Apex Legends Season 4

Apex Legends おすすめゲーミングノートPC | 推奨スペックを元に「勝てるPC」を紹介!60fps、144fps、240fpsまで

「『Apex Legends』をノートパソコンでプレイしたい」という人に向けて、『Apex Legends』を快適にプレイできるノートPCを紹介します。

『Apex Legends』は普通のノートパソコンではプレイできませんが、「ゲーミングノートPC」ならデスクトップPCと遜色ないレベルでプレイできます

以下の3つのうちどれか1つでも当てはまればこの記事は参考になるはずです。

  • Apex LegendsをノートPCでプレイしたい
  • Apex Legendsの動作環境を知りたい
  • PS4版では満足できない、マウスでエイムしたい

用途別のおすすめのゲーミングノートPCはこちらです↓

・格安PC → 「ガレリア GCL1650TGF
・コスパ重視 → 「ガレリア GCL2060RGF-T
・最高の環境で遊びたい! → 「ガレリア GCR2080RNF-E

『Apex Legends』をデスクトップゲーミングPCでやりたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

ノートパソコンで『Apex Legends』をプレイできる?

apexnote

普通のノートPCでは『Apex Legends』を快適にプレイすることはできません。
グラフィック設定を最低まで下げたとしても、ゲーミングノートPC以外のノートPCではまともにプレイできないはずです。

その理由は、普通のノートPCには「グラフィックボード」が搭載されていないからです。
簡単なフリーゲームやブラウザゲームをやる分には必要ありませんが、高設定・高フレームレートで『Apex Legends』をやるためには「グラフィックボード」が必須です。

補足
ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080Ti搭載ビデオカード ベースクロック1569MHz STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING

グラフィックボードとは画像・動画を綺麗に表示させるためのPCパーツです。PCゲームの中でもFPSなどの特に負荷がかかるゲームはグラボ無し(オンボードグラフィック)では起動することさえできません。

Apexは無料ゲームなので、自分の持っているPCでプレイできるかどうか判断が付かなければ公式サイトからダウンロードして確かめてみましょう。

『Apex Legends』必要スペック

CPUIntel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
容量22GB以上

『Apex Legends』の必要スペックはかなり低めに設定されています。

このスペックでも最低設定なら30fps程度でプレイできますが、快適とは言えません。これならPS4でプレイしたほうが遥かにマシというレベルです。

『Apex Legends』推奨スペック

CPUIntel i5 3570T
メモリ8GB
GPUNvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
容量22GB以上

『Apex Legends』の推奨スペックはPS4 Proよりやや上くらいの性能です。

このスペックなら60fpsでプレイできますが、デフォルトのフレームレート上限である144fpsを出すのは困難です。
PS4 Proと同じレベルの快適さではあるものの、いずれ物足りなくなるかもしれません。

ゲーミングノートPCのメリットとデメリット

ゲーミングノートPCについて検索すると、「ゲーミングノートPCはコスパが悪いから買ってはいけない」という記事が見つかります。この評判は本当なのでしょうか。

ゲーミングノートPCのメリット

・場所をとらない
・持ち運び可能

ゲーミングノートPCのデメリット

・値段が高い?
・デスクトップPCより性能が低い?

結論から言うと、ノートPCとデスクトップPCにはそれぞれの良さがある”ということです。

ゲーミングノートパソコンの価格は高い?

ドスパラ ゲーミングノートPC

ゲーミングノートPCの価格はピンキリ。それでも通常のデスクトップPCと同程度かやや高い程度の価格帯で買えるゲーミングノートPCもある。(※画像はドスパラより引用)


ゲーミングノートPCの価格は、普通のノートPCやデスクトップPCと比べて高めです。特に何もかもを詰め込んだハイエンドなゲーミングノートPCはかなり高額です。
しかし『Apex Legends』の推奨スペック程度のノートPCなら10万円以下で、勝負にこだわったガチ構成でも15万円前後で手に入ります。

ゲーミングノートPCはデスクトップPCより低スペック?

当たり前の話ですが、同じ値段ならノートPCよりデスクトップPCのほうが性能は上です。

しかし、高性能なゲーミングノートPCも存在するので、デスクトップPCと比べて性能が低いからといって選択肢から外す必要はありません。
そもそも『Apex Legends』は最適化が進んでおり、比較的低いスペックでプレイできるゲームです。

ドスパラの『ガレリア GCR1650GF7』はノートPCですが充分な性能で、『Apex Legends』を60fpsで問題無くプレイできます。ゲーミングノートPCながらかなり抑えめな価格設定が魅力です。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

現在低スペPCまたは古いゲーミングPCを使っていて「動作が重い」「フレームレートが出ない」という方は、設定を変えれば改善される可能性があります。PCを買い替える前に下記の記事をチェックしてください。

ゲーミングノートPCはモニターのリフレッシュレートに要注意!

モニターには「1秒間に何回画面を更新できるか」を示す「リフレッシュレート」が存在します。これを「Hz」という単位で表します。

「60Hz対応モニター」なら1秒間に60回画面が更新されます。ということは、60fpsまでしか表示できないということです。「144Hz対応モニター」なら144fpsまでです。
つまり、144fpsまで出せるPCを使っていてもモニターが144Hzに対応していないと何の意味もありません。だから良いゲーミングモニターが必要なのです。

ところがノートPCは「モニターを買い替える」ことができず、買ったノートPCに付いているモニターを使うしかありません。
つまり、最初から高フレームレートに対応したモニターの付いているゲーミングノートPCを買うべきということです。

高フレームレートで『Apex Legends』をプレイしたいなら、「ガレリア GCL2060RGF-T」は高性能な144hzモニターを搭載した理想的なゲーミングノートPCの一つです。

ゲーミングモニターとフレームレートの重要性については以下の記事で詳しく解説しているので、さらに深く知りたい方はチェックしてください。

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPC 60Hz,144Hz,240Hz対応

『Apex Legends』のためにゲーミングノートPCの購入を検討している人向けに、目的別にノートパソコンを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

60fpsで『Apex Legends』をプレイしたいエンジョイ勢向け ガレリア GCL1650TGF

ガレリア GCL1650TGF
ガレリア GCL1650TGF
CPU : Core i5-10300H
グラフィック : GTX 1650 Ti GDDR6 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD / HDD 無し
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 超格安ゲーミングノートPC
  • Apexを60fpsでプレイ可能
  • SSD搭載で高速ロード
デメリット
  • 60fpsで満足できない人には不向き

最も手頃な価格で手に入るのがドスパラで大人気のゲーミングノートPC『ガレリア GCL1650TGF 』です。

税込みでも10万円ちょっとというゲーミングノートPCとは思えない破格のお値段ですが、Apexを60fpsで動かすだけなら全く問題ありません。

性能的には『Apex Legends』の推奨スペックを超えているため、少し設定を下げれば試合中もぴったり60fpsに張り付きます。

Apex以外のゲームも普通に動作するので、ゲーミングPCの入門として買うには最適です。ただし、数か月後にはもっと性能の高いPCを欲しくなっている可能性は高いです。あくまで初心者向けのPCであることをお忘れなきよう。

ガレリア GCL1650TGFの詳細・価格情報はこちら

144fpsで『Apex Legends』をプレイしたいガチ勢向け ガレリア GCL2060RGF-T

ガレリア GCL2060RGF-T
ガレリアGCL2060RGF-T
CPU : Core i7-10750H
グラフィック : GeForce RTX 2060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 144Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • デスクトップPC並の性能
  • 144Hz対応モニター
  • 最軽量のゲーミングノートPC
デメリット
  • 144fpsが上限

GPU、CPU共にデスクトップPC並のスペックな上、144Hz対応モニターも搭載。
ガレリア GCL2060RGF-T」は『Apex Legends』を高フレームレートで遊びたいならぴったりのゲーミングノートPCとなっています。
グラフィック設定次第ではほぼ144fpsを維持できるので、ノートパソコンでありながら大会に近いプレイ環境を味わえます。

本来これほどハイスペックなゲーミングノートPCだと本体が高い熱を持って故障の原因になったりするのですが、強力な冷却ファンが全力で発熱を抑えてくれます。

また、スペックが高ければ高くなるほど重量級になりがちなゲーミングノートの世界で最軽量の薄型ノートパソコンという点も特長です。

高フレームレートで勝負にこだわるプレイヤーには特におすすめです。

こちらの記事では『Apex Legends』を実際にプレイして「ガレリア GCL2060RGF-T」のスペック検証を行っているので、ぜひ参考にしてください。

最高のゲーミングノートパソコンが欲しい人は ガレリア GCR2080RNF-E

ガレリア GCR2080RNF-E
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : GeForce RTX 2080 GDDR6 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 最強のゲーミングノートパソコン
  • 録画や配信も余裕でこなせる
  • 17インチの巨大ディスプレイ
  • 240Hzの高リフレッシュレート液晶
  • 目に優しいノングレアパネル
デメリット
  • 完全にオーバースペック

金に糸目を付けず、とにかく最高のゲーミングノートパソコンが欲しい」という方には「ガレリア GCR2080RNF-E」がおすすめです。

モニターのリフレッシュレートが「240Hz」というとんでもないスペックで、その辺のゲーミングデスクトップパソコンを遥かに上回る快適さで『Apex Legends』をプレイできます。

ドスパラ メモリ カスタマイズ

メモリを16GB→32GBにカスタマイズすることも可能。
現時点ではどんなゲームであってもそこまでのメモリは必要ないので、カスタマイズするとしたら今後登場するゲームを見据えた余裕を持った構成ということになります。

完全にオーバースペックのように見えますが、「『Apex Legends』を240fpsでプレイしたい!」「デスクトップPCより性能の良いノートPCが欲しい!」という需要に応えられるゲーミングノートPCといったらこのモンスターマシンくらいです。

ガレリア GCR2080RNF-Eの詳細・価格情報はこちら

最高級のゲーミングノートPCを使っていても、ネット回線やPC側の設定に問題があると『Apex Legends』を快適にプレイすることはできません。
以下の記事で『Apex Legends』のラグ対策をチェックしてみてください。

『Apex Legends』おすすめゲーミングノートPCまとめ

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・Apexを60fpsで遊びたい → 「ガレリア GCL1650TGF
・144fpsで遊びたい → 「ガレリア GCL2060RGF-T
・144fps以上で遊びたい → 「ガレリア GCR2080RNF-E

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングノートPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

ゲーミングマウスは必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセット・イヤホンにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

HARDMODEでは『Apex Legends』の攻略ガイドを運営しています。ゲーミングPCを購入した後に攻略の参考にしてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ