GeForce RTX 3080

RTX3080搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンのモデル別にベンチマークで徹底検証

NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30」シリーズの中で「RTX 3070」は安くて高性能、「RTX 3090」は高くて超高性能ですが、フラッグシップモデルとなる「RTX 3080」はその中間で最もコストパフォーマンスの優れたGPUです。

この記事では「RTX 3080」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介しながらスペックを検証していきます。

注意!

「ドスパラ」や「フロンティア」といったBTOショップが「RTX 3080」搭載ゲーミングPCを入荷・販売していますが、現在は前例のない需要とあまりの人気ですぐに在庫切れになる傾向にあります。

ただ、ゲーミングPCは「RTX 3080」搭載モデルだけではありません。最新のゲーミングPCについて詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・できるだけ安くRTX 3080搭載PCが欲しい → 「ガレリア XA7C-R38
・最高の環境でゲームがしたい → 「ガレリア ZA9C-R38
・ゲームも動画編集もしたい → 「ガレリア UA9C-R38

RTX 3080のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 3080」、CPU「i9 10850K」を使って『Apex Legends』をプレイした検証動画です。このパーツ構成は「ガレリア ZA9C-R38」と同じものです。

ほとんどのプレイヤーはフレームレートを稼ぐために1080Pの低設定で『Apex Legends』をプレイしているはずですが、検証ではその設定で平均280fps以上を出すことに成功しています。

4K+最高設定にするとギリギリ平均144fpsに届かずといったところで、前世代の「RTX 2080」搭載ゲーミングPCが同じ設定で60fpsしか出せないことを考えると大幅に性能がアップしていることがわかります。

『Apex Legends』をプレイしていないからよくわからない、という人のために、PCmagがさまざまなゲームで「RTX 3080」と「RTX 2080」およびそのアップグレード版「RTX 2080 Super」を比較したフレームレートテストを出しているので紹介します。

『レッド・デッド・リデンプション2』のフレームレートテストはこちらです。

RDR2 rtx 3080 フレームレート

「RTX 3080」では『レッド・デッド・リデンプション2』を「4K 平均65fps」もしくは「1080P 平均116fps」でプレイできます。もちろんグラフィックは最高設定です。ちなみにPS4版の『レッド・デッド・リデンプション2』は1080pで20fps-30fps程度を行き来していました。それと比べるとほとんど別ゲーレベルの変化です。

『アサシンクリード オデッセイ』のフレームレートテストはこちらです。

アサシンクリードオデッセイ rtx 3080 フレームレート

『レッド・デッド・リデンプション2』と同じく、「RTX 3080」なら『アサシンクリード オデッセイ』を4Kでも快適な60fps以上、1080Pなら超滑らかな100fps以上でプレイできます。

『Apex Legends』のようなマルチプレイゲームを遊ぶにしても、シングルプレイのAAAタイトルを遊ぶにしても、現状では「RTX 3080」が最適解と言えるでしょう。

ただし、「RTX 3080」を使うならどちらにしても「4Kモニター」もしくは「240Hz対応ゲーミングモニター」は必須です。
せっかくのハイパフォーマンスを60Hz対応の普通のモニターで見てももったいないだけで意味がありません。

グラフィック重視の4Kモニター派かフレームレート重視の240Hz対応モニター派かで割れると思うので、以下のどちらかの記事をモニター選びの参考にしてください。

関連記事 4Kゲーミングモニターおすすめランキング

関連記事 FPSガチ勢におすすめな240Hzゲーミングモニターランキング

補足

「RTX 3080」より更に強力な「RTX 3090」も存在します。
「4K 144fps」もしくは「360fps」といった異次元のゲーム体験を求めるなら「RTX 3090」は選択肢に入ってきますが、「RTX 3080」の2倍以上のお値段は覚悟してください。

関連記事 RTX3090搭載おすすめゲーミングPCまとめ

「RTX 3080搭載ゲーミングPC」を購入するべき理由

モデル名XA7C-G60SXA7C-R80SXA7C-R38
CPUCore i7-10700FCore i7-10700Core i7-10700
グラフィックGTX 1660 SUPERRTX 2080 SUPERRTX 3080
メモリ16GB16GB16GB
ストレージ512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD512GB NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
ベンチマーク(3DMark Time Spy)60651095015133
値段129,980円189,980円219,980円

モデル一覧より

GPU以外同じ条件でパーツを揃えた3つのモデルを比較してみました。
唯一CPUだけは「Core i7-10700F」と「Core i7-10700」が揃っていませんが、この2つのパーツの性能差は誤差レベルで、検証結果への影響はありません。

「3DMark」は定番のゲーム用ベンチマークソフトで、「Time Spy」はDirectX 12ベンチマークとしてPCのゲーミング性能を計測する際によく使われています。

この比較からわかるのは、「RTX 3080」の性能は前世代のGPUが太刀打ちできないほど強力であること、そして値段は前世代から大きく変わらないということです。

RTX 3080搭載おすすめゲーミングPC

「RTX 3080」を搭載したおすすめのゲーミングPCを紹介します。

これらのゲーミングPCはあまりの人気のため、定期的に入荷しては1日で在庫切れ、を繰り返しています。
予約できた場合でも出荷までかなり時間がかかるので、一刻も早くゲーミングPCが必要なかたは以下の記事から自分に最適なゲーミングPCを探してみてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

RTX 3080搭載PC最安値「GALLERIA XA7C-R38」

ガレリア XA7C-R38
GALLERIA XA7C-R38
OS : Windows 10
CPU : Core i7-10700
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
電源 : 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
サイズ : 220×440×480 mm
重量 : 約14kg
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy15133
Fire Strike27840

ガレリア XA7C-R38」はRTX 3080搭載ゲーミングPCの中で最安のモデルです。

安い理由は2つ。ストレージが「512GB NVMe SSD」と小さめであること、CPUが「Core i7-10700」と最高クラスのパーツではないこと、です。

最近のゲームは容量が50GBを超えることもザラになってきているので、このストレージ容量は問題になるかもしれません。ただ、その場合は購入時にカスタマイズで増量すればいいだけのことです。

あまりたくさんゲームをインストールするつもりがないならカスタマイズせずに買って、後々もっとストレージが欲しくなったら簡単に増設できるので、やはり大した問題ではありません。

ガレリア XA7C-R38」に搭載されているCPUの「Core i7」はゲーム用としては最高クラスの性能で、上位の「Core i9」と比べても大きな性能差はないとされています。

しかし、RTX30シリーズのパフォーマンスに関してはCPUがボトルネックになるケースがあるようなので、少しでも高い性能やハイフレームレートを求めるならCPUのカスタマイズが必要になります。

コスパ最強「GALLERIA ZA9C-R38」

ガレリア ZA9C-R38
GALLERIA ZA9C-R38
OS : Windows 10
CPU : Core i9-10850K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
電源 : 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
サイズ : 220×440×480 mm
重量 : 約14kg
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy16666
Fire Strike29648

ガレリア ZA9C-R38」はRTX 3080搭載ゲーミングPCの中で最もゲームに特化したモデルとなっています。

ベンチマークの数字でわかる通り「ガレリア XA7C-R38」より大幅に性能がアップしており、25万円という値段は決して高くありません。

『Apex Legends』を240fps以上安定でプレイする、というような前世代までは不可能だった体験が可能になる、まさに次世代のゲーミングPCです。

ゲームにも作業にも最適「GALLERIA UA9C-R38」

ガレリア UA9C-R38
GALLERIA UA9C-R38
OS : Windows 10
CPU : Core i9-10900K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 32GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD / 2TB HDD
電源 : 750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
サイズ : 220×440×480 mm
重量 : 約14kg
ドスパラで詳細・価格を見る
3DMark ベンチマーク
Time Spy16063
Fire Strike29932

ガレリア UA9C-R38」はゲーム+作業ツールに特化したゲーミングPCです。

ガレリア ZA9C-R38」と比べて大幅にゲーミング性能が高い、というわけではありませんが、32GBのメモリや少しだけ高性能なCPU、動画保存にぴったりな大容量ハードディスクなど、すべてのパーツが作業用に最適です。

ガレリア UA9C-R38」は「最高の環境でゲームがしたいし最高の環境で作業もしたい」という人にぴったりなゲーミングPCです。

RTX 3080搭載のゲーミングPCのコスパ比較

モデル名XA7C-R38ZA9C-R38UA9C-R38
CPUCore i7-10700Core i9-10850KCore i9-10900K
グラフィックRTX 3080RTX 3080RTX 3080
メモリ16GB16GB32GB
ストレージ512GB NVMe SSD1TB NVMe SSD1TB NVMe SSD / 2TB HDD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
値段219,980円249,980円299,980円

モデル一覧より

「RTX 3080」を搭載したゲーミングPCをモデル別に比較してみました。

安くて高性能な「ガレリア XA7C-R38」、少し高いがRTX 3080のパワーを限界まで引き出す「ガレリア ZA9C-R38」、ゲーム用兼作業用PCとして最高クラスのスペックを誇る「ガレリア UA9C-R38」、という並びになっています。

RTX 3080搭載ゲーミングPCまとめ

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・最安RTX3080搭載PC → 「ガレリア XA7C-R38
・RTX3080とi9で最高のゲーミング環境 → 「ガレリア ZA9C-R38
・メモリ32GB搭載の動画編集向けPC → 「ガレリア UA9C-R38

「RTX 3080」搭載ゲーミングPCは各所で品切れが続いており、市場に十分な量が供給されるまでは時間がかかると思われます。

ゲーミングPCは「RTX 3080」だけではないので、最新のゲーミングPCについて詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

FPSをメインにプレイするゲーマーが最優先で用意するべきアイテムであるゲーミングモニター。
144hzに慣れてしまったら60hzのモニターには二度と戻れなくなります・・・!

ゲーミングマウスも必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

ゲーミングキーボードももちろん必須アイテムです!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセット・イヤホンにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ