NVIDIA GeForce RTX 30

次世代GPU「GeForce RTX 3000」シリーズの性能比較まとめ【RTX3090/3080/3070のスペック一覧】

2020年9月2日、NVIDIAは次世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズの詳細な性能を発表しました。
製品は「RTX 3070」「RTX 3080」「RTX 3090」の3つで、アーキテクチャは「Ampere(アンペア)」となっています。

スペックにおいてRTX 20シリーズをはるかに上回る革新的な進歩を遂げており、既に大きな反響を得ているRTX 30シリーズの性能をまとめました。

RTX 3090/3080/3070の性能比較まとめ

RTX 3090/3080/3070の性能比較まとめ

GPURTX 3090RTX 3080RTX 3070
GPU エンジンCUDAコア1049687045888
ブースト クロック(GHz)1.701.711.73
メモリ標準メモリ構成24 GB GDDR6X10 GB GDDR6X8 GB GDDR6
インターフェイス幅384 ビット320 ビット256 ビット
寸法長さ313 mm285 mm242 mm
138 mm112 mm112 mm
高さ3 スロット2 スロット2 スロット
温度および電力GPUの最高温度 (℃)939393
グラフィックス カード電力 (W)350320220
推奨システム電力750W750W650W
補助電源コネクタPCIe 8 ピン x2PCIe 8 ピン x2PCIe 8 ピン x1

(※スマホで見ている人は横にスクロールすることができます)

RTX 30シリーズの特徴

RTX 30シリーズならではの進化と特徴をまとめました。

下位モデル「RTX 3070」が前世代最強クラスの「RTX 2080 Ti」より上

rtx3070 rtx2070 比較

今回の発表で筆者が最も驚いたのは、RTX 30シリーズの下位モデルである「RTX 3070」がRTX 20シリーズ最強のGPU「RTX 2080 Ti」よりも性能が上、ということです。

NVIDIA公式の比較では「RTX 3070」が直接比較で「RTX 2070」に圧勝していますが、「RTX 2080 Ti」と比べて具体的なベンチマークでどれだけ上なのか?はまだ明らかになっていません。

しかしとにかく「RTX 3070」が「RTX 2080 Ti」より高速であることは明言されており、間違いなさそうです。

「RTX 3090」は8K HDR 60fpsに対応

8k

現時点で世界最強のGPUである「RTX 3090」は8Kゲーミングを実現し、それに伴って最新の接続規格「HDMI 2.1」にも対応しています。

8Kとは4Kの4倍です。4Kとは1080p(フルHD)の4倍です。この驚異的なピクセル数で『Apex Legends』が60fps以上出るわけで、想像することさえ難しいレベルのパワーです。

rtx3090 8kk fps

もちろん高画質設定+レイトレーシング有効でのfps

「RTX 3070」の性能と価格:「RTX 2080Ti」を上回る性能

rtx3070

20 Shadear-TFLOPS40 RT-TFLOPS163 Tensor-TFLOPS

「RTX 2080Ti」を上回る性能

NVIDIAのGPUは「GTX 970」、「GTX 1070」、「RTX 2070」が高い人気を博した過去もあり、同じ70番台の「RTX 3070」も「RTX 30シリーズ最安でありながら2080 Ti以上の性能」という点で大きな注目を集めています。

「RTX 3070」は性能的には「RTX 2080Ti」を上回るものの、同じRTX 30シリーズの凄すぎる上位モデルと比べれば「圧倒的な次世代感」は少ないかもしれません。
それでも、品薄で価格が高騰したりしない限りは多くの人にとって買い替え対象になるでしょう。

「RTX 3070」の発売日は10月予定、価格は79,980円からとなっています。

「RTX 3080」の性能と価格:次世代GPUのフラッグシップモデル

rtx3080

30 Shadear-TFLOPS58 RT-TFLOPS238 Tensor-TFLOPS

レイトレーシング+4K+60fpsすら可能な化け物GPU

「4K」「レイトレーシング」「60fps」のうちどれか2つでも実現できれば御の字。それが前世代の限界でした。

「RTX 3070」の約150%ものスペックを持つ「RTX 3080」ならこの全てが実現できます。

「レイトレーシングなんてあまり意味がない」なんて説もありますが、とりあえずNVIDIA公式サイトの画像をご確認ください。

レイトレーシングオフレイトレーシングオン

レイトレーシングで遊びたい人、4Kで遊びたい人、FPSを240fpsで遊びたい人、VRゲームで遊びたい人、あらゆるゲーマー目線で「最もコストパフォーマンスの良いGPU」が「RTX 3080」です。

「RTX 3080」の発売日は9月17日予定、価格は109,800円からとなっています。

「RTX 3090」の性能と価格:世界最強のGPU

RTX 3090

36 Shadear-TFLOPS69 RT-TFLOPS285 Tensor-TFLOPS

8K 60fpsに手が届く世界最強GPU

残念ながら8Kモニターを持っているゲーマーはほとんどいないので、「8K 60fpsを実現」と聞いても具体的にどれくらい凄いのかピンとくる人は少ないかもしれません。
しかし「4K+レイトレーシング+144fps以上」がかなり現実的に見えてきたと考えると、NVIDIAの革ジャン社長ジェンスン・フアン氏が「3090 is a beast」と宣言するのも納得です。

RTX 3090を体験したストリーマーたちが「信じられない」「こんなの見たことがない」「宣伝映像をそのままプレイしているようだ」と口を揃えて絶賛しているように、「RTX 3090」は本稿執筆時点で確実に世界最強のGPUと言えるでしょう。

異常なほどの高性能の代償に、「RTX 3090」は3スロット分というデカさで、小さなPCケースを使っている人はケースごと買い替えないといけないかもしれません。

「RTX 3090」の発売日は9月24日予定、価格は229,800円からとなっています。

RTX 30シリーズ性能まとめ

RTX 3090/3080/3070の性能比較まとめ

RTX 30シリーズの性能はマジでヤバいくらい凄いです。

個人的には、大げさでもなんでもなく、初めて「GTX 1080」を見た時くらいの衝撃を受けました(当時を覚えている人には伝わるはず!)。

さらに凄いのが値段の安さ。999ドルで発売された「RTX 2080 Ti」を499ドルの「RTX 3070」が性能で上回り、699ドルの「RTX 3080」は次世代機とフラッグシップモデルとして超高性能。そして1499ドルの「RTX 3090」に至っては次世代GPUの枠に収まらないレベルのオーバーパワーです。

事前の噂で「3090は2000ドルいくんじゃないか」と言われていたのも当然です。RTX 20シリーズとの性能差はあまりにも大きく、はっきり言ってRTX 30シリーズの値段は全然高くありません。より詳しい性能はNVIDIA公式サイトでご確認ください。

悲しいのは、RTX 30シリーズが発表される直前に定価でRTX 20シリーズを買ってしまった人です。
もちろんRTX 20シリーズは素晴らしいGPUなのですが、せっかく世代が変わる直前の今買うならセールで安くなったところを買いたいですね…。

関連記事 ゲーミングPCセール最新情報まとめ

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ