• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • CRカップ御用達!Crazy Raccoon×ガレリアコラボゲーミングPCまとめ|RASやSelly所属のCRモデルでFPSを楽しもう!
「Crazy Raccoon」コラボゲーミングPCモデル

CRカップ御用達!Crazy Raccoon×ガレリアコラボゲーミングPCまとめ|RASやSelly所属のCRモデルでFPSを楽しもう!

コラボPCまとめページはこちら!

Crazy Raccoon × GALLERIA コラボゲーミングPC

日本屈指の人気プロゲーミングチームで、「CRカップ」の主催としても有名な「Crazy Raccoon(クレイジーラクーン)」とBTOショップ「ドスパラ」のコラボゲーミングPCが2021年8月18日に発売されました。

名義貸しのようなコラボPCではなく、PCケースからスペックまで完全にCR仕様のオリジナルモデルとなっているため、Crazy RaccoonファンはもちろんこれからPCゲームの世界に入門したい全ての人におすすめです。

  • 最安CRコラボモデルがほしい→CRA5C-G60
  • ちょうど予算と性能が中間ぐらいのモデルがほしい→CRA7C-R36
  • Apexで144fps以上を維持したい→CRA7C-R37
  • Apexを配信しながら240fps以上を維持したい→CRA7C-R38T
  • 最強のPCゲーム環境がほしい→CRA9C-R39

「Crazy Raccoon」コラボゲーミングPCモデル一覧

「Crazy Raccoon」コラボゲーミングPCモデル

Crazy RaccoonコラボゲーミングPCは、オリジナルデザインケースに最新CPUと価格・用途に合ったGPUを組み合わせたモデルが販売されています。

ここでは全CRコラボモデルを紹介します。

商品名CPUGPU
CRA5C-G60 Crazy Raccoon コラボモデルCore i5-12400GTX 1660 SUPER
CRA7C-R36 Crazy Raccoon コラボモデルCore i7-12700RTX 3060
CRA7C-R37 Crazy Raccoon コラボモデルCore i7-12700RTX 3070
CRA7C-R38T Crazy Raccoon コラボモデルCore i7-12700RTX 3080 Ti
CRA9C-R39 Crazy Raccoon コラボモデルCore i9-12900RTX 3090

【最安】GALLERIA CRA5C-G60 Crazy Raccoon コラボモデル

ガレリア CRA5C-G60 Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i5-12400
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 予算と性能が良いバランスのミドルレンジスペック
  • 『Apex Legends』や『VALORANT』で144fpsを目指せる
  • レイトレーシング機能で最高画質のゲーム体験が可能
デメリット
  • Apexで240fpsを目指すのは難しい
  • ゲームタイトルによっては4K画質だとフレームレートが大きく落ちる
  • フレームレートが安定しないゲームの配信は少し厳しい

本モデルは最新のFPSゲームを144fps以上を維持してプレイすることはできませんが、『Apex Legends』を60fps以上でプレイするくらいであれば余裕です。

もちろん、このスペックであれば遊べないPCゲームは基本的にありません、『FF14』『マインクラフト』『RUST』などありとあらゆるゲームを問題なく遊ぶことができます。

PCゲームだけでなく、CPUが高性能なので普段使い・ビジネス・クリエイター用途として大きく幅が広がるモデルとなっています。

「ガレリア CRA5C-G60」は最安モデルなので、PCゲーム初心者や学生向けに「一番最初に買うゲーミングPC」としておすすめです。

>>公式サイトで「CRA5C-G60」の詳細を見る

【コスパ最高】GALLERIA CRA7C-R36 Crazy Raccoon コラボモデル

ガレリア CRA7C-R36 Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 予算と性能が良いバランスのミドルレンジスペック
  • 『Apex Legends』や『VALORANT』で144fpsを目指せる
  • レイトレーシング機能で最高画質のゲーム体験が可能
デメリット
  • 240fpsを目指すのは難しい
  • ゲームタイトルによっては4K画質だとフレームレートが大きく落ちる
  • フレームレートが安定しないゲームの配信は少し厳しい

「RTX3060」搭載機種は「できるだけ安く最新のゲーミングPCを手に入れたい」というニーズにぴったり合ったゲーミングPCです。

性能的にも予算的にもちょうどど真ん中といった感じで、「低すぎるのも高すぎるのもちょっとなぁ…」という悩みを抱えている方にもベストです。

スペックは前世代のハイエンドと同じレベルなのでゲームプレイに不都合はなし。最低限でありながら最高のゲーミングPCです。

>>公式サイトで「CRA7C-R36」の詳細を見る

【次世代機標準】GALLERIA CRA7C-R37 Crazy Raccoon コラボモデル

ガレリア CRA7C-R37 Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 『Apex Legends』で144fps~240fpsを出せる性能
  • 144Hzゲーミングモニターとの相性バッチリ
  • すべてのPCゲームを最高設定+高fpsで遊べる
デメリット
  • 4K+レイトレーシングの最強画質でプレイしたい方は更に上のスペックが必要

「CRカップ」の参加者のように華麗なプレイをしたい、という人におすすめしたいのが「ガレリア CRA7C-R37」です。

単純に「『Apex Legends』などのFPSを144fps以上でプレイしたい」という目的なら十分すぎる性能で、むしろ余裕をもってプレイできますし、ほぼすべてのPCゲームを最高設定で快適にプレイ可能です。

RTX 3070は次世代GPUのスタンダードとなるモデルなので、何を買えばいいのかわからないという人もとりあえずこのモデルにしておけば絶対に失敗しません。

なお、ゲーミングモニターを持っていない人は「144Hzゲーミングモニター5選」からFPS向けのモニターも同時に購入することをおすすめします。

>>公式サイトで「CRA7C-R37」の詳細を見る

【次世代機ハイエンド】GALLERIA CRA7C-R38T Crazy Raccoon コラボモデル

ガレリア CRA7C-R38T Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3080 Ti
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 最高設定で配信をしても一切重くなることはない
  • 競技勢クラスのガチスペック
デメリット
  • 配信をしたりブラウザを大量に開く場合はメモリを32GBにアップグレードするのをおすすめ
  • 性能に応じて高額

「RTX 3080 Ti」は限りなく「RTX 3090」に近い圧倒的な性能を持ったGPUです。

このクラスまで来ると、もはやプロゲーマーが使用しているスペッククラスなので、「ゲームが重い」という心配は一切なくなります。

デメリットとしては、ただ性能に応じて高額…という点だけなのですが、RTX 3080 Ti搭載であれば、3~5年以上は余裕で現役クラスとして使用することができます。

つまり、数年間は買い替えたりアップグレードする必要がまったくないので、初期費用はかかりますが長い目で見るとコストパフォーマンスはかなり良いです。

ゲーミングPCを買ってから、「もう少し上のスペックにすればよかった」という不安もまったく生まれないので、初めて購入する人も古いスペックから買い替える人どちらにもおすすめです。

>>公式サイトで「CRA7C-R38T」の詳細を見る

【最強PC】GALLERIA CRA9C-R39 Crazy Raccoon コラボモデル

ガレリア CRA9C-R39 Crazy Raccoon コラボモデル
Crazy Raccoon コラボモデル
CPU : Core i9-12900
グラフィック : RTX 3090
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • このスペックで出来ないことはないレベル
  • Core i9 + RTX 3090の最強構成
  • メモリも32GBなので配信環境にも最適
デメリット
  • 性能に応じて高額

「RTX3090」搭載ともなると完全にガチ勢御用達で、「プロゲーマー向け」もしくは「プロゲーマー志望者向け」のウルトラハイエンドゲーミングPCです。

このモデルは他のCrazy RaccoonモデルゲーミングPCと比べてかなり高額で、ほんの少しでもフレームレートが上がるなら何万円投資したって惜しくないような真のFPSマニアが手に取る製品となっています。

また、レイトレーシングや4K画質などの究極の設定を快適に体験したい方にはうっつけです。

「デバイスやスペックで言い訳のできない最高の環境でFPSをプレイしたい」「トッププロと同じ環境とゲームをしてみたい」筋金入りのコアゲーマーにおすすめです。

ただし、「RTX 3090」の性能を活かしきるためには「240Hz対応ゲーミングモニター」が絶対に必要だということはお忘れなく。

>>公式サイトで「CRA9C-R39」の詳細を見る

「Crazy Raccoon」+「ガレリア」コラボゲーミングPCの特徴

ドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」の既存モデルと比較して、Crazy Raccoonコラボモデルの特徴を解説します。

「Crazy Raccoon」ファン向けスペシャルデザインゲーミングPC

「Crazy Raccoon」ファン向けゲーミングPC

Crazy Raccoonコラボモデルは一般的なコラボPCと違い、一からPCケースを作っているため、ちょっとLEDの色を変えたくらいの「コラボモデル」とは全く違います。

外観だけでなく内部構造までCR専用設計かつ、片面からは中身までしっかり見えるようになっているので、CRを強くアピールしたファン垂涎のゲーミングPCです。

真っ赤に光るLEDカラーはリモコンで色を変更したり、消したりできるので、自由度の高いカスタマイズを楽しめます。

壁紙やオリジナルTシャツの特典付き

壁紙やオリジナルTシャツの特典付き

今回の「Crazy Raccoonコラボモデル」を購入すると以下の特典が付いてきます。

  • コラボモデルオリジナル壁紙
  • コラボモデル限定のボックス

なお、過去に他社Crazy Raccoonコラボモデルを購入経験のある人は本コラボPCに買い替えると申請できるオリジナルTシャツのプレゼントキャンペーンも存在します。

特典詳細はコラボページを参照してください。

コラボPCまとめページはこちら!

Crazy Raccoon × GALLERIA コラボゲーミングPC

最新GPU「RTX30」シリーズ搭載

RTX 3090/3080/3070の性能比較まとめ

GPUはFPSを遊ぶ上で最も重要なパーツの一つです。GPUは「グラフィック」の処理に特化しており、特に3Dゲームの描画で活躍します。
今回発売された「Crazy RaccoonモデルゲーミングPC」は、最安モデルを除きNVIDIA製新世代GPU「RTX30シリーズ」を搭載しています。

数字が大きいほど高性能で、「RTX 3060」でもほとんどのPCゲームを高フレームレートで快適に遊べますが、「実況配信」や「240fpsゲーミング」を目的としたプロゲーマーやストリーマー並の環境を目指すなら「RTX 3080」以上がおすすめです。

RTX30シリーズの詳細な性能比較」は以下のページで紹介しています。

コラボPCまとめページはこちら!

Crazy Raccoon × GALLERIA コラボゲーミングPC

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事