渋谷ハル×ガレリアコラボゲーミングPCまとめ

ガレリア×渋谷ハルコラボゲーミングPCまとめ TSM所属の最強VTuberおすすめモデルでFPSを楽しもう!

渋ハルファン必見!

日本の人気FPS系VTuber「渋谷ハル」とBTOショップ「ドスパラ」のコラボゲーミングPC4種類が2021年7月20日(火)に発売されました。

『Apex Legends』のようなFPS競技シーンで活躍し、日本の公式大会で入選するレベルのVTuber最強クラスのプレイヤーとのコラボモデルだけあって、いずれのPCもFPS向きのスペックになっています。

渋ハルファンに限らず、これからFPSをプレイしたい!という全ての人におすすめできるモデルとなっています。

自分がどのモデルを選べばいいかわからない方は、以下を参考に選んでみてください!

・とにかくコスパの良いPCが欲しい → 「SHA5C-G60S 渋谷ハルコラボモデル
・快適な環境でゲームを遊びたい → 「SHA7C-R36 渋谷ハルコラボモデル
・FPSゲームを144fpsで安定して遊びつくしたい → 「SHA7C-R36T 渋谷ハルコラボモデル
・ゲームも配信も録画も快適にこなしたい → 「SHA7C-R37 渋谷ハルコラボモデル
・次世代のハイエンドモデルがほしい → 「SHA7C-R48 渋谷ハルコラボモデル
・プロゲーマーレベルの環境で遊びたい → 「SHA9C-R49 渋谷ハルコラボモデル

コラボPCまとめページはこちら!

渋谷ハル × GALLERIA コラボゲーミングPC

「渋谷ハル」コラボゲーミングPCモデル一覧

「渋谷ハル」コラボゲーミングPCモデル一覧

最安「GTX 1660 SUPER」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA5C-G60S 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA5C-G60S 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i5-13400F
グラフィック : GTX 1660 SUPER
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy6099
メリット
  • 渋谷ハルコラボの中でも最安のPC
  • ほぼすべてのPCゲームをプレイできる
  • 1TBの大容量ストレージ
デメリット
  • 『Apex Legends』などのゲームで144fpsを維持するのは難しい
  • 購入してからスペックアップしたくなる可能性がある

とにかく安く、それでもFPSはプレイできるようなスペック、となるとこのくらいのモデルが最低限になります。

『Apex Legends』で本気でマスターやプレデターを目指したい!というよりも、PCの環境で遊びたい・みんなでわいわいPCゲームをやりたいという方向けの入門向けスペックです。

もちろん、『Apex Legends』でも快適に遊べるスペックではありますが144fpsのラインを維持するのは少し厳しいですが、それでもある程度のPCゲームはほぼほぼ遊ぶことができるため、まずは格安モデルから入門してみるのもおすすめです。

もしスペック不足と感じたとしても、グラフィックボードの交換をすることでアップグレードは簡単にすませられるので特に問題もありません。

>>公式サイトで「SHA5C-G60S」の詳細を見る

予算も性能ちょうど中間の「RTX 3060」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA7C-R36 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA7C-R36 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy9049
メリット
  • 設定次第では『Apex Legends』で144fpsも目指せる
  • 予算と性能が両立されたバランスのいい構成
デメリット
  • フレームレートを出すために設定を下げる可能性がある
  • 240fpsを出すのは難しい

「RTX 3060」搭載ゲーミングPCは、次世代の最新グラフィックが割安で手に入るコスパ最高のゲーミングPCです。

単純に「『Apex Legends』や『VALORANT』を快適にプレイしたい」という目的なら十分すぎる性能で、むしろ余裕をもってプレイできます。

「RTX 3080」や「RTX 3090」のような圧倒的な性能こそありませんが、コストパフォーマンスと最新のグラフィック、ハイフレームレートを求める人におすすめです。

用途としては、「快適にゲームをプレイしたい」「ガチガチの競技プレイにも興味がない」「配信や動画編集にも興味がない」そんなFPSゲーマーにおすすめです。

コスパ最高「RTX 3060Ti」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA7C-R36T 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA7C-R36 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 3060 Ti
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy11521
メリット
  • 高設定でも『Apex』144fpsを安定して維持できる
  • RTX 3060に比べて大きく性能が飛躍しているGPU
  • 軽いゲームであれば240fpsも狙える
デメリット
  • 『Apex』で240fpsを出すのは難しい
  • レイトレーシング+4Kなどを目指すにはもっと上のGPUが必須

「RTX 3060Ti」が搭載された「SHA7C-R36T」は、コストパフォーマンスに長けた性能を持つゲーミングPCです。

ミドルクラスのゲーミングPCで購入を悩んでいる方は「できるだけApexで144fps以上を維持したい!」というのであれば少し予算を出して「SHA7C-R36T」を買うことおすすめします。

エフェクトやスキルが飛び交うシーンなどではフレームレートが落ちることも考慮しないといけませんが、「SHA7C-R36T」クラスになると特に気にしなくても問題ありません。

『Apex Legends』だけを遊ぶ方、もちろん他のFPSも遊びつくしたい!という方におすすめのモデルとなっています。

>>公式サイトで「SHA7C-R36T」の詳細を見る

なお、ゲーミングモニターを持っていないかたは「144Hzゲーミングモニター5選」からFPS向けのモニターも同時に購入することをおすすめします。

>>公式サイトで「SHA7C-R36」の詳細を見る

競技用の環境を求めるFPSガチ勢は「RTX 3070」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA7C-R37 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA7C-R37 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy13370
メリット
  • 『Apex Legends』で240fpsを目指せる
  • ほぼすべてのPCゲームを最高設定でプレイ可能
  • 若干フレームレートは落ちるが、余裕で配信出来る環境
デメリット
  • 配信環境に最適化させたい方はメモリを32GBにアップグレードしたほうがおすすめ
  • 144Hzや240Hzモニターと合わせるとそこそこ高額

ここまでくると、完全に競技志向・プロ志向のゲーミングPCになってきます。

プロゲーマーでもこの水準のPCを使っている人は多く、ある意味競技シーンにおける「常識」のようなPCといえます。

このPCで競技シーンに乗り込むもよし、カジュアルマッチで無双するもよし、デバイスのせいで不利を被りたくないゲーマーすべてにおすすめしたいモデルです。

「RTX 3070」の性能を活かしきるためには「240Hz対応ゲーミングモニター」が絶対に必要だということはお忘れなく。

>>公式サイトで「SHA7C-R37」の詳細を見る

次世代のハイエンドPCを求めている方は「RTX 4080」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA7C-R48 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA7C-R37 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy
メリット
  • 『Apex Legends』で240fpsを目指せる
  • すべてのPCゲームを最高設定+4Kでプレイ可能
  • 配信も動画編集も快適にこなせる
デメリット
  • 配信環境に最適化させたい方はメモリを32GBにアップグレードしたほうがおすすめ
  • 144Hzや240Hzモニターと合わせるとそこそこ高額

「SHA7C-R48」はRTX 4000シリーズのRTX 4080を搭載したハイエンドゲーミングPCモデルとなっています。

Apex Legendsではどんな設定でも240fpsを出せるのは余裕なクラスで、その他対人ゲーやリアルなグラフィックのFPSゲームでも最高設定にしても「重い」という悩みを抱えることはありません。

最新のGPUを搭載しているため、高額なのはネックですがこの先何年も利用できる性能となっているので、あまりPCをスペック不足で買い替えたくない方などにもおすすめです。

>>公式サイトで「SHA7C-R48」の詳細を見る

プロレベルの配信+FPS環境を求めるハイエンド志向な方は「RTX 4090」搭載ゲーミングPC

GALLERIA SHA9C-R49 渋谷ハル コラボモデル
GALLERIA SHA9C-R49 渋谷ハル コラボモデル
CPU : Core i9-13900KF
グラフィック : RTX 4090
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy16355
メリット
  • このPCで出来ないことはないスペック
  • ありとあらゆるゲームで240fpsを目指せる
  • 5年以上はPCを買い換えなくても問題ない
デメリット
  • 性能に応じて高額

「RTX 4090」搭載ともなると完全にガチ勢御用達で、「プロゲーマー向け」もしくは「プロゲーマー志望者向け」のウルトラハイエンドゲーミングPCです。

このモデルは他のゲーミングPCと比べてかなり高額で、ほんの少しでもフレームレートが上がるなら何万円投資したって惜しくないような真のFPSマニアが手に取る製品となっています。

唯一のデメリットを挙げるとすれば、「価格が高い」以外には特にありません。ただ、このレベルの最強PCであれば5年以上は買い替える必要がまったくないので、長期的に見るとコストパフォーマンスは高いです。

「デバイスやスペックで言い訳のできない最高の環境でFPSをプレイしたい」「トッププロと同じ環境とゲームをしてみたい」筋金入りのコアゲーマーにおすすめです。

ただし、「RTX 4090」の性能を活かしきるためには「240Hz対応ゲーミングモニター」が絶対に必要だということはお忘れなく。

>>公式サイトで「SHA9C-R49」の詳細を見る

渋谷ハルコラボゲーミングPCと通常モデルの比較

そもそも渋谷ハルコラボゲーミングPCと通常モデルって何が違うの?と疑問を抱いてる方に向けて以下では比較を掲載していきます。

モデル名SHA7C-R36TRM7C-R36T
PCケース渋谷ハルエディション
CPUCore i7-13700FCore i7-12700
CPUファン(水冷式) DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2 (RGB対応)(空冷式) 静音パックまんぞくコース
CPUファン高熱伝導率 高性能グリスノーマルグリス
グラフィックRTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリ16GB16GB
ストレージ1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
ベンチマーク(3DMark Time Spy)11521
値段259,980円204,980円

比較を見てもらうとわかるように、大きな違いは「PCケース」「CPU」「CPUグリスとCPUファン」「値段」の4つです。それら以外はほぼ同じ性能となっています。

上記の比較を見た際に、「PCケースとCPUファン/グリスしか変わらないなら安い方がいい」と感じた方には「RM7C-R36T」を購入することをおすすめします。

また、コラボモデルはCPUが第13世代となっているため、少しでも性能の良いCPUを求めている方はコラボモデルのがおすすめとなっています。

また、渋谷ハルコラボゲーミングPCのPCケースはコラボモデル限定のデザインで、スタイリッシュさが目立ち、まさしく「渋谷ハル」がモチーフになったとすぐに感じることができる洗練されたデザインです。

「THE ゲーミングPC」のような見た目は部屋に設置する際に映えるのも大きなメリットの一つです。

コラボモデルは在庫切れになったり、個人との契約が切れた際に販売終了することがあるので、購入できるうちに買っておくのがおすすめです。

「渋谷ハル」+「ガレリア」コラボゲーミングPCの特徴

ドスパラのゲーミングPCブランド「ガレリア」の既存モデルと比較して、渋谷ハルコラボモデルの特徴を解説します。

「渋谷ハル」ディレクションのスペシャルデザイン

「渋谷ハル」ディレクションのスペシャルデザイン

今回のコラボモデルでおそらくもっとも力が入っているのがこの「PSケースデザイン」です。

筐体にはロゴがちりばめられ、吸気口にまでオレンジ色のデザインがほどこされています。

こうした遊び心を落ち着いたマットブラック塗装で綺麗にまとめ上げ、ゲーミングっぽい自由さがありながら大人向けの雰囲気のあるシックなPCケースが出来上がっています。

なお、前面を光らせる限定LEDカラーは購入後に自由に変更できるので、「ファンだけど限定カラーが気に入らない」なんて心配は無用です。

「渋谷ハル」ファン向けの壁紙コラボ

渋谷ハル」ファン向けの壁紙コラボ

「渋谷ハルコラボモデル」にはファン向けに渋谷ハルの壁紙が付いてきます。

ファンにとってはおまけ程度の特典ですが、地味に嬉しいファングッズです。

「渋谷ハル」本人によるおすすめPC解説

渋谷ハル本人が「どのPCはどういう人向けか」「カスタマイズはこれがおすすめ」など、FPS上級者の見地から語ってくれているので、初心者はとりあえずそのまま信じて購入しても良いのではないかと思います。

個人的にも動画を見ていて、コラボ商品を売り込もうというような違和感はまったくなく、正直な感想を語っていると感じました。

『渋谷ハル』コラボゲーミングPCに関するよくある質問

コラボPCと通常モデルの違いは?

通常モデルとの違いは、「PCケース」「付属特典」となります。

特にPCケースは「渋谷ハル×ガレリアコラボPC」だけでしか存在しない特別なPCケースなので、渋谷ハルさんファンの方は必見となっています。

デスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

本格的にApexやVALORANTなどのFPSゲームをやりたい方はデスクトップがおすすめです。

逆にカジュアルにゲームをプレイしつつ、リビングやベッド、外出先などいろいろなところでPCゲームをやりたい方はゲーミングノートが最適です。

渋谷ハルコラボPCの発売日はいつまで?

コラボPCの発売期間については公式からは未発表となっています。

そのため、いつコラボモデルの販売が終了するかわからないため、ほしい方は在庫切れになる前に購入することをおすすめします。

渋谷ハルコラボゲーミングPCまとめ

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・とにかくコスパの良いPCが欲しい → 「SHA5C-G60S 渋谷ハルコラボモデル
・快適な環境でゲームを遊びたい → 「SHA7C-R36 渋谷ハルコラボモデル
・ゲームも配信も録画も快適にこなしたい → 「SHA7C-R37 渋谷ハルコラボモデル
・プロゲーマーレベルの環境で遊びたい → 「SHA9C-R49 渋谷ハルコラボモデル

コラボPCまとめページはこちら!

渋谷ハル × GALLERIA コラボゲーミングPC

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事