『オクトパストラベラー』海外レビューメタスコア

ジャンル:RPG 
機種:Switch 
開発:アクワイア/スクウェア・エニックス 
発売日:2018年7月13日 
概要:リッチなグラフィックが売りのHD-2DドットRPG

オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス (2018-07-13)
売り上げランキング: 1

『オクトパストラベラー』海外レビュー

95点 Nintenderos

長所
・美しいグラフィック
・戦略的な戦闘
・成熟したユーモアのある物語
短所
・ミュートしたいBGMがある

95点 Meristation

長所
・ディティール豊かな8つの物語
・戦闘は深い
・現代と伝統の混ざった驚異的なアート
・素晴らしいサウンドトラック
短所
・一般的なJRPG同様、レベル上げは面倒
・ダンジョンのデザインは微妙

93点 IGN

美しいグラフィックと伝統的なターン制コマンドバトルのミックスが昔ながらのJRPGを進化させている

85点 God is a Geek

長所
・ゴージャスなビジュアルとアニメーション
・最上級のサウンドトラック
・ファンタスティックな戦闘
・探索しがいのあるロケーション
短所
・微妙なサイドクエスト

80点 GameSpot

長所
・魅力的な演出
・ユニークで革新的な戦闘システム
・たくさんのやりこみ要素
短所
・8つの短いストーリーは大体が同じ事の繰り返し

『オクトパストラベラー』に対する海外の反応まとめ

Anonymous
「8人のキャラクター同士の関わりが薄い」ってレビューは不安になる。JRPGで一番好きなところはそこなのに
Anonymous
わかる。他の主人公が少しカットシーンに登場してちょっとしたテキストがあるだけでもいいんだけど
Anonymous
kotakuは36時間で全クリしたらしい。他のレビュアーの何人かは40時間かけてやっと4キャラ分のストーリーをクリア。どういうゲームなんだよ?
Anonymous
まあ、同じ事の繰り返しはJRPGの定番だから
Anonymous
ひょっとして、これって過去10年で一番評価の高いスクエニタイトルじゃない?
Anonymous
ニーアでしょ

『オクトパストラベラー』メタスコア

メタスコア83点

近年ではペルソナ5を除いてあまり評判の良くなかったターン性コマンドバトルゲームですが、今作のレビューではアートやサウンドトラックと並んで戦闘システムも称賛されています。一方、序盤のペースの遅さやストーリー上主人公が変わるだけでしばしば同じ事を繰り返させるという構造的な欠陥も指摘されています。「FF6の精神的後継作」として海外で注目を集めた今作はユーロゲーマーで「オススメ」、IGNで9.3点と大手サイトでも高く評価されており、期待に応えたといえそうです。

補足
詳細なレビューの中には「それぞれのストーリーを回収する大きなストーリーがない」「ラスボスや隠しダンジョンがない」といった批判が散見されましたが、その後8人のストーリーに続くコンテンツとして隠し要素が発見されました。
ほとんどのレビュアーはレビューを書いた時点では気付いていなかったようです。
via:kotaku
オクトパストラベラー - Switch
スクウェア・エニックス (2018-07-13)
売り上げランキング: 1

海外レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。