RTX3050搭載ゲーミングPCおすすめモデル

RTX3050搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンの性能・スペックをベンチマークで解説

価格・用途別3選!

NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30」シリーズの中で「RTX 3060」から「RTX 3090 Ti」まで値段と性能が比例したラインナップが並んでいますが、シリーズ最安モデルの「RTX 3050」はシリーズ最安のGPUです。

「RTX3050搭載ゲーミングPC」をわかりやすく例えれば、性能は「PS5と同等」、値段は「PS5の転売価格」くらいのスペックです。「家庭用ゲーム機からPCに乗り換えたいが、高いお金を出したくない」人にぴったりなモデルといえます。

この記事では「RTX 3050」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介していきます。

より多様な用途の「ゲーミングPC」を探している方は、 「ゲーミングPC おすすめ」 の記事をチェックしてください。

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・最安でRTX 3050搭載PCが欲しい → 「ガレリア RM5C-R35
・AMD製CPU × RTX3050 → 「ガレリア RM5R-R35

【ドスパラ】RTX 3050搭載おすすめゲーミングPC

「RTX 3060」を搭載したおすすめのゲーミングPCを紹介します。

近年のゲーミングPCはパーツ不足と需要の高まりにより、定期的に入荷しては在庫切れを繰り返しています。
予約できた場合でも出荷まで時間がかかりがちなので、一刻も早くゲーミングPCが必要な方は以下の記事から自分に最適なおすすめゲーミングPCを探してみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC

RTX 3050搭載最安モデル「GALLERIA RM5C-R35」

ガレリア RM5C-R35
GALLERIA RM5C-R35
OS : Windows 10 Home
CPU : Core i5-12400
グラフィック : RTX 3050 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア RM5C-R35」はRTX 3050搭載ゲーミングPCの中で最安モデルです。

最安といってもCPUは第12世代の「Core i5-12400」なので、安いパーツが足を引っ張ることはありません。

最近のゲームは容量が50GBを超えることもザラになってきているので、このストレージ容量はあとあと問題になるかもしれません。ただ、その場合は購入時にカスタマイズで増量すればいいだけのことです。

あまりたくさんゲームをインストールするつもりがないならカスタマイズせずに買って、後々もっとストレージが欲しくなったら簡単に増設できます。

AMD製CPU×RTX 3050「GALLERIA RM5R-R35」

ガレリア RM5R-R35
GALLERIA RM5R-R35
OS : Windows 10 Home
CPU : Ryzen 5 3600
グラフィック : RTX 3050 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア RM5R-R35」もまたRTX 3050搭載格安ゲーミングPCの一つです。

スペックとしては「ガレリア RM5C-R35」のCPUがAMD製になったくらいなので、ハッキリ言ってこの2つは好みの範疇で決めるところです。

ほぼ同スペックの「ガレリア RM5C-R35」と比べるとCPUがAMD製かインテル製かといった違いしかなく、実際、ゲームをプレイするうえでフレームレートも使用感も大差ありません。

以下の記事でAMDとインテルの比較を詳しく行っていますが、「どっちを買ってもいい」というのが結論です。

どちらを買おうが損することも得することもない、ということははっきり言えそうです。

【マウスコラボ】ミドルレンジRTX 3050「G-Tune EM-B-AF(限定モデル)」

G-Tune EM-B-AF(限定モデル)
G-Tune EM-B-AF
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3050
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe
特別価格:189,800円
公式サイトで詳細・価格を見る

RTX3050搭載ゲーミングPCの中ではCPUもストレージもベストなパーツが揃ったミドルレンジモデルです。

「RTX 3050」は十分高性能なGPUですが、CPUもハイスペックなパーツを20万円以下で揃えたい人におすすめです。

RTX 3050のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 3050」、CPU「i5-12400F」でさまざまなゲームをプレイしている検証動画です。

さまざまなAAAタイトルをフルHDでフレームレートテストしていますが、おおむね60fps前後で動作しています。これが『フォートナイト』のようなゲームなら設定さえ下げれば240fpsも目指せるでしょう。

「性能にはこだわらないが、家庭用ゲーム機(PS5)以上のスペックは欲しい」という人におすすめです。

3050ベンチ

NVIDIA公式サイトでも「RTX 3050」、「GTX 1650」、「GTX 1050」のパフォーマンスの違いを比較していますが、おおむねユーザーのベンチマークと似た結果となっています。

RTX30シリーズに興味のあるかたは以下の記事から詳細を確認してください。

関連記事 RTX3090搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX 3080 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3080搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3070 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3070搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX 3060 Ti搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3060搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3050搭載おすすめゲーミングPCまとめ

以下のページではRTX30シリーズの性能比較をまとめています。

価格・用途別2選!

「RTX 3050搭載ゲーミングPC」を購入するべき理由

モデル名RM5C-G60SRM5C-R36TRM5C-R35
CPUCore i5-12400Core i5-12400Core i5-12400
グラフィックGTX 1660 SUPERRTX 3060TiRTX 3050
メモリ16GB16GB16GB
ストレージ500GB NVMe SSD500GB NVMe SSD500GB NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
値段(税込)154,980円194,980円159,980円

モデル一覧より

GPU以外すべて同じ条件でパーツを揃えた3つのモデルを比較してみました。

一昔前のモデルである「GTX 1660 SUPER」搭載ゲーミングPCの最大の売りは「安さ」ですが、RTX3050搭載の「RM5C-R35」が5,000円しか変わらないレベルで安くなってくるともはやそれほど魅力はありません。

「RTX 3050」搭載ゲーミングPCと「RTX 3060 Ti」搭載ゲーミングPCはどちらも格安ではありますが、ターゲット層が微妙に異なります。

「RTX 3050」搭載ゲーミングPCは「フレームレートは操作しやすい60fpsあれば気にならない」という人向け、「RTX 3060 Ti」搭載ゲーミングPCは「フレームレートは確実な60fps、できれば144fpsを目指したい」という人向けです。この差に4万円近く払えるかどうかで選択が変わります。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事