Ping値測定→改善の目安は?オンラインゲームで有利になる方法を徹底解説

【Ping値の改善設定】オンラインゲームで有利になる方法を徹底解説
オンラインゲームで有利になる方法

ネット、特にオンラインゲームが「遅い」と感じたら、Ping値をチェックしましょう。

オンラインゲーム中にラグがあると嫌ですよね? FPSや格闘系のゲームでは、このPing値が勝敗を分けることもあるんです。

Ping値が小さいほどラグは少なくなります。

筆者は色々と改善方法を試して、今のPing値は↓になりました。

Ping値
個人的には大満足の数値です

そんな筆者が、あなたのPing値を改善する方法を徹底的に解説していきます。

この記事を読んで対策すれば、ゲームでラグに悩まされることはなくなりますよ!

「Ping値とか以前に、そもそも回線速度がオンラインゲームプレイの基準に達しているかどうかがわからない」という人は、▶オンラインゲームに必要な回線速度という記事で基準が示されているので参考にしてください。

目次

Ping値とはなにか?

Ping値(読み方:ピン値/ピング値)は、パケット=データを送受信する「応答速度」のことです。要するに、 ネット通信にかかる時間を表しています。

ネット回線の速度だと、「◯◯Gbps!」とかは聞いたことあるかもしれません。自宅で通信速度を測定しても大きく表示されるのは◯◯Mbpsの方ですよね。

Ping値は右上に書いてある

1Gbps=1000Mbps

Ping値とbpsには、以下のような違いがあります。

  • Ping値:通信にかかる時間。低い方が良い。
  • bps:1秒間に送信できるデータ量。高い方が良い。

どちらもネットを利用する際には重要な数値です。

どちらかが悪ければ動画再生が遅くなったり、オンラインゲームでカクカクします。

ちなみにPing値は「ms(ミリセカンド)」で表され、1ms=0.001秒です。

では、Ping値は具体的にどのようなときに重要なのでしょうか?

オンラインゲームで差がつく

Ping値が影響する代表的なものはオンラインゲームです。

Ping値が高いとオンラインゲームでは大幅に不利になることでしょう。

特に、FPSや格闘ゲームなどの早い動きが求められるゲームでPing値は重要視されています。

Ping値が影響する例(格闘ゲームの場合)
  • パンチボタンを押す
  • 「パンチ」コマンドがゲームサーバーに送信される
  • ゲームサーバーがコマンドに反応する
  • 画面上で「パンチが出る」

このように、こちらの入力に対しゲーム側が反応するまでの時間を表すので、Ping値が悪いと入力と画面上の動きのひとつひとつにズレが生じます。

これが俗に言う「ラグ」というやつですね。

つまり、 Ping値が高い=ラグが起きやすいということになります。

育成ゲームやボードゲームなど、瞬発的な動きが求められないゲームならPing値はそれほど気にしなくても大丈夫です。

しかし、フォートナイトやApex、格闘系ゲームなどはボタン操作に対してソフト側が即座に応答してくれないとゲームにならないので、当然Ping値は気にしましょう!

Ping値の測定方法

Ping値はどうやって測定するのでしょうか?

ネット回線であれば、Internet Speed Testで測定することができます。

「測定開始」を押せば簡単にできるので試してみてください。

結果は以下のように表示されます。

Ping値は右上

【用途別】快適なPing値の目安

Ping値を測定したら、下記の表を目安に自分のPing値がどのくらいの数字なのか確認してみてください。

用途Ping値
オンラインゲーム15ms以下
動画視聴・音楽再生30ms以下
SNS50ms以下
必要とされるPing値
Ping値速さ快適にプレイできるゲーム
0~10msとても速い『Apex Legends』『フォートナイト』『PUBG』『VALORANT』『ストリートファイターV』
10~40ms速い『スマブラ』『LoL』『DbD』
40~60ms普通『Shadowverse』『雀魂』『ハースストーン』『MTGアリーナ』
具体的なゲーム別必要Ping値

より詳しい目安は▶FPS・オンラインゲームにおける「Ping値」と「回線速度」の重要性についてを参考にしてください。

【簡単に試せる】Ping値の改善方法

【簡単に試せる】Ping値の改善方法

具体的にPing値を改善する方法を説明していきます。

できるだけ簡単な方法で改善したら嬉しいですよね?

まずは下記の簡単な方法から試してみてください。

  • 電子レンジは止まってるか?
  • 他のアプリやタブは閉じる
  • ダウンロードを止める
  • 接続台数を減らす
  • 混雑する時間帯を避ける
  • ルーターの近くで接続する

電子レンジが動いていないか?

電子レンジの電磁波は2.4GHzであり、これは無線LANと同じです。

なので、電子レンジを使用するとwifiにとってはノイズとなってしまうため、通信に支障をきたすんです。

ですがそもそも、 Ping値を気にするならば2.4GHzへの接続はやめましょう。

のちほど詳しく説明しますが、2.4GHzは広範囲でネットに接続できる分、速度は落ちます。

他のアプリやブラウザは閉じる

他のアプリやブラウザは閉じる

スマホやパソコンでオンラインゲームをしている場合、他のアプリなどは終了しておきましょう。

終了しておかないと、裏では動き続けていて、それが回線に負担をかけることがあります。

ブラウザのタブをたくさん開きっぱなしにしている場合も同様です。

ダウンロードを止める

アプリを自動更新していたり、動画をダウンロードしていたりすると回線に負担がかかるので動作は遅くなります。

Ping値を必要とするような時は、ダウンロード中なものがないか確認しておきましょう。

アプリの自動更新設定をオフにする方法は下記の図を参考にしてください。

iPhoneの自動更新off
iPhoneの自動更新off
Androidの自動更新off
Androidの自動更新off

接続台数を減らす

オンラインゲームをするときはその端末だけを接続するようにしましょう。

あなたの家では何台の端末がwifiに接続されていますか?

  • スマホ
  • パソコン
  • 家電
  • 家族のスマホ など

同時接続台数が多いほど、回線に掛かる負担は大きいので、できるのであれば他の接続を一時的に切っておくと安定した通信が可能になります。

混雑する時間帯を避ける

平日の夜や土日祝日は回線が混み合います。

簡単にできるのは混雑する時間帯を避けること。平日の昼間や休日でも朝などに接続するようにしましょう。

どうしても平日夜や土日祝日に接続したい場合は回線を乗り換える必要があります。

混雑を避けたいときはNURO光かauひかりにするのがオススメ。

この 2つの回線は独自回線を利用しているため混雑しにくいんです。

詳しくは▶ゲーマーにおすすめの光回線をご覧ください。

ルーターの近くで接続する

ルーターが置いてある部屋で接続すると安定した通信が得られやすいです。

ルーター:インターネットを無線で複数接続するときに必要な機器

ルーターの役割
ルーターの役割

ルーターから端末の距離が遠くなるほど通信は不安定になるので、ルーターの近くで接続してみてください。

【ちょっと頑張る】Ping値の大幅改善方法

【ちょっと頑張る】Ping値の大幅改善方法

簡単にできる方法で改善しない場合は、以下の方法を試してみると改善するかもしれません。

  • 周波数帯を変える
  • 有線接続する
  • 回線を乗り換える

周波数帯を変える

wifiでネットに接続するとき、5GHzと2.4GHzという周波数帯があります。

オンラインゲームをするのであれば、必ず5GHzに接続しましょう。

周波数帯とは電波の周波数の範囲を示したものであり、5GHzは高速だが範囲が狭い、2.4GHzは低速だが範囲が広いという特徴があります。

ONUやモデムと言われる、ネットに接続するため機器を見てみると、SSIDというネットに接続するためのネットワーク名が書いてあると思います。

onu

ONU:光回線を電気信号に変換するための装置。これがないとネットには接続できない。

基本的には、◯◯-Aと書いてあれば5GHz帯です。◯◯-Gの場合は2.4GHzなので注意して下さい。

メーカーによって記載が異なる場合があるので、説明書を読んで、2.4GHzと5GHzの表示を見つけてくださいね。

SSIDには-Aと-Gがある
SSIDには-Aと-Gがある

有線接続する

有線接続すると、Ping値は改善しやすくなります。

なぜなら、 無線だと壁や障害物があるだけで不安定になりやすいから。その点、有線はネット回線とダイレクトに繋がるので安定するんですよね。

また、有線にするときは、LANケーブルというものを用意する必要があります。

LANケーブルはCAT6以上がオススメです。

LANケーブルには、「CAT〇〇(数字)」と書いてある部分があります。これはケーブルの規格で数字が大きいほど高速通信に対応できるということ。

 LANケーブルはCAT6以上がオススメです。
CAT6以上のものを用意する

CAT5までは、最大速度が100Mbps、CAT5e~は最大速度が1Gbpsと10倍も差がつきます!

型番最大速度
CAT5100Mbps
CAT5e~1Gbps

オンラインゲームをやるのであれば最低でも5e以上は用意するようにしましょう。

エレコム
¥747 (2022/05/15 20:04時点 | Amazon調べ)

いくら回線が速くても、LANケーブルの規格が古いと遅くなってしまうので気をつけてください!

高速通信可能な回線に乗り換える

今使っている回線がどうしても速度が遅いのであれば、回線の乗り換えを検討してください。

オススメ回線は独自回線を利用していて、混雑しにくいNURO光かauひかりです。

回線 混雑

特に、電話回線(ADSL)やケーブルテレビ(CATV)であれば回線を乗り換えるのが一番の近道です。

なぜなら、ADSLは光回線の1/20、CATVは光回線の1/3~1/10程度の速度しかないから。

各回線の最大速度
  • 光回線:1~2Gbps
  • ADSL:50Mbps
  • CATV:160~320Mbps

※1Gbps=1000Mbps

もし、あなたの使っている回線が光回線だとしても、Internet Speed Testで上りと下りが30Mbps以下、Ping値が30ms以上であれば乗り換えを検討しても良いかもしれません。

オススメ①NURO光

妥協できない人のための最強回線!

NURO光は最大2Gbpsの高速通信が売りの回線です。

我が家もNURO光ですが、めちゃめちゃ速いです。

我が家の回線速度

みんなのネット回線速度でも光回線ランキングで常に最上位です。

他にも、

  • オプション加入なしで45,000円キャッシュバック
  • 月額料金が安い(5,217円)
  • eスポーツプレイヤーにも使われる信頼の厚い回線

などのメリットがあり、速い回線を求める人にはピッタリの回線です。

詳しくは▶NURO光の評判をご覧ください。

妥協できない人のための最強回線!

オススメ②auひかり

誰にでもおすすめできる超高速回線!

auひかりも独自回線を使用しているため、混雑することがあまりなく安定した通信が可能です。

auひかりのポイントは、 auスマホユーザーだとスマホ料金が最大1,000円安くなること。

しかも、他社から乗り換えるときにかかる違約金を30,000円まで負担してくれます。

auユーザーがauひかりを使ってないなんて損しかないですよ。毎月1,000円のオトクを逃してるんですから。

auひかりについて詳しくは、▶auひかりの評判をご覧ください。

誰にでもおすすめできる超高速回線!

Ping値の改善方法まとめ

Ping値は、データの送受信にかかる時間(速度)のこと。

このPing値が悪いと、特にオンラインゲームなどのリアルタイムに反応してほしいときに影響が出てきてしまいます。

Ping値を改善するには、以下の方法があります。

効果小
効果大
  • 電子レンジを使わない
  • アプリを同時使用しない
  • ダウンロードを止める
  • 接続台数を減らす
  • 夜など混雑時間帯を避ける
  • ルーターの近くで接続する
  • 周波数帯を変える
  • LANケーブルで有線接続する
  • ネット回線を乗り換える

回線を乗り換えるときは、▶あなたにオススメの光回線8社▶FPSゲーマー向けおすすめネット回線など、用途に応じて参考にしてください。

【Ping値の改善設定】オンラインゲームで有利になる方法を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役に立ったらお友達にシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる