『ウマ娘 プリティダービー』確実にラグを改善する対策とおすすめネット回線

ウマ娘 プリティダービーをプレイしていて「レース画面がカクカクする」「ライブ映像がカクカクする」という経験はありませんか?

みなさんオンラインゲームをしていて「ラグい」と言いますが、ラグが起こる原因は様々で、対策もいろいろあります。

今回の記事では「『ウマ娘 プリティダービー』のラグはどういったことが原因なのか」、「そのラグを解決するためにはどうすればいいのか」についてご紹介します!

結論から先に述べると、ラグを解消する一番確実な方法は「ネット回線を変えること」です。

しかし、ゲームのためだけにいきなりネット回線を変えるというのは、ハードルが高いと思います。

まずは、ネット回線を変える前からできる簡単なラグの対策から行いましょう。

「細かい対策や原因を調べたりするよりも、ネット回線を変えて手っ取り早くラグを解消したい!」という方にはおすすめのネット回線のリンクを以下に貼っておりますので、リンクと説明を参考に、自分に合ったネット回線を選びましょう。

・世界最速回線 → 「NURO光
・日本全国対応高速回線 → 「auひかり
・NUROやauひかりのサービス範囲外なら → 「光コラボ回線

目次

『ウマ娘 プリティダービー』はラグいと楽しめない

『ウマ娘 プリティダービー』でラグが発生してしまうと「白熱のレース」や「ライブ映像」をいい状態で見ることができなくなってしまいます。また、ガチャの途中に落ちてしまったりと楽しみである部分がラグのせいで楽しくなくなってしまいます。

このような状態では、とても『ウマ娘 プリティダービー』を快適に楽しむことができません。

『ウマ娘 プリティダービー』のラグとは

  • レース画面がカクカクする
  • ライブ映像がカクカクしてしまう
  • ガチャの画面でエラーが出てしまう

ウマ娘 プリティダービーでは、通信が不安定な回線を使用していると、このようなラグが起こります。

ラグのせいでゲームから現実に引き戻されてしまっては、とても楽しめないと思います。

『ウマ娘 プリティダービー』がラグい原因と対策

『ウマ娘 プリティダービー』のラグには、それぞれ原因と対策があります。

『ウマ娘 プリティダービー』はスマホとPCでプレイすることができ、それぞれに原因や対策方法があります。

原因をしっかりと理解し、より効率的に対策をして快適に『ウマ娘 プリティダービー』を楽しみましょう。

ネットワーク機器の再起動

(画像引用:https://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s20269.htm)

ネットワーク機器は、どのプラットフォームでプレイしていても利用しています。まずは、簡単にできるネットワーク機器の再起動を試してみましょう。

再起動の方法は主に2つあります。1つ目は「電源ボタンを長押しして電源のオン・オフ」です。ルーターに電源ボタンがあるときには、電源ボタンを長押しして電源が切れるのを確認してからオンにしましょう。

また、ルーターに電源ボタンがついていないときは、まずは電源コードを抜いて電源をオフにしましょう。オフにして10秒程度経ってから電源コードを差して電源をオンにしましょう。

2つ目は「再起動ツールの使用」です。設定ツールを使用することで、電源を落としてから電源を入れるまでを自動で行われます。設定ツールから再起動ができない場合は、本体の方から再起動ができる場合があるので確認してみましょう。

『ウマ娘 プリティダービー』の動作環境を確認する

ウマ娘 プリティダービーをpcでプレイしている方は、ウマ娘 プリティダービーの公式が公表している動作環境を満たしているか確認しましょう。

OSWindows 8.1 / 10 (64bit) / 11
CPUCore i3-4360/AMD A8-7650K 同等以上
メモリ8GB以上必須
GPUGeForce GTX 750Ti or Radeon RX 250X 以上
容量11GB以上必須
ディスク空き容量11GB
画面解像度1920×1080以上
引用:ウマ娘 プリティーダービー DMM GAMES版公式サイト

動作環境を満たしていないと、「スペック不足」としてラグの原因になるため注意しましょう。

また、より高い品質で『ウマ娘 プリティダービー』をプレイしたい方や、サイトを見ながらプレイしたいといった方は動作環境よりも高いスペックのPCを購入することをお勧めします。

適度に休憩をする(スマホ版)

長時間のプレイを避けて、適度に休憩をとりましょう。

長時間プレイを続けてしまうと、スマホが熱くなってきてしまいます。あまりにも熱くなってしまうとスマホを持てなくなることも、その上あまり熱をためてしまうとスマホのバッテリー等の性能の劣化にもつながります。

休憩する場合は、できるだけ涼しい場所を選んでより早くスマホの熱を冷ましましょう。

スマホからPC版に移行する

スマホからPC、またはゲーミングPCに移行することをオススメします。

その主な理由は以下の3つです。

  • スマホより高いスペック
  • 有線接続でのプレイが可能
  • より高いグラフィック性能

このように、スマホでは実現することが難しいことをPCなら実現することができます。

スマホでは少し物足りなく感じたり、さらに高い設定で『ウマ娘 プリティダービー』を楽しみたい方はスマホからPCに移行することをオススメします。

外出先でも『ウマ娘 プリティダービー』をプレイしたいという方は、アカウントを連携させることでどちらのデバイスでも同アカウントでプレイすることが可能です。

それでも『ウマ娘 プリティダービー』のラグが解消されない人はネット回線を変えましょう

ここまでラグの解消方法をご紹介しましたが、それでも『ウマ娘 プリティダービー』のラグが改善されない場合は、ネット回線の通信速度が原因の可能性が高いです。

ネット回線の通信速度が遅いことを契約している回線業者に問い合わせても何もしてくれません。

そのため思い切ってほかのネット回線に乗り換えてみましょう

上の画像は筆者が契約しているNURO光の通信速度の測定結果で、通信速度が非常に速いため、『ウマ娘 プリティダービー』をプレイしていてもラグが発生することはありません。

『ウマ娘 プリティダービー』では、レースやライブに没頭して思い切り楽しみたいと思います。

そのため通信速度が命なので「ストレスなく快適に遊びたい」という方は以下で紹介する光回線をおすすめします。

ネット回線平均通信速度(みんそく)月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)キャッシュバック
NURO 光432.02Mbps5,217円5,217円45,000円+工事費40,000円
auひかり356.69Mbps5,610円4,455円最大144,500円
ドコモ光205.54Mbps5,940円4,620円20,000円+dポイント2,000pt
ソフトバンク光228.99Mbps5,720円4,180円25,000円
2022年執筆当時

ここからは、おすすめする光回線の特徴やポイントを解説していきます。

「NURO光」プロゲーマーも使う高速光回線

nuro光
  • 圧倒的な通信速度(下り最速2Gbps)
  • 最も安い光回線の一つ
  • プロバイダがSo-netのみで契約が簡単

通信速度は圧倒的で月額料金も安いのが「NURO 光」です。

FPSや格ゲーをプレイしているラグを避けたい競技志向なゲーマーはもちろん、SteamやPS Storeで大容量ゲームをダウンロードするコアゲーマーも含めて、とにかくネット回線に煩わされたくないすべての人にとっての最高の選択肢が「NURO光」になります。

契約プランがごちゃごちゃせず、選びやすいのもメリット。プロバイダはSo-netのみなので契約が簡単で、ネット回線特有のややこしい設定もなく、開通すればすぐにでもインターネットが使えるようになります。

デメリットは開通までの期間が長いこと
ネット回線が開通まで時間かかかるのは「あるある」ですが、NURO光では通常の光回線とは別に特殊器具(光キャビネット)の設置があるため余計時間を取ります。(アパートやマンションが既に「NURO光」に対応していれば光キャビネットの設置は必要ありません)。

工事自体は30分~1時間程度の簡単なものですが、何しろ設置希望者が多いので、時期や場所にとってはすぐに設置してもらうわけにはいかなさそうです。

ただし、NURO光は開通まで最大3ヶ月のホームルター無料貸し出しサービスも提供しています。そのため、工事中だからインターネットが使えない!なんてことは起こり得ないので安心してください。

NURO光のもう一つの弱点が、サービス提供エリアが限られている点です。
NURO光の提供エリアは以下の通りです。

NURO光のサービス提供エリア

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山
福岡・佐賀


エリア内のゲーマーには迷わずおすすめできるのですが、NURO光のサービスを受けられない地域に住んでいる人は後で紹介する「auひかり」をチェックしてみてください。

ちなみに、NURO光は「お客様の声」というページで4,475人のNURO光ユーザーにアンケート調査をして回答を公開しています。
アンケートでは下りの平均速度が301.7Mbpsと記載されていますが、筆者の自宅のNURO光はもっとスピードが出ますし安定もしています。


とはいえ下り300Mbpsでも爆速であることには変わりありません。速度と料金を重視するユーザーにとっては光回線の中で間違いなくNURO光がベストです。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光の通信速度や時間帯別の実測値を知りたい方は上記記事を参考にしてください。

「auひかり」広いエリアで使える高速光回線

auひかり
  • キャッシュバック額が大きく、実質負担が少ない
  • ずっとギガ得プランの利用で、3年間毎月500円引き
  • NURO光より上位の回線プランもある

auひかり」はKDDIが提供する高速ネット回線サービスです。

NURO光のサービス提供エリア外だけど高速で安定した光回線が使いたい、という人にとってのベストチョイスでもあります。

auひかりの「ホーム1ギガ」プランはNURO光ほどのハイスペックではありませんが、新しい業者のため契約者が相対的に少なく、フレッツ光ほど回線が混雑していません。
現状では「ベストエフォート」である下り最大1Gbpsに近い高速回線を提供できています。

ちなみに、通信速度が最大1Gbpsのauひかりホーム1ギガはほぼ全国で利用可能ですが、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア限定で通信速度が最大5Gbpsのホーム5ギガ最大10Gbpsのホーム10ギガが利用できます。

auひかりホーム10ギガ

基本工事費はNURO光と同様に実質無料。それだけでなく、auひかりに乗り換えるにあたって解約する他のネット回線の違約金をKDDIが補填するというサービスもあり、さらにそこに上乗せされるキャッシュバック最大25,000円まであります。
auひかりのキャッシュバック、プロバイダのキャッシュバックと合わせればなんと100,000円以上ものキャッシュバックを受け取ることになります(キャンペーン時期によって金額は異なります)。

auひかりはキャッシュバック額も多く、総契約期間あたりの月額料金は他のネット回線と同等か、それよりも安くなる可能性があります。
回線速度はNURO光に次ぐレベルでありながらNURO光よりもサービス提供エリアが広いため、多くの人におすすめできるネット回線です。

誰にでもおすすめできる超高速回線!

auひかり「ホーム1ギガ」プランは「ほぼ全国」に対応していますが、それでもサービス提供エリア外の地域が存在します。
NURO光やauひかりのサービス外地域に住まれている方は「光コラボ回線の中からできるだけ通信速度の速い回線を選ぶ」ことが重要です。
この下で紹介する「光コラボ回線」から自分に合った回線を探してみてください。

NURO光・auひかりがエリア外のときは「光コラボ」

NURO光とauひかりのサービス提供範囲外の地域に住んでいるFPSプレイヤーには光コラボ回線をおすすめします。

光コラボ回線はNURO光やauひかりと比べて回線速度や安定性は劣りますが、中には比較的安定した光コラボ回線も存在します。

そこで確認として、通信速度測定サイトで「光回線の通信速度ランキング」を見てみましょう。

ランキングを見ればわかる通り、地域密着型の超高速回線を除けばNURO光とauひかりの回線速度は群を抜いています。


ここで注目すべきは「ドコモ光」と、「ソフトバンク光」です。
ソフトバンク光は平均ダウンロード速度が228.99Mbps, ドコモ光は205.54Mbps(執筆当時)と、他の光コラボ回線と比較しても通信速度は上位です。

もちろんNURO光・auひかりには及ばないとはいえ、あなたが世界最高のeスポーツプレイヤーというわけではないなら、十分妥協できる範囲とも言えます。
スマホとセットで安くなるキャンペーンなども豊富なので、光コラボ回線という選択肢も決して悪くはありません。

他社違約金負担があり乗り換えやすい「ソフトバンク光」

ソフトバンク光
  • 他社違約金負担あり
  • マンションタイプなら格安
  • 回線工事費26,400円分割引

ソフトバンク光はYahoo!BBプロバイダの光コラボ回線です。
スペック上は最大1Gbpsと一般的な光回線と同じ条件ですが、みんなのネット回線速度での計測によれば、他社の光コラボ回線と比べて上位の実測値を誇っています。

ソフトバンク光では、この「ソフトバンク光申し込みページ」から申し込むとなんと他社回線の違約金および撤去工事費がほぼ満額還元されます。


キャッシュバックや工事費割引キャンペーンを合わせれば格安でソフトバンク光環境にアクセスできるという点が最大のメリットです。

ソフトバンクのスマホとセットで割安

ドコモスマホユーザーは「ドコモ光」

ドコモ光
  • 「ドコモ光セット割」で月額料金がお得
  • ドコモユーザーなら新規工事費0円
  • 初回訪問サポート無料

OCNforドコモ光はドコモが運営母体となっており、ドコモのスマホとセットで利用すると格安で契約可能です。

ドコモの光回線としてはOCN以外のプロバイダを利用する場合と比較して月額200円ほど割高になりますが、ドコモユーザーがOCNforドコモ光と契約すれば獲得できる20,000円のキャッシュバックを考えれば契約後8年の間はむしろOCNforドコモ光のほうがお得、という計算です。
ちなみに、OCN以外のほとんどのプロバイダではこのレベルのキャッシュバックキャンペーンは行われていません。

既に他社の光コラボ回線を利用中なら工事も不要で、乗り換えに必要な転用承諾番号を取得するだけですぐに乗り換えが可能です。


OCNforドコモ光はドコモのスマホさえ持っていれば無条件でキャッシュバックを受けられるので、実質負担はほぼゼロで今より良いネット回線を手に入れることができます。

ドコモのスマホとセットで割安

『ウマ娘 プリティダービー』ラグ対策まとめ

  • 『ウマ娘 プリティダービー』でラグいと楽しくプレイできない
  • 設定でラグ改善はできるが、通信速度が原因の場合は解決できない
  • 良い回線は全ての問題を解決する

『ウマ娘 プリティダービー』はスマホとPCのどちらでもできるゲームですが、スマホでプレイしている方が大半だと思います。無線接続が基本のスマホではラグが発生しやすくゲームに没頭することは難しいです。

ゲームに没頭することができない状態では、とても快適にゲームをプレイすることはできません。

この記事で紹介したラグ対策をすべて行ってみてもラグが改善されない場合は、ネット回線の通信速度が遅く、ラグが発生している可能性が高いです。

ラグがあると『ウマ娘 プリティダービー』だけでなく、「全てのオンラインゲームを楽しむことができない」ので、今回を機に最高のネット環境を整えましょう。

ネット回線平均通信速度(みんそく)月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)キャッシュバック
NURO 光432.02Mbps5,217円5,217円45,000円+工事費40,000円
auひかり356.69Mbps5,610円4,455円最大144,500円
ドコモ光205.54Mbps5,940円4,620円20,000円+dポイント2,000pt
ソフトバンク光228.99Mbps5,720円4,180円25,000円
2022年執筆当時

高速で安定したインターネットを求めるFPSゲーマーにおすすめするネット回線は「NURO 光」です。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光のサービス提供エリアに住んでいない人、または高額なキャッシュバックが欲しい人におすすめするネット回線は「auひかり」です。

誰にでもおすすめできる超高速回線!

「NURO光」も「auひかり」も、時期によっては工事の申し込みが殺到してネットの開通まで時間がかかることがあります。できるだけ早めに契約しておくことをおすすめします。

ドコモやソフトバンクのスマホと契約している人なら、「OCNforドコモ光」「ソフトバンク光」は金額的にお得かつ本格的なゲームに耐えうるネット回線です。
こちらも時期によって混み合いますので、興味を持ったら出来る限り早く申し込んで開通させておくことをおすすめします。

「NURO光やauひかりと契約範囲外」のソフトバンクユーザーはこちら

「NURO光やauひかりと契約範囲外」のドコモユーザーはこちら

ネット回線についてもっと詳しく知りたい方は「ゲーマーにおすすめの光回線ランキング」も併せてお読みください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる