『ファイナルファンタジー15』海外レビューメタスコア

ジャンル:RPG
機種:PS4/XONE/PC
開発:スクウェア・エニックス
発売日:2016年11月29日
概要:新エンジン「ルミナススタジオ」で描かれるフォトリアルなファイナルファンタジー


『ファイナルファンタジー15』海外レビュー

100点 CGMagazine

FF15は現代のゲームデザインと古臭いマッチョなストーリーへの挑戦である。スクエニは真の傑作で王位を取り戻した。

95点 LaPS4

FF15は2016年で最も記憶に残るゲームだ。これまでのシリーズとはまるで違うと同時に、実に伝統的でもある。JRPGの王が帰ってきた!

92点 Hobby Consolas

長所
・シンプルだが中毒的な戦闘
・ミニゲーム
・グラフィック
・ヒーローたちの友情
短所
・カメラ
・未使用の空間が多い

ファイナルファンタジーには欠点がある。悪いカメラ。時代遅れなテクスチャ。活かしきれないゲームシステム。しかし、良いところもある。感動的なキャラクター描写。本当に美しいグラフィック。自由なゲームプレイ。シリーズで最高の戦闘。完璧なゲームではないが、ファイナルファンタジーの将来が見えた。

90点 DualShockers

FF15の最大の美点は、その世界だ。マップはエキゾチックで魅力的なランドマークでいっぱいで、自然も都市もJRPGの中で最も美しい。単に見た目が美しいだけでなく、文化と環境を描写するにあたって細部にまで工夫がある。旅先で出会う人々には信仰、食事、職場、好きなものが存在する。NPCとモンスターは別物だが、ディティールまでのこだわりは共通している。壮大な土地や美しい都市を旅していると、あらゆる場所でイオス(FF15の舞台となる惑星)における架空のキャラクターたちの生活の痕跡がみられる。もしFF15からゲームプレイを全て取り除いても、最高のウォーキングシミュレーターになるはずだ。
とはいえ、結局のところ、FF15はFFを求めていない人にまで届くゲームではないし、JRPGの救世主でもない。ゲーム業界にときどきあらわれる奇妙なゲームを求める人たちに向けた、高品質なゲームだ。特定のマップでは変にこだわりすぎて厄介に感じる事もあるが、全体としてはうまく機能している。
スクウェア・エニックスの開発スタッフは「探検しがいのある生活感のある世界」と「素敵な4人の男の子」に対して明らかに過剰すぎる愛と情熱を注ぎ込んだが、献身は報われた。 私はイグニス、グラディオ、プロンプトより優れたフィクションの友を他に知らない。私が彼らと共に笑って泣いた。彼らを愛している。

90点 Game Over Online

グラフィックは美しく、サウンドもゴージャスです(一部マップを除いて)。FF15を簡潔に表します。それは、シリーズ入門作として最高の作品ですか?いいえ、全然違います。ダレる時間があるし、車関連はもっと磨き上げるべきでした。しかし、FF15におけるすべての経験は、お金を払うだけの価値があります。ともあれ、これはファイナルファンタジーの新時代のはじまりであり、私は変化を歓迎します。

90点 InsideGamer.nl

FF15を愛するかどうかはあなた次第。ゲームはちょっとまとまりに欠けるが、適応できれば素晴らしいゲームだ。

85点 3DJuegos

ファンタジー世界で、感情はリアリティに勝利する。FF15は最高のアイディアと最悪のアイディアを併せ持つゲームだが、そこには愛、勇気、努力がある。プレイして、感じてほしい。それ以上の言葉はいらない。

79点 IGN Italia

長所
・ゲームの現代化
・オープンワールドは美しく、面白い
・深い戦闘システム
短所
・ストーリーのせいで制限されるゲームプレイ

FF15は主にひどい後半のせいで期待通りのゲームとは言えないが、これまでのファイナルファンタジーが失敗し続けてきたゲームの現代化には成功している。

70点 Eurogamer Poland

FF15には何年にもわたる混沌とした開発の苦しみが如実に反映されている。このゲームにはお金を払うだけの価値はあるが、スクウェア・エニックスが主張している「すべての人へ向けたファイナルファンタジー」が間違っている事は確かだ。

60点 GameCritics

FF15のオリジナルプロジェクト「ヴェルサス」のディレクターは『キングダムハーツ』の野村哲也さんです。彼の影響は最終的な作品に残されているように見えますが、FF15の後半は失望そのもので、別のゲームのようです。FF15は、2016年ゲーム業界の最大の失望に位置付けられるかもしれません。

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』本編の前日譚として公開された映画「キングスグレイブ」の海外レビューです。
100点 Total Film

キングスレイブはスマートでよくできた映画であると同時に、優れたファイナルファンタジーです。独自の世界観を見事に表現したこの映画が単なるゲームの宣伝に留まっていないのは驚くべきことです。これは人々がスクウェア・エニックスに求めていた、最高のアクション映画です。

58点 Entertainment Weekly

キングスレイブは、ゲーム体験を映画に移植するようなものではなく、映画をゲームのカットシーンのように表現します。要するに、操作できないカットシーンの連続をムービーと呼んでいるだけです。

50点 Slant Magazine

この映画は、今後のファイナルファンタジーにおける魅力的な広告だ。技術的には素晴らしいが、ばかげている。

38点 The Seattle Times

キングスレイブのストーリーは混乱そのものだ。

10点 The New York Times

魔法の王国と邪悪な帝国の戦争を描いたゲームのスピンオフ映画はくだらない。

『エピソード グラディオラス』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』のDLC『エピソード グラディオラス』の海外レビューです。
75点 CGMagazine

新コンテンツは少ないが、『ニーア』の岡部啓一による高品質な音楽はある。

70点 GameSpew

コスメや新アイテムに興味のないファンにとってこのDLCは価値が低い。しかし、メインストーリーに魅了されたファンにとって、グラディオラスに何が起こったかを知れるのは良い事だ。

60点 IGN Spain

メインゲームの物語を補完するDLCですが、2時間のプレイの間に面白い事や驚くべき事は起こりません。

55点 Let’s Play Video Games

『エピソード グラディオラス』は無視してもいいDLCだ。FF15にフィットしていないし、意味がない。ごめん、グラディオ。お前の事は好きなんだけど。

『エピソード プロンプト』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』のDLC『エピソード プロンプト』の海外レビューです。
80点 Multiplayer.it

『エピソード プロンプト』は『エピソード グラディオラス』よりはるかに優れたDLCです。良いストーリー、クレイジーな敵、誰もが愛するキャラクター。格安で長いコンテンツ。コスパもクオリティも高い。

70点 RPG Site

プロンプトの物語はグラディオラスのそれより大幅に改善されている。FF15のファンは大いに楽しむだろう。ストーリーもシステムもまだまだだが、本編での不足をカバーしている。

65点 Playstation Universe

『エピソード プロンプト』は『エピソード グラディオラス』より良いDLCだが、ものすごく良いわけではない。プロンプトのユニークな戦闘スタイルは疑わしいゲームデザインで妨げられている。DLCをたくさん追加するよりさっさと『FF16』に移行してほしいのだが。

『エピソード イグニス』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』のDLC『エピソード イグニス』の海外レビューです。
80点 Everyeye.it

『エピソード イグニス』は優れたDLCです。本編といくつかの問題点を共有しつつも、イグニスの戦闘スタイルはダイナミックかつ快適です。

70点 Push Square

イグニスのド派手ですばやくなめらかな戦闘スタイルは敵との遭遇を魅力的なものにしています。また、新しい戦闘テーマは最高で、イグニスの冒険を盛り上げます。

『FF15 オンライン拡張パック:戦友』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』をオンライン化する拡張パック『戦友』の海外レビューです。
60点 Impulsegamer

『ファイナルファンタジー15』のオンラインプレイは将来的に偉大なものになる可能性はありますが、現時点では熱狂的なファンしか喜ばないコンテンツです。

50点 Push Square

『戦友』にはチャンスがありましたが、それは失われました。『戦友』の全ては雑用です。今後のアップデートで状況は変わるかもしれませんが、ハードコアなファン以外にはおすすめできません。

『モンスター オブ ザ ディープ:FF15』海外レビュー

『ファイナルファンタジー15』の釣りをVR化したPSVR専用ソフトの海外レビューです。
85点 PlayStation LifeStyle

奇妙というほかないゲームだが、VRにおける最高の釣りゲーであり、FF15ファンにとっての喜びである。

80点 Digitally Downloaded

これはガチの釣りゲーではない。FF15の世界で起きるリラックスした面白いサイドストーリーだ。見逃せないVR体験というわけではないが、『モンスター オブ ザ ディープ:FF15』はVR化の恩恵を受けた楽しいソフトだ。

70点 CGMagazine

『モンスター オブ ザ ディープ:FF15』は強烈なVR体験というわけではないが、心地の良い体験であり、快適な夜にFF15ファンが楽しむ為のゲームだ。スリル満点の冒険を求めるプレイヤーは別のゲームにいってくれ。

70点 UploadVR

PSVRを所持するFF15ファンにとって完璧なスピンオフ。多くの新コンテンツと笑顔、エキサイティングなゲームとファンサービス。とにかく楽しくて中毒性がある。愛すべきキャラクターの新たな一面を知ると共に、自分がこの世界の一員であるかのように感じられた。

『ファイナルファンタジー15』に対する海外の反応

Anonymous
FF15のメシはマジでリアル
Anonymous
フォトグラメトリ(写真測量)技術で3Dスキャンしてるからね
Anonymous
FF15はゲームとして問題だらけだが、食べ物の描写はすごい
Anonymous
まあ、ゲームでも現実でも食事が一番重要なんだよ
Anonymous
FF15チームが開発で一番努力したこと
Anonymous
発売してから時間が経ってるけど、今更FF15をプレイしてる。俺はFF12もFF13も支持できないFFファンで、FF6~FF9までが好き。ターン制バトルとキャラクターのテキストが大好き。だから当然FF15には戸惑った。でも、結局楽しめてる。今のところは。50年代風の雰囲気とグラフィックは素晴らしい!車の旅行記としてすごくユニークだと感じてるよ。
Anonymous
同意。個人的にはFF7以来一番楽しめたFF
Anonymous
私もこのゲームが好き。ストーリーはいくつかの点でビミョーだったけど、全体的にゲームとして楽しかった。
Anonymous
6,7,9が好き。10嫌い。11未プレー。12微妙。13嫌い。14好きだけど別物。なオレとしても15は好き。FFとして新鮮だよね。
Anonymous
俺はいまだに時々FF12プレイするよ・・・。
Anonymous
FF15のPC移植は素晴らしい。完璧じゃないけど、パッチでアップデートされるだろう。家庭用とPCの両方で出てるゲームとしてはGTA5に匹敵するレベル。キーボードマウス操作に違和感なし。日本の他の開発者はこれを学ぶべきだ

『ファイナルファンタジー15』メタスコア

メタスコア81点
ストーリーや完成度の点で賛否両論を呼びましたが、おそらくこの作品が新世代ファイナルファンタジーの標準になるだろうということは誰もが感じているようです。

受け入れるにせよ拒否するにせよ、かつて日本だけでなく世界を代表するRPGだったファイナルファンタジーの現在を知るならマストバイの作品です。

DLC、映画、外伝のレビューは本編と比べて数が少ないのですが参考までに、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のメタスコアは35点、『エピソード グラディオラス』のメタスコアは59点、『エピソード プロンプト』のメタスコアは65点、『エピソード イグニス』のメタスコアはレビューが少ないため点数なし、『FF15 オンライン拡張パック:戦友』のメタスコアは60点、『モンスター オブ ザ ディープ:FF15』のメタスコアは62点でした。

『アーデン』『ルーナ』『アラネア』『ノクティス』といったキャラクターのエピソードを描くDLCの販売も予定されており、今後もFF15の世界は拡大を続けそうです。

海外レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。