RTX3060搭載ゲーミングPCおすすめモデル

RTX3060搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンの性能・スペックをベンチマークで解説

価格・用途別4選!

NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30」シリーズの中で「RTX 3070」は安くて高性能、「RTX 3090」は高くて超高性能ですが、シリーズ最安モデルの「RTX 3060」はめちゃくちゃ安くてそれなりに高性能なGPUです。

「RTX3060搭載ゲーミングPC」をわかりやすく例えれば、性能は「PS5以上」、値段は「PS5の高額転売価格」くらいのスペックです。PS5より遊べるゲームの幅が広いことを考えれば、これまで家庭用機でゲームをプレイしてきた人にとって最も手を出しやすいモデルといえます。

「RTX 3060」搭載ゲーミングノートPCの紹介は以下のリンクから。場所を取りたくない人におすすめです。

関連記事 RTX3060搭載ゲーミングノートPCおすすめモデル一覧

この記事では「RTX 3060」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介していきます。

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・RTX 3060搭載最安モデル → 「ガレリア RM5C-R36
・マウスコンピューター × RTX3060 → 「G-Tune HM-B-AF
・どこでも気軽に持ち運びたい → 「ガレリア XL7R-R36 5800H
・240Hzの快適ゲーミングノート環境を作りたい → 「ガレリア UL7C-R36

【ドスパラ】RTX 3060搭載おすすめゲーミングPC

「RTX 3060」を搭載したおすすめのゲーミングPCを紹介します。

近年のゲーミングPCはパーツ不足と需要の高まりにより、定期的に入荷しては在庫切れを繰り返しています。

予約できた場合でも出荷まで時間がかかりがちなので、一刻も早くゲーミングPCが必要な方は以下の記事から自分に最適なおすすめゲーミングPCを探してみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC

RTX 3060搭載最安ミニタワーPC「GALLERIA RM5C-R36」

ガレリア RM5C-R36
GALLERIA RM5C-R36
OS : Windows 10
CPU : Core i5-12400
グラフィック : RTX 3060 12GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア RM5C-R36」はRTX 3060搭載ゲーミングPCの中で最安のミニタワーモデルです。

安い理由は2つ。ストレージが「512GB NVMe SSD」と小さめであること、ミニタワーケースであることです。

512GBのストレージでも普通に使う分には問題のない容量なのですが、ゲームをたくさんインストールするとすぐにいっぱいになってしまいます。

そのため、容量が足りなくなってから追加でストレージを購入してもよいのですが、初心者には少々面倒なため、可能であれば最初から1TBへカスタマイズするとよいでしょう。

全体的にまとまったスペックのゲーミングPCなので、使う人を選ばない誰にでもおすすめできるモデルです。

>>公式サイトで「ガレリア RM5C-R36」を見る

格安のマウスコンピューター製モデル「G-Tune HM-B-AF」

G-Tune HM-B-AF(限定モデル)
G-Tune HM-B-AF
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe
特別価格:209,800円

※通常モデル「G-Tune HM-B」
価格:229,900円


公式サイトで詳細・価格を見る

G-Tune HM-B-AF」は「ゲーミングモニターでFPSを遊びたい中級者向けのゲーミングPC」がコンセプトのマウスコンピューター製特価モデルです。

ドスパラのほぼ同スペックのゲーミングPC「XA7C-R36」と比べると、メモリ、GPU、CPUといったスペックは近く、ストレージこそ「1TB」と「512GB」という差があるものの、なんと3万円近く安いという破格の値段です。

最先端のゲーミングPCがこの値段で手に入るのはマウスコンピューターのコラボモデルならでは。

このページからしか手に入らない圧倒的にお得なゲーミングPCとなっているので、PC本体+ゲーミングデバイスの合計予算を20万円以下に抑えたい方はぜひチェックしてください!

>>公式サイトで「G-Tune HM-B-AF」を見る

RTX 3060搭載格安ゲーミングノートPC「GALLERIA XL7R-R36 5800H」

ガレリア XL7R-R36 5800H
ガレリア XL7R-R36 5800H
CPU : Ryzen 7 5800H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

後継機種 「GALLERIA XL7C-R36 5800H」実機レビュー

ガレリア XL7R-R36 5800H」はノートPCながらレイトレーシングに対応したミドルクラスGPU RTX 3060を搭載したゲーミングノートPCです。

Ryzenの上位モデルのRyzen 7 5800Hを搭載し、GPU以外のスペック面でも文句なしの構成となっており、ゲームを快適にプレイするのはもちろん、動画・画像編集などクリエイティブワークにも対応。

ゲームへの没入感を高める薄型狭額ベゼル+144Hz高リフレッシュレートモニターは、一般的なモニターでは得られないゲーミング体験をもたらします。

一昔は高性能ノート=重いというイメージがありましたが、本モデルはこれまでの常識を覆す約2.1kgの軽さを実現しているので、ゲームが快適にできるスペックのノートを持ち歩きたい方におすすめです。

>>公式サイトで「ガレリア XL7R-R36 5800H」を見る

RTX 3060搭載240Hzモデル GALLERIA UL7C-R36」

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

「UL7C-R36」は240Hz液晶に対応した超高性能ゲーミングノートPCです。

最近ではゲーミングノートPCに144Hz液晶が搭載されていることは珍しくなくなってきましたが、更にその上の240Hzを搭載したモデルとなっています。

『VALORANT』や『フォートナイト』のような比較的フレームレートが出しやすいゲームとの相性が良く、しっかりと240Hzの液晶を活かすことができます。

他にもアクションゲームやMMOなど、240Hzの恩恵自体はFPSに比べるとそこまでありませんが、超快適な描画を体験できるため、自然にゲームをプレイするモチベーションが上がってくること間違いありません。

>>公式サイトで「UL7C-R37」の詳細を見る

ゲーミングノートPCを最高環境にしたい方におすすめです。

RTX 3060のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 3060」、CPU「i9 10900K」でさまざまなゲームをプレイしている検証動画です。

『サイバーパンク2077』『フォートナイト』『Red Dead Redemption 2』などさまざまなゲームでフレームレートをテストしていますが、結論としては「RTX 3060」=「RTX 3060 Ti」と「RTX 2060」の中間的な性能のGPUです。

次世代GPUらしい圧倒的な性能とは言えませんが、次世代ゲーム機であるPS5の性能を上回ってはいるので悪くはありません。

nvidia rtx 3060 benchmarks

NVIDIA公式サイトでも「RTX 3060 Ti」、「RTX 3060」、「RTX 2060」、「GTX 1060」のパフォーマンスの違いを比較していますが、おおむねユーザーのベンチマークと似た結果となっています。

なお、NVIDAの主要GPUの3DMARKスコア、消費電力、希望小売価格は以下の通りです。

GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
RTX 30506865130W249ドル
GTX 1660 Ti6821120W279ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 16605771120W219ドル
GTX 1650362075W149ドル
GTX 1050 Ti235675W139ドル
価格・用途別4選!

「RTX 3060搭載ゲーミングPC」を購入するべき理由

モデル名RM5C-G60SRM5C-R36TRM5C-R36
CPUCore i5-11400Core i5 10400Core i5 10400
グラフィックGTX 1660 SUPERRTX 3060TiRTX 3060
メモリ16GB16GB16GB
ストレージ512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
値段131,978円159,478円139,980円

モデル一覧より

GPU以外同じ条件でパーツを揃えた3つのモデルを比較してみました。

一昔前のモデルである「GTX 1660 SUPER」搭載ゲーミングPCの最大の売りは「安さ」ですが、最新のゲーミングPCがここまで安くなってくるともはやそれほど魅力はありません。

「RTX 3060」搭載ゲーミングPCと「RTX 3060 Ti」搭載ゲーミングPCはどちらも格安ではありますが、ターゲット層が微妙に異なります。

「RTX 3060」搭載ゲーミングPCは「フレームレートは操作しやすい60fpsあれば気にならない」という人向け、「RTX 3060 Ti」搭載ゲーミングPCは「フレームレートはFPSプレイヤーほどには気にならないが、できるだけ高くて安定していたほうが嬉しい」という人向けです。

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

RTX 3060搭載ゲーミングPCによくある質問

RTX 3060搭載PCのよくある質問

「RTX 3060」はどれぐらいの性能?

FPSゲームだと、『Apex Legends』では低設定で約144fpsを前後、『VALORANT』のような比較的軽いゲームであれば低設定で144fps以上を安定して目指せる性能です。

『FF14』だと最高設定でも130fps前後出せるほどのパフォーマンスを持っています。

「RTX 3060」と「RTX 3060 Ti」はなにが違う?

基本的な性能がまったく異なります。

性能としては「RTX 3060 Ti」のほうが大幅に高く、価格も1万円ほど高くなります。この約1万円の差でスペックアップを図るかどうかがRTX 3060搭載ゲーミングPC購入の決め手となります。

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事