astral chain

『アストラルチェイン』海外レビュー・メタスコア

アストラルチェイン

アストラルチェイン
ジャンル  : アクション
機種    : Switch
開発    : プラチナゲームズ
発売日   : 2019年8月30日
Amazonで詳細を見る

『アストラルチェイン』海外レビュー

100点 Nintendo Insider

『アストラルチェイン』は、今後数十年に渡って愛され続けるニンテンドースイッチの傑作です。

100点 Switch Player

私がプレイしてきたゲームの中っで、『アストラルチェイン』は最もスタイリッシュな三人称アクションゲームです。物語はメロドラマ風とはいえ、バトルは常にスリリングかつ公正です。

100点 VGC

長所
・オリジナリティあふれる戦闘
・バランスの取れたレベルデザイン
・やり込み要素も充実
・プラチナらしい遊び心のあるアイディアでいっぱい
短所
・携帯モードでの技術的な問題

『アストラルチェイン』を「『スケイルバウンド』の作り直し」とみなすのは不公平だ。漫画チックなサイバーパンクの世界は単なるリサイクルにしてはあまりにもユニークで、人間と生体兵器レギオンの関係は人間とドラゴンの関係とはまったく違う形でアクションの中心となっている。

96点 Atomix

『アストラルチェイン』はハック&スラッシュの新たなステージです。プラチナゲームズは誰もがプレイすべき真の傑作を作り上げました。

95点 CGMagazine

『アストラルチェイン』は完全にオリジナルかつとてつもなく満足のいく戦闘システムでジャンルを再考する素晴らしいキャラクターアクションゲームです。 『スケイルバウンド』のキャンセルは残念でしたが、その結果は2019年における私の最もお気に入りのゲームに繋がりました。

93点 Hobby Consolas

スピーディで奥深い戦闘、リッチなビジュアルと驚くべきストーリー。『アストラルチェイン』はプラチナゲームズに期待される全ての要素を兼ね備えています。

93点 Wccftech

『アストラルチェイン』は間違いなくプラチナ最高傑作であり、ニンテンドースイッチ専用ゲームの中でも最高の一本です。
『アストラルチェイン』はこれまでのプラチナ作品の長所を巧みにブレンドした素晴らしいアクション、魅力的な探索、楽しいストーリー、膨大なコンテンツを組み合わせました。
簡単すぎてアンバランスな評価システムなどの欠点はありつつも、アクションゲームのファンなら絶対に『アストラルチェイン』を避けて通ってはいけません。

92点 Multiplayer.it

田浦貴久の素晴らしいディレクターデビュー。アクションゲームが好きなスイッチユーザーならマストバイだ。

90点 IGN

世界とキャラクターは(主人公を除いて)生き生きとし、緊張感のあるアクションと魅惑的な探索はうまく融合している。
『アストラルチェイン』はプラチナゲームズの新たな傑作であり、今世代最高のアクションゲームの一つだ。

90点 Game Informer

私は『アストラルチェイン』をクリアしたくなかった。このゲームを終わらせたくなかった。
バトルシステムは見事で、グラフィックとBGMは美しい。ストーリーは(それ以外の部分がどれほど凄いかを考慮すると)このゲームの中で最も脆弱な側面と言えるかもしれないが、それでも素晴らしい瞬間とどんでん返しが存在する。
とにかく、これはとんでもないゲームだ。

90点 Nintendo Life

『アストラルチェイン』は素晴らしいビジュアル、演出、独創的でやりがいのある戦闘を持った最も完成度の高いプラチナアクションだ。 システムの複雑さは一部のプレイヤーを苦しめるかもしれないが、バトルを自動化する「Unchained」モードはアクションゲーム初心者でもこのゲームを楽しめることを意味している。

90点 Twinfinite

『アストラルチェイン』はニンテンドースイッチで最高のゲームの一つです。プラチナゲームズは、彼らにスタイリッシュなアクションゲームを作らせたら右に出る者はいないということを改めて証明しました。 いつかアークを再訪する日がくることを願っています。

90点 God is a Geek

長所
・華麗で独創的なコンセプト
・優れたサウンドトラック
・高いリプレイ性
・携帯モードでもTVモードでも手堅い体験
短所
・いまいちなステルス要素
・時折ぎこちない探索

85点 Cerealkillerz

「警察」の設定に十分な意味があるとは言えませんが、あなたがハイクオリティなゲームプレイと新鮮なシステムに十分な時間を割いたなら、『アストラルチェイン』は今年最高のアクションRPG体験になり得るでしょう。

80点 TheSixthAxis

爽快なバトル、ユニークなビジュアル、魅力的な世界。『アストラルチェイン』は「プラチナゲームズらしさ」で溢れていますが、『ベヨネッタ』や『ニーア オートマタ』と比べて個性に欠けています。
『アストラルチェイン』の無意味なまでに無口でつまらない主人公は、ベヨネッタと2Bが果たしたようなストーリーの中心点になり得ません。

80点 GameSpot

長所
・ユニークで楽しい戦闘システム
・多様性とテンポに優れたストーリーは最後まで新鮮
・漫画のようなキャラクターが激しく動きまわる
・素晴らしい音楽
短所
・不正確なアクションにストレスを感じることがある
・ありきたりな描写がストーリーの足を引っ張る

大好き Kotaku

長所
・個性的な世界とクールなキャラクター
短所
・ストーリーはキャラクターやアクションほどには素晴らしくない

『アストラルチェイン』メタスコア

メタスコア88点

『ニーア オートマタ』でバトルを中心としたゲームデザインを担当した田浦貴久氏のディレクターデビュー作『アストラルチェイン』は『ニーア オートマタ』に匹敵するかそれ以上のレビュースコアを獲得しています。

多くのレビュアーが『アストラルチェイン』の短所として「ストーリー」を挙げていますが、その点も批判一色というわけではなく、むしろ「ストーリー以外の完成度に比べたら…」といったニュアンスで、全体的には絶賛といった状況です。

Eurogamerによれば、『アストラルチェイン』は「ゼルダ風、ウィッチャー風、バットマン風、Deus ex風の様々な要素があるが、何よりもまずプラチナ風」のオリジナルゲームです。

海外レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. m

    田浦さん、初ディレクション作品でこの評価とは素晴らしいですね。
    シリーズ化しそうな予感がします。