ApexLegends エラー

PC版『Apex Legends』がエラーで落ちる人必見!エンジンエラー対策・改善方法を紹介

PC版『Apex Legends』のプレイ中に突然エラーが発生し、ゲームが落ちるという問題が多くのユーザーの間で発生しています。

エラーの表示は様々で、プレイ中に動作が停止してゲームができなくなったり、急にタイトル画面に戻り以下のようなエラーコードが出たりする場合もあります。

Apex エンジンエラー

この記事では、PC版『Apex Legends』のエラー落ち対策を紹介します。

『Apex Legends』の修復

origin apex

Originを開く→左側の「ゲームライブラリ」を選択→Apex Legendsの画像を右クリック→「修復」を選択してください。

ゲームを修復しても治らない場合、次の対処方法を試してください。 私は次の方法で治りました。

NVIDIA GeForceドライバのバージョンをダウングレードする

まず、GeForce Experienceを削除します。

https://www.wagnardsoft.com/DDU/download/DDU%20v18.0.2.2.exe

上記のリンクから「DDU」というGPUドライバを完全に削除するソフトをダウンロードします。 解凍をしたらファイルの中から「Display Driver Uninstall.exe」を起動します。

Display Driver Uninstall

開いたら下記のように右の項目から「GPU」を選択します。

gpu nvidia

「GPU」を選択したらすぐ下の項目から「NVIDIA」を選択します。

nvidia

この後再起動をするとドライバは完全に削除されます。ただし、その前にあらかじめ過去のバージョンのNVIDIAドライバのダウンロードをしておきましょう。

まず、下記のリンクから自分の使用しているGPUに対応したドライバを検索します。

https://www.nvidia.co.jp/Download/Find.aspx?lang=jp

私が使用しているのはRTX2080なので、「GeForce RTX 20 Series」を選択します。
ノートパソコンの方は(Notebooks)を選択してください。
GT1030からGTX1080tiを使用している人は「GeForce 10 Series」、GTX1650からGTX1660 SUPERを使用している人は「GeForce 16 Series」を選択してください。

rtx20

使用している製品シリーズを選択したら、次は製品ファミリーを選択します。

rtx2080

その後、「検索」をします。 検索結果から下記の画像の赤枠「GeForce Game Ready Driver WHQL」のバージョン436.30をクリックします。

GeForce Game Ready Driver WHQL

クリックしたらダウンロードボタンがあるので、そこからダウンロードしてください。

ドライバダウンロード

ドライバのダウンロードが完了したら、事前に用意しておいた「Display Driver Uninstall」の右上の「削除して再起動」をクリックします。

削除して再起動

再起動後、「GeForce Game Ready Driver WHQL」のバージョン436.30をインストールします。手順に沿ってインストールをすればダウングレードは完了です。

ダウンロード

私自身ダウングレードをしてからしばらく経ちますが、『Apex Legends』のプレイ中にゲームが落ちることは無くなりました。 クラッシュやエラーに悩まされていた方はぜひ試してみてください。

『Apex Legends』に合ったゲーミングPCを買う

エラーの原因は複数存在します。『Apex Legends』の推奨以下のスペックのPCを使っているせいでクラッシュが増えている、というケースも考えられます。
こちらの記事で『Apex Legends』の推奨スペック以上のゲーミングPCを紹介しているのでチェックしてみてください。

なお、『Apex Legends』をより快適にプレイするための「フレームレート(fps)を最大限に引き出す設定」はこちらの記事で解説しています。

ゲーミングPCセール情報

PS4新作ソフト一覧リンク画像
ニンテンドースイッチ新作ソフト一覧リンク画像

Apex Legends / 攻略カテゴリの最新記事