GeForce RTX 3080

RTX3080搭載ゲーミングPCおすすめモデル BTOパソコンのモデル別にベンチマークで徹底検証

価格・用途別3選!

NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 30」シリーズの中で「RTX 3070」は安くて高性能、「RTX 3090」は高くて超高性能ですが、フラッグシップモデルとなる「RTX 3080」はその中間で最もコストパフォーマンスの優れたGPUです。

「RTX 3080」搭載ゲーミングノートPCの紹介は以下のリンクから。場所を取りたくない人におすすめです。

関連記事 RTX3080搭載ゲーミングノートPCおすすめモデル一覧

この記事では「RTX 3080」搭載ゲーミングPCをモデル別に紹介しながらスペックを検証していきます。

補足 2022/7/17追記

現在BTOショップでは、GPUの需要と供給も落ち着いて各モデルの在庫が潤沢になってきています。

ただし、いつ情勢が変わってGPU需要が高くなるかわからないため、「欲しい」と思った時に購入しないと買えるタイミングがなくなってしまうのでなるべく早めに購入することをおすすめします。

また、ゲーミングPCは「RTX 3080」搭載モデルだけではないので。最新のおすすめゲーミングPCについて詳しく知りたいかたは以下の記事からどうぞ。

関連記事 おすすめゲーミングPC

細かい検証よりさっさとおすすめのゲーミングPCが知りたい」という方のために説明は抜きでおすすめのゲーミングPCを載せておきます↓

・できるだけ安くRTX 3080搭載PCが欲しい → 「ガレリア XA7C-R38
・RyzenCPUがほしい→ガレリア ZA7R-R38
・CPUもGPUも最強構成にしたい → 「ガレリア ZA9C-R38
・最高の環境でゲームがしたい → 「G-Tune EP-A
・RTX 3080が搭載されたゲーミングノートがほしい → 「Lenovo Legion 760

RTX 3080搭載おすすめゲーミングPC

「RTX 3080」を搭載したおすすめのゲーミングPCを紹介します。

これらのゲーミングPCはあまりの人気のため、定期的に入荷しては1日で在庫切れ、を繰り返しています。
予約できた場合でも出荷までかなり時間がかかるので、一刻も早くゲーミングPCが必要なかたは以下の記事から自分に最適なゲーミングPCを探してみてください。

関連記事 おすすめゲーミングPC

RTX 3080搭載最安モデル「GALLERIA XA7C-R38」

ガレリア XA7C-R38
ガレリア XA7C-R38
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

「XA7C-R38」はCore i7+RTX 3080の組み合わせのガレリア最安モデルです。

最安モデルといってもCPUはCore i7と高性能なため、間違いなくほぼすべてのPCゲームを最高設定+4Kで遊べるハイエンドスペックモデルです。

バトロワ系ゲームで240fps目指したい方や、グラフィックが美しいゲームを最高画質で余すことなく遊びたい方におすすめのゲーミングPCです。

>>公式サイトで「ガレリア XA7C-R38」を見る

RTX 3080+Ryzen製CPU搭載「GALLERIA ZA7R-R38」

ガレリア ZA7R-R38
ガレリア ZA7R-R38
CPU : Ryzen 7 5800X
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア ZA7R-R38」実機レビュー

「ガレリア ZA7R-R38」はAMD製CPUのRyzen 7 5800Xが搭載されたゲーミングPCです。

RyzenCPUはコストパフォーマンスが良く、基本的な処理作業に優秀なCPUのため高性能なGPUと組み合わせの構成となっています。

少し予算を抑えたい方+Ryzen製CPUでサクサク作業を行いたい方におすすめのモデルです。

>>公式サイトで「ガレリア ZA7R-R38」を見る

RTX 3080+最新CPU搭載「GALLERIA ZA9C-R38」

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38
CPU : Core i9-12900K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

「ガレリア ZA9C-R38」はCore iシリーズ最上位のi9+RTX 3080を組み合わせたハイスペックゲーミングPCです

本モデルは一般的なゲーマーなら十分すぎるほどの性能を持ち、『Apex Legends』などの人気ゲームを4K環境でも120fpsでプレイ可能です。

もちろん、ゲーム以外の用途もできないことの方が少ないくらいなので、幅広い用途に大活躍間違いなしの一台です。

>>公式サイトで「ガレリア ZA9C-R38」を見る

RTX 3080搭載 マウスコンピューター最安モデル「G-Tune EP-A」

G-Tune EP-A
G-Tune EP-A
CPU : Ryzen 7 5800X
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe
公式サイトで詳細・価格を見る

「G-Tune EP-A」はAMD Ryzen 7 5800X+RTX 3080を搭載したハイスペックゲーミングPCです。

Ryzenシリーズの特徴として、複数の作業を同時にこなすマルチタスクに優れているので、さまざまなソフトを同時に起動するゲーム配信に向いています。

また、ハイスペックゲーミングPC全般に言えるのですが、これくらいの性能になるとゲームや動画・画像編集など、どんな用途にも使えるので、コストパフォーマンスに優れているとみることもできます。

>>公式サイトで「G-Tune EP-A」を見る

RTX 3080搭載 ゲーミングノートPC「Lenovo Legion 760」

Lenovo Legion 760
Lenovo Legion 760
CPU : Ryzen 5000H
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB SSD
ディスプレイ: 16インチ 165Hz
公式サイトで詳細・価格を見る

LegionはLenovoが展開しているゲーミングPCブランドです。

Legion 760はコスパの良いRyzenCPUとゲームをするのに最適な16インチというやや大きめで、165Hzに対応した液晶が搭載されています。

キーボード部分もゲーマーらしくLEDで光る設計になっているので、ゲーミングノートだからといって侮れないもモデルとなっています。

RTX 3080であれば余裕で165Hz液晶の真価を発揮させることができるので、いつでもどこでも最高設定でPCゲームを遊べる最強のゲーミング環境を作りたい方におすすめです。

>>公式サイトで「Lenovo Legion 760」の詳細を見る

RTX 3080のスペック・ベンチマーク

こちらはGPU「RTX 3080」、CPU「Core i5-9400F」を使って『Apex Legends』を4Kでプレイした検証動画です。

CPUパワーが若干足りないと思いましたが、ほとんどの場面で120fps張り付きでプレイできていることから、RTX 3080のゲーミング性能の高さが分かります。

『Apex Legends』をプレイしていないからよくわからない、という人のために、PCmagがさまざまなゲームで「RTX 3080」と「RTX 2080」およびそのアップグレード版「RTX 2080 Super」を比較したフレームレートテストを出しているので紹介します。

『レッド・デッド・リデンプション2』のフレームレートテストはこちらです。

RDR2 rtx 3080 フレームレート

「RTX 3080」では『レッド・デッド・リデンプション2』を「4K 平均65fps」もしくは「1080P 平均116fps」でプレイできます。もちろんグラフィックは最高設定です。ちなみにPS4版の『レッド・デッド・リデンプション2』は1080pで20fps-30fps程度を行き来していました。それと比べるとほとんど別ゲーレベルの変化です。

『アサシンクリード オデッセイ』のフレームレートテストはこちらです。

アサシンクリードオデッセイ rtx 3080 フレームレート

『レッド・デッド・リデンプション2』と同じく、「RTX 3080」なら『アサシンクリード オデッセイ』を4Kでも快適な60fps以上、1080Pなら超滑らかな100fps以上でプレイできます。

『Apex Legends』のようなマルチプレイゲームを遊ぶにしても、シングルプレイのAAAタイトルを遊ぶにしても、現状では「RTX 3080」が最適解と言えるでしょう。

ただし、「RTX 3080」を使うならどちらにしても「4Kモニター」もしくは「240Hz対応ゲーミングモニター」は必須です。
せっかくのハイパフォーマンスを60Hz対応の普通のモニターで見てももったいないだけで意味がありません。

グラフィック重視の4Kモニター派かフレームレート重視の240Hz対応モニター派かで割れると思うので、以下のどちらかの記事をモニター選びの参考にしてください。

関連記事 4Kゲーミングモニターおすすめランキング

関連記事 FPSガチ勢におすすめな240Hzゲーミングモニターランキング

なお、NVIDAの主要GPUの3DMARKスコア、消費電力、希望小売価格は以下の通りです。

GPU3DMARKスコアTGP(総消費電力)希望小売価格
RTX 309019930350W1499ドル
RTX 3080 Ti19573350W1199ドル
RTX 308017704320W699ドル
RTX 3070 Ti14825290W599ドル
RTX 307013748220W499ドル
RTX 3060 Ti11856200W399ドル
RTX 30608833170W329ドル
RTX 30506865130W249ドル
GTX 1660 Ti6821120W279ドル
GTX 1660 SUPER6103125W229ドル
GTX 16605771120W219ドル
GTX 1650362075W149ドル
GTX 1050 Ti235675W139ドル
価格・用途別4選!

「RTX 3080搭載ゲーミングPC」を購入するべき理由

モデル名RM5R-G60SZA9C-R38
CPURyzen 5 4500Core i9-12900K
グラフィックGTX 1660 SUPERRTX 3080
メモリ16GB16GB
ストレージ1TB NVMe SSD1TB Gen4 NVMe SSD
サイズ220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
ベンチマーク(3DMark Time Spy)612117040
値段129,980円359,980円

モデル一覧より

GPU以外同じ条件でパーツを揃えたモデルを比較してみました。

「3DMark」は定番のゲーム用ベンチマークソフトで、「Time Spy」はDirectX 12ベンチマークとしてPCのゲーミング性能を計測する際によく使われています。

この比較からわかるのは、「RTX 3080」の性能は前世代のGPUが太刀打ちできないほど強力であること、そして値段は前世代から大きく変わらないということです。

Amazonで販売されているおすすめRTX 3080

PCパーツのアップグレードをしたい方に向けてAmazonで販売されているRTX 3080を紹介していきます。

玄人志向 RTX 3080【良コスパ】

MSI RTX 3080【定番】

ASUS Tuf Gaming RTX 3080【高耐久】

RTX 3080搭載ゲーミングPCまとめ

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・できるだけ安くRTX 3080搭載PCが欲しい → 「ガレリア XA7C-R38
・RyzenCPUがほしい→ガレリア ZA7R-R38
・CPUもGPUも最強構成にしたい → 「ガレリア ZA9C-R38
・最高の環境でゲームがしたい → 「G-Tune EP-A
・RTX 3080が搭載されたゲーミングノートがほしい → 「Lenovo Legion 760

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事