【ドコモ光のプロバイダ】おすすめはOCN!24社のプロバイダから徹底比較!

NTTドコモが運営する「ドコモ光」。

フレッツ光が提供する光回線を利用しているため、全国各地で利用可能です

しかし、ドコモ光には24のプロバイダが存在し、申し込む際は1つのプロバイダを選ばなくてはならないため、迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

結論、ドコモ光は「OCN」から申し込むことがおすすめです。

本記事では、ドコモ光のプロバイダを比較した上で、OCNから申し込むのがおすすめな理由などを解説します。

ドコモ光に申し込むことを検討している方はぜひ参考にしてください。

プロバイダ月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
キャッシュバック訪問サポートリモートサポートルーター貸出セキュリティ初期費用割引
OCN5,940円4,620円20,000円1回無料1回無料あり
(無料)
275円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
BIGLOBE5,720円4,400円なし1回無料永年無料あり550円/月
12ヶ月無料
なし
@nifty5,720円4,400円20,000円1回無料550円/月
初月無料
あり550円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
SYNAPSE5,720円4,400円なし1回無料1回無料なし528円/月
12ヶ月無料
なし
SIS5,720円4,400円なし1回無料1回無料あり永年無料なし
GMOとくとくBB5,720円4,400円20,000円1回無料550円/月あり550円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
plala5,720円4,400円15,000円1回無料550円/月あり470円/月
24ヶ月無料
新規工事費無料
Tigers-net.com5,720円4,400円なし1回無料永年無料あり永年無料新規工事費無料
andline5,720円4,400円なし1回無料550円/月あり550円/月
12ヶ月無料
なし
BB.excite5,720円4,400円なし1回無料550円/月あり550円/月
36ヶ月無料
新規工事費無料
ic-net5,720円4,400円なし2回無料永年無料あり永年無料新規工事費無料
楽天ブロードバンド5,720円4,400円なしなし1回無料なし385円/月
12ヶ月無料
なし
hi-ho5,720円4,400円なし1回無料なしなし4,620円12ヶ月無料なし
エディオンネット5,720円4,400円なし1回無料なしなし627円/月なし
ドコモnet5,720円4,400円なしなしなしなし385円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
DTI5,720円4,400円なしなしなしなしなし新規工事費無料
TiKiTiKi5,720円4,400円なしなしなしなし495円/月なし
TNC5,940円4,620円なしなし550円/月
2ヶ月無料
なし440円/月
3ヶ月無料
なし
@TCOM5,940円4,620円なし550円/月
初月無料
550円/月
初月無料
あり440円/月
3ヶ月無料
なし
ちゃんぷるネット5,720円4,400円なし1回無料なしあり524円/月なし
WAKWAK5,940円4,620円なし11,000円なしなし550円/月なし
AsahiNet5,940円4,620円なしなしなしなし550円/月なし
プロバイダ比較一覧
この記事でわかること
  • ドコモ光のプロバイダの比較
  • 「OCN」から申し込むのがおすすめな理由
  • プロバイダの選び方

ドコモのスマホとセットで割安

目次

ドコモ光のプロバイダを比較

ドコモ光のプロバイダを月額料金やサービス内容などのポイントで比較し、表にまとめました。

プロバイダ月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
キャッシュバック訪問サポートリモートサポートルーター貸出セキュリティ初期費用割引
OCN5,940円4,620円20,000円1回無料1回無料あり
(無料)
275円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
BIGLOBE5,720円4,400円なし1回無料永年無料あり550円/月
12ヶ月無料
なし
@nifty5,720円4,400円20,000円1回無料550円/月
初月無料
あり550円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
SYNAPSE5,720円4,400円なし1回無料1回無料なし528円/月
12ヶ月無料
なし
SIS5,720円4,400円なし1回無料1回無料あり永年無料なし
GMOとくとくBB5,720円4,400円20,000円1回無料550円/月あり550円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
plala5,720円4,400円15,000円1回無料550円/月あり470円/月
24ヶ月無料
新規工事費無料
Tigers-net.com5,720円4,400円なし1回無料永年無料あり永年無料新規工事費無料
andline5,720円4,400円なし1回無料550円/月あり550円/月
12ヶ月無料
なし
BB.excite5,720円4,400円なし1回無料550円/月あり550円/月
36ヶ月無料
新規工事費無料
ic-net5,720円4,400円なし2回無料永年無料あり永年無料新規工事費無料
楽天ブロードバンド5,720円4,400円なしなし1回無料なし385円/月
12ヶ月無料
なし
hi-ho5,720円4,400円なし1回無料なしなし4,620円12ヶ月無料なし
エディオンネット5,720円4,400円なし1回無料なしなし627円/月なし
ドコモnet5,720円4,400円なしなしなしなし385円/月
12ヶ月無料
新規工事費無料
DTI5,720円4,400円なしなしなしなしなし新規工事費無料
TiKiTiKi5,720円4,400円なしなしなしなし495円/月なし
TNC5,940円4,620円なしなし550円/月
2ヶ月無料
なし440円/月
3ヶ月無料
なし
@TCOM5,940円4,620円なし550円/月
初月無料
550円/月
初月無料
あり440円/月
3ヶ月無料
なし
ちゃんぷるネット5,720円4,400円なし1回無料なしあり524円/月なし
WAKWAK5,940円4,620円なし11,000円なしなし550円/月なし
AsahiNet5,940円4,620円なしなしなしなし550円/月なし
プロバイダ比較一覧

数多くのプロバイダの中でも、OCNはキャッシュバックが高額で、新規工事費が無料になります。

また、高性能なルーターを無料でレンタルできるため、自分で機器を用意する必要がありません。

訪問サポートとリモートサポートがそれぞれ1回無料で利用できるため、初期設定に不安のある方でも安心です。

ドコモのスマホとセットで割安

ドコモ光はOCNから申し込むのがおすすめ!

ドコモ光はOCNから申し込むのがおすすめです。

OCNがおすすめな理由は以下の通りです。

・20,000円のキャッシュバックが受け取れる
・工事費が無料
・高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

20,000円のキャッシュバックが受け取れる

OCNからドコモに光を申し込むことで、20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます

キャッシュバックを受け取れる条件は「ドコモ光を新規・転用・事業者変更のいずれかで申し込み、申し込みから3ヶ月以内に開通すること」のみ。

追加でオプションに加入したり、その他サービスに申し込む必要がないため、そのままの月額料金でキャッシュバックを受け取ることができます。

工事費が無料

OCNからドコモ光を申し込むと、工事費が無料になります

通常、ドコモ光の開通工事は以下の料金が発生します。

・戸建:19,800円(税込)
・集合住宅:16,500円(税込)

光回線を乗り換える際、工事費の他に契約事務手数料も発生します。

また、場合によっては他社回線の解約違約金を支払わなければならないという方もいるでしょう。

そのため、光回線を乗り換える際に多額の料金を支払わなければならず、工事費が大きな負担となる方もいるのではないでしょうか?

しかし、OCNからドコモ光を申し込むことで工事費を無料にすることができます。

初期費用をなるべく抑えたいという方は工事費無料キャンペーンを利用するのがおすすめです。

高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

OCNからドコモ光を申し込むと、高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできます

OCNから申し込むとNEC Atermシリーズの「WX1800HP (RS)」(2022年執筆現在)というWi-Fiルーターをレンタルすることが可能です。

「WX1800HP (RS)」はWi-Fi6という最新のWi-Fi規格に対応しており、最速1201Mbpsという高速で利用できます。

また、複数の端末を同時に利用しても通信が安定するため、家族でインターネットを利用する場合でも問題ありません。

このようなスペックのWi-Fiルーターを購入する場合、10,000円以上します。

一方で、OCNでドコモ光に申し込むと無料でレンタルできるため、お得かつ高速通信でインターネットを利用できます。

ドコモのスマホとセットで割安

ドコモ光のプロバイダの選び方

そもそもプロバイダとは、自宅とインターネット回線を繋ぐ業者のこと。

プロバイダ徹底比較

ドコモ光は回線とプロバイダが一体となった、一体型料金となっており料金形態が明確です。

そして、ドコモ光にはプロバイダが24社もあります。

しかし、24社もあるとどのプロバイダを選べばよいか迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、プロバイダを選ぶ際のポイントを紹介します。

プロバイダを選ぶ際は以下のことに着目しましょう。

・キャッシュバックの有無
・サポートの有無
・Wi-Fiルーターのレンタルがあるかどうか
・セキュリティサービスの有無
・工事費が割引されるか

キャッシュバックの有無

プロバイダを選ぶ際、キャッシュバックにも注目しましょう

キャッシュバックが受け取れると数万円お得になります

月々の利用料や初期費用を補填できるため、キャッシュバックがあるプロバイダを選ぶことがおすすめです。

サポートの有無

光回線を利用する際、「うまく接続できない」「インターネットが急に繋がらなくなった」など、疑問や不明点が出てくることはしばしばあります。

このような時に、プロバイダによっては無料でサポートしてくれる場合があります

また、サポートには「訪問サポート」や「リモートサポート」など、住む地域・環境によって対応を変えてもらえることも。

このように、光回線に関する知識や経験が浅い方はサポート体制が整ったプロバイダを選ぶことと良いでしょう。

Wi-Fiルーターのレンタルがあるかどうか

インターネットを繋ぐにはルーターが必要です。

一般的にルーターを購入するとなると10,000円ほどかかり、大きなコストとなることも。

しかし、プロバイダによっては、ルーターを無料レンタルしてくれるところがあります

そして、機能性も高いことがほとんどであるため、市販のルーターを購入するよりお得にインターネットを利用できるようになります。

セキュリティサービスの有無

インターネットを使っているとサイバー攻撃の被害に遭い、知らない間に自分のパソコンに入り込んでデータの流出やファイルの破損が起こることも。

そんな脅威から守ってくれるのがセキュリティソフトです。

ドコモ光のプロバイダでは、セキュリティソフトを無料で使える会社もあります

重要な情報を扱っている、テレワークで会社の情報が入ったデバイスを使用している方などは、セキュリティサービスを無料で使えるプロバイダを選ぶことがおすすめです。

初期費用が割引されるか

ドコモ光を利用するには以下の初期費用を支払う必要があります。

・契約事務手数料:3,300円(税込)
・工事費:戸建19,800円(税込)、マンション16,500円(税込)

一方で、プロバイダによっては初期費用の割引が適用する場合があります

初期費用は20,000円ほどかかるため、大きなコストとなります。

そのため、初期費用を安く抑えたいという方は、初期費用の割引キャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶことがおすすめです。

ドコモのスマホとセットで割安

ドコモ光プロバイダの申し込み方法

STEP
プロバイダを選ぶ

まずはじめに、申し込むプロバイダを選びます。

公式サイトや本記事を参考に自分に合ったプロバイダを選びましょう。

おすすめは「OCN」です

STEP
プラン・オプションを選択する

ドコモ光には戸建てプランと集合住宅プランがあります。

また、プロバイダによってはセキュリティサービスやWi-Fiルーターレンタルなどのオプションを選択することも可能です。

自分が住む環境やオプションが必要かどうかを確認した上で検討しましょう。

STEP
工事の立ち合い

申し込みが完了したら、光回線の開通工事の立ち合いをします。

ドコモ光の開通工事は立ち合いが必要です。

工事の日程調整をする際、自分が立ち会える日程を選びましょう。

STEP
キャッシュバックの申し込みをする

ドコモ光が開通したらキャッシュバックの申し込みをすることも忘れてはいけません。

プロバイダによってキャッシュバックの有無が異なりますが、キャッシュバックがあるプロバイダに申し込んだ場合は忘れずに行いましょう。

ドコモのスマホとセットで割安

ドコモ光はOCNから申し込むのがおすすめ!

本記事では、ドコモ光のプロバイダを表で比較しました。

結論、ドコモ光はOCNから申し込むのがおすすめです。

OCNがおすすめな理由は以下の通りです。

・20,000円のキャッシュバックが受け取れる
・工事費が無料
・高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

下のボタンからアクセスするとOCNでドコモ光を申し込むことができます。

ドコモ光に申し込むことを検討している方は、OCNでよりお得にインターネットを利用しましょう。

ドコモ光の評判について詳しく知りたい方は、「ドコモ光の評判は最悪!?アンケート結果とおすすめプロバイダを紹介!」もあわせてお読みください。

ドコモのスマホとセットで割安

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる