フロム『隻狼 SEKIRO』発売日は2019年3月22日。『天誅』の精神的続編

フロム・ソフトウェアの新作アクションアドベンチャー『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が2019年3月22日に発売されることが決定した。PS4、Xbox One、PC(Steam)対応。



フロムソフトがアクティビジョンとタッグを組んで開発している『隻狼』は、ソウルシリーズからRPG要素とオンラインマルチプレイを減らしシングルプレイを強化したアクションアドベンチャーゲーム。

『隻狼』はこれまでフロムソフトが作ってきたソウルシリーズと違い、主人公は西洋の不死者ではなく日本の忍者になる。ストーリーを明示せず落ちているアイテムや環境からそこで何があったのかをユーザーに考察させるソウルシリーズに対し、比較的はっきりキャラクターが描写されているようだ。

ディレクターの宮崎英高氏はファミ通のインタビューで以下のように語っている。

おそらく感じ取ってもらえるものと思いますが、本作の初期段階において、もっとも大きな刺激を受けたのは『天誅』シリーズです。最初は、本作を『天誅』シリーズとして作る選択肢も考えたくらいですが、その線はすぐにあきらめました。もともとの『天誅』シリーズの大半は、我々とは違うデベロッパーさんが制作されており、制作者の皆さんの個性が色濃く出ているシリーズでもありましたので、我々が『天誅』を作ったとしても、真似事になりそうに思えたのです。ですから、『天誅』シリーズから刺激を受けたいくつかの要素、鉤縄や忍殺などは大事に残したうえで、いまの我々が作りたいと思うゲームを、新しく構築することにしたのです。


『隻狼』は『天誅』の忍者要素やステルス要素に強くインスパイアされつつ新規IPとして開発した「精神的続編」といえるかもしれない。

『天誅』といえば8月12日放送の『ワイドナショー』でダウンタウンの松本人志が「思い出のゲーム」として挙げており、「なんか俺の中で『天誅』ブームがあったんよね」とシリーズへの愛を語っている。


『天誅』はシリーズとして複雑な経緯をたどっている。アクワイアで企画開発されソニー・ミュージックエンタテインメントから発売された後、版権がアクティビジョンに渡り、その後はフロムソフトが取得。その間の開発会社もアクワイア、K2、フロムソフトと転々とした。

なお、『隻狼』がフロムソフトとアクティビジョンによって開発されることになったことと、フロムソフトがアクティビジョンから『天誅』の版権を買い取ったことは何の関係もないとのこと。

関連記事

ニュースカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。