ゲーミングノートPCおすすめランキング

【2021年最新】ゲーミングノートPCおすすめランキング|初心者向けにノートパソコンの「失敗しない選び方」を解説

人気のゲーミングノートPCをチェック

この記事では「ゲーミングノートPCを失敗せずに購入する」ための全要素を解説しています。読みきるのには時間がかかるかもしれません。

ドスパラやマスウコンピューター、MSIやASUSなど、さまざまなメーカーのモデルから本当におすすめのゲーミングノートPCがわかるので、「絶対に失敗したくない」という方はぜひしっかり読んでください。

ゲーミングデスクトップPCにも興味のある方は「初心者向けおすすめゲーミングPC」の記事をチェックしてください。

ゲーミングノートPCのおすすめ人気ランキングはこちら↓からどうぞ

・ここから選べば間違いなし → 「おすすめゲーミングノートPCランキング

やりたいことと予算が決まっている方は↓からどうぞ

・安くゲームを遊ぶなら → 「初心者におすすめな格安ゲーミングノートPC
・バッテリー10時間の持続モデル → 「おすすめの持ち運び向けゲーミングノートPC
・高画質ノートが欲しいなら → 「高性能+シングルプレイゲーム向き
・ハイエンドノートが欲しいなら → 「高性能+マルチプレイゲーム向き

目次

ゲーミングノートPCおすすめランキング

おすすめのゲーミングノートPCを知りたい方に向けて、BTO2大メーカーの「ドスパラ」「マウスコンピューター」からピックアップして紹介します。

この2社は数あるBTOショップの中でもサポートが強く、初心者が最初にPCを買うなら失敗しにくい、という点から強くおすすめします。

手っ取り早く定番ゲーミングノートPCを購入したい方はこのランキングから選べば間違いありません。
おすすめのゲーミングノートPCの選び方」についての解説をじっくり読んでから検討したい方はこのランキングを飛ばしてもらって構いません。

1位 ガレリア UL7C-R37 15インチ

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア UL7C-R37」をおすすめしたいのは以下のような人です。

  • 240fpsでゲームをプレイしたい
  • 最新GPU「RTX 3070」でPCゲームを高画質プレイしたい
  • 最強のゲーミングノートPCが欲しい

「ガレリア UL7C-R37」は1.96kgと、持ち運びやすい重さとスリムサイズになっています。

GPUもディスプレイもかなりのハイスペックでありながら使いやすく、現状手に入る中で最もバランスが優れた最高のゲーミングノートPCの一つです。

持ち運びやすさ重視のアウトドア系ゲーマー、本気でFPSをプレイしたいコアゲーマー、耐久性重視のミドルゲーマーのすべての需要に応えたベストオブベストのゲーミングノートPCです。

RTX 3070搭載最強ゲーミングノートPC

「ガレリア UL7C-R37」の詳細・価格情報はこちら

2位 ガレリア XL7C-R36 15インチ

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XL7C-R36」実機レビュー

ガレリア XL7C-R36」は、コスパに優れたRTX 3060搭載ゲーミングノートPCです。

「PS5の6割程度の重量でありながらPS5を上回る性能」で、FPSのランクマッチなどで「本気で勝ちたい」プレイヤーは、ドスパラから買うならこのモデルがおすすめです。
ドスパラのゲーミングノートPCカテゴリで人気No1を獲得したこともあり、絶対にハズレない定番の商品と言えます。

3位 ガレリア RL5R-G50T 15インチ

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 120Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る

ランキング3位の「ガレリア RL5R-G50T」はドスパラで販売されているゲーミングノートPCの中で最も低価格なモデルです。
価格の安さが魅力で、コストを抑えてゲーミングノートPCを購入したい方におすすめです。

このモデルの値段はゲーミングノートPCとしても、デスクトップPCと比べても超格安です。
「持ち運びやすさ重視だけど性能も捨てがたい」方にはぴったりです。

この安さでありながらモニターのリフレッシュレートが120Hzなので、フレームレート(fps値)上限も120fpsとなっています。
FPSやTPSであっても「144fps以上」にこだわらないのであれば十分プレイできるレベルです。

4位 ガレリア UL7C-R36 15インチ

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ランキング4位の「ガレリア UL7C-R36」は『Apex Legends』や『フォートナイト』といった有名タイトルを超快適にプレイできる、「ドスパラ」を代表するRTX3060搭載ゲーミングノートPCです。

最大の特徴は重さ約1.96kgという軽さに加えてバッテリー持続時間約9.6時間と、充電環境のない場所でもかなり長持ちするので、持ち運びに最適という点。

普通、持ち運び用PCのスペックは低くなりがちですが、「ガレリア UL7C-R36」に限っては最先端のパーツを組み合わせ、どんなゲームでもラクに動くミドルスペック~ハイエンドゲーミングノートPCです。

5位 G-Tune E5-165-AF 15インチ

G-Tune E5-165-AF
G-Tune E5-165-AF
CPU : Core i7-10870H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 256GB NVMe
ディスプレイ: 165Hz 15.6インチ WQHD
台数限定でG-Tuneオリジナルヘッドセット付属
特別価格:通常モデルより33,000円OFF
公式サイトで詳細・価格を見る
通常モデル:税込 208,780円
限定モデル:税込 175,780円

とにかく画質の良いゲーミングノートパソコンが欲しい」という方には「G-Tune E5-165-AF」がおすすめです。

ゲーミングノートPCの中では異例のWQHD(2,560×1,440)で、高画質でゲームを楽しみたい人、とくにシングルプレイゲーム好きにはぴったりです。

「G-Tune E5-165-AF」は限定モデルなので通常モデルよりも約3万円も安く、ストレージ(256GB)はカスタマイズで約8,000円も出せば512GBに増設可能です。

「ASUS」おすすめゲーミングノートPC

耐久性と性能に定評のある「ASUS」製ゲーミングノートPCを紹介します。

ASUS TUF Dash F15 FX516PM

メーカーASUS
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-11370H
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB
ディスプレイ15.6インチ、ノングレア、240Hz
グラフィックRTX 3050 Ti Laptop GPU
バッテリー駆動時間約13.8時間
特徴

ASUSのゲーミングノートPCの中でも耐久性に特化した「TUF」シリーズのRTX 3060搭載ゲーミングノートPCです。

GPU性能はRTX30シリーズの中ではそこそこですが、『Apex Legends』のようなゲームで144fpsを出せるくらいの性能を持っています。

バッテリー駆動13.8時間と堅牢な耐久性は、ゲーミングノートPCを持ち運んで使いたい人にとって最大の魅力です。

ASUS ROG Zephyrus G15 GA503QM

メーカーASUS
OSWindows 10 Home 64ビット
CPURyzen 9 5900HS
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB
ディスプレイ15.6インチ、WQHD、165Hz
グラフィックRTX 3060 Laptop GPU
バッテリー駆動時間約13.4時間
特徴

ASUSの「ROG」シリーズはゲーミング性能に特化したゲーミングノートPCシリーズです。

WQHDという一回り大きいディスプレイサイズでありながら165Hzまでフレームレートを表示できるゲーミング性能は、他メーカーのノートPCと比較してもほとんど存在しません。

主にシングルプレーゲームをリッチな環境でプレイしたいゲーマーにおすすめです。

ASUS ROG Zephyrus S17 GX703HS

メーカーASUS
OSWindows 10 Pro
CPUCore i9-11900H
メモリ32GB
ストレージSSD 2TB
ディスプレイ17.3 インチ、4K、120Hz
グラフィックRTX 3080 Laptop GPU
バッテリー駆動時間約5.5時間
特徴

ASUSの「ROG Zephyrus S17 GX703HS」は、この記事で紹介するゲーミングノートPCの中では最強マシンの一角です。

ランキング上位で紹介できないのは、あまりにもオーバースペックで、お金に余裕があって、どうしても最高級のノートPCが欲しいというごく限られた人にしかおすすめできないからです。

まず、ゲーミングノートPCにRTX 3080を搭載すること自体かなり珍しいのですが、加えてディスプレイサイズの「17.3 インチ、4K、120Hz」は破格です。

ストレージからメモリ、CPUまで最新パーツで揃っており、本当の意味でなんでもできる唯一無二のゲーミングノートPCです。

「MSI」おすすめゲーミングノートPC

薄さと軽さに定評のある「MSI」製ゲーミングノートPCを紹介します。

MSI Prestige-15-A11SCS-006JP

メーカーMSI
OSWindows 10 Pro
CPUCore i7-1185G7
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、60Hz
グラフィックGTX1650TiMax-Q
バッテリー駆動時間16時間
特徴

MSIのローエンドゲーミングノートPC「Prestige-15-A11SCS-006JP」は、1.69Kgかつ16.9mmという超コンパクトサイズで、バッテリー駆動は最大16時間と、持ち運びを念頭に作られたゲーミングノートPCです。

ゲームをやりたいだけならコスパは良くありませんが、毎日出社時に持ち運ぶならこれ以上のゲーミング/ビジネス両用ノートPCとしてはこれ以上無いというほど優れたモデルです。

MSI GF63-10UD-628JP

メーカーMSI
OSWindows 10 Home
CPUCore i5-10500H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、60Hz
グラフィックRTX 3050 Ti
重量1.86kg
特徴

MSIのミドルスペックゲーミングノートPC「GF63-10UD-628JP」は最新RTX30シリーズのGPUを搭載していながら重量が約1.86kgと、持ち運びに適したゲーミングノートPCです。

ビジネスよりゲーミングに寄った性能ですが、ビジネスシーンでも使用可能です。

MSI Stealth-15M-A11UEK-001JP

メーカーMSI
OSWindows 10 Home
CPUCore i7-11375H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
ディスプレイ15.6インチ、フルHD、ノングレア、144Hz
グラフィックRTX3060
重量1.7Kg
特徴

MSIのStealth 15Mシリーズ「Stealth-15M-A11UEK-001JP」は、「超薄型軽量」がコンセプトのミドルスペックのゲーミングノートPCです。

もし「毎日は持ち運ばない」「基本は家でゲームをプレイする」というのであれば、ドスパラやマウスコンピューターのノートPCをおすすめします。

しかし、16.15mmと1.7kgという、毎日持ち歩いても苦にならないレベルの小型ノートとして、非常にコストパフォーマンスに優れたモデルであることは間違いありません。

「G-Tune」おすすめゲーミングノートPC

業界トップクラスの知名度とコスパ、サポート体制の充実を誇るマウスコンピューターのブランドから「G-Tune」のゲーミングノートPCを紹介します。

より多くの「G-Tune」ゲーミングPCを知りたい方は「【限定特価】G-TuneおすすめゲーミングPC紹介」を参考にしてください。

G-Tune E5

G-Tune E5
G-Tune E5
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3050
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB (NVMe)
公式サイトで詳細・価格を見る

「G-Tune E5」は持ち運びに特化した本体重量約1.73kgの超軽量&超薄型のゲーミングノートPCです。

他社の薄型ゲーミングノートPCを大きく上回る取り回しの良さで、「いつでもどこでもハイスペックなPCを触りたい」という人にぴったりのモデルです。

「RTX 3050 Laptop GPU」はノートPC用に最適化されたGPUで、RTX30シリーズ最安でありながらスペックは大きく劣りません。

G-Tune E5-165-AF

G-Tune E5-165-AF
G-Tune E5-165-AF
CPU : Core i7-10870H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 256GB NVMe
ディスプレイ: 165Hz 15.6インチ WQHD
台数限定でG-Tuneオリジナルヘッドセット付属
特別価格:通常モデルより33,000円OFF
公式サイトで詳細・価格を見る
通常モデル:税込 208,780円
限定モデル:税込 175,780円

「G-Tune E5-165-AF」はゲーミングノートPCとしては異例のWQHDディスプレイです。

フルHDディスプレイよりも画質が良く、シングルプレーゲームがより美しく表示されます。

FPSなどといったフレームレート重視のゲームより、グラフィック重視のゲームでこそ真価を発揮します。

G-Tune H5-AF

G-Tune H5-AF
G-Tune H5-AF
CPU : Core i7-10870H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe
ディスプレイ: 240Hz 15.6インチ
特別価格:通常モデルより11,000円OFF
公式サイトで詳細・価格を見る
通常モデル:税込 241,780円
限定モデル:税込 230,780円

G-Tuneで最強のゲーミングノートPCといえばこの「G-Tune H5-AF」です。

240Hzディスプレイ、RTX 3070 Laptop GPU、バッテリー使用時最大11.5時間と、理想的なゲーミングノートPCです。

おすすめ価格別・用途別ゲーミングノートPC紹介

ここからはおすすめのゲーミングノートPCを価格帯別に紹介していきます。
どんなゲームを遊べるのか、どんな人に向いているのかを解説していくので、自分の用途と予算に合ったゲーミングノートPCを見つけてください。

初心者におすすめ!仕事や普段使いもできる格安ゲーミングノートPC

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 120Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア RL5R-G50T」はBTOパソコンショップで販売されているゲーミングノートPCの中で最も低価格なモデルです。 とにかく価格の安さが魅力で、以下の条件に当てはまる方はとくにおすすめです。

  • とにかく予算を安くおさえたい
  • 普段使いもできる性能の良いノートパソコンが欲しい
  • 動作の軽いゲームを遊んでいる

上記のモデルはゲーミングノートPCとしても、デスクトップPCと比べても格安です。
「持ち運びやすくて性能の良いノートパソコンが欲しい」という方に向いています。

持ち運びにおすすめ!性能と持続力のバランスに優れたゲーミングノートPC

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

「RTX 3060」というハイクラスグラフィックボード(GPU)を搭載しているモデルを紹介します。
描画性能の高さとバッテリー持続時間が魅力で、以下の条件に当てはまる方はとくにおすすめです。

  • FPS・TPSゲームを遊びたい
  • 長時間外出先でPCを触りたい
  • 持ち運べるノートPCでも高いスペックにしたい

240Hzモニターが採用されており、描画できる最大フレームレート(fps値)は240fpsです。
『Apex Legends』程度なら中設定でも144fps以上を維持できるほどの性能はあるので、フレームレート(fps値)にこだわりたい人におすすめです。

さらに重量が1.96Kgと非常に軽いのに高性能、そのうえバッテリー持続は約9.6時間と、どこにいてもゲームや重い作業が可能です。

    

上級者おすすめ!高画質で楽しめるゲーミングノートPC

G-Tune E5-165-AF
G-Tune E5-165-AF
CPU : Core i7-10870H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 256GB NVMe
ディスプレイ: 165Hz 15.6インチ WQHD
台数限定でG-Tuneオリジナルヘッドセット付属
特別価格:通常モデルより33,000円OFF
公式サイトで詳細・価格を見る
通常モデル:税込 208,780円
限定モデル:税込 175,780円

WQHDの高画質画面のゲーミングノートPCが欲しいなら、このモデルをおすすめします。

GPUもCPUもミドルクラスかつ、165hzというハイリフレッシュレートで、全体としてかなりの高性能モデルとなっています。

超上級者おすすめ!マルチプレイで無双したい人のためのゲーミングノートPC

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

FPSやTPSのマルチプレイでPCに足を引っ張られることなく活躍したい!という方にはこのモデルをおすすめします。

「ガレリア UL7C-R37」はGPU、CPU、ディスプレイの全てが最高水準でありながら手が届きやすい価格となっており、ノートPCで対戦ゲームをプレイするならこのモデルで間違いありません。

ゲーム別・おすすめゲーミングノートPC紹介

人気ゲーム別に「おすすめのゲーミングノートPC」を紹介します。

普通のノートパソコンではApexやフォートナイトといったゲームはできないので、当然一定以上のスペックのゲーミングノートPCが必要です。

Apex Legendsおすすめノートパソコン

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ほとんどのゲーミングノートPCはどれほど高性能でも「ディスプレイが144Hz」という限界がありましたが、「ガレリア UL7C-R37」はそこを突破して240Hz=240fpsまで描画できるようになりました。

そして『Apex Legends』はフレームレートが高ければ高いほど有利なゲームです。

フレームレートが240fpsになると如実に敵を見つけやすくなり、キルレも上がって本当に自分が強くなった気がするので不思議です。

関連記事 Apex Legends おすすめゲーミングノートPC

フォートナイトおすすめノートパソコン

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XL7C-R36」実機レビュー

GPU、CPU共にデスクトップPC並のスペックな上、144Hz対応モニターも搭載。
ガレリア XL7C-R36」はフォートナイトを高フレームレートで遊びたいならぴったりのゲーミングノートPCとなっています。

グラフィックは高設定にしても「平均で」144fpsを維持できるほどで、ノートパソコンでありながら大会に近いプレイ環境を味わえます。

関連記事 フォートナイトおすすめゲーミングノートPCまとめ

マイクラフトおすすめノートパソコン

ガレリア RL5R-G50T
ガレリア RL5R-G50T
CPU : Ryzen 5 4600H
グラフィック : GTX 1650 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 120Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る

この記事で紹介しているゲーミングノートPCの中でも最安の、MODで遊べるスペックを満たしつつ持ち運び可能なモデルとなっています。

ノートPCでありながらSSD搭載、メモリも16GBなので、テクスチャの読み込みやゲームの立ち上げといったロード時間においても、デスクトップPCと完全に同等のクオリティでマイクラを遊ぶことができます。

関連記事 PC版『マインクラフト』おすすめゲーミングPC

ゲーミングノートPCのメリットとおすすめしない理由

メリット
  • 省スペースだからどこにでも置ける
  • デスクトップPCに匹敵する性能
  • 持ち運びが簡単
  • 電源に直結していなくてもゲームを遊べる
デメリット
  • 普通のPCと比べるとやや割高
  • 普通のノートPCと比べると重くて持ち運びにくい
  • デスクトップPCほどの拡張性はない
  • 発熱しやすい

ゲーミングノートPCの強みは「持ち運びやすさ」「省スペース性」です。
「自室は広いし、ベッドに寝転がりながらPCをいじったりしないし、PCを持って外出なんかしないよ」という人にとって、ゲーミングノートPCは全く必要ありません。
もちろん通常のノートPCと比較すると性能は段違いなので、もともとノートPCを買おうと考えている人にはおすすめです。

メリット1:最新ゲームも遊べる処理能力の高さ

最新ゲームも遊べる処理能力の高さ

ノートパソコンだからといって処理能力が低いわけではなく、しっかり「ゲーミング」の要件は満たしています。
最新ゲームを遊ぶためのパーツを搭載しており、CPU・グラフィックボード(GPU)ともにゲーミングノートPC向けの構成になっています。

前提として「処理能力の高さ」という面だけで考えるならゲーミングデスクトップPCを購入すべきです。
逆に、「処理能力が高くて持ち運びできるパソコンが欲しい」という目的があるなら、ゲーミングノートPCに勝るハードウェアはありません。

ゲーミングノートPCであればFPS・TPSといったフレームレート(fps値)が必要となるゲームジャンルも十分に遊べる上、モニターも144fpsに対応しているモデルが多いです。

メリット2:場所を選ばずゲームを遊べる手軽さ

持ち運び向きゲーミングノートPCと故障しない持ち運び方まとめ

ゲーミングノートPCはゲームを楽しむために必要なスペースが小さくて済むため、場所を選びません。

ゲーミングノートPCなら、PC本体とマウスを動かせるスペースさえあればゲームを遊べます。
もっと言ってしまえばコントローラーで遊ぶゲームならマウスを動かすスペースすら必要ないので、PC本体のスペースだけで済みます。

ホテルの一室のような、自分が普段遊んでいる空間とは違う場所でも遊べます。
もっと狭いスペースで考えると、自分の膝の上ですらゲーミングノートPCのテーブルにできます!
(直にひざの上に置くと発熱で低温やけどになりかねないので、カバンや衣類・もしくは専用の台を挟みましょう)

「ゲーミングノートPCは重くて持ち運びにくい」とも言われますが、中には薄く軽くを追求したゲーミングノートPCも存在します。

・軽量ゲーミングノートについて詳しく知りたい方は → 「 持ち運びやすいゲーミングノートPCを徹底検証!

メリット3:必要な周辺機器が少ないので出費はひかえめ

ゲーミングノートPCにモニターは不要

ゲーミングノートPCはデスクトップPCと違い、必要な周辺機器の数は少なめです。
具体的には「モニター」「キーボード」が不要で、それらを繋ぐためのケーブル類も必要ありません。

良いものを揃えようとすると上記の2点で5万円ほどは出費がかさむので、その面では価格を安く抑えることができます。
逆に「マウス」「ヘッドホン・イヤホン」は必要になるので、妥協せずに自分にあったデバイスを見つけましょう。

逆に、「ゲーミングノートPCは拡張性が低くてカスタマイズできない」というデメリットもあります。

こちらの記事ではゲーミングノートPCに「必要な周辺機器」と「必要ではないけどあったら便利な周辺機器」をリスト化しているので、一度確認しておくと後々困りません。

メリット4:PS4/PS5やSwitchにはない改造MODを楽しめる

nexusmods

PCゲームならではの要素として、外せないのは「MOD」の存在です。
「MOD」というのは簡単に言うとゲームを改造するプログラムのことで、家庭用ゲーム機ではできない遊び方です。

MODを楽しむゲームといえば、『マインクラフト』『Skyrim』『Fallout』などが代表的なタイトルです。
『マインクラフト』であればグラフィックを向上させる「影MOD」や、ゲームに新たな要素を加える「工業化MOD」が有名です。

好きなようにグラフィックを変えたり、ゲームを快適にするシステムを追加したり、ゲーム全体を作り変えるなど、MODの組み合わせ次第でいくらでも遊びの幅が広がります
昨今のバトロワブームの始祖である『PUBG』も元をたどれば別ゲーのMODだったというのは有名な話です。

関連記事 初心者向けMODの基礎知識 & 「NEXUS MODS」について解説

メリット5:ゲームストアで好きなゲームを選び放題

steam

PCゲームは様々なゲームストアで販売されており、「Steam」を筆頭として「Origin」「Epic Games Store」「Battle.net」などが有名です。
ゲームストアはゲームを超格安で購入できるセールやパソコンでしか遊べないゲームの配信など、PS4/PS5やSwitchと比べて圧倒的にお得なゲーム環境を提供してくれます。

ゲームストアではインディーゲームも家庭用ゲーム機に先駆けて販売されるので、新しいゲームを発掘して時代を先取りしたいゲーマーにとっては外せません。
日本のゲーマーからもすさまじい人気を誇る『Undertale』やバカゲーとして有名な『Goat Simulator』もPCで先行発売されたインディーゲームです。

デメリット1:大画面でプレイできない

ゲーミングノートPCは大画面でゲームがプレイできない

ゲーミングノートPCは大画面でゲームがプレイできない」→そもそも多くのPCゲーマーは大画面でプレイしていません。

デスクトップPCゲーマーが使うディスプレイの主流は24インチ前後なのに対し、ゲーミングノートPCのディスプレイサイズは15.6インチ~17.3インチ程度です。
ほとんどのゲーマーにとってディスプレイサイズは重要ではなく、むしろフレームレートや視認性が大事なので「大画面」でゲームをプレイしている人は少数派なのです。

ゲーミングノートPCを最大限に活かす画面サイズの選び方」という記事で解説しているように、17インチはなかなかの大画面です。

それでももっと大きな画面を使いたいなら、ゲーミングノートPCと大画面モニターを接続すれば大画面でゲームができるようになりますし、マルチモニター環境も楽しめます。

デメリット2:発熱しやすい

ゲーミングノートPCは排熱性が悪い

ゲーミングノートPCは排熱性が悪い」→これは事実です。ノートPCの構造上避けらない問題です。

もちろん高温になりにくい素材が使われていますが、一昔前のゲーミングノートPCは夏場などに発熱しすぎて強制シャットダウン、なんてこともありました。
近年のゲーミングノートPCでそこまでの爆熱は出にくくなっていますが、それでもまだデスクトップPCと比べたら排熱能力は低いので、PCに負荷のかかるゲームはクーラーの効いた涼しい部屋でプレイすることを推奨します。

以下の記事ではゲーミングノートPCの発熱対策を紹介しています。最新モデルのゲーミングノートPCであればそこまで心配することはありませんが、最低限の発熱対策をしておくと安心して最新ゲームを満喫できます。

関連記事 ゲーミングノートPCの発熱対策・冷却方法を紹介

デメリット3:値段が高く性能が低い

ゲーミングノートPCは値段が高く性能は低い

ゲーミングノートPCは値段が高く性能は低い」→正解です。

ゲーミングデスクトップとゲーミングノートを比べたとき、「同じ性能」ならデスクトップのほうが安いです。「同じ値段」ならデスクトップのほうが高性能です。

つまりゲーミングノートPCは割高なわけですが、具体的にどのくらい割高なのでしょうか?

性能の近いPCを比べてみると「7万円のデスクトップPC=10万円のノートPC」くらいの差がある、ということがわかります。

もちろんノートPCにはモニターもキーボードも付いているのでその分デスクトップPCより高くなるのは当然ですが、それを差し引いてもゲーミングノートPCのほうがわずかとはいえ高くなってしまいます。

こうしたメリット・デメリットを調べずに「ゲーミングノートPCをおすすめしない理由はこの記事でより詳しく説明」しています。

ゲーミングノートPCのおすすめな買い方・選び方

ここからはゲーミングノートPC初心者に向けて、ゲーミングノートPCに搭載されているパーツの失敗しない選び方を解説します。
「自分にはどのパーツがどの程度必要なのか」「何を妥協してよくて、何を妥協してはいけないのか」といったゲーミングノートPCを購入する前の悩みを解消していきましょう。

ゲーミングノートPCはグラフィックボード(GPU)が一番大事

ゲーミングノートPCはグラフィックボード(GPU)が一番大事

グラフィックボード(GPU)、略して「グラボ」は、キレイな映像を描画するために必要なパーツです。
ゲーミングノートPCを構成するパーツの中で最も重要なパーツであり、グラボを搭載しているからこそのゲーミングノートPCと言えます。
NVIDIAが開発・販売する「GeForceシリーズ」は最もシェア率が高く、この記事で紹介するグラボは全てNVIDIA製となっています。

デスクトップPCとノートPCではグラボの規格が違い、同じ型番でも性能が変わります。
ゲーミングノート用のグラボは小型化の代償として、やや処理性能が落ちています。

NVIDIAが公式に公開しているGeForceシリーズの性能比較がこちら。ゲーミングノートの場合はここから0.8倍になると考えよう。

「安物買いの銭失い」という言葉もあるように、低価格のグラボは避けたほうがいいでしょう。
なぜなら快適に遊べるゲームの幅が狭く、耐用年数が低いというデメリットが大きすぎるためです。
一方、超高価格のグラボも遊びたいゲームに対してオーバースペックなケースもあるので、いくらスペックが良くても「宝の持ち腐れ」になる可能性があります。

要するに「自分の目的に合った価格帯」を見つけるのがグラボ選びのポイントです。
この記事では価格ごとにどんなゲームを遊べるか紹介しているので、目的にあった価格を見定めてください。

現行のグラフィックボードを性能順にまとめました。グラボに興味のある方は以下の記事をご覧ください。

CPUで遊べるゲームが変わってくる

CPUで遊べるゲームが変わってくる

CPUは人間に例えると脳みその役割を担うパーツであり、パソコン全体の性能を決める重要な役割を持ちます。
高性能であればあるほど処理能力が上がり、たくさんの動作を並列してこなすスピードが上がります。

ゲーミングノートPCにおいてはゲームの処理速度にかかわってくるので、グラフィックボード(GPU)とバランス良く搭載する必要があります。
3Dゲームの演算処理はCPUに依存するため、いくらグラボの性能が高くてもCPUの性能が低いとグラボの良さを引き出せません

ゲーミングノートPCにおけるCPUの選択肢

TOパソコンショップのドスパラではCPUとグラボの両面からPCを選べるようになっている

当サイトで紹介しているゲーミングノートPCには最新のCPUが搭載されているので、ハズレを引くことはありません。
ただし価格によってスペックとできることが変わってくるので、自分の用途に合わせたCPUを見つける必要があります。
基本的には「intel Core-i7」シリーズがバランスに優れているので、あらゆるゲーマーにおすすめです。

  • 軽いゲームだけを遊ぶなら → intel Core-i5
  • 最新ゲーム・動画編集など幅広い用途 → intel Core-i7
  • 将来的にも最高の環境を目指すなら → intel Core-i9

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリは情報のやりとりを行うパーツであり、メモリが多いとPCの動作が快適になり、少なすぎると動作が重たくなってしまいます。
「作業台の広さ」に例えられ、作業台が広ければ広いほど作業が並行しやすいように、メモリが多ければ多いほどさまざまな処理を同時に行える余裕が生まれます。

ゲーミングノートPCに必要なメモリの容量は「16GB」がおすすめです。
8GBではゲームと同時にソフトやブラウザを立ち上げておきたい場合には不便になり、具体的にはボイスチャットをしたりブラウザで攻略サイトを見たりしながらゲームをする方は8GBでは足りません。

本当に軽い軽いゲームしか遊ばないなら8GBでもなんとかなりますが、FPSゲームやMMORPGを遊ぶなら16GBは絶対に用意しましょう。
BTOパソコンショップのドスパラでは16GBのメモリを必ず搭載しているので問題ありませんが、必要な容量が確保できているかチェックしておく必要があります。

おすすめインチ数・リフレッシュレート

おすすめインチ数・リフレッシュレート

モニターのインチ数はゲームの没入感と快適さや、持ち運びやすさに影響します。

FPS・TPSのような視野を広く使うゲームでは大きい画面のほうが狙いをつけやすく、敵も見つけやすくなります。
画面が小さいとどうしても遠距離の敵を狙いにくくなってしまい、敵への反応が遅れてしまうシーンも生まれてきます。

モニターのHz(リフレッシュレート)は出力できるフレームレート(fps)に影響します。
周波数が60Hzなら上限は60fpsになり、144Hzなら上限は144fpsになります。
FPS・TPSを遊ぶなら少なくとも144Hz対応モニターでなければゲーミングノートPCである意味が無いので、購入する前にリフレッシュレート(Hz)はチェックしましょう。

ゲーミングノートPCのモニターのおすすめサイズは15~17インチ程度、おすすめリフレッシュレートは144~240Hzです。
ここの範囲からズレると異常に高額になったり、性能が低すぎたりと問題が出てくるので目安にしてください。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

ストレージはSSDが絶対におすすめ!

ゲーミングノートPCにはSSD

PCに搭載されるストレージ(データの格納庫)は大きく分けて「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは読み込み・書き込み速度に優れますが、容量あたりの価格がHDDと比べると高価です。
HDDは読み込み・書き込み速度で劣りますが、容量あたりの価格がSSDと比べると安価です。

SSDにゲームを入れておくと起動やロードが速くなり、快適にゲームを楽しめます
ゲーミングノートPCではスペースの関係でSSDしか搭載できないことが多いため、SSDの容量は多めに確保しましょう。
少なくとも500GBは必要ですが、大容量のゲームを複数遊ぶなら1TBは欲しいところです。

動画編集や動画を保存したい場合、外付けのHDDを用意しておきましょう。
必要なときに使い、不要なときは取り外しておけるので携帯することもできます。

SSDとHDDの具体的な使い方はそれぞれ「ゲーミングPCに最適なSSD・HDDの使い分けを解説」で詳しく紹介しているので、ゲーミングノートPCを買う前に一度目を通しておいてください。

バッテリーの時間は確認しておこう

BTOパソコンショップのドスパラで提示されているバッテリーの稼働時間。かなり差があるので要チェック。

ゲーミングノートPCはゲームをするためのパソコンなので、通常のノートパソコンよりもバッテリーの消費が速めです。
充電ができない環境で長く遊ぶなら、必ずチェックすべき項目なので注意しましょう。

バッテリーの稼働時間はゲーミングノートPCの性能によって変わり、3~10時間程度の幅があります。
処理の重たいゲームを遊ぶとさらにバッテリーの消費が速くなってしまうので、余裕を持って選ぶと良いでしょう。

遊びたいゲームの推奨スペックを調べよう

モンスターハンターワールド:アイスボーン公式サイトに掲載されている高スペック環境がこちら。

ここまでパーツごとの選び方を紹介してきましたが、結論として「特定のゲームを遊べるかどうか」が最も分かりやすい選び方です。
ゲーミングノートPCを買う時は「あのゲームをパソコンで遊びたい!」と考えているはずなので、そのゲームに合わせれば良いのです。

具体的には以下のチェックリストに合致したゲーミングノートPCを選ぶと失敗しない買い物ができます。

  • ゲーム側の推奨スペックを超えているか
  • どんなゲームを遊ぶ人向けのゲーミングノートPCなのか
  • そのゲームでどのくらいのフレームレート(fps値)を出力できるか

FPS・TPSを遊びたいと考えている人はフレームレート(fps値)という明確な指標があるので、「遊びたいゲームでどれだけのフレームレートが出るのか」という非常に分かりやすい選び方があります。
フレームレートを重視しないRPGゲームなどを遊びたい方は、ゲーム側が公開している「推奨スペック」に目をつけましょう。

中古・リノベーションゲーミングノートPCに要注意!

リノベーションゲーミングノートPC

ドスパラの中古ゲーミングPCがこちら。

中古ノートPCのデメリット
  • 故障・トラブルの確率が高い
  • オークションやフリマだとジャンク品を掴まされることも
  • 耐用年数は短い

中古PC・リノベーションゲーミングノートPCのメリットは「安くゲーミングノートPCが手に入る」の1点に尽きます。

それでも、安くゲーミングノートPCを手に入れたいからと言って中古PCに手を出すのは危険です。
パーツの経年劣化によって故障のリスクが高く、思いがけないトラブルに出くわす可能性があります。

PC初心者にとって突然のトラブルは対応しづらい上、修理費など余計な出費がかさんで新品より高額になってしまえば本末転倒です。
特に信頼性が低い個人間のオークションやフリマアプリでの購入は避けたほうがいいでしょう。

ゲーミングノートPCはとくに「バッテリーの消耗」という見えない地雷が隠れているので、絶対にやめておきましょう。

その点、リノベーションPCならメーカーが検品をした上で販売しており、保証も効くので普通の中古PCほどリスクは高くありません。

ただし型落ち品に限定されてしまい耐用年数はかなり短いので、基本的には新品を推奨します。
そもそもリノベーションPCを扱っていないショップも多いため、条件に合う製品はなかなか見つかりません。

ゲーミングノートPCおすすめメーカー初心者向け比較解説

ここからはノートPCだけでなく「PCメーカー」自体の解説も行っていきます。

当サイトではゲーミングノートPC初心者に「ドスパラ」をおすすめしていますが、パソコンショップの種類はさまざまで、各メーカーごとに特色があります。
お気に入りのショップを見つければ自分好みのゲーミングノートPCが手に入りやすくなるので、パソコンショップごとに特徴を見比べてみましょう。

ドスパラ GALLERIA

ドスパラのホームページ

ドスパラのホームページ

  • コスパの優れたゲーミングノートPCが多い
  • 最短で即日出荷、カスタマイズしても翌日出荷という速さ
  • 最大48回まで分割手数料0円
  • 24時間体制の電話サポート
  • 商品ページがわかりやすい
  • ゲーミングノートPCに搭載されているグラボの幅が広い

ドスパラはBTOパソコンショップの中では最も知名度が高く、PC初心者におすすめです。
「自社工場でPCを設計している」という強みを活かし、コスパ面においてはBTOパソコン業界でもトップクラスに優れており、ゲーミングノートPCの品揃えも豊富です。

保証・サポートも手厚く、ポイントやゲームのプレゼントといったセール頻度が高いという面からも人気があります。
PC初心者にとっての欠点は特にないので、よっぽどパーツのカスタマイズにこだわりの強い方以外は不満を抱くことはないでしょう。


ドスパラについては以下の記事で評判・評価をまとめているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 ドスパラの評判を徹底調査 ゲーミングPCのお得な買い方も解説

マウスコンピューター G-Tune

マウスコンピューターの評価・評判を徹底調査!

マウスコンピューターのホームページ

  • ハイエンドゲーミングノートPCの品質は随一
  • 商品ページがわかりやすい
  • ドスパラと並んで有名なブランド
  • 平均72時間の修理スピード
  • 最大36回まで分割手数料0円

マウスコンピューターは「G-Tune」というシリーズを展開しており、ハイスペックなゲーミングノートPCを取り扱っています。
ラインナップを紹介しているページも分かりやすく、初心者に優しい設計になっている点も優秀です。
ドスパラと並んで有名なメーカーで、値段よりもクオリティにこだわったノートPCが支持を集めています。


マウスコンピューターおよび「G-Tune」については以下の記事で評価をまとめているので、そちらも参考にしてください。

関連記事 マウスコンピューターの評判・評価を徹底調査!G-Tune製ゲーミングPCのお得な買い方も解説

関連記事 【限定特価】G-TuneおすすめゲーミングPC紹介

フロンティア GAMERS

フロンティア GAMERS

  • コスパの優れたPCが多い
  • ラインナップが豊富
  • 季節ごとのセールが魅力

フロンティアは価格の安さとコスパを売りにしたBTOパソコンショップです。
カスタマイズ性は最大手に比べて劣るものの、セールによる割引率と高品質なパーツは魅力です。
ゲーミングノートPCも種類こそ多くありませんが、ゲーマー目線でさまざまな需要に応えたモデルが用意されています。


フロンティアについては以下の記事で評判・評価をまとめているので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事 フロンティアの評判を徹底調査 ゲーミングPCのお得な買い方も解説

ツクモ G-GEAR

ツクモ G-GEAR

  • 保証が手厚く初心者に優しい
  • 低価格帯のPCが豊富
  • VR・イラスト・CG作成など用途に特化したPCが多い

ツクモはBTOパソコンメーカーの中でも老舗の部類に入り、ヤマダ電機を母体として運営しています。
ヤマダ電機らしく保証は業界でもトップクラスに手厚く、トラブルや故障に強い信頼性の高いメーカーです。


パソコン工房 LEVEL∞

パソコン工房 LEVEL∞

  • プロゲーマーやゲームタイトルとのコラボモデルが多い
  • ラインナップ自体は豊富だがカスタマイズの幅は狭い
  • 高性能PCほど探しやすい

パソコン工房は「LEVEL∞」というシリーズを展開しており、e-sports業界とのコラボに力を入れています。
ハイスペックさとラインナップの豊富さが魅力ですが、カスタマイズ性はやや不足しているといったところです。


サイコム G-MASTER

サイコム G-MASTER

  • カスタマイズ性の高さは業界でもトップクラス
  • パーツのラインナップが豊富
  • 初心者よりも玄人におすすめ

サイコムはBTOパソコンメーカーの中でもカスタマイズ性の高さに特化しており、自作PCを組むかのように注文できます。
ただしパーツごとの相場や利点を知っていないと無駄に高くなりがちなので、初心者向けというよりは玄人好みのメーカーです。


ARK(アーク)

ARK(アーク) PC

  • 全BTOショップで最もラインナップが多い
  • モニターのカスタマイズも豊富
  • パーツ絞り込み検索ができる

ARK(アーク)はゲーミングノートPCの取り揃えが業界トップという特徴があります。
「パーツ絞り込み検索」があるため、あらかじめどんなゲーミングノートPCを買うか決めている方におすすめです。
ただし初心者からするとラインナップが多すぎるのも困り物で、どれを選ぶか迷ってしまうかもしれません。


MSI

MSI

  • ノートPCを毎日持ち運べるような薄さと軽さへのこだわりが強い
  • 国内BTOショップと比べると若干割高
  • 読者が選ぶノートパソコンNo.1-PCMAG.COM 2021

MSIのゲーミングノートPCにはいくつかのシリーズがありますが、共通して「デザイン」と「持ち運びやすさ」へのこだわりが強めです。
カスタマイズできるモデルが少ないこと、全体としてドスパラやマウスコンピューターといった国内BTOショップと比べたら割高であることを除けば、
性能が良く丈夫なモデルが多いため、MSIのゲーミングノートPCは世界的な人気シリーズです。


ASUS(エイスース)

ASUS

  • デザインの優れたノートPCが多い
  • カスタマイズ性は低め
  • ノートPCのディスプレイ性能は最大300Hz

ASUS(エイスース)は香港本社の老舗PCメーカーです。
とにかくゲーミングノートPCのラインナップが広く、格安から超高性能までさまざまですが、ゲーマー的には最大300Hz駆動の「ROG Strix」シリーズが目に付きます。
超高性能だけあって20万円どころか30万円超えも当たり前ですが、ノートPCに使える予算にかなり余裕があるゲーマーは一度チェックすべきメーカーです。


ゲーミングノートPCと一緒に買いたいおすすめ周辺機器

せっかくゲーミングノートPCを購入するのなら、ゲーミングノートPCの性能を引き出せるデバイス(周辺機器)も用意しましょう。
当サイトではデバイスごとの紹介記事も公開しているので、選び方の基準にしてください。

以下の記事ではまとめてゲーミングノートPCに「必要な周辺機器」と「必要ではないけどあったら便利な周辺機器」をまとめているので、細かく知りたい方は確認してください。

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスは通常のマウスと違ってセンサー精度が高く、ゲームをするのに便利なサイドボタンが付いています。
選び方の基準としては「デザイン」「サイズ」「ボタン数」「有線か無線か」などさまざまな要素があるので、自分が遊びたいゲームに合わせて選びましょう。

配線がわずらわしくなるゲーミングノートPCでは無線(ワイヤレス)のマウスをおすすめします。
最近ではのゲーミングマウスがプロシーンで広く使われており、「ロジクールGPRO」は『Apex Legends』『フォートナイト』といった人気タイトルのプロゲーマー間で使用率が高い定番マウスです。

当サイトでは「ゲーム別おすすめマウス」「低価格のおすすめマウス」「ワイヤレスのおすすめマウス」などゲーミングマウス系の記事を充実させているので、そちらも参考にしてください。

ゲーミングヘッドセット・イヤホンの選び方

ゲーミングヘッドセット・イヤホンの選び方

音を外部にもらせない環境でゲーミングノートPCを遊ぶことも多いので、絶対にヘッドセットやイヤホンは用意しましょう。
配線をわずらわしいと感じるなら、Bluetooth接続できる無線デバイスもおすすめできます。

ゲーミングヘッドセットを使うと音の方向を判断しやすく、敵の足音や銃弾の飛んできた方向をより聞き取りやすくなります。
FPS・TPSを遊ぶには必須のデバイスで、通話をしながらゲームを遊ぶ方にも必須です。

当サイトでは「おすすめゲーミングヘッドセット」記事を作成しているので、詳しい解説はそちらを参考にしてください。

「おすすめゲーミングイヤホン」記事はこちらです。ワイヤレスやマイク付きなど様々なタイプのイヤホンがあり、ヘッドセットよりイヤホンを好むゲーマーも多いです。

ゲーミングノートPCのおすすめな買い方&選び方・総まとめ

  • 持ち運べるから欲しいのか?省スペースだから欲しいのか?をよく考える
  • 自分の目的に合ったゲーミングノートPCを見つける
  • 予算の範囲内で何が買えるかを知っておく
  • やりたいゲームの推奨スペックを基準にする
  • 初心者にはBTOパソコンショップがおすすめ

ゲーミングノートPCの選び方を紹介してきましたが、特に重視すべき項目は上記です。
失敗しないためには下調べが重要で、予算と目的のすり合わせが大切です。

この記事を読み込んで目的のゲーミングノートPCを見つければ、快適なPCゲームライフの扉が開きます。
購入したらあとはPCゲームを堪能するだけなので、ゲーミングノートPCが到着するのを楽しみに待ちましょう!

ゲーミングPCのおすすめランキングはこちら↓からどうぞ

・ここから選べば間違いなし → 「おすすめゲーミングノートPCランキング

やりたいことと予算が決まっている方は↓からどうぞ

・とにかく安くゲームを遊ぶなら → 「初心者におすすめな格安ゲーミングノートPC
・バッテリー10時間の持続モデル → 「おすすめの持ち運び向けゲーミングノートPC
・高画質ノートが欲しいなら → 「高性能+シングルプレイゲーム向き
・ハイエンドノートが欲しいなら → 「高性能+マルチプレイゲーム向き

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事