『フォートナイト』のゲーミングPCおすすめモデルと推奨スペックの紹介 高フレームレートで他のプレイヤーと差をつけよう【144fps・240fps対応】

当ページのリンクには広告が含まれています。

以下の5つのうちどれか1つでも当てはまればこの記事は参考になるはずです。


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

モデル名価格帯特徴
NEXTGEAR JG-A5G60
JG-A5G1D
13万円~最安で『Apex Legends』を遊べるゲーミングPC
NEXTGEAR JG-A5G60
NEXTGEAR JG-A5G60
15万円~ゲーミングPC+デバイス一式セットの最強コスパゲーミングPC
NEXTGEAR JG-A5G6T
17万円~240fps出せる高性能ゲーミングPC
NEXTGEAR JG-A7G7S
25万円~配信も快適にできるハイエンドモデル
NEXTGEAR J6-A5G50GN-A
17万円~165Hz液晶に対応したガチ勢向けノートPC

おすすめゲーミングPCをランキングで見たい人はこちらの記事で激安PCからハイエンドPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

『フォートナイト』におすすめのゲーミングノートPC」を知りたい人は別記事で激安ノートPCからハイエンドノートPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてください。

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

目次

『フォートナイト』

『フォートナイト』のゲーム概要説明
ジャンル  : バトルロイヤル
機種    : PS4/PS5、Xbox One/Xbox Series X|S、Switch、PC、モバイル
開発    : Epic Games
リリース日   : 2017年7月25日
『フォートナイト』 公式サイト

パソコン初心者でも『フォートナイト』ができるおすすめゲーミングPC

狐おり-min

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。また、Amazonアカウントからも支払いできるようになっているので、購入も簡単です。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

今回は主に「ドスパラ」「マウスコンピューター」から最適なゲーミングPCを選んで紹介します。

10万円前後で遊べる格安モデル

NEXTGEAR JG-A5G60
NEXTGEAR JG-A5G60
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : RTX 4060
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB SSD
マウスコンピューターで詳細・価格を見る
メリット
  • 10万円ちょっとの激安ゲーミングPC
  • 100fps安定でプレイ可能
デメリット
  • エントリークラスなのでPC上級者向けではない

『フォートナイト』を100fps以上でプレイしたい&できるだけ安く遊びたいという方には「RTX 4060搭載PC」がおすすめです。

性能的にも『フォートナイト』を遊ぶには十分で、描画距離を最大にしても常時100fps以上を出力できるため、他の画質設定を落としてプレイすることを推奨します。

10万円ちょっとの激安PCで『フォートナイト』を遊びたい!」という人にはうってつけのゲーミングPCです。

とにかく安い!格安で『フォートナイト』を遊びたい人向け
「RTX 4060搭載PC」の詳細・価格情報はこちら


とにかくお得にゲーミングPCが欲しい人向け!

gamingpc-sale-bnrお得なセール情報をチェックする

少しでもゲーミングPCお得に購入したい方には、各BTOショップで開催されているセールをチェックしてゲーミングPCを購入することをおすすめします。

「予算を出来るだけ抑えたい」「パーツが無料でアップグレードできたりキャンペーンが開催してるところで購入したい」と考えている方は要チェックです。

ゲーミングPC初心者はデバイスが一式揃ったフルセットモデルがおすすめ

NEXTGEAR JG-A5G60
NEXTGEAR-JG-A5G60
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック : RTX 4060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB Gen4 NVMe
モニター : iiyama G-MASTER GB2470HSU(165Hz)
マウス : Logicool G304
キーボード : Logicool G213r
ヘッドセット : Logicool G331
ゲーミングマウスパッド : Logicool G240f
ゲームパッド : Logicool F310r
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPC+ゲーミングデバイス一式が最初からセットで搭載
  • デバイスを個別で購入するよりもお得
  • 144~240fps安定できるスペック
  • ゲーム実況配信や動画編集もできる
デメリット
  • すでに使いたいデバイスがある方には向いていない

これからフォートナイトを始める上でゲーミングデバイスもセットで欲しい!という方にはこちらのゲーミングPC一式セットモデルがおすすめです。

付属してくるデバイスはしっかりとLogicool製のゲーミングデバイスや、165Hzに対応した高性能ゲーミングモニターが搭載してくるため、PCを購入してそのままデバイスを買わずともフォートナイトをガチ環境でスタートすることができます。

間違いなくデバイスを個別で購入するよりもお得なため、特に使いたいデバイスを決めていない方にはコストパフォーマンス面でも非常に優秀なモデルとなっています。

ゲーミングPCセット一式モデル!
「NEXTGEAR JG-A5G60」の詳細・価格情報はこちら

144fps安定で遊べる良コスパモデル

NEXTGEAR JG-A7G6T
NEXTGEAR JG-A7G6T
CPU : Ryzen 7 5700X
グラフィック : RTX 4060 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB SSD
マウスコンピューターで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では安い
  • 144fpsで安定して遊べる
  • 数年間は買い換えなくても最新ゲームがプレイ可能
デメリット
  • 240fpsを目指すなら画質は落とす必要がある

『フォートナイト』のフレームレートを144fps以上で安定させてプレイしたいなら「ガレリア XA7C-R46T」がおすすめです。

家庭用機では不可能な高画質&144fpsでプレイできるので、はっきり言ってこのレベルのPCで遊ぶ『フォートナイト』と家庭用機の『フォートナイト』は別ゲーです。

ゲーム実況配信や動画編集なども楽にこなせるため、自分のプレイ経験を他人と共有したい!というゲーマーにぴったりの、ワンランク上のゲーミングPCです。

もちろん『フォートナイト』以外の最新のゲームも何不自由なく遊べるので、「『フォートナイト』も最新ゲームも遊びたい!」という方にもおすすめです。

ゲーミングPCとして次世代ゲーム機を上回る十分なスペックを持っていながら比較的安いというのも魅力。

144fpsで『フォートナイト』の操作が別ゲーレベルに!
「RTX 4060 Ti搭載PC」の詳細・価格情報はこちら

144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は忘れずに一緒に購入しておきましょう。おすすめはプロゲーマーの使用率も高い「XL2411K」です。

完全240fps維持で遊びたい方向けのハイエンドPC

NEXTGEAR JG-A7G7S
NEXTGEAR JG-A7G7S
CPU : Ryzen 7 7700
グラフィック : RTX 4070 SUPER
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB SSD
マウスコンピューターで詳細・価格を見る
メリット
  • 画質もfpsも妥協しない
  • GPUもCPUも最高クラスのスペック
  • 今後数年は最新ゲームが最高設定でプレイできる
  • ゲーム実況配信、動画編集もサクサクできる最強マシン
デメリット
  • 240Hzゲーミングモニターも合わせると高額に…

フレームレートと画質を最高な状態でプレイしたいなら「RTX 4070 SUPER搭載PC」がおすすめです。

スペックに比例してゲーミングPCの中でもやや高価ではありますが、最新のGPUとCPUを搭載しているので、妥協したくない人にとってはベストチョイスと言えるでしょう。

ここまでスペックが高いと『フォートナイト』を遊ぶには一切困ることがなく、数年間はPCを買い換えなくとも最新ゲームを最高設定で遊び続けることができるので、追加の出費もありません。

240fpsを安定して出力し、画質を上げてもfpsが落ちることが無くなるので自分の好きな設定で遊べます。

また激しい建築バトルの最中にカクつくようなことも一切なく、プロと同じ安定した環境でプレイすることが可能です。
『フォートナイト』以外にもグラフィックにこだわるゲームを遊ぶ予定なら、このくらいスペックに余裕があるとヌルヌルサクサクでどんなゲームでも楽しめます。

とにかくPCに負荷のかかる動画編集も、「RTX 4070 SUPER搭載PC」を購入するときにメモリを「32GB(16GB×2)」にカスタマイズすれば圧倒的に快適になります。
『フォートナイト』をそこまでガチでプレイしていない人でもおすすめです。

240fpsでApex Legendsを遊ぶには「240HzゲーミングPCモニター」が別途必要となります。
おすすめはプロゲーマー御用達の「XL2546K」です。ゲームに妥協を許さない本物志向の方は検討してみてください。

ゲーミングノートPCを選ぶなら165Hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144Hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方はこの記事」にまとめてあります。

NEXTGEAR J6-A7G60GN-A
NEXTGEAR-notepc
CPU : Ryzen 7 7840HS
グラフィック : RTX 4060
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 165Hz 16.0インチ
重量 : 2.29kg
バッテリー : 8.0 時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

メリット
  • 144fps~240fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の32GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 165Hzの液晶対応
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「NEXTGEAR J6-A7G60GN-A」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、165Hzのモニターに対応している最強コスパゲーミングノートPCの一つです。

メモリも16GB搭載されておりPCゲームの快適性はもちろんのこと、配信や動画編集なども相性の良いなんでもこなせることが可能となっています。

「NEXTGEAR J6-A7G60GN-A」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

『フォートナイト』向けノートパソコン」の記事では低価格モデルなども紹介しています。

最近の『フォートナイト』は意外と重い?

ウィンナー確定切る-min

チャプター1(2017年9月~2019年10月)の段階では、『フォートナイト』は比較的軽いゲームでした。

しかしチャプター2(2019年10月~)に入ってからは、グラフィックアップデートをするにつれてどんどん動作が重くなり、フレームレートも出にくくなってしまいました。

今後も次世代ゲーム機に合わせて『フォートナイト』のアップデートは続くので、『フォートナイト』を遊び続けたいなら最新のゲーミングPCを用意する必要があります。

注意!
「『フォートナイト』はチャプター2で軽くなった」という理由でかなりの低スペPCを紹介しているサイトが多数ありますが、そんなことはないので注意してください。適当に安すぎるモデルを購入してしまうと痛い目を見ます・・・。
価格・性能別ゲーミングPC4選

『フォートナイト』最小スペック・推奨スペック

500ズーム-min

PC版『フォートナイト』の最小動作環境・推奨動作環境、またグラボが刺さっていないパソコンでプレイすることは可能なのか?を説明していきます。

大前提として、『フォートナイト』はオンラインゲームです。ネット回線が悪ければどれだけPCスペックが高くてもゲームになりません。「『フォートナイト』におすすめのネット回線」を参考にしてください。

PC版『フォートナイト』最低必要スペック

『フォートナイト』最小スペック(公式サイトから引用
CPUCore-i3 2.4Ghz
メモリ4GB
GPUIntel HD 4000

最低でもCPUがi3、GPUに至ってはオンボードの低スペック品でも動作が可能です。
あくまでも「動作が可能」なだけで快適とは程遠く、このスペックで遊ぶならニンテンドースイッチ版をやったほうがマシと言えるでしょう。

PC版『フォートナイト』推奨スペック

『フォートナイト』推奨スペック(公式サイトから引用
CPUCore i5-7300U
メモリ8GB
GPUGTX 960

推奨スペックも最小スペックと同じく基準が低く、数年前のゲーミングPCでも動作してくれます。

しかし上記のスペック通りだと60fps以上は安定せず、特に旧式のCPUには負荷が高いので推奨できません。

これから『フォートナイト』以外のゲームを遊びたいと思ってもこのスペックでは古いゲームしか遊ぶことができないので、この推奨スペックは鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

PC版『フォートナイト』144fps張り付きスペック

『フォートナイト』144fps張り付きスペック
CPUCore-i7 2.8Ghz
メモリ16GB
GPUNvidia RTX 3060 Ti

筆者の考える「本当の推奨スペック」がこちらです。

RTX 3060Ti搭載PCなら『フォートナイト』で60fpsが安定し、画質を落とせば144fpsでプレイできます。

PCでTPS・FPSをプレイするなら最低でも144fpsは目指したいところです。

なお、フレームレートだけでなくグラフィックにもこだわりたいとなったらこのスペックでさえ十分とは言えません。

PC版『フォートナイト』240fps張り付きスペック

『フォートナイト』240fps張り付きスペック
CPUCore-i9
メモリ16GB
GPUNvidia RTX 3070

RTX 3070クラスのGPUを持つゲーミングPCであれば『フォートナイト』は240fps張り付きで遊ぶことができます。

もし設定を最高画質のままで高フレームレートを叩き出したいのであればより高性能なGPUを選ぶことをおすすめですが、画質よりもフレームレート重視!という方はRTX 3070クラスのGPUで問題ありません。

『フォートナイト』はグラボなしのパソコンで遊べる? → ほぼ不可能

『フォートナイト』は現行のFPS・TPSの中では軽量クラスのゲームなので、最新の家庭用PCなら遊ぶことは可能です。

ただし「60fpsも不安定」「戦闘中のカクつき」がつきまとってくるので、決して快適とは言い難い環境になります。

特にグラフィックボードの刺さっていないオンボードPCではストレスが溜まって長時間プレイすることはほぼ不可能なので、ゲーミングPCへと買い換えることをおすすめします。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、Windows左下の検察バーから「dxdiag」と入力すると自身のPCスペックが表示されるので確認してみましょう
価格・性能別ゲーミングPC4選

『フォートナイト』はPS4やSwitchよりゲーミングPCでプレイすべき

デッドプール落下正面-min

『フォートナイト』はPC版だけではなく、CS版からモバイル版まで様々な環境で遊べます。
『フォートナイト』はクロスプラットフォームに対応しており、違うハードを利用していても同じサーバーで遊べるようになっています。

つまり、戦績(内部レート)が同程度であれば、別ハードのプレイヤーともマッチングするということです。

戦績が同じプレイヤー同士が集まるならどのハードで遊んでも一緒、と思われるかもしれません。実は違います。『フォートナイト』ではPC版が圧倒的に有利です。

ビクロイしたいならPC版一択

ヘリからの忍者-min

筆者はPCで『フォートナイト』をプレイしていますが、高レート帯でマッチングする人のほとんどがPCプレイヤーです。ごく稀にPS4の人とマッチングしますが、月に1回あるかないかの世界です。
つまりは『フォートナイト』は一定以上のレベルになると、ゲーミングPCでプレイしないとほとんど勝てないということです。

逆に言えば、ゲーミングPCは他のハードと比べて圧倒的にスペックが上なので、性能差で勝ててしまえるのです。

スペック差=フレームレートの差」です。詳しくは後述します。

ガチ勢もエンジョイ勢も、勝てないままだとゲームに飽きてしまいます。
また、PCプレイヤーに嫉妬しながらCS版をプレイしていても心の安定を保つことができません。(これは元PS4勢だった筆者の体験談です!)
こんなに面白いゲームを最高の環境でプレイしないのは本当に勿体ないですよ!

価格・性能別ゲーミングPC4選

PC版は『フォートナイト』を高画質で遊べる

CS勢がPC版に移行して最初に驚くのはその画質です。PC版はどのCS機よりも圧倒的に高画質です。この画面に目が慣れてしまったらCS版に戻るのは不可能でしょう。

画質の比較用(左:低画質版、右:高画質版)
画質比較いいほう-min

『フォートナイト』といえば魅力的なスキンやコスチュームが人気のゲームです。
女性キャラクターにも可愛いスキンが多く存在しますが、比較画像を見ていただけたらわかる通り、「あれ?化粧替えた?」と言いたくなるほどPC版は垢抜けてる感があります。

あなたのお気に入りスキンの本当の姿を見たくありませんか?

【要注意!】楽天やメルカリの中古ゲーミングPCはおすすめしません

中古ゲーミングPC 『フォートナイト』

「『フォートナイト』 ゲーミングPC」などと検索すると、上のような中古PCを販売するページがヒットします。

断言しますが、中古ゲーミングPCは絶対におすすめしません。

そもそも『フォートナイト』をゲーミングPCでプレイするべき理由は、「家庭用ゲーム機よりもスペックが高く、グラフィック的にも対戦環境的にも有利だから」です。
ところが安い中古PCは家庭用ゲーム機以下のスペックしかないためPCである理由が全くなく、「ゲーミングPC」としての価値は皆無です。

中古PCを販売しているショップは「『フォートナイト』や『Apex Legends』を滑らかに遊べます」と謳って低スペPCを売りだしていますが、実際は滑らかに遊ぶのは不可能です。
「Switch以下でカクカクだけどプレイはできます」と言うなら正しいのですが、それなら「Switchで遊べばいいじゃん」と思ってしまいます。

そもそも中古ゲーミングPCはパーツが経年劣化しているため耐用年数が短く、PC本体の値段より故障したときの修理費のほうが高くつきます。

結局「最初から新品を買っておけばよかった」と後悔するに決まっているので、BTOショップからまともなゲーミングPCを購入することを強く推奨します。

価格・性能別ゲーミングPC4選

『フォートナイト』を遊ぶための最も安い新品ゲーミングPCセット

『フォートナイト』は安ければ10万円以下のゲーミングPCでも遊べますがPCさえあれば遊べるというわけではありません。

モニターからキーボード、マウス、机、イスまで、何一つ持っていないと仮定した場合、いくらでゲーミングPCセットを買えるのか?検証してみました。

デバイス価格(最安値)
ゲーミングPC(ガレリア RM5R-G60S)
マグネイトMH
109,980 円
ゲーミングモニター
ゲーミングモニター
26,820 円
ゲーミングキーボード
ゲーミングキーボード
9,980 円
ゲーミングマウス
ゲーミングマウス
3,700 円
マウスパッド1,664 円
ヘッドホンorイヤホン4,990 円
デスク8,880 円
ゲーミングチェア7,999 円
ゲーミングPCセット一式174,013円

今回デバイスはすべて有名ゲーミングブランドの中で安い製品を選びました。すべて筆者が実際に使用しておすすめできると確信できたブランドから選んでいます。

もちろん、もっと安いゲーミングデバイスは他にも存在します。
それでも、余裕を持って20万円弱の予算があれば『フォートナイト』をプレイできる安い新品ゲーミングPCセットが揃うということがわかりました。

価格・性能別ゲーミングPC4選

PC版『フォートナイト』をプレイするならフレームレート144fps/240fpsを目指すべき

デッドプールキル-min

『フォートナイト』に限らず、どんなFPS・TPSゲームでもfpsが高ければ高いほど有利になります。
リリース当初のPUBGのような動作の重たいFPS・TPSゲームならまずは60fpsの安定を目指すべきですが、『フォートナイト』を遊ぶなら最低でも144fps、できれば240fpsで遊びたいところです。
ここからはなぜ「144fps」「240fps」を目指すべきか、高いfpsで遊ぶことのメリットを解説していきます。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

最終安置のバトルで勝てる

最終安置の戦い-min

『フォートナイト』の醍醐味は建築バトルです。激しく視点を動かしながら建築をするとき、fpsを高く保つことは非常に重要です。少しでもカクつくタイミングがあると、その瞬間に相手を見失うなんてこともあります。

最終バトルではプレイヤーが密集し、建築はさらに複雑となります。
特に高ランク帯だと最後の最後まで20~30人のプレイヤーが生き残って同時に建築と編集を行うため、低スペックなマシンでは処理が追いつかなくなり大幅にfpsが低下します。
こちらが有利な場面で壁を編集して1発撃ち込んだら勝ちという場面でゲームがカクついてしまったら台パンするレベルです。

高フレームレートを維持できるゲーミングPCなら最終バトルで密集に怯えることはありません。好きなだけ視点を動かしてガンガン建築しましょう!

建築合戦中に爆破されても処理落ちしない

ロケランよける-min

チャプター2以降のアリーナモード(ランクマッチ)では、以前のようなアイテムを駆使した戦闘よりも純粋な建築バトルが多くなっています。
勝負のカギを握るのは「相手が壁を貼る隙にショットガンを一発入れられるか」という駆け引きです。

この建築バトルに対応するために多くのプレイヤーがランチャーを持っており、爆発で建築が破壊された瞬間はかなりfpsが低下します。
この状況に耐えうるゲーミングPCでないと、今の環境で勝つことは難しいでしょう。

価格・性能別ゲーミングPC4選

『フォートナイト』を144fps/240fpsでプレイするために必要なもの

夕日にはしる500-min

『フォートナイト』を144fps/240fpsでプレイするために必要なものは「144hz/240hz対応ゲーミングモニター」と「スペックの高いゲーミングPC」です。

必要なもの1: 144hz/240hz対応ゲーミングモニター

一般的なPCモニターでは60hzまでしか対応していないので、最大でも60fpsの出力が限度となります。
そのため、144hzもしくは240hzに対応したゲーミングモニターが必要となってきます。

144hz対応なら使用者の多いBenQ「XL2411K」がおすすめです。

240fpsを目指すならプロプレイヤーにも人気の240hz対応BenQ「XL2546K」がおすすめです。

必要なもの2: 高スペックゲーミングPC

スペックの高いゲーミングPC

144/240hz対応ゲーミングモニターの性能を引き出すには、PC側で144/240fpsを出力できるスペックが必要です。
『フォートナイト』は重いゲームではないとはいえ、一般的な家庭用パソコンよりスペックの高いゲーミングPCが必要です。
古かったり、スペックが低いPCを使用している方はゲーミングモニター購入に合わせてゲーミングPCも新調しましょう。

最近のゲーミングPCは安いものでも『フォートナイト』くらいなら軽々動くレベルのスペックなので、それほど大きな出費を覚悟する必要はありません。

『フォートナイト』プロや配信者が使っているゲーミングPC一覧

ここまで、値段と性能のバランスを見ながら『フォートナイト』向けのゲーミングPCをおすすめしてきました。

それでもどのPCを使えばいいか判断の付かない方は、配信者やプロゲーマーが使っている実績あるPCを参考に選びましょう。

プロゲーマーやストリーマーを何人かピックアップして、使用しているGPUとCPUを説明します。そのうえで、プロが使っているものと同等スペックのPCを複数紹介します。

補足
紹介するPCのCPUに関しては世代が違う場合がありますが、Intel Core iシリーズかAMD Ryzenシリーズかは区別しています。
また、一部ストリーマーは配信をしやすいようにメモリを64GBや128GBに増設していたりするので、その点はご注意ください。

Zelarl

zeral

画像引用元:YouTube

GPURTX 3090
CPUi9-11900K

ソース:YouTube

ガレリア ZA9C-R39 Zelarlコラボ
ガレリア ZA9C-R39  Zelarlコラボ
CPU : Core i9-12900K
グラフィック : RTX 3090 24GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

元プロゲーマー現ストリーマーのZelarlいわく、『フォートナイト』をプレイするにあたって最高級のマシンとのことです。

重くなりがちな場所で視点をブンブン降っても240fpsに貼り付き続けるため、間違ってもラグやカクつきに足を引っ張られることはありません。

プロゲーマーやストリーマーが買うPCの一つの到達点といえます。

Bugha

bugha

画像引用元:YouTube

GPURTX 3090
CPUi9-10900k

ソース:ProSettings.net

Bughaが使っているPCに近いスペックのモデル
ガレリア ZA9C-R39
ガレリア ZA9C-R39
CPU : Core i9-12900K
グラフィック : RTX 3090 24GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

『『フォートナイト』・ワールドカップ』のソロチャンピオンであるBughaが使っているPCは当然最高峰のモデルです。

競技シーンのプロと同じレベルの環境で全力でゲームをプレイしたい人向きの構成です。

TaySon

tayson

画像引用元:Twitter

GPURTX 3080
CPURYZEN 9 5900X

ソース:ProSettings.net

TaySonが使っているPCに近いスペックのモデル
ガレリア ZA9R-R38
ガレリア ZA9R-R38
CPU : Ryzen 9 5900X
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ヨーロッパ最強の一角「TaySon」のPCスペックです。

他のプロゲーマーが「RTX 3090」ばかり使っているので見劣りするように見えるかもしれませんが、実際は「RTX 3080」でも十分競技シーンに通用します。

「たとえ効果が実感できなくてもスペック上最強じゃないと安心できない」という人以外は、「TaySon」レベルのPCで満足できるはずです。

リズアート

rizart

画像引用元:YouTube

GPURTX 3090
CPURyzen 7 5800X

ソース:Twitter

リズアートが使っているPCに近いスペックのモデル
ガレリア CRA9C-R39 Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i9-12900
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

リズアートが所属するCrazy Raccoonとドスパラによるコラボモデルの中で最も高価なPCがこちらです。

特徴はメモリが32GB用意されていること。ただゲームをするだけなら16GBで十分なので、これは配信しながらゲームをすることを想定したスペックでしょう。

それ以外は最強プレイヤーにふさわしいパーツが揃っています。

Crazy Raccoon×ガレリアコラボPC」は格安からハイエンドまで複数コラボモデルが用意されています。

『フォートナイト』を240fpsで遊ぶための設定

500キルする瞬間-min

ここからはおすすめのグラフィック設定を紹介します。

最高スペックのマシンを使用していても、勝ちにこだわるプロプレイヤーは画質設定を落として安定性を重視します。
以下は『フォートナイト』の海外プロプレイヤー達が実際に使っている設定なので、勝ちたい方は是非参考にしてください。

画質設定33333-min

本設定のポイントはfpsの安定性です。以下は注意点です。

  • マルチスレッドレンダリングは必ずONにすること
  • fpsの上限設定は「無制限」ではなく「240FPS」に指定すること
  • 環境によってはVsyncをONにするとfpsがあがることがある

なぜ画質設定が重要か

こちらは最低画質と最高画質を比較しています。

低画質-min (1)高画質-min (1)

「最高画質」設定ではキャラクターのディテールがリッチになり、オブジェクトの質感がよくなります。勝つためだけにプレイするガチ勢にとってはあまり重要ではありません。

またこの低画質設定では影が除去されていることがわかると思いますが、これによって影に隠れた敵を見逃す恐れがなくなり、視認性は大きく向上します。

『フォートナイト』おすすめゲーミングPC購入時によくある質問

デスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

デスクトップPCをおすすめします。
「価格」「性能」共にノートPCよりもデスクトップPCの方が圧倒的に優れています。

「サブ機として使いたい」「置き場が無い」「持ち運びたい」という方にはノートPCをおすすめしています。
ゲーマー向けのモデルには、ノートPCでも240hz以上のディスプレイを搭載しているモデルがあるので、予算にあわせて選んでみてください。

関連記事 『フォートナイト』おすすめノートパソコン

グラボなしでも遊べる?

ほぼ不可能です。

『フォートナイト』はバトロワゲーの中では比較的軽いゲームですが、対戦シューターである以上、グラボなしでプレイしても味方に迷惑をかけまくるだけで、まともにプレイすることは不可能です。

自作PCでも『フォートナイト』で240fpsを出せる?

出せます。

ただし、もし『フォートナイト』で自作PCデビューするのであれば、初心者にはおすすめできません。

自作PCは組み立て・設計に知識が必要ですし、トラブルが発生した時に自分で解決しなければなりません。

初めての自作PCでトラブルが起こらないなんてことはありえないので、まずはサポートが万全な「ドスパラ」や「マウスコンピューター」のBTOショップから挑戦してみることをおすすめします。

ゲーミングPCはどこで買えばいい?

「パソコンを買うなら電気屋や家電量販店はNG」です。単純に割高だからです。ゲーミングPCはBTOショップで安く高性能なモデルを購入することをおすすめします。

BTOショップの中でも在庫の潤沢さ、出荷速度、値段、サポートなど総合的に考えるとまずは「ドスパラ」、それに次いでサポートの手厚い「マウスコンピューター」もおすすめです。

AmazonでゲーミングPCを買うのはあり?

絶対にダメ、というわけではありませんが、やはり初心者にはおすすめできません。

有名BTOショップと比べると明らかにサポートの丁寧さで劣りますし、品質も低いことが多いです。

有名ブランドがAmazonに出品しているPCであればBTOショップに劣らない製品もありますが、それでも初心者がいきなり手を出すのは避けたほうがいいでしょう。

「Amazonで買える人気ゲーミングPC」はこちらの記事で紹介しています。書いてある意味が完璧に理解できるのであればAmazonを利用しても構いません。

『フォートナイト』をPCで遊ぶためには?

『フォートナイト』のPC版はEpic Games Storeからインストーラーをダウンロードし、サインインすれば無料で遊べます。

メルカリなどのフリマアプリで中古パソコンを購入しても良い?

絶対におすすめしません。

中古パソコンはそもそも前の使用者がどのような使い方をしていたか完全にわからないということもあり、パーツの消耗具合・ウィルスの混入などのリスクが非常に高いです。

特に初心者であればパーツが故障した際には自分で取り替える必要があるため、余計に費用も時間もかかってしまいます。

メルカリなどの中古パソコンは安く購入できる魅力的ですが、「安物買いの銭失い」になる可能性が高いのでおすすめしません。

『フォートナイト』おすすめゲーミングPCのおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

モデル名価格帯特徴
ガレリア RM5R-G60S
RM5R-G60S
11万円~最安で『フォートナイト』を安定して遊べるゲーミングPC
G-Tune DG-I5G60
G-Tune DG-I5G60
18万円~ゲーミングPC+デバイス一式セットの最強コスパゲーミングPC
ガレリア XA7C-R46T
XA7C-R37T
20万円~最高設定でも余裕を持って『フォートナイト』を遊べるミドルレンジモデル
ガレリア XA7C-R47T
28万円~4Kなどの最高画質で遊びたい方におすすめのハイエンドモデル
ガレリア XL7C-R45
XL7C-R36
16万円~144Hz液晶に対応したガチ勢向けノートPC

ぜひ、自分に合ったゲーミングPCを見つけて『フォートナイト』を楽しんでください!

なお、『フォートナイト』で高いフレームレートを出すためのゲーミングモニターと『フォートナイト』プロ御用達のゲーミングマウスは以下の記事で紹介しています。
『フォートナイト』にぴったりのデバイスを知りたい方は参考にしてください。

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事