• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • バイオハザードRE2 おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド リメイクされたラクーンシティの恐怖を『高画質 + 144fps』で味わおう・・・!
バイオハザードRE2 おすすめゲーミングPC

バイオハザードRE2 おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド リメイクされたラクーンシティの恐怖を『高画質 + 144fps』で味わおう・・・!

この記事では『バイオハザードRE2(以下、バイオRE2)』をPC(Steam版)でプレイする方に、ゲーミングモニターを使って『144fps』でプレイするメリットとおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

以下の3つのうちどれか1つでも当てはまればこの記事は参考になるはずです。

  • バイオRE2におすすめなゲーミングPCが知りたい
  • 「PS4」「PS4 Pro」よりも高画質で遊びたい
  • バイオRE2を高フレームレート(144fps)でプレイしたい


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい方は画像をクリックしてください。

バイオハザードRE2 60fps おすすめゲーミングPC
バイオハザードRE2 144fps おすすめゲーミングPC
バイオハザードRE2 4k60fps おすすめゲーミングPC

バイオハザードRE2 最低スペック・推奨スペック

PC版『バイオRE2』最小スペック・推奨スペック、またゲーミングPC以外のパソコンでプレイすることは可能なのかを説明していきます。

ゲーミングPC以外の普通のパソコンでバイオRE2は快適に遊べる? → 厳しいです…

バイオハザードRE2はゲーミングPCじゃないと快適には遊べない

バイオRE2はゲーミングPC以外のパソコンでプレイすることは難しいです。

グラフィックボードがないパソコンだと起動すらできない可能性が高いです。PS4で遊ぶか、ゲーミングPCを新調することを検討しましょう。

バイオRE2:最低動作環境

バイオRE2最低動作環境
CPUi5-4460 / AMD FX-6300
メモリ8GB
GPU GTX 760 / AMD Radeon R7 370 2GB
追記事項
想定動作は1080P/30FPS。
テクスチャ品質により使用グラフィックスメモリが枯渇することがあるため、 オプション画面のGraphicsからテクスチャ品質や影品質を下げるか、画面解像度を小さくする必要があります。 また一部のグラフィックボード(GeForce GTX 760相当)では、パーティクルライト品質を「低」にすることを推奨します。

上の表はバイオハザードRE2の最低動作環境(Steamストアページ参照)です。

最低動作環境を見ると一昔前のゲーミングPCなら快適とは言えないまでも、動かすことはできそうです。
ただし、追記事項によると30fpsしか出ず、グラフィックの設定を下げなければならないようなので、PS4やPS4 Proを持っているならそちらで遊んだ方がいいかな…という印象です。

わざわざPCでプレイするほどのスペックではないと断言できます。PCで遊ぶ利点は高画質・高フレームレート(ヌルヌル動く)なので…。

バイオRE2:推奨動作環境

バイオRE2推奨スペック
CPUi7-3770 / AMD Ryzen 5 1600
メモリ8GB
GPUGTX 1060 / AMD Radeon RX 480 4GB
追記事項
想定動作は1080P/60FPS。

上の表はバイオハザードRE2の推奨動作環境(Steamストアページ参照)です。

推奨動作環境はGPU(グラボ)がGTX1060、メモリが8GBとバリバリゲーミングPCなスペックを要求されます。
ゲーミングモニターを使用せず60fpsで遊ぶなら推奨動作環境のスペックが目安となります。

MSI GeForce GTX 1060 AERO ITX 6G OC グラフィックスボード VD6307
MSI COMPUTER (2017-04-08)
売り上げランキング: 658

バイオハザードRE2を高画質かつフレームレート144fpsでプレイするメリット・デメリット

144fpsでプレイするメリット
  • 画面がなめらかになる(ゾンビがヌルヌル動きます…)
  • 酔いにくい
  • 目が疲れにくい
144fpsでプレイするデメリット
  • 144hzに対応したゲーミングモニターが必要

メリット:PS4では味わえないヌルヌルサクサクなゲームプレイが実現できる

バイオRE2に限らずですが、シューターやアクションのあるPCゲームはフレームレートが高ければ高いほど遊びやすいです。
PS4・PS4 Proでは最大でも60fpsまでしか対応していませんが、PC版は144hzや240hzに対応したゲーミングモニターと高スペックなゲーミングPCがあれば、144fps・240fpsで動作させることが可能なのでさらに快適に遊べます。

リアルなグラフィックでヌルヌル動く気持ち悪いゾンビを体験したいならゲーミングモニターは必須アイテムです!

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

デメリット:ハイスペックPCとゲーミングモニターが必要なため予算に余裕がある人向け

バイオRE2を144fpsで遊ぶ際のデメリットとしては144hz対応ゲーミングモニター」が必要。ということです。
一般的なPCディスプレイはリフレッシュレートが60hzとなっているので、144fpsを出すことができません。
そのため、144hzに対応しているゲーミングモニターが必要になります。

144hz対応ゲーミングモニターは価格が3万円前後なので、一般的なPCディスプレイに比べると高価な買い物になってしまいます。
しかし、一度買えば壊れるまで使い続けることができるものなので快適にシューターなどのPCゲームを遊ぶための先行投資だと思って購入するのもいいでしょう。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ/フルHD/HDMI,DP,DVI端子/144Hz/1ms/ブルーライト軽減
ベンキュージャパン (2017-12-21)
売り上げランキング: 195

144hz対応ゲーミングモニターで一番人気の商品。筆者も所有している。

もちろん、ゲーミングPCも推奨動作環境にあったような60fpsで動作させるスペックよりもさらにハイスペックなものが要求されます。
144hzに対応したゲーミングモニターを持っていても、高いフレームレートを安定して出せるゲーミングPCを持っていなければ宝の持ち腐れです。
そのため、スペックが低いPCを使っている方は、パーツを換装するかハイスペックなゲーミングPCに買い換える必要がでてきます。

バイオハザードRE2おすすめゲーミングPC

この記事ではバイオRE2をPCでプレイするための必要スペックと144fpsでプレイする場合、それぞれのメリット・デメリットを説明しました。
それをふまえて、「60fpsでプレイする場合」と「144fpsでプレイする場合」「4k60fpsでプレイする場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

60fps高画質でバイオRE2を遊ぶなら「ガレリアXT」がおすすめ

GALLERIA XT
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-8700
グラフィック : GTX1060 6GB
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD , 1TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

60fps + 高画質でバイオRE2をプレイするなら「ガレリアXT」がおすすめです。

メリット
  • ゲーミングPCの中では価格が安い
  • 平均60fps + 高画質でプレイ可能
  • SSD搭載
デメリット
  • 144fpsでプレイしたい人には向いていない

CPU「i7-8700」、GPU「GTX1060 6GB」搭載で税込み14万円台で手に入るコスパの良いゲーミングPCです。
このスペックなら前述した推奨動作環境よりもスペックが少し高いので、高画質に設定にしつつも平均60fpsでプレイ可能です。
ゲーミングモニターを使って144fpsを出したい」という人にはこれから紹介する別のゲーミングPCをおすすめしますが、ガレリアXT高画質60fpsでプレイしたい人に最適なゲーミングPCです。

ガレリアXT の詳細・価格情報はこちら


ゲーミングモニターを使用して144fpsでプレイするなら「ガレリア ZF」がおすすめ

ガレリア ZF
ガレリア ZF
CPU : Core i7-9700K
グラフィック : RTX2070 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では価格が安い
  • 平均144fpsでプレイ可能
  • SSD搭載
  • メモリが16GB
デメリット
  • ゲーミングモニターの購入も必要なため費用がかさむ

高画質 + フレームレート144fpsでプレイしたいなら「ガレリアZF 」がおすすめです。

最新GPU「RTX2070」と8コアCPU「i7-9700K」搭載のゲーミングPC。このハイスペック性能ならフレームレート144fpsオーバーでプレイできます。(※体験版にて検証)
ドスパラにある他のRTX2070搭載モデルはメモリが8GBのなのですが、「ガレリアZF 」はメモリが16GB搭載されているため144fpsでプレイするのにおすすめなゲーミングPCとして挙げました。

PS4では味わえない、144fpsでヌルヌル動くゾンビと美麗なグラフィックで甦ったラクーンシティを楽しみ尽くせるマシンです。

バイオハザードRE2 144fpsで遊ぶのにおすすめゲーミングPC

筆者が体験版で遊んだときのスクリーンショット。

ガレリアZFの詳細・価格情報はこちら

144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は一緒に購入することを忘れないようにしましょう。(144hz対応モニターでなければ宝の持ち腐れなので)


こちらのBenQ「XL2411P」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

XL2411P の詳細・価格情報はこちら

4K最高画質で60fps動作を目指すなら「ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル」がおすすめ

ガレリア ZZ i9-9900K
GALLERIA ZZ RTX
CPU : Core i9-9900K
グラフィック : RTX2080 Ti 11GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 3TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 現状最高性能のGPUであるRTX 2080Ti搭載
  • 8コアCPU i9-9900K搭載
  • 4K最高設定で60fps動作可能
  • ゲーム実況配信・動画編集も難なくできる性能
デメリット
  • ハイスペックなため30万円超え

4K最高設定でプレイしたい方はドスパラの最高級モデル『ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル 』がおすすめです。

現行最高性能のGPU「RTX 2080Ti」と最新8コアCPU「i9-9900K」というハイスペックゲーミングPC。このスペックなら4K最高設定でも60fpsを維持することや、フルHD 144fps~240fpsでプレイすることが可能です。(※体験版にて検証)

デメリットとしては価格の高さですが、4K最高設定でプレイしたい方は価格よりスペック優先だと思うのでデメリットと言えるほどではないかもしれません。
この性能なら数年間は最新ゲームでも快適に遊んでいけるので、この機会に思い切って手に入れてしまうのもアリですね。筆者もRTX2080Ti搭載ゲーミングPCをメインで使っていますが、ゲームに対するモチベーションがめちゃくちゃ上がります。

バイオRE2以外にも他の最新PCゲームを遊んでいくとしても、数年は一線級で戦っていけます。

4k60fpsのプレイ映像

ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル の詳細・価格情報はこちら

4kで遊びたい人で4Kモニターを持っていない方は一緒に購入するのを忘れないようにしましょう。


4Kモニターはこちらの「BenQ EW3270U」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

240fpsで遊びたい人は240hzのゲーミングモニターを購入しておきましょう。初めて体験するとヌルヌル動きすぎて笑ってしまうほど凄いです…。


こちらのBenQ「XL2546」がおすすめです。(筆者も使ってます)※画像クリックで商品ページに飛びます。

バイオハザードRE2 関連記事

当サイト「HARDMODE」が投稿したバイオRE2のレビュー記事。

海外メディアのレビューまとめ

ゲーミングPCカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。