Apex おすすめゲーミングPCアイキャッチ

『Apex Legends』おすすめゲーミングPC 「高画質60fps」or「144fps」で最新バトロワゲームを遊び尽くそう

この記事では『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』をPC版でプレイしたいという方に向けて、ゲーミングPCの必要性を解説し、
予算を抑えて60fpsでプレイしたい人」「スペックにこだわって144fpsでプレイしたい人」に向けておすすめのゲーミングPCを紹介していきます。
以下の3つのうちどれか1つでも当てはまればこの記事は参考になるはずです。

  • Apex Legendsに必要なPCスペックを知りたい
  • Apex LegendsにおすすめなゲーミングPCが知りたい
  • PS4版では満足できない、マウスでエイムしたい


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい方は画像をクリックしてください。

Apex Legends 60fps
Apex Legends 144fps

Apex Legends 最低スペック・推奨スペック

PC版『Apex Legends』の最低スペック・推奨スペック、ゲーミングPC以外のパソコンでもプレイ可能なのかを説明していきます。

Apex Legendsは普通のパソコンでは絶対に遊べない

Apex Legendsは普通のパソコンでは絶対に遊べない

『Apex Legends』は家庭用のパソコンで絶対に遊ぶことができません
もしゲームを起動できたとしても画面はガクガク、マッチング後の初動は激重でまともにプレイすることは叶わないでしょう。
ゲーミングPCだとしても2世代前のグラボを搭載している場合、60fpsを安定して動作させることは厳しくなってきます。

PC版Apex Legends 最低スペック

最低スペック(公式サイトから引用
CPUCore i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
メモリ6GB
GPUNVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7700

あくまでも最低限のスペックなので「動作が可能」という程度であり、高いfpsを安定させるには程遠い構成です。
このレベルではPS4Proどころか旧型のPS4にも劣っているので、遊べない と言っても差し支えありません。

PC版Apex Legends 推奨スペック

推奨スペック(公式サイトから引用
CPUCore i5-3570T
メモリ8GB
GPU Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290

推奨スペックはPS4Proに搭載されているパーツと同等程度です。
GPUはGTX970、メモリは8GBとそこそこ高めのスペックを要求していますが、これでも60fpsの安定を狙えるかどうかというスペックなので確実に物足りなくなるでしょう。

設定を調整すれば古いゲーミングPCでも遊べるかも…?

現在ゲーミングPCを使って遊んでいるけど、「動作が重い」「フレームレートが出ない」という方は下記の記事を参考に設定を調整すると改善されるかもしれません。買い替えやパーツ交換を検討する前に試してみましょう。

Apex Legendsはフレームレート144fpsで遊ぶべき

『Apex Legend』に限らず、どんなFPS・TPSゲームでもfpsが高ければ高いほど有利になります。
「撃ち合い」「クリアリング」「索敵」など相手より先に自分が動きたいという場面では特に実感することができます。

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

メリット1 撃ち合いで差がつく

Apex Legend 撃ち合い

Apex Legendは他のFPS・TPSと比べるとアーマーの関係から体力が高く、敵と見合った瞬間にどちらかが即ダウンするという場面はさほど多くありません。
見合った瞬間に速く判断できればできるほど有利になり、なめらかな描画はエイムをサポートしてくれます。

メリット2 高負荷の場面でも安定して戦える

Apex Legend 高負荷

Apex Legendはバトルロイヤルというルールの性質上、プレイヤーやオブジェクトが密集していたり、アビリティのエフェクトが重なるとfpsが落ちることがあります。
しかし最初から高いfpsを出しておけば、fpsが少し落ちたとしても安定して戦うことができます。

Apex Legendsを144fpsでプレイするために必要なもの

Apex Legendsを144fpsでプレイするために必要なものは「144hz対応ゲーミングモニター」と「スペックの高いゲーミングPC」です。

必要なもの1: 144hz対応ゲーミングモニター

一般的なPCモニターでは60hzまでしか対応していないので、最大でも60fpsの出力が限度となります。
そのため、144hzに対応したゲーミングモニターが必要となってきます。

144hz対応ゲーミングモニターは価格が3万円前後であり、一般的なPCディスプレイに比べると高価です。
しかし高性能ゲーミングPCなら144fpsで遊ばなければ勿体無いので、必要経費と割り切って購入しましょう。

おすすめの144Hzゲーミングモニターはプロゲーマーやe-sportsイベントでも使用されることの多い、BenQ「XL2411P」です。


必要なもの2: 高スペックゲーミングPC

スペックの高いゲーミングPC

144hz対応ゲーミングモニターの性能を引き出すには、PC側で144fpsを出力できるスペックが必要です。
Apex Legendsは最新のFPSゲームであるため、「GPU(グラフィックボード)」の性能が高いゲーミングPCでなければなりません。
古かったり、スペックが低めのPCを使用している方はゲーミングモニター購入に合わせてゲーミングPCも新調しましょう。

Apex Legendsを60fpsでプレイする際のメリット・デメリット

メリット
  • 価格を抑えることができる
  • 144fpsに対応したモニターを用意しないで済む
  • マウスでFPSを遊べる
デメリット
  • 144fpsに勝てない
  • PC本体の将来性が低い
  • PS4版でも60fpsは遊べる

ここまで144fpsで遊びたい方に向けて説明をしてきましたが、もちろん60fpsに抑えて遊ぶことのメリットはあります。

60fpsで遊ぶ最大のメリットは「価格を抑える」という一点に尽きます。
予算は少ないけどPC版のApex Legendsを遊びたい、PC版の友達と遊びたい、マウスでFPSを遊びたいという方向けです。

しかし最近のFPS・TPS界隈の主流は60fpsの安定ではなく、もはや144fpsの安定へと移り変わっています。
60fpsの安定「だけ」を目指したゲーミングPCは将来性が低いので、1,2年以内にグラフィックボードを変えなければ遊べないゲームも出てくるでしょう。

つまり遊びたいゲームを考えて購入しないと、かえって将来的に損をする可能性もあります。
Apex Legendsを遊ぶだけならギリギリのスペックでも問題はありませんが、来年や再来年発売の最新ゲームも遊びたいなら少し上のスペックを狙うと良いでしょう。

Apex LegendsおすすめゲーミングPC

この記事ではApex Legendsを144fpsでプレイする場合のメリット、60fpsでプレイする場合のメリットを説明しました。
それをふまえ、「価格を抑え、60fpsで遊びたい場合」「144fpsで遊びたい場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

予算を抑えつつ60fpsを安定させたいなら「ガレリアXT」がおすすめ

GALLERIA XT
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-8700
グラフィック : GTX1060 6GB
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD , 1TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では格安
  • 144hzモニターを用意しなくても良い
  • 60fpsと高画質を両立できる
  • 500GBのSSD搭載
デメリット
  • メモリが8GBと少ない
  • 144fpsでは遊べない

Apex Legendsを60fps安定で遊びたい&価格も抑えたいという方には「ガレリアXT」がおすすめです。

価格は13万円と最新ゲーミングPCの中では低価格帯であり、「スペックにはこだわらないけどPCゲームを遊びたい」という人におすすめです。
格安と言えどもSSDと高性能のCPUを搭載しているため、「60fps」で快適に遊ぶことができます

ただしGPUは1つ前の世代かつミドルレンジの「GTX1060 6GB」なので、グラフィックの品質を設定から下げても144fpsで遊ぶことはできません。
そのかわりに144fps用のゲーミングモニターを用意する必要もないので、より価格を抑えることができます。

ちなみにApex Legendsの推奨スペックではメモリの容量に8GBを要求していますが、最新ゲームの中には16GBを要求するゲームもあります。
他にも生放送をしたり、モニターを2つ使って同時に作業をしたいという方はメモリを8GBから16GBにカスタマイズすることを推奨します。

ガレリアXT の詳細・価格情報はこちら

144fpsでプレイするなら「ガレリア ZF」がおすすめ

ガレリア ZF
ガレリア ZF
CPU : Core i7-9700K
グラフィック : RTX2070 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 144fpsの安定が可能
  • 500GBのSSD搭載
  • メモリが16GB
デメリット
  • 144Hzゲーミングモニターの購入も必要

Apex Legendsを144fpsでプレイしたいなら「ガレリアZF 」をおすすめします。
価格は19万円と1つ前に紹介した「ガレリアXT」より6万円高くなりますが、それでも平均的なゲーミングPCの価格より、やや安いと言えるでしょう。

そのかわりにGPUは最新世代の「RTX2070」、CPUはi7シリーズで最高峰の「i7-9700K」、メモリは充実の「16GB」とかなりスペックアップしています。
Apex Legendsのみならず最新ゲームも快適に遊べるので、スペックにこだわりつつ価格を抑えたいという人にはピッタリのゲーミングPCです。

なにより144fpsを楽しむことができるので、家庭用ゲーム機では味わうことのできない滑らかで綺麗な映像を体感することができます。

ガレリアZFの詳細・価格情報はこちら

ワンランク上の高画質144fps~240fpsを目指すなら「ガレリア ZG-9900K」がおすすめ

GALLERIA ZG 9900K
GALLERIA ZG 9900K
CPU : Core i9-9900K
グラフィック : RTX2080
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 3TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 超ハイスペック
  • 144fpsかつ高画質でプレイ可能
  • 240fpsでプレイ可能
  • 数年間は最新ゲームが遊べる
  • 動作の軽いゲームなら240fpsも狙える
デメリット
  • ゲーミングモニターも含めるとかなり高額

高画質かつ144fpsでプレイするなら「GALLERIA ZG 9900K 」をおすすめします。

最新世代のハイスペックGPU「RTX2080」、こちらも最新世代のCPU「i9-9900K」を搭載した最高峰のゲーミングPCです。
やはりスペックに比例して価格は膨れ上がってしまいますが、「最高のスペックで遊びたい」というゲームに妥協を許さない人におすすめします。

ここまで高スペックだとApex Legendsに限らず様々な最新ゲームを快適に遊ぶことができるので、数年間は最新ゲームを快適に遊べること間違い無しです。
画質にこだわりがあるゲーマーならばこのクラスのゲーミングPCを初期投資と割り切って、優雅なPCゲームライフを送りたいところですね。

ガレリアZG の詳細・価格情報はこちら

240fpsでプレイするためには240hzゲーミングモニターが必要


240fpsでApex Legendsを遊ぶには『240HzゲーミングPCモニター』が別途必要となります。
おすすめはプロゲーマー御用達の「XL2546」です。ゲームに妥協を許さない本物志向の方は検討してみてください。

240Hzのゲーミングモニターで遊ぶ場合はOriginの起動設定から「+fps_max 0 -freq 240」と入力するとfpsの最大値を上げることができるので、最初に設定しておきましょう。

240fpsの起動方法
Apex Legends 240fpsでの起動方法
1.Originゲームランチャーを起動
2.ランチャーからApex Legendsの設定を開く
3.Apex Legendsのプロパティ
4.詳細な起動オプションに「+fps_max 0 -freq 240」と入力

Apex Legends 関連記事

『Apex Legends』に最適なワイヤレスゲーミングマウスはこちらの記事で紹介しています。

ワイヤレスマウスを使えばコードに邪魔されることなくエイムが合うのでおすすめです。

HARDMODEでは『Apex Legends』の攻略ガイドを運営しています。ゲーミングPCを購入した後に攻略の参考にしてください。

Apex Legends / ゲーミングPCカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。