も寄せられています。

住む地域や天候によって通信の不安定になる場合もあるため、住む地域を考慮した上で検討しましょう。

ビッグローブ WiMAX +5G

料金、プラン、トータルで考えると平均以上なので、迷ったら決めて間違いないブランド。

あまり情報がないですが安い割に問題はなく使えています。

サポートが悪く使いづらい/ストレスが溜まる。

ビッグローブ WiMAX +5Gには、「料金の割に高品質」という口コミが寄せられています。

ビッグローブ WiMAX +5Gは月額4,191円(税込)で利用できるため、他のWi-Fiと比べても安くなっています。

一方で、「サポートが悪い」という悪い評判も寄せられています。

使い方がわからないときや解約の手続きをする際、サポート体制の良し悪しが重要になります。

サポート体制の充実を重視している人は他のWi-Fiを選ぶのがおすすめです。

au スマートポート

まるでAppleのようなデザインですが、受信感度も悪くなく実用性はあると思います。
無線ルーターというと黒が多い中、ホワイトはなかなかいいと思います。
付属しているマニュアルも簡易版ながら比較的わかりやすくなってあり、好感が持てます。

エリアが拡張されてきてるので、地方でもそれなりに使えるようですし、電源さえ切れなかったら繋がってるので便利にはなりました。

Googleの検索結果から、どのWebページを開こうとしても、接続に時間がかかり、結局タイムアウト。
どのページも開けないんだから、どんな工夫しても繋がりにくい状況までしか改善されるはずないし、明日もう解約する。

au スマートポートには「地方でも問題なく使える」という評判が寄せられています。

光回線の場合、住む地域によっては利用できない場合があるため、光回線を利用できない地域に住む人におすすめです。

一方で、「接続しようとしてもWebページが開かない」という悪い評判も寄せられています。

インターネットを利用する時間帯によっては、回線が混み合って接続しにくくなる場合があります。

自分が住む地域は問題ないかどうかを事前に問い合わせてから申し込むようにしましょう。

楽天 ポケット WiFi

使い始めた理由は、PCと携帯の通信料を一本化したかった為です。別々に契約していた頃と比べて、一本化してからの方がトータルの通信費が安く済むようになりました。
不安材料だった動画サイトの閲覧も、途中で止まったりなどもせず快適に再生出来ています。テレビ電話等も問題ありません。

家庭で普通にインターネットに接続していますが、
普段使いという面では十分満足しています。
でももう少し早ければもっと使いやすくなるとおもいます。

とにかく店員とオペレーターの態度が悪い。クレームを言ったら逆ギレしているのが明らかにわかる態度だった。料金が安いから使っているだけ

楽天 ポケット WiFiには「快適にインターネットを利用できる」という評判が寄せられています。

一方で、「オペレーターの態度が悪い」という悪い評判も寄せられています。

オペレーターの態度を含むサポート体制の充実さは、Wi-Fi選びにおいて重要です。

サポート体制を重視する人は他のWi-Fiを利用するのがおすすめです。

家にWiFiがない人の割合は6.6%!光回線が引けないなら工事不要WiFiを

これから、さらにインターネットが普及する時代に突入しますが、家にWi-Fiがない人が6.6%います。

しかし、家にWi-Fiがない人の中には、住む環境や地域が光回線を引くことができないという場合もあります。

光回線が引けない人は工事不要のWi-Fiを利用することがおすすめです

住む地域や環境に関係なくWi-Fiを利用することができるようになります。

自宅のWi-Fi環境が整っていない、光回線が引けないという人はこの記事を参考にして工事不要のWi-Fiを利用しましょう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる