Bloodstained: Ritual of the Night

『Bloodstained: Ritual of the Night(ブラッドステインド)』海外レビュー・メタスコア

Bloodstained: Ritual of the Night

Bloodstained: Ritual of the Night
ジャンル  : アクション
機種    : PS4/Xbox One/Switch/PC
開発    : インティ・クリエイツ
発売日   : 2019年6月19日
Amazonで詳細を見る

『Bloodstained: Ritual of the Night』海外レビュー

100点 CGMagazine

『悪魔城ドラキュラ』をやりたくてうずうずしているゲーマーにとって、『Bloodstained: Ritual of the Night』はうってつけのゲームです。
『Bloodstained: Ritual of the Night』は常に費やした時間に価値と報酬を与え、報い、プレイヤーを惹きつけるロケーションでいっぱいの、『月下の夜想曲』のように時代を超越した傑作です。

95点 PlayStation LifeStyle

長所
・五十嵐孝司による新しいメトロイドヴァニア
・バカでかい城
・大量のコンテンツ
短所
・わずかな技術的の問題
・貧弱なローカライズ
・キャラクターはクールだが物語は弱い

わずかな技術的欠陥と翻訳ミスはともかく、『Bloodstained』はインディーゲームにおける偉業であり、今後何年にもわたって私が再訪するゲームとなるでしょう。

92点 Atomix

『Bloodstained』は2019年最高の傑作です。すべてのゲーマーにおすすめします。

90点 Trusted Reviews

長所
・優れた戦闘
・素晴らしいロケーションとモンスター
・シャードシステム
短所
・総じて洗練に欠ける
・時々微妙なパズルがある

『Bloodstained: Ritual of the Night』は今年最高のサプライズかもしれません。
悪魔城ファンにとって、これはフランチャイズの黄金期を再び体験するチャンスです。

90点 Push Square

『Bloodstained: Ritual of the Night』は悪魔城ファンへの素晴らしいラブレターです。
プレイヤーの探索に絶えず報酬を与え、戦闘ではたくさんの選択肢を提供する、細心の注意を払って作られたゲームです。
『Bloodstained: Ritual of the Night』は古くからのメトロイドヴァニアファンにとっては見逃せないジャンルの傑作であり、新参者にとってはとっつきやすい入門編です。
願わくば、彼らに今回ほどの時間をかけずに次回作を作ってほしい。

90点 PlayStation Universe

メトロイドヴァニアにおける王の帰還。

90点 IGN Italia

全体のプレイ経験を損なわないごくわずかな欠陥を抱えた傑作。

86点 SpazioGames

『Bloodstained: Ritual of the Night』は、その名前を除いたすべてにおいて「悪魔城」であり、「悪魔城」の中でも最高傑作のひとつです。
五十嵐は彼のフランチャイズにおいて愛された部分を完璧に捉え、技術的にはいささか粗っぽいものの、長く楽しいアドベンチャーを作り上げました。

85点 DualShockers

Igavania(五十嵐孝司のメトロイドヴァニア)が帰ってきた!
『Bloodstained: Ritual of the Night』はプレイヤーに探索を促して報いる優れたメトロイドヴァニアです。

85点 Game Informer

『Bloodstained: Ritual of the Night』の戦闘、探検、RPG要素はシームレスに絡み合い、ラスボスを倒した後でさえ何時間も私を惹きつけて離しませんでした。

80点 Gamers Heroes

『Bloodstained: Ritual of the Night』はスリリングで魅力的なメトロイドヴァニアであり、ジャンルに慣れていない初心者にとって最高の入門編になるでしょう。
このゲームの欠陥を一言で言い表すのならば、イライラするということです。もちろんそれがメトロイドヴァニアの習わしだということは理解していますが、ゲームを進行させるために必要なアイテムを見つけるまでの時間が無駄になっているような気がしてしまうのです。

80点 COGconnected

長所
・悪魔城らしさでいっぱい
・ストーリーと対話はいかにもな安っぽさと楽しさ
・戦闘は緻密で深い
短所
・迷いやすい
・難易度曲線がうまくない
・古臭いところも

5年間の忍耐を経て、『Bloodstained: Ritual of the Night』がついに私たちの手元にやってきました!
待っただけの甲斐はありました。
実際のところこのゲームは「完璧」には程遠いのですが、「悪魔城」の精神的後継者としてこれ以上に相応しい作品は他にありません。
「月下の夜想曲」以来飛躍的な進歩を遂げたメトロイドヴァニアにおいて、『Bloodstained: Ritual of the Night』はそれほど際立った出来ではありませんが、ミリアムの攻撃とスキルは上質なワインのように純粋で、ゲームのあらゆる要素―モンスター、パワーアップ、レベル上げ―は私の心を震わせます。
レビュアーとしてこのゲームに80点以上を付けることはできません。それでも、私の心の中では90点を与えたいと思っています。

『Bloodstained: Ritual of the Night』メタスコア

メタスコア83点

『Bloodstained: Ritual of the Night』は悪魔城ドラキュラシリーズの父である五十嵐孝司氏が久しぶりにプロデュースするメトロイドヴァニア(IGAヴァニア)とあって業界での注目度も高い作品でした。

Kickstarterでの資金調達には成功したものの度重なる発売延期もありゲームのクオリティを不安視する声もありましたが、結果は大好評。「悪魔城シリーズの精神的続編」という高いハードルを見事超えてみせました。

日本語版はコンシューマでの発売日は未定。PC(Steam)で先行してプレイ可能です。

海外レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。