NURO光に乗り換えるメリット6つ!実際に乗り換えた筆者が徹底解説

妥協できない人のための最強回線!

ソニーが提供する高速の光回線サービス「NURO光」。

最大通信速度は2Gbpsで他の光回線と比べると2倍ほど速いという特徴があります。また、月額基本料金も一律であり、利用年月に合わせて上がることもないため、安心して利用できます。

このように、NURO光は他の光回線サービスにはない特徴を持つため乗り換えを検討している方もいるでしょう。

しかし、乗り換えを検討している方の中には、乗り換えることの具体的なメリットを知りたいという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、NURO光に乗り換えることのメリットを6つ解説します。また、乗り換えの手順や注意点なども解説しますので、NURO光に乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事を読んでわかること
  • NURO光の基本的な情報
  • NURO光に乗り換えることのメリット・デメリット
  • NURO光に乗り換える手順
目次

NURO光の基本情報

NURO光の「NURO光 G2T プラン」の基本的な情報は以下の通りです。

月額利用料5,200円(税込)
初期費用基本工事費:44,000円(税込)
最大通信速度2Gbps
契約期間3年間

妥協できない人のための最強回線!

NURO光と他社を徹底比較

NURO光と他の光回線サービスを比較し、表にまとめました。

運営会社月額利用料初期費用最大通信速度契約期間違約金
NURO光ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社5,200円(税込)基本工事費:44,000円(税込)2Gbps3年間3,850円(税込)
ソフトバンク光ソフトバンク株式会社戸建て:5,720円(税込)〜
集合住宅:4,180円(税込)〜
回線工事費:0円〜26,400円(税込)1Gbps2年間10,450円(税込)
auひかりKDDI株式会社5,610円(税込)〜新規登録料:3,300円(税込)
初期費用(工事費含む):41,250円(税込)
1Gbps3年間16,500円(税込)
ドコモ光株式会社NTTドコモ戸建て:5,720円(税込)〜
集合住宅:4,180円(税込)〜
契約事務手数料:3,300円(税込)
工事費
・戸建て:19,800円(税込)
・集合住宅:16,500円(税込)
1Gbps2年間戸建て:14,300円(税込)
集合住宅:8,800円(税込)

NURO光は、他の光回線サービスと比較して最大通信速度が速いという特徴があります。そのため、オンラインゲームやWeb会議であっても快適に利用可能です。

また、NURO光の月額料金は3年契約の場合5,200円(税込)。利用する期間が長くなるにつれて月額料金が高くなることもないため安心して利用できます。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光に乗り換える時のポイント

光回線を乗り換えるとき、チェックしておくポイントは以下の4つです。

  • 自分の住居は提供エリア内か?
  • 通信速度は今より速くなるか?
  • 月額料金は今より安くなるか?

自分の住居は提供エリア内か?

まず最初に自宅が提供エリア内かどうかを確認しましょう。

ネット回線はどこでも使えるわけではありません。フレッツ光や光コラボの回線は全国どこでも使えますが、他の回線は限定的であることも。

例えば、NURO光は北海道・関東・関西・東海・九州の一部のみですし、▶みんなのネット回線速度で常に上位にいるコミュファ光は東海地域と長野県の一部でしか使えません。

NURO光のサービス提供エリアは下記となります。事前に確認しておきましょう。

NURO光のサービス提供エリア

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山
福岡・佐賀

通信速度は今より速くなるか?

光回線を乗り換える際に大切なことは、現在使用している回線より速くなるかどうかを確認することです。

多くの回線では、最大1Gbpsとなっており大差はありません。

bps:ネット回線の速さを表す単位。1秒間にどのくらいのデータを転送できるか。数字が大きいほど速い(1Gbps=1,000Mbps)

しかし、自宅の環境などによっても変わってくるのでチェックが必要です。

自分の回線や乗り換えたい回線の平均的な速度は▶みんなのネット回線速度(みんそく)からチェックできます。

実際に自分の家の回線速度をチェックしたい場合は▶インターネット回線スピードテストでやってみてください。

月額料金は今より安くなるか?

NURO光への乗り換えを検討する際、今使用している回線より月額料金が安くなるかということも重要です。

月額料金は主に、基本料金・工事費の分割・オプションなどの合計となります。

多くの回線では工事費分割分は割り引かれていることが多いので、基本料金を比較していきましょう。

また、同じ回線でもプロバイダによって月額料金が変わってくるので要注意です。

プロバイダ:ネット回線と端末を仲介する業者。詳しくは▶プロバイダとは?

例えば、auひかりでは8社の中からプロバイダを契約しますが、以下の表に示すように料金が全然違います。

プロバイダ月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)
So-net3,903円1,777円
GMOとくとくBB3,741円2,018円
au one net5,430円3,860円
@nifty5,137円3,443円
@TCOM4,875円3,027円
Asahi Net6,444円4,693円
BIGLOBE3,769円2,193円
DTI4,930円3,110円

回線はauひかりなのに、プロバイダによってこれだけ料金が変わってきます。

一方で、NURO光の月額料金は一律5,200円(税込)であるためわかりやすく、かつ安いという特徴があります。

現在契約している回線と、NURO光の月額料金をしっかりと比較して、安くなるかどうかを確認しましょう。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光に乗り換えることのメリット

NURO光のメリットは以下の6つです。

  • 通信速度が速い
  • 月額料金が安い
  • お申し込み特典が豊富
  • セキュリティソフトが永年無料
  • ONUが無料レンタルできる
  • ソフトバンクスマホは月額料金が安くなる

通信速度が速い

通信速度

NURO光の最大の特徴は高速通信です。

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光は最大1Gbpsですが、NURO光は最大2Gbps!!

平均速度でもその差は明らかです。

回線平均速度
NURO光上り:444.07Mbps
下り:499.16Mbps
ドコモ光上り:209.78Mbps
下り:269.29Mbps
auひかり上り:349.72Mbps
下り:417.5Mbps
ソフトバンク光上り:213.89Mbps
下り:317.25Mbps
各回線の平均速度(みんそく)

このように、他の主要回線は200〜350Mbpsであることに比べて、NURO光は400Mbpsを超えています。

他の主要回線に比べて通信速度が速いため、オンラインゲームやWeb会議など、多くのデータ容量を必要とすることでも快適に行うことができます。

月額料金が安い

高速通信が可能な上に、月額料金が安いのがNURO光の特徴です。

戸建ての場合、他の回線はほとんどが5,000円を超えますがNURO光は5,200円!

マンションでも、マンション自体が契約しているNURO光 for マンションだと月額2,090円~2,750円と激安です。

マンション自体の契約がなく、個人でNURO光を契約する場合は5,200円となってしまいますが、利用期間は一律で利用でき、利用期間が長くなるにつれて上がることもないため安心です。

お申し込み特典が豊富

NURO光には以下のような様々な特典があります。

NURO光のキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック
  • 最大3ヶ月 NURO光 お試し特典
  • 他社サービス解約時の違約金最大60,000円補填

など(詳しくは▶NURO光のキャンペーン)

このように、NURO光には活用することでお得になる特典が豊富にあります。

最大45,000円のキャッシュバックを受け取る場合の条件が「NURO 光 2ギガ(3年契約)に新規入会し、お申し込みから12ヶ月後の月末までにNURO光が開通された方」となっています。そのため、キャッシュバックを受け取るのに追加でオプションに加入する必要もなく、簡単に受け取ることが可能です。

また、453,000円という金額は他の主要な回線と比較しても高額となっています。

回線キャッシュバック金額
NURO光45,000円
ドコモ光20,000円
auひかり52,000円※
ソフトバンク光24,000円
各回線のキャッシュバック


※:株式会社NEXTからauひかりネット+電話を申し込みの場合

キャッシュバックの金額はauひかりが最も高くなっていますが、au光でキャッシュバックを受け取るには電話オプションを追加する必要があります。そのため、月額料金の総額がauひかりの方が高くなる可能性があります。

一方で、NURO光でキャッシュバックを受け取る場合は、面倒な準備や追加オプションの加入は必要ありません。その上、高額に設定されているため、他の光回線よりお得と言えるでしょう。

セキュリティソフトが無料

他の回線でもセキュリティソフトが無料で使えるところはあります。

しかし、大体は【12ヶ月無料】など、期間が限定されていることがほとんど。

光回線無料期間月額料金
NURO光ずっと無料
auひかり最大24ヶ月550円
ドコモ光初回31日385円
ソフトバンク光1ヶ月627円
セキュリティソフトの料金

他の主要回線はある一定の期間を超えると月額料金が発生しますが、NURO光の場合はずっと無料で利用することができます

また、NURO光が使用しているセキュリティソフトはカスペルスキーという世界的に評価の高いものです。

出典:So-net

詳しくは▶NURO光のカスペルスキーからご確認ください。

ONUレンタルが無料

NURO光では、インターネットを使用する際に必須なONUを無料レンタルできます。

ONU:回線終端装置。光回線の信号をデジタル信号に変換し、ネットを見られるようにするもの。詳しくは▶NURO光のONUは交換可能

ONUの役割

しかも、NURO光のONUはルーター機能も兼ね備えているため、1台あればネットを見ることができます。

ルーター:無線でネットを接続する装置。ONUとルーター2台借りなければいけない回線もある。

一般的に、ルーターを購入すると数千円~10,000円ほどかかりますが、NURO光では契約中ずっと無料レンタルすることが可能です。

NUROモバイル・ソフトバンクスマホが安くなる

光回線はスマホとセットで安くなることがありますが、NURO光ではNUROモバイル・ソフトバンクスマホの月額料金が1台につき792円〜1,100円割引されるセット割があります。(▶NURO光とソフトバンクのセット割)

また、対象となる端末は合計で10台まで。ソフトバンクのスマホを家族で契約している方は、非常にお得に利用できます。

一方で、月額割引を適用するにはNURO光でんわ(月額550円)の契約が必要になりますので注意してください。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光に乗り換えたらこんなデメリットも・・・

NURO光に乗り換えるメリットをたくさん紹介してきましたが、乗り換えるにはデメリットもあります。

  • 違約金・工事費残債がかかる
  • 開通まで時間がかかる

違約金・工事費残債がかかる

光回線を解約する場合、違約金や工事費残債がかかることがあります。

違約金と工事費残債

違約金:契約更新月以外に解約する場合にかかる金額。10,000円~20,000円程度。

通常2年か3年の契約で、契約更新月は1-2ヶ月間なので、そのときに解約すれば無料で解約できる。

工事費残債:多くの回線は工事費を何十ヶ月分で分割して月額料金に上乗せし、同額を割り引くことで実質無料としている。払い終わる前に解約すると残った分は全て支払わなければいけない。

例えば、NURO光では40,000円を1,333円×30ヶ月にしているので、24ヶ月で解約したら1,333円×6ヶ月分=8,000円を支払う必要がある。

違約金や工事費残債は多くの光回線で発生しますが、大きなコストになることは間違いありません。

例えば、主要な回線だと以下の解約違約金が発生します。

回線違約金
NURO光戸建て:3,740~3,850円(税込)
マンション:363~528円(税込)
ドコモ光戸建て:14,300円(税込)
マンション:8,800円(税込)
auひかり7,700円〜16,500円(税込)
ソフトバンク光10,450円(税込)
各回線の違約金(戸建・2年契約)

また、工事費に関しては、以下のように分割されています。

回線工事費分割
NURO光(44,000円)初回:1,230円
2回目以降:1,222円×36回
ドコモ光(19,800円)12回:1,650円
24回:825円
36回:550円
48回:412円
60回:330円
auひかり(41,250円)一括払い・23・35・60から選択
ソフトバンク光(26,400円)24・36・48・60回から選択
各回線の工事費

このように、自分が契約している回線の違約金と工事費の残り(工事費残債)を把握しておかなければ、乗り換え時に損する可能性があります。

契約更新月や工事費残債は契約している回線のマイページから見られるので都度確認しましょう。

開通まで時間がかかる

NURO光は屋内工事と屋外工事の2回工事があります。そのため、開通まで時間がかかることがあります。(▶NURO光の工事は遅い?)

NURO光に乗り換える際、利用開始日から逆算して前の回線を解約する前々月か前月に申し込んでおくのが良いでしょう。

しかし、NURO光には、以前使用していた回線を解約してしまってもポケットWi-Fiを格安で借りれるサービスがあるため、インターネットに関しては心配不要です。(▶NURO光のポケットWi-Fi)

なるべく早く工事をしてほしい場合は、5,000円の追加料金で2回の工事を1日で終わらせることもできます。

これだけ読むとかなり時間がかかるように見えるかもしれませんが、筆者の場合は住んでいるマンションが既にNURO光を導入していた(屋外工事が終わっていた)ため、依頼から1週間ほどで工事日程の連絡がきて、その1週間後には30分~1時間ほどの簡単な屋内工事を行い、すぐにNURO光を使えるようになりました

妥協できない人のための最強回線!

NURO光への乗り換え手順

STEP
住居が提供エリア内か確認する

エリア外だと契約できないため、申し込む前に確認しましょう。(エリア確認は▶こちら)

STEP
現在の回線の契約期間や工事費残債を調べる

契約更新月かつ工事費を払い終わっていると違約金や工事費残債なく解約することができます。

STEP
NURO光公式サイトからNURO光を申し込む

工事は2回あるため候補日を考えておきましょう。数ヶ月先でも指定できます。

STEP
現在の回線を解約する

なるべく早めに解約の連絡をしておきましょう。

不安な方は開通してからでも良いですが、料金が日割りされないで1ヶ月分の料金がかかる回線もあるので注意してください。

STEP
工事に立ち会う

工事は2回とも立ち会いが必要です。どちらも1時間程度で終了します。(▶NURO光の工事内容)

STEP
前の回線の機器を返却する

解約時に案内されるので速やかに返却しましょう。遅れると料金が発生してしまうことがあります。

これで乗り換えは完了です。スムーズに解約するためにも、解約する回線の解約方法などは調べておくことをおすすめします。

妥協できない人のための最強回線!

乗り換え時の注意点

最後に、NURO光に乗り換える際の注意点を解説します。

  • 住居は提供エリア内かどうかを確認する
  • マンションの場合は契約状況を確認する
  • 前の回線の違約金は?
  • 空白期間がないか?
  • 前の回線のプロバイダは解約したか?

住んでいる場所は提供エリア内かどうかを確認する

NURO光には以下のように提供エリアが限られています。

NURO光のサービス提供エリア

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山
福岡・佐賀

このように、限られた地域でしか利用できないため、申し込む前に自宅が提供エリア内かどうかを確認するようにしましょう。

また、公式ホームページから自宅の郵便番号を入れるだけでエリア確認できるので、契約を検討するときにはまずエリア確認からしてください。

マンションの場合は契約状況を確認する

マンションやアパートの場合、建物自体がNURO光に契約しているかどうかでプラン内容が変わります。

建物が契約していて、NURO光 for マンションというプランで契約できれば月額料金がかなり安くなります。(2,090円~2,750円)

詳しくは▶NURO光 for マンションは遅い?

しかし、建物が契約していない場合は戸建てと同じ料金で、他の回線と比べて損することもあるため、事前にマンションやアパートの契約状況を確認しましょう。

▶こちらで自分のマンションの契約状況を調べられるのでチェックしてみてください。

現在利用している回線は契約更新月に解約する

現在利用している回線は契約更新月に解約することをおすすめします。契約期間中に解約すると違約金や工事費残債が発生する場合があります。

そのため、まずは解約を検討している回線の契約期間を調べましょう。また、工事費の支払いが残っているかも同時に調べてください。

できるだけお得に契約するためには工事費を払い終わった上で契約更新月に解約すると無料で契約できます。

すぐにNURO光に乗り換えたい場合は、後ほど受け取ることができるキャッシュバックを利用して違約金や工事費残債を補填するようにしましょう。

NURO光と以前の回線で二重契約がないようにする

NURO光に乗り換える際、以前の回線と二重契約がないよう注意する必要があります。

以前利用していた回線を解約し、NURO光を利用できるまで空白期間が発生してしまった場合は、NURO光からポケット型Wi-Fiを格安でレンタルすることができます。(▶NURO光のポケットWi-Fi

そのため、空白期間が空いてもインターネットが利用できないという問題は発生しません。

一方で、以前の回線を解約する前にNURO光を契約した場合、2つの回線の月額料金を支払うことになり、無駄な支払いが発生してしまいます。

このような無駄を避けるためにも、以前利用していた回線を解約したことを確認してから、NURO光を契約するようにしましょう。

前の回線のプロバイダは解約したか?

回線を解約する場合、プロバイダ契約だけは残っている可能性があります。

光回線を契約する場合、回線とプロバイダどちらにも契約している。
auひかりを解約してもSo-netとの契約は残っている可能性がある。

このようにSo-netの契約が残っている場合、So-netはNURO光のプロバイダでもあるため、新規契約のキャンペーンが受け取れないことがあります。(詳しくは▶ネット回線を解約するときの注意点)

NURO光の43,000円キャッシュバックはSo-netが提供しているものであるため、キャッシュバックは受け取れなくなります。

しかし、以前の回線を契約するときにプロバイダも同時に解約しておくことでキャッシュバックは受け取れます。

キャッシュバックを受け取るためにも、以前の回線のプロバイダを解約したかどうかも事前に確認するようにしましょう。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光への乗り換えは公式サイトから

本記事ではNURO光への乗り換えについて、メリットやデメリット、乗り換えの手順、乗り換える際の注意点などを解説しました。

NURO光に乗り換えると通信速度が速くなり、かつ他の光回線に比べて月額料金が安いため、多くのメリットがあるでしょう。

また、最大45,000円のキャッシュバックも受け取れるため、お得に利用することができます。

NURO光への乗り換えを検討している方は、本記事で解説した注意点に気をつけながら、公式サイトから手続きを進めましょう。

妥協できない人のための最強回線!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次