• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • 『ウマ娘 プリティダービー』おすすめゲーミングPCと推奨スペック | スマホ版とPC版の違いを徹底解説

『ウマ娘 プリティダービー』おすすめゲーミングPCと推奨スペック | スマホ版とPC版の違いを徹底解説

『ウマ娘 プリティダービー』は『グランブル ファンタジー』や『SHADOW VERSE(シャドウバース)』で有名なCygamesが開発し、iOS/Android/PCでリリースされた育成シミュレーションゲームです。

この記事はこんな悩みを抱えている人に向けて書いています。


後に詳しく説明しますが、結論から言えば、『ウマ娘 プリティダービー』を遊ぶなら「ゲーミングPC」がおすすめです。

説明を省いて必要なゲーミングPCだけ知りたいという方はこちらから↓

・安定スペック → 「マグネイト MH
・余裕を持った推奨スペック → 「ガレリア XA7C-R36T
・大人気ゲーミングPC → 「ガレリアXA7C-R37
・最強の環境で遊びたい! → 「G-Tune PP-Z-AF

おすすめゲーミングPCをランキングで見たい人はこちらの記事で激安PCからハイエンドPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

『ウマ娘 プリティダービー』におすすめの回線はこちらから。

大前提として、『ウマ娘』はオンラインゲームです。ネット回線が悪ければどれだけPCスペックが高くてもゲームになりません。「『ウマ娘』におすすめのネット回線」を参考にしてください。

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

『ウマ娘 プリティダービー』おすすめゲーミングPC

 

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。また、Amazonアカウントからも支払いできるようになっているので、購入も簡単です。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

今回は主に「ドスパラ」「マウスコンピューター」から最適なゲーミングPCを選んで紹介します。

どちらのメーカーも手厚いサポートを受けられることが特徴です。ほかには出荷までの期間もほかのメーカーと比べると早いです。

ゲーミングPCを買う前に『ウマ娘 プリティダービー』がどんなゲームか知っておきたい、という方はまずはスマホ版でプレイすることをオススメします。

こちらの記事からスマホでプレイ時のラグ対策についてチェックできます。

関連記事 『ウマ娘 プリティダービー』スマホ使用時に発生するラグについての対策

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは発売当初、需要が高すぎるせいで供給不足という状況が続いていました。

7月現在、最近は仮想通貨の暴落に伴ってGPUを使ったマイニング需要が減ってパーツに余裕ができ、一時期は一週間以上かかっていたマウスコンピューター製品出荷日が「翌日」や「3日後」になるなど、一時と比べれば明らかに早くなっているのがわかります。

それに伴ってPCの値段も下降傾向にあり、もともとゲーミングPCを欲しかった人たちにとってはかなり手を出しやすい状況になりました。

そうはいってもいつどういう要因で値上げがあるのかわからないのがPCの世界ですから、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


激安PCで『ウマ娘 プリティダービー』を遊びたいなら「マグネイト MH」がおすすめ

マグネイト MH
マグネイト MH
CPU : Core i5-12400
グラフィック : GTX 1650 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
\8月1日までに購入で3,000ポイントもらえる/
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 激安ゲーミングPC
  • 最高画質60fpsで『ウマ娘 プリティダービー』をプレイできる
  • 16GBのメモリで色々な作業の同時進行が可能
デメリット
  • エントリークラスなのでPC上級者向けではない
予算を抑えてとにかく『ウマ娘 プリティダービー』を快適に遊びたい、という方には「マグネイト MH」がおすすめです。

低価格とはいえCPUとGPUの性能は十分高く、『ウマ娘 プリティダービー』を最高設定+60fpsでプレイできます。

コスパは間違いなく最高クラスなので、入門用のゲーミングPCを探しているなら必ずチェックしてください。


10万円強でゲーミングPCが欲しい人向け!

1650-sub-banner詳細なスペックを公式サイトで確認する

「G-Tune PM-B-AF」は「マグネイトMH」と同じGPU「GTX 1650」でスペックもゲーミング性能もほぼ同レベルですが、圧倒的な安さが強みです。

正確には「G-Tune PM-B-AF」のSSDが512GB、CPUが第11世代の「Core i5-11400F 」、「マグネイトMH」のSSDが500GB、CPUが第12世代の「Core i5-12400」という違いです。

この2台が店頭に並んでいたらより安い「G-Tune PM-B-AF」も魅力的なのですが、残念ながら「G-Tune PM-B-AF」の納品速度は遅く、今すぐPCが欲しいという人には向いていません。

それでも、ちょっと待ってでもよりコスパの良いゲーミングPCが欲しい!という人は「G-Tune PM-B-AF」をチェックしてみてください。

余裕を持った構成で『ウマ娘 プリティダービー』を遊びたいなら「ガレリア XA7C-R36T」がおすすめ

ガレリア XA7C-R36T
ガレリア XA7C-R36T-11
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3060 Ti 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 4Kゲーミングも可能
  • 数年間は安定して最新ゲームをプレイできる
  • 大容量ストレージ
デメリット
  • もっとハイスペックなゲーミングPCも存在する
「ガレリア XA7C-R36T」さえ買えばどんな設定でも『ウマ娘 プリティダービー』を快適にプレイできます。

「これぞゲーミングPC」という圧巻のスペックで、現在発売されているほとんどのゲームを最高設定&60fps以上でプレイ可能です。

「『ウマ娘 プリティダービー』を4Kでプレイしたい」「コマ落ちや強制終了を起こさずにゲームに没頭したい」といった要望に応える余裕を持った構成となっています。せっかくゲーミングPCを買うなら家庭用機を大きく超える性能のものを買っておくと、他のゲームを遊ぶときにも便利です。

このモデルを購入しておけば今後5年は最新ゲームでもスペックに苦しまずにプレイできます。価格もゲーミングPCの中では高くはないので、コストパフォーマンスも良好です。

本気でゲーミングPCを始めたい方はまずはこれ、という王道モデルと言えます。

『ウマ娘 プリティダービー』を遊ぶための最強コスパモデル! 「ガレリア XA7C-R36T」の詳細・価格情報はこちら
 
【特価モデル】ストレージ容量を落としてもいいならこちらもおすすめ G-Tune HM-B-3060Ti-AF詳細なスペックを公式サイトで確認する
「ガレリア XA7C-R36T」に近いスペックのマウスコンピューター製PC「G-Tune HM-B-3060Ti-AF」はコスパ特化モデルです
納期に関してはドスパラと違い即日出荷ではないという弱点がありますが、より高性能なマシンで快適にプレイしたい方におすすめです。

 

【人気No.1】4K 60fpsを目指すなら「ガレリアXA7C-R37」がおすすめ

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
\8月1日までに購入で7,000ポイントもらえる/

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R37」実機レビュー

メリット
  • 次世代ゲーミングPCの標準となるスペック
  • すぐに在庫切れになる大人気ゲーミングPC
  • 4K 60fpsも楽勝
  • 在庫希少な「RTX 3070」搭載モデル
デメリット
  • 人気すぎて頻繁な在庫切れで手に入りにくい
  • 人気すぎてときどき値上げされる
『ウマ娘 プリティダービー』をプレイするには、「ガレリアXA7C-R37」は十分すぎるスペックです。

在庫さえ潤沢なら文句なしにこのモデルをおすすめしたいのですが、あまりのGPU「RTX 3070」人気で価格が高騰、その後はずっと在庫切れ状態でした。 他のショップではまだ手に入りませんが、最近になってようやくドスパラに在庫が戻りつつあるのが現状です。

「値下がりを待って買い時に買おう」と考える人もいるでしょうが、残念ながら2023年まで値下がりしないという情報もあり、また在庫が切れてしまう前に買っておいたほうが結果的には賢明かもしれません。

4K60fps安定!大人気ゲーミングPC! 「ガレリア XA7C-R37」の詳細・価格情報はこちら

ワンランク上を目指すなら「G-Tune PP-Z-AF」がおすすめ

G-Tune PP-Z-AF(限定モデル)
G-Tune PP-Z-AF
CPU : Core i7-12700F
グラフィック : RTX 3070 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe
特別価格:289,800円
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • 最強のハイスペックマシン
  • 動画編集からマイニングまで、作業用として最適
  • 気になったゲームの動作環境を気にせずにプレイできる
デメリット
  • 『ウマ娘 プリティダービー』しか遊ばないなら明らかにオーバースペック
G-Tune PP-Z-AF」はCPUもGPUも最高クラスのモンスター級マシンです。

これだけのスペックがあれば、今後数年は最新ゲームをグラフィック最高設定で快適にプレイできます。もちろん、ゲーム配信や動画制作なんかも全く問題なくこなせます。

ただ単に『ウマ娘 プリティダービー』をプレイするだけなら絶対にここまでのスペックは必要ありません。「G-Tune PP-Z-AF」が本当に活きるのは『サイバーパンク2077』や『Microsoft Flight Simulator』を遊ぶときくらいでしょう。

ただし、ゲーミングPCデビューと共にゲーム実況や配信、動画編集なんかもしてみたい!と考えているなら「G-Tune PP-Z-AF」を買っておけばどんなツールでも動かせるので心配ありません。

G-Tune PP-Z-AF」はとにかく最高クラスの環境が欲しいという人におすすめです。


最強グラボRTX3090搭載ゲーミングPCが欲しい方はこちらもおすすめ

ガレリア  ZA9C-R39詳細なスペックを公式サイトで確認する

「ガレリア ZA9C-R39」は「RTX 3070 Ti」から「RTX 3080 Ti」までをも上回る最強GPU「RTX 3090」を搭載した最高性能のゲーミングPCです。

対人ゲーからシングルゲームまでほぼ全てのタイトルでオーバースペックとなる性能で、ストリーマーや動画編集者、「ゲーム中絶対にPCに足を引っ張られたくない」というコアゲーマーにとっては魅力的なモデルとなっています。

「ガレリア ZA9C-R39」は限界までハイスペックなPCを体験してみたい人におすすめします。

4Kゲーミングにチャレンジしてみたい方はこちらのBenQの4Kモニターがおすすめです。息をのむような美しい映像を体験したい方はぜひ!

ゲーミングノートPCを選ぶなら240hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 240hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方はこの記事」にまとめてあります。

ガレリア UL7C-R36
ガレリア UL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 144fps~240fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の16GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 次世代GPU・RTX3060搭載
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「ガレリア UL7C-R36」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、2.0kg以下と比較的軽量なので持ち運びも楽勝の最強ゲーミングノートPCの一つです。

「ガレリア UL7C-R36」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

『ウマ娘 プリティダービー』動作環境



『ウマ娘プ リティダービー』を動かすためのハードウェアの推奨スペックを紹介します。

『ウマ娘 プリティダービー』はスマホでも動かすことのできるゲームなので軽いと思われがちです。しかし、『ウマ娘 プリティダービー』はそれほど軽いゲームではありません。

設定からグラフィック品質やエフェクトの有無のような、重くなる原因となるものを制限することができるためそれぞれのスペックに合わせて最低限ゲームをプレイすることができるようになっています。

『ウマ娘 プリティダービー』動作環境
OSWindows 8.1 / 10 (64bit) / 11
CPUCore i3-4360/AMD A8-7650K 同等以上
メモリ8GB以上必須
GPUGeForce GTX 750Ti or Radeon RX 250X 以上
DirectX11以上必須
ディスク空き容量11GB
画面解像度1920×1080以上

↑『ウマ娘 プリティダービー』の動作環境はこちらです。

グラフィック的にもエフェクト等の演出的にもスマートフォンと変わらないレベルでいいなら、このスペックのPCでもプレイ可能です。

公式で公開されている動作環境というのは ゲームをプレイするうえで必要最低限のスペックです。必要最低限のスペックでは、グラフィック品質を上げたりしてしまうとゲームが重くなりすぎてしまうこともあります。

動作環境と同じ構成のPCで最高設定にしてプレイしてしまうと、ゲームが落ちてしまったり、カクついてしまったり、ゲームをプレイ中に攻略サイトを確認することができなくなってしまいます。もっとも快適に『ウマ娘 プリティダービー』をプレイしたい方は動作環境よりも高いスペックのPCが必要になります。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、パソコン大百科の「PCスペックの確認方法」という記事がGPU、CPU、メモリの確認方法をガイドしているので参考にしてください。

『ウマ娘 プリティダービー』はスマホ版よりPC版がおすすめ



『ウマ娘 プリティダービー』はPC版で遊ぶことを強く推奨します。

Cygamesは「SHADOWVERSE」や「グランブル ファンタジー」のようなスマホやPC、CS機と様々なハードでプレイすることができるゲームを作成しています。 PCやCS機でのゲームを制作していることから、スマホのゲームもかなりクオリティの高いゲームとなっています。

『ウマ娘 プリティダービー』では、レース中のスキル発動による演出やレース勝利後のウイニングライブがとても派手な演出をしています。このような派手な演出を最高設定にしてスマホで見ようとするとスペック的にかなりきつくなってしまいます。

『ウマ娘 プリティダービー』のグラフィックはCygamesが制作してきた他の作品に負けないクオリティを実現しているため、ゲームを最大限に楽しみたい方は必ずPCを購入することをおすすめします。

補足
スマホ版のデータをPC版に連携させることができます。今までスマホでやっていた方はプレイヤー情報をPCとスマホで共有することで「外ではスマホ」「家ではPC」というように場合に応じてプレイすることも可能になります。

『ウマ娘 プリティダービー』の最高グラフィック(画質)を味わえるのはゲーミングPCだけ



『ウマ娘 プリティダービー』の目玉といえば「白熱のレース」と「ウイニングライブ」です。 アニメでは見ることができなかったウマ娘のレース姿やライブ姿を自分の手で実現することができます。

しかし、スマホでプレイをしているとスペックの面からスキルのエフェクトを削除しないと動かない。 または、グラフィック品質を下げなければ正常に動作しない場合があります。このような状態では、夢にまで見た推しウマ娘のレースやライブを最大限に楽しむことができません。

そのため、ゲームを最大限に楽しみたい方には「ゲーミングPC」を購入することをおすすめします。

『ウマ娘 プリティダービー』はPCでプレイすることで快適にプレイできる


『ウマ娘 プリティダービー』は育成シミュレーションゲームです。育成時には数多くのイベントが発生するため、強いウマ娘を育てるのならば攻略サイトを必ず見て育成をすることになります。

スマホでプレイしている方は、育成中に何度も画面のタブを変更して何度もゲームと攻略サイトを行き来しなくてはなりません。

しかし、PCでプレイすることでゲームのタブを画面に出しながら攻略サイトを閲覧することができ、育成のしやすさが何倍にもなります。

スマホ版『ウマ娘 プリティダービー』では適度な休憩は必須


iOS/Android版の『ウマ娘 プリティダービー』はド派手な演出ということもあり、バッテリーを消費しやすくスマホが発熱し、スマホ本体がかなり高温になります。

筆者はiPhone8で『ウマ娘 プリティダービー』をプレイしています。一度の育成を終えるころにはスマホ本体は熱々になってしまいます。演出は少し控えめにしていることもあり正常に作動していますが、最高設定にしてしまうと画面のカクつきが発生したり、スマホが熱くなるまでの時間が短くなってしまいます。

そのため、スマホ版ではある程度連続でプレイした場合は必ず休憩を取ることは必須となります。自分だけでなくスマホもしっかりと休ませることで、スマホを無駄に消耗して寿命を削るのを防ぎます。

関連記事 ゲーミングノートPC、最大の欠点「熱暴走」に注意

補足
ここまでスマホ版のデメリットを挙げてきましたが、NoxPlayerのようなエミュレーターを使えばスマホ特有のデメリットなく『ウマ娘 プリティダービー』を遊ぶことができます。 バッテリー消費や熱暴走の恐れもありませんし、低スペPCであってもエミュレーターならスマホ版より優れたフレームレートで遊ぶことができます。 おすすめなのは、まずエミュレーターからプレイして、『ウマ娘 プリティダービー』にハマったらゲーミングPCを買ってPC版にアカウントを移行する、というやり方です。 エミュレーターについてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。


『ウマ娘 プリティダービー』 おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・格安PCで遊びたい → 「マグネイト MH
・余裕を持った環境で遊びたい → 「ガレリア XA7C-R36T
・人気No.1モデル → 「ガレリア XA7C-R37
・最高の環境が欲しい → 「G-Tune PP-Z-AF
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア UL7C-R36



以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事