FPS・オンラインゲームにおける「Ping値」と「回線速度」の重要性について ゲーム別目安と測定方法を紹介

FPS・オンラインゲームにおける「Ping値」と「回線速度」の重要性

Pingと速度を改善できる回線はこちら

オンラインゲームをしたりファイルをダウンロードする時、「ネットの速度が遅い!」と感じることがあります。
これは「回線速度が遅い」のが問題だと思うかもしれませんが、実際はネットワークの応答速度を表す「Ping値」も重要です。

特にFPSやオンラインゲームでは「回線速度」より「Ping値」の方が大事だったりするので、両方とも確認しておく必要があります。

この記事では「回線速度」と「Ping」についてわかりやすく解説します。

・解説より先に改善方法を知りたい方は → 「回線速度とPing値の改善方法

目次

Pingと回線速度(通信速度)の違い

Pingと回線速度(通信速度)の違い

Ping値は「ネットワークの応答速度」であるのに対して、回線速度は「1秒間に送ることができるデータ量」を表します。

Ping値と回線速度はゲームにおいて非常に重要です。

Pingとは何か

Pingとは、「コンピュータネットワークを介して相手の元に到達できるかどうかを確かめるツール」です。
オンラインゲームの場合はあるサーバーから自分のパソコンまでがネットワークで繋がっているかを確かめるのが「Ping」で、その応答時間が「Ping値」です。
分かりやすく例えると、サーバーと通信機器パソコンで情報というボールをキャッチボールしてその時間を測っているようなものです。

なので、Ping値の数値が低いほど通信が安定しているということです。

Ping値の単位はms(ミリ秒)で、1msは1000分の1秒です。

オンラインのFPSは自分のPCとゲームサーバーが同期していなければまともにプレイできないため、このPing値は超重要です。
回線速度がいくら速くても(大量のデータを送受信できても)、Ping値が高すぎると(ネットワークの応答が遅すぎると)パケットロスが生じ、ゲーム中にラグが発生します。

回線速度(通信速度)とは何か

Ping値が応答速度であるのに対して、回線速度はデータを送受信する際に1秒間で送受信できるデータ量を意味し、通信速度やネットワーク速度とも言われます。
使われている単位は「Gbps」「Mbps」「Kbps」などです。
この中では「Gbps」が1番単位が大きく、換算すると1Gbpsは1000Mbpsで、1Mbpsは1000Kbpsです。
1秒間に送ることができるデータ量が多いほど回線速度が速く、少ないほど遅くなります。

また、回線速度にはアップロード速度とダウンロード速度の2種類があります。

アップロード速度は「上り速度」ともいい、データを送信する速度のことです。
アップロード速度が遅すぎるとネット上にゲーム動画を投稿したりゲーム配信したりするのに時間がかかるようになります。

ダウンロード速度は「下り速度」ともいい、データを受信する時の速度のことです。
ダウンロード速度が遅すぎるとサーバーから受信するデータを処理しきれず、ラグが発生します。

ゲームにおいては「アップロード速度」より「ダウンロード速度」の方がはるかに重要なので、この記事では今後「回線速度」と書くときは「ダウンロード速度」を意味します。

Pingと速度を改善できる回線はこちら

Pingと回線速度の目安と測定方法

自宅のネット回線の「Ping値」と「回線速度」の測定方法を説明します。

やり方はいくつかありますが、今回はブラウザで簡単にPing値と回線速度の測定ができる「Speedtest.net」を使用します。

まず、「Speedtest.net」のページを開いたら「GO」をクリックします。

スピードテスト

30~40秒で計測が終わると、左からPing値、ダウンロード(下り)、アップロード(上り)の順に結果が表示されます。

スピードテスト 結果

これが筆者が実際に計測した結果です。

Ping値は3ms、ダウンロード(下り)が456.56Mbps、アップロード(上り)が471.81Mbpsだということが分かりました。
これならPing値も回線速度も非常に高速で、申し分ありません。

ゲーム別回線速度の目安

ゲームをする時は、ツイッターやYoutubeを見る時よりも高速なネット回線が必要です。
特にFPSなどの激しく動き回る対戦ゲームで回線が遅いと、ラグって敵に撃ち負けることが多くなってしまいます

人気タイトルを例に「どれくらいの回線速度があれば快適にプレイできるか」の目安を紹介します。

ゲーム名通信速度の目安(推奨)
『GTAオンライン』30Mbps以上
『ストリートファイターV』50Mbps以上
『League of Legends』50Mbps以上
『Dead by Daylight』50Mbps以上
『フォートナイト』70Mbps以上
『Apex Legends』70Mbps以上

『GTAオンライン』を開発するロックスター・ゲームスによれば、『GTAオンライン』をプレイするための最小ダウンロード速度は7.5 Mbpsです。
7.5 Mbpsでオンラインゲームに参加するというのは快適とは程遠い経験になりそうですが、それでも一応プレイはできるということです。

こちらはYoutube動画を見る時に推奨される回線速度を解像度別に一覧にしたものです。

動画の解像度推奨される回線速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

ゲーム別Ping値の目安

ゲームをするときにはPing値も回線速度と同じかそれ以上に重要です。

Ping値速さ快適にプレイできるゲーム
0~10msとても速い『Apex Legends』『フォートナイト』『PUBG』『VALORANT』『ストリートファイターV』
10~40ms速い『スマブラ』『LoL』『DbD』
40~60ms普通『Shadowverse』『雀魂』『ハースストーン』『MTGアリーナ』

カードゲームなどのラグを気にしなくてもいいゲームならPingは重要ではありませんが、FPSやTPSの場合は0~10msは欲しいところです。
FPSやTPSで応答速度が遅いと、回線速度が遅いとき以上に撃ち負けることが多くなってしまいます。

その他の対戦ゲームの場合もやはり応答速度は重要になります。
どんなゲームでも、Ping値が低いに越したことはありません。

ちなみに、ゲーム別の「Ping値」は「Speedtest.net」ではなくゲーム個別に測ることをおすすめします。
というのも、「Speedtest.net」の日本にあるサーバーとの応答速度が速くても、遊んでいるゲームのサーバーとの応答速度が速いとは限らないからです。

例えば『Apex Legends』のPing値はサーバー別に表示できます。

apex データセンター
apex データセンター ロンドン

この画像の場合、東京サーバーのPing値は5なのでかなり快適にプレイできます。Ping値42の台湾サーバーでは時折不快な操作ラグを感じます。
普段は知覚していない0.04秒(42ms)のラグも操作中の違和感という形で気付いてしまいます。
シンガポールやオレゴンサーバーでは「敵に弾を当てたつもりが当たっていない」現象が起こります。
さらにPing値の高いロンドンサーバーでプレイすると、プレイ中突然動けなくなったり、巻き戻されたり、自分も敵もワープしまくってどこに誰がいるのかわからなくなったりします。

ゲーム中にPingを見ることができるオンラインゲームは多いので、ぜひ確認しておきましょう。

回線速度とPing値が悪いとこうなる

Ping値と回線速度のどちらかでも異常があると、下記のような症状が出ます。

・遮蔽物に隠れたのにラグで動作が遅れて被弾する
・スキルを使おうとしてもゲームに反映されない
・キャラクターの足が遅くなって走れない
・敵が瞬間移動する
・試合から追い出される
・同じ動作を延々繰り返し、自分では直せない

『Apex Legends』では敵に弾が当たっているのにダメージが入らなくなり、『Dead by Daylight』ではキラーの攻撃範囲が異常に広くなり、『ストリートファイターV』ではコンボがつながらなくなります。どんなゲームでも「気付かないうちに死んでいた」はラグあるあるです。

中にはラグ環境下での戦い方を極めた悪質なラグプレイヤーもいます。
格ゲーではラグいとコンボを入力するタイミングがズレますが、常にラグ環境でプレイしているプレイヤーはそれに対応してズレたタイミングでコンボを決めてきます。また、ラグ環境では素早い反応ができないことを利用して「突進技」を多用します。
それで勝っても上手くはならないし楽しくもないはずですが、ラグは自分だけでなく他人にもストレスをかける存在だということです。

Pingと速度を改善できる回線はこちら

回線速度とPing値の改善方法

ゲーム中の回線速度とPing値の改善方法を解説していきます。

ゲームをしながらダウンロードしない

ゲーム

ゲーム中に他のことで回線に負荷をかけると、ゲームがラグくなってしまうのでやめましょう。

SteamやOriginでゲームのアップデートが準備中になっている場合は必ず「ゲームをする前にアップデートをする」か、「ゲームをプレイした後にアップデート」しましょう

また、ゲーム中にtorrent大容量ファイルや新しいゲームをダウンロードするのも厳禁です。

LANケーブルを変える

lanケーブル

無線LANより有線LAN接続にした方が良いというのは言うまでもありませんが、LANケーブルにはグレードがあり、グレードに応じて最大通信速度が変わります。

ケーブルにこだわるならCAT6A準拠のケーブルがおすすめです。

50メートルのLANケーブルもあるので、ルーターと端末に距離があっても心配無用です。
値段も3メートルで370円とお手頃なので、無線でなければならない事情がないなら必ず有線でプレイしましょう。

エレコム
¥772 (2022/06/28 22:57時点 | Amazon調べ)

ルーターを変える

ルーター

ルーターを変えると回線速度が上がることがあります。

既に高いハイエンドのルーターを使っている人には関係ありませんが、IEEE802.11acという規格に非対応な場合は古いルーターの可能性が高いので、新しくルーターを買うと改善されることがあります。 購入する場合は、必ず11acと記載されているルーターを購入してください。

IEEE802.11acに対応しているか分からない場合はお使いのルーターの型番をネットで調べてスペックを見るか、ルーターの説明書を見れば確認できます。

帯域幅の限られたルーターでは十分にスピードが出ないので注意しましょう。

バッファロー
¥4,000 (2022/06/28 22:57時点 | Amazon調べ)

ネット回線を変える

LANケーブルは数百円で買えるので試す価値はありますが、ルーターは安くても数千円、ハイエンドのゲーミングルーターは数万円するので購入して改善されなかったら相当な痛手になります。
そもそも、根本的にネット回線が遅ければほかでどんなに頑張ってもダウンロード速度は上がりません。

高速回線を手に入れる1番の近道はネット回線を変えることです。

FPSやゲームに向いたネット回線についてより詳しい解説」は上記の記事で解説しています。

最終的にはネット回線を変えるのが一番

ネット回線を変えることが高速回線を手に入れる1番の近道ですが、今使っている回線と似たような回線に変えたところで通信速度が改善される保証はありません。

そこで、ダウンロード速度を上げられる可能性の高い回線を紹介します。

ネット回線平均通信速度(みんそく)月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)キャッシュバック
NURO 光432.02Mbps5,217円5,217円45,000円+工事費40,000円
auひかり356.69Mbps5,610円4,455円最大144,500円
ドコモ光205.54Mbps5,940円4,620円20,000円+dポイント2,000pt
ソフトバンク光228.99Mbps5,720円4,180円25,000円
2022年執筆当時

「NURO光」 プロゲーマー御用達の高速回線

  • 圧倒的な通信速度(下り最速2Gbps)
  • 最も安い光回線の一つ
  • プロバイダがSo-netのみで契約が簡単

通信速度は圧倒的で月額料金も安いのが「NURO 光」です。

FPSや格ゲーをプレイしているラグを避けたい競技志向なゲーマーはもちろん、SteamやPS Storeで大容量ゲームをダウンロードするコアゲーマーも含めて、とにかくネット回線に煩わされたくないすべての人にとっての最高の選択肢が「NURO光」になります。

契約プランがごちゃごちゃせず、選びやすいのもメリットの一つです。
プロバイダはSo-netのみなので契約が簡単で、ネット回線特有のややこしい設定もなく、開通すればすぐにでもインターネットが使えるようになります。

「ネット回線で妥協したくない」ならNURO光一択、逆に回線のことは詳しいことがわからないけど速いものが良いという人もNURO光一択です。

デメリットは開通までの期間が長いこと
ネット回線が開通まで時間かかかるのはNURO光に限った話ではありませんが、1ヶ月以上待たされることもしばしばです。
これは、通常の光回線とは別に、特殊器具(光キャビネット)の設置などで複数回の工事が必要になるためです(アパートやマンションが既に「NURO光」に対応していれば光キャビネットの設置は必要ありません)。

工事自体は30分~1時間程度の簡単なものですが、何しろ設置希望者が多いので、時期によっては工事日まで待ち時間が長いというのが問題です。
ただし、待たされるだけのことはある圧倒的回線スピードを体感できるのは、NURO光の他にありません。

NURO光のもう一つの弱点が、サービス提供エリアが限られている点です。
NURO光の提供エリアは以下の通りです。

NURO光のサービス提供エリア

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
愛知・静岡・岐阜・三重
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
広島・岡山
福岡・佐賀

提供エリアは年々拡大しているとはいえ、残念ながら一般的な光コラボ回線と比べたらまだまだ範囲が狭いというのが現状です。
エリア内のゲーマーには迷わずおすすめできるのですが、NURO光のサービスを受けられない地域に住んでいる人は後で紹介する「auひかり」をチェックしてみてください。

ちなみに、NURO光は「お客様の声」というページで4,475人のNURO光ユーザーにアンケート調査をして回答を公開しています。
アンケートでは下りの平均速度が301.7Mbpsと記載されていますが、筆者の自宅のNURO光はもっとスピードが出ますし安定もしています。
とはいえ下り300Mbpsでも爆速であることには変わりありません。速度と料金を重視するユーザーにとっては光回線の中で間違いなくNURO光がベストです。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光の通信速度や時間帯別の実測値については上記記事で詳しく検証しています。

「auひかり」 幅広いエリアに対応した定番高速回線

  • キャッシュバック額が大きく、実質負担が少ない
  • ずっとギガ得プランの利用で、3年間毎月500円引き
  • NURO光より上位の回線プランもある

auひかり」はKDDIが提供する高速ネット回線サービスです。

NURO光のサービス提供エリア外だけど高速で安定した光回線が使いたい、という人にとってのベストチョイスでもあります。

auひかりの「ホーム1ギガ」プランはNURO光ほどのハイスペックではありませんが、新しい業者のため契約者が相対的に少なく、フレッツ光ほど回線が混雑していません。
現状では「ベストエフォート」である下り最大1Gbpsに近い高速回線を提供できています。

ちなみに、通信速度が最大1Gbpsのauひかりホーム1ギガはほぼ全国で利用可能ですが、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア限定で通信速度が最大5Gbpsのホーム5ギガ最大10Gbpsのホーム10ギガが利用できます。

基本工事費はNURO光と同様に実質無料。それだけでなく、auひかりに乗り換えるにあたって解約する他のネット回線の違約金をKDDIが補填するというサービスもあり、さらにそこに上乗せされるキャッシュバック最大25,000円まであります。
auひかりのキャッシュバック、プロバイダのキャッシュバックと合わせればなんと100,000円以上ものキャッシュバックを受け取ることになります(キャンペーン時期によって金額は異なります)。

auひかりはキャッシュバック額も多く、総契約期間あたりの月額料金は他のネット回線と同等か、それよりも安くなる可能性があります。
回線速度はNURO光に次ぐレベルでありながらNURO光よりもサービス提供エリアが広いため、多くの人におすすめできるネット回線です。

誰にでもおすすめできる超高速回線!

auひかり「ホーム1ギガ」プランは「ほぼ全国」に対応していますが、それでもサービス提供エリア外の地域が存在します。
NURO光やauひかりのサービス外地域に住まれている方は「光コラボ回線の中からできるだけ通信速度の速い回線を選ぶ」ことが重要です。
この下で紹介する「光コラボ回線」から自分に合った回線を探してみてください。

NURO光もauひかりも対象エリア外なら「光コラボ回線」

NURO光とauひかりのサービス提供範囲外の地域に住んでいるFPSプレイヤーには光コラボ回線をおすすめします。

光コラボ回線はNURO光やauひかりと比べて回線速度や安定性は劣りますが、中には比較的安定した光コラボ回線も存在します。

そこで確認として、通信速度測定サイトで「光回線の通信速度ランキング」を見てみましょう。

ランキングを見ればわかる通り、地域密着型の超高速回線を除けばNURO光とauひかりの回線速度は群を抜いています。
ここで注目すべきは「ドコモ光」と、「ソフトバンク光」です。
ソフトバンク光は平均ダウンロード速度が228.99Mbps, ドコモ光は205.54Mbps(執筆当時)と、他の光コラボ回線と比較しても通信速度は上位です。

もちろんNURO光・auひかりには及ばないとはいえ、もしあなたがプロゲーマーや配信者を目指しているわけではないなら妥協できる範囲とも言えます。
スマホとセットで安くなるキャンペーンなども豊富なので、光コラボ回線という選択肢も決して悪くはありません。

格安かつ安定した光コラボ回線「ソフトバンク光」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt-1024x536.jpg
  • 5の付く日、日曜日申し込みで25,000円分キャッシュバック
  • マンションタイプなら格安
  • 回線工事費26,400円分割引

ソフトバンク光はYahoo!BBプロバイダの光コラボ回線です。
スペック上は最大1Gbpsと一般的な光回線と同じ条件ですが、みんなのネット回線速度での計測によれば、他社の光コラボ回線と比べて上位の実測値を誇っています。

ソフトバンク光では、この「ソフトバンク光申し込みページ」から申し込むとなんと他社回線の違約金および撤去工事費がほぼ満額還元されます。
キャッシュバックや工事費割引キャンペーンを合わせれば格安でソフトバンク光環境にアクセスできるという点が最大のメリットです。

ソフトバンクのスマホとセットで割安

ドコモのスマホを持っているなら「OCN forドコモ光」

  • 「ドコモ光セット割」で月額料金がお得
  • ドコモユーザーなら新規工事費0円
  • 初回訪問サポート無料

OCNforドコモ光はドコモが運営母体となっており、ドコモのスマホとセットで利用すると格安で契約可能です。

ドコモの光回線としてはOCN以外のプロバイダを利用する場合と比較して月額200円ほど割高になりますが、ドコモユーザーがOCNforドコモ光と契約すれば獲得できる20,000円のキャッシュバックを考えれば契約後8年の間はむしろOCNforドコモ光のほうがお得、という計算です。
ちなみに、OCN以外のほとんどのプロバイダではこのレベルのキャッシュバックキャンペーンは行われていません。

既に他社の光コラボ回線を利用中なら工事も不要で、乗り換えに必要な転用承諾番号を取得するだけですぐに乗り換えが可能です。
OCNforドコモ光はドコモのスマホさえ持っていれば無条件でキャッシュバックを受けられるので、実質負担はほぼゼロで今より良いネット回線を手に入れることができます。

ドコモのスマホとセットで割安

回線速度・Ping値を改善するネット回線まとめ

  • 回線速度とPingは両方重要
  • どちらもネット回線の性能に左右される
  • 回線速度やPing値に不満があるならネット回線を変えるのがベスト
ネット回線平均通信速度(みんそく)月額料金(戸建て)月額料金(集合住宅)キャッシュバック
NURO 光432.02Mbps5,217円5,217円45,000円+工事費40,000円
auひかり356.69Mbps5,610円4,455円最大144,500円
ドコモ光205.54Mbps5,940円4,620円20,000円+dポイント2,000pt
ソフトバンク光228.99Mbps5,720円4,180円25,000円
2022年執筆当時

高速で安定したインターネットを求めるFPSゲーマーにおすすめするネット回線は「NURO 光」です。

妥協できない人のための最強回線!

NURO光のサービス提供エリアに住んでいない人、または高額なキャッシュバックが欲しい人におすすめするネット回線は「auひかり」です。

誰にでもおすすめできる超高速回線!

「NURO光」も「auひかり」も、時期によっては工事の申し込みが殺到してネットの開通まで時間がかかることがあります。できるだけ早めに契約しておくことをおすすめします。

ドコモやソフトバンクのスマホと契約している人なら、「OCNforドコモ光」「ソフトバンク光」は金額的にお得かつ本格的なゲームに耐えうるネット回線です。
こちらも時期によって混み合いますので、興味を持ったら出来る限り早く申し込んで開通させておくことをおすすめします。

「NURO光やauひかりと契約範囲外」のソフトバンクユーザーはこちら

「NURO光やauひかりと契約範囲外」のドコモユーザーはこちら

FPS・オンラインゲームにおける「Ping値」と「回線速度」の重要性

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる