RTX3070搭載ゲーミングPCおすすめモデル

RTX3070搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンの性能をベンチマークで検証してみた

NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30」シリーズの中で「RTX 3070」は前世代の最高スペックよりも強力な「廉価版GPU」です。

上位モデル「RTX 3090」や中位モデル「RTX 3080」が「ヘビーゲーマー向け」だとすれば、「RTX 3070」は「ゲームは大好きだけど4K画質とか超高フレームレートとかいったプロ仕様は求めない」タイプのライトゲーマー向けGPUです。

「RTX 3090」はコスパ関係なく最高性能のGPUが欲しい人、「RTX 3080」は手の届く価格の中で最高性能のGPUが欲しい人、「RTX 3070」は格安で高性能なGPUが欲しい人に向けた製品となっています。

この記事では「RTX 3070」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介しながらスペックを検証していきます。

注意!

「ドスパラ」や「フロンティア」といったBTOショップが「RTX 3070」搭載ゲーミングPCを入荷・販売していますが、現在は前例のない需要とあまりの人気ですぐに在庫切れになる傾向にあります。

ただ、ゲーミングPCは「RTX 3070」搭載モデルだけではありません。最新のゲーミングPCについて詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・標準的なRTX 3070搭載PCが欲しい → 「ガレリア XA7C-R37
・最安値でRTX 3070搭載PCが欲しい → 「ガレリア XA7R-R37

RTX 3070のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 3070」、CPU「i7 10700k」を使って『フォートナイト』や『アサシンクリード オデッセイ』といったさまざまなゲームをプレイし、フレームレートを計測したベンチマーク動画です。
このパーツ構成は「ガレリア XA7C-R37」とほとんど同じです。

「RTX 3090」であれば平均300fpsを上回る「『フォートナイト』1080p最高設定」のベンチマークテストですが、「RTX 3070」を使ってテストすると平均184fpsという結果になっています。

もちろん、184fpsが低いということはありません。十分競技プロが使えるレベルですし、そもそもほとんどのプレイヤーは最高設定ではなくて「描画距離」以外は低設定で『フォートナイト』をプレイしています。
その場合はもっとフレームレートが出るので、『フォートナイト』を普通にプレイするなら「RTX 3070」で十分だと言えます。

一方、検証によれば「RTX 3070」では、『レッド・デッド・リデンプション2』が4K最高設定で平均47fps、『Microsoft Flight Simulator』では1080p最高設定でも平均60fpsを下回ってしまいます。

これらの作品はPS4・XBOX One世代において最も「重い」タイトルなので、アクションゲームの基準となる60fpsに届かなくても仕方がないのですが、「どんなゲームのどんな設定でも最低60fpsは欲しい」というヘビーゲーマーの方は「RTX 3080」か「RTX 3090」を購入したほうがいいでしょう。

逆に、ほんの少しのフレームレート・もしくは画質の低下は無視できる、というライトゲーマーにとって安くて高性能な「RTX 3070」は最適なGPUの一つです。
言うまでもありませんが、普通のRPGやアドベンチャーゲームでフレームレートをほんの少し犠牲にしたところでほとんどの人は気付くことすらないので、何の問題もありません。

「RTX 3070」で最高のグラフィックを求めるなら「4Kモニター」、フレームレートを重視するなら「240Hz対応ゲーミングモニター」、もしくはもっと安い「144Hz対応ゲーミングモニター」を買っておきましょう。
せっかくのハイパフォーマンスを60Hz対応の普通のモニターで見てももったいないだけで意味がありません。

グラフィック重視かフレームレート重視かは完全に人それぞれなので、以下のいずれかの記事をモニター選びの参考にしてください。

関連記事 4Kゲーミングモニターおすすめランキング

関連記事 FPSガチ勢におすすめな240Hzゲーミングモニターランキング

関連記事 初心者におすすめ!144Hzゲーミングモニター5選

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

「RTX 3070搭載ゲーミングPC」を購入するべき理由

モデル名XA7C-G60SXA7C-R80SXA7C-R37
CPUCore i7-10700FCore i7-10700Core i7-10700
グラフィックGTX 1660 SUPERRTX 2080 SUPERRTX 3070
メモリ16GB16GB16GB
ストレージ512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
ベンチマーク(3DMark Time Spy)606510950計測中
値段129,980円189,980円189,980円

モデル一覧より

GPU以外をできる限り同じ条件でパーツを揃えた3つのモデルを比較してみました。
CPUに関してはベースが同じ別モデルとなっていますが、処理性能の差がほとんどないため検証結果への影響もありません。

「3DMark」は定番のゲーム用ベンチマークソフトで、「Time Spy」はDirectX 12ベンチマークとしてPCのゲーミング性能を計測する際によく使われています。

「RTX 3070」のベンチマークは現在計測中ですが、公式や非公式のベンチマーク結果から、「RTX 2080 SUPER」を大きく上回ることは確実です。

前世代最高クラスのGPUと同じ値段で性能は上なのだから、「RTX 3070」を買わない理由は「RTX30シリーズを既に持っているから」以外にはありえません。

現時点で発売されているPCゲームをプレイするときには「RTX 3090」ほどのパワーは感じられないかもしれませんが、本格的に次世代に入り発売されるゲームのグラフィック水準が一段階上がり、古いGPUがどんどん最新ゲームについていけなくなる中で「RTX 3070」は長く生き残ることができるでしょう。

上位モデル「RTX 3090」や中位モデル「RTX 3080」に興味のある方は以下の記事から詳細を確認してください。

関連記事 RTX3090搭載おすすめゲーミングPCまとめ

関連記事 RTX3080搭載おすすめゲーミングPCまとめ

RTX 3070搭載おすすめゲーミングPC

「RTX 3070」は前世代で普及した超高性能GPU「RTX 2080 Ti」よりも安くて高性能なので、PCにあまりお金をかけたくない人にとってここが「買い時」です。

これだけ安く超高性能なゲーミングPCを買える機会というのはこれまでになかったので、今からPCゲームをはじめる人たちが羨ましいくらいです。

ゲーミングPCはBTOパソコンショップ「ドスパラ」から紹介するので、買い方がわからないという方は以下のページから確認してください。

関連記事 ドスパラでゲーミングPCを購入する方法

これらのゲーミングPCはあまりの人気のため、定期的に入荷しては1日で在庫切れ、を繰り返しています。
予約できた場合でも出荷までかなり時間がかかるので、一刻も早くゲーミングPCが必要な方は以下の記事から自分に最適なゲーミングPCを探してみてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

RTX 3070搭載ゲーミングPCの標準モデル「GALLERIA XA7C-R37」

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-10700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア XA7C-R37」はRTX 3070搭載ゲーミングPCの中で標準となるモデルです。

ガレリア XA7C-R37」に搭載されているCPUの「Core i7」はゲーム用としては最高クラスの性能で、上位の「Core i9」と比べても大きな性能差はないとされています。

実際は「RTX 3090」ほどのレベルになるとCPU性能が足を引っ張ってボトルネックになるケースもあるようですが、「RTX 3070」であれば「Core i7」で十分です。

「できるだけ安く次世代ゲーミングPCに入門したい」という人には「ガレリア XA7C-R37」がおすすめです。

RTX30シリーズPCの最安値「GALLERIA XA7R-R37」

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア XA7R-R37」は「RTX 3070」とAMD製CPU「Ryzen 7 3700X」を組み合わせたゲーミングPCです。

Intel製CPUとAMD製CPUの違いは『「ゲーミングPC」CPUの選び方ガイド』で細かく紹介していますが、結論から言えば、ゲームをする上で大きな違いはありません

「Core i7-10700」を搭載した「ガレリア XA7C-R37」と「Ryzen 7 3700X」を搭載した「ガレリア XA7R-R37」も、やはりほぼ違いがないと言っていいでしょう。

ただし、AMD製CPUはIntel製よりもコスパが良い傾向にあり、実際「ガレリア XA7R-R37」はドスパラに存在するRTX30シリーズのゲーミングPCの中で最安値となっています。

「CPUはIntelじゃないとイヤだ」という妙なこだわりのある方でなければ、「ガレリア XA7R-R37」を強くおすすめします。

RTX 3070搭載ゲーミングPCまとめ

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・RTX3070搭載PCの標準モデル → 「ガレリア XA7C-R37
・RTX30シリーズ最安クラスのゲーミングPC → 「ガレリア XA7R-R37

「RTX 3070」搭載ゲーミングPCは各所で品切れが続いており、市場に十分な量が供給されるまでは時間がかかると思われます。

ゲーミングPCは「RTX 3070」だけではないので、最新のゲーミングPCについて詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

FPSをメインにプレイするゲーマーが最優先で用意するべきアイテムであるゲーミングモニター。
144hzに慣れてしまったら60hzのモニターには二度と戻れなくなります・・・!

ゲーミングマウスも必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

ゲーミングキーボードももちろん必須アイテムです!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセットゲーミングイヤホンにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーミングチェアとセットでゲーミングデスクのおすすめランキングもチェックしてください。
どんな高級チェアを買っても良いゲーミングデスクがなければゲーミング環境とは言えません。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ

5日間のビッグセール! ゲーマー向け商品まとめ!
Amazonブラックフライデーセール