ff7

【FF7リメイク】『ファイナルファンタジーVII REMAKE』海外レビュー・メタスコア

ファイナルファンタジーVII REMAKE

ファイナルファンタジーVII REMAKE
ジャンル  : アクションRPG
機種    : PS4
開発    : スクウェア・エニックス
発売日   : 2020年4月10日
Amazonで詳細を見る

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』海外レビュー

100点 Screen Rant

『ファイナルファンタジー7 リメイク』は見事なミッドガルへの帰還である。これは、これまでに作られたファイナルファンタジーゲームの中で最も偉大なシリーズの序章なのかもしれない。

100点 PlayStation LifeStyle

長所
・オリジナルの完璧な再現と拡張
・戦略とアクションが融合した素晴らしいバトルシステム
・原作とは違う方法でミッドガルに重みと感情を与えた
・現代ならではのFF7の表現
・音楽が全てを繋げる
短所
・テーマを損ねるかもしれないプロット上のマクガフィン
・モブキャラのフェイスアニメーションがしょぼい

100点 VGC

長所
・信じられないほど凝った環境とキャラクター
・巧妙なバトルシステム
・ストーリーは力強く、エモーショナル
短所
・一部パートの引き延ばしが酷い

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』のスケールやディティールへの拘りは、時にやりすぎにも感じられる。
しかしこれは、美しく、知的で、懐かしさに満ちたゲームだ。

100点 GameSpew

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』は、『ファイナルファンタジーVII』以来最高のスクエニ製JRPGです。
ストーリーの変更は全てのプレイヤーの受け入れられるわけではないかもしれませんが、全体としては間違いなく大成功を収めました。

100点 GameSpot

長所
・戦闘は爽快で、やりがいがあり、戦略的。素早くて滑らかで、それでいて紛れもなくファイナルファンタジー
・キャラクターは魅力的で、大なり小なり意味のある背景が追加されている
・生きるための闘いには説得力がある
・ミッドガルの見事な描写
・オリジナルの核となる物語を強化
短所
・時々カメラの位置が厄介
・ゲームの勢いを削ぎかねない一部サイドクエスト

オリジナルとは別にして、『ファイナルファンタジーVII REMAKE』自体が驚異的な成果だ。発売までの時間は長かったが、待つだけの価値はあった。

100点 Game Revolution

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジーVII REMAKE』である“賭け”に出ています。
これに対して全ての人が喜ぶわけにはいかないでしょうし、おそらくファンの間で賛否両論のあるタイトルになるでしょう。
しかし私はオリジナルをリリース当時にプレイしてオールタイムベスト級に愛したゲーマーの一人として、今回のリメイクには本当に感銘を受けました。

100点 Vgames

グラフィック、ゲームプレイ、カットシーン、サウンドトラックの全てにおいて期待を上回った。

100点 Areajugones

スクウェア・エニックスはゲームの本質を維持しながら進化させることに成功した。 いくつかの失敗があるとはいえ、『ファイナルファンタジーVII REMAKE』は現世代はもちろん、今年最高のゲームの一つだ。 過去と現在をまとめあげるのは決して簡単な仕事ではないが、スクウェア・エニックスは私たちの想像を上回る完成度を実現している。

96点 IGN Spain

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』をマスターピースと認められない唯一の理由は、完結していないからだ。
これはアート作品であり、DualShock 4に刻まれたオリジナルへのラブレターだ。
リメイクはまさに期待に応えた。 夢がかなった!

93点 Wccftech

長所
・最高のグラフィックと演出
・素晴らしいキャラクターの掘り下げ
・アクションとターン制を見事に融合させたユニークなバトルシステム
・非常に優れた育成システム
・原作に沿った世界観の拡張
短所
・物議を醸すラスト
・戦闘カメラには問題がある
・過度な一本道とばらつきのあるテンポ

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』はシリーズのクラシックを見事に現代化している。
テンポのまずさや一本道といった問題はあるにせよ、グラフィックもサウンドも素晴らしい、非常に堅実なJRPGだ。
とはいえ、忠実なリメイクを期待していた人は予想外の物語のヒネりに残念な思いをするかもしれない。

90点 Gamers Heroes

『ファイナルファンタジー7 リメイク』は完璧とは程遠い。
直線的なデザインと極端な難易度曲線を不快に思う人もいるかもしれないが、荒削りな部分さえ乗り越えれば、信じられないようなストーリーと素晴らしい世界が待っている。

90点 Easy Allies

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』はオリジナルのシステムとストーリーを現代的にアップデートした意欲作です。
新しい戦闘は戦略性とアクションを見事に融合させており、キャラクター描写は完璧で、追加ストーリーも素晴らしい。
技術的にはもう少し改善が必要かもしれないが、パート2以降もこの路線を維持していくのであれば安心してプレイできるだろう。

85点 The Games Machine

『ファイナルファンタジーVII リメイク』は、過去への回帰に成功しており、ゲーム性に問題がないわけではありませんが、シリーズのファンは偉大な物語とかつての友人との再会に満足するでしょう。

85点 TrueGaming

ゲームは面白いし、バトルは手堅く、やり込み要素も豊富。しかし今作においてもまた、ファイナルファンタジーがもっとオープンで自由度の高いゲームになってほしいという願いが叶うことはなかった。

80点 Metro GameCentral

スクウェア・エニックスの夢のリメイク『ファイナルファンタジーVII REMAKE』がついに登場した。
オンラインファンコミュニティの奇妙なところは、スターウォーズにしろFFにしろ、最も熱心なファンが最もそれを嫌悪することだ。
確かに今作には多くのオリジナルからの変更があり、それを好まない人がいることは間違いなく理解できる。
しかし私にとって一番重要で予想外の発見は、『ファイナルファンタジーVII REMAKE』がとても楽しく堅実なビデオゲームであるということだ。

80点 Gameblog.fr

『ファイナルファンタジーVII リメイク』は進化した戦闘システム、有名なキャラクター達の新たな姿、植松伸夫の素晴らしい楽曲を持つオールタイムクラシックの再発見です。 問題は、時にA地点からB地点までの移動に時間がかかりすぎることです。

80点 Push Square

長所
・ファンタスティックなメインストーリー
・最高のバトルシステム
・素晴らしいボスバトル
・優れた育成要素
・見事なサウンドトラック
・ファイナルチャプターはマジで凄い
短所
・いくつかの悪いレベルデザイン
・いくつかの悪いサイドクエスト
・一部環境テクスチャの問題

80点 Stevivor

長所
・ミッドガルに命を吹き込む
・ほとんどのパートで驚くべきビジュアル
・魅力的な戦闘(一部)
短所
・水増しが多すぎ
・退屈な戦闘(一部)
・時折、オリジナルの魅力を欠いている

80点 Daily Star

長所
・素晴らしいグラフィック
・生き生きとした魔晄都市ミッドガル
・中毒的で奥深いバトルシステム
・見事なキャラクター描写
短所
・一方通行の通路が探索のスリルを失わせる
・いくつかのチャプターは引き延ばしのように感じる
・ダレる場面もある

70点 USgamer

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』は改善された戦闘と拡張されたストーリーをもって傑作の再設計を図っています。
残念ながら、貧弱なサイドクエストと過度の水増し、そしてオリジナルからの巨大な変更は論争を引き起こすでしょう。
今作はここ数年でリリースされたFFの中で最も一貫して楽しいファイナルファンタジーであると同時に、最も評価の割れるファイナルファンタジーになるかもしれません。

70点 GAMINGbible

『ファイナルファンタジーVII リメイク』は無意味なサイドクエストや平坦な追加要素をたくさん用意することでプレイタイムを確保しており、21世紀の基準では「傑作」に値しない。
あなたがFF7の世界観やキャラクター、音楽が好きなら楽しめるだろうし、演出は驚異的だ。しかし、過去10年の素晴らしいRPGで育ったゲーマーには混乱したゲームデザインについていけないかもしれない。
確かなのは、本作にはもっと長い開発時間が必要だった、ということだ。かつての「ゲームの大部分をスクラップにして作り直した」という開発状況の噂はおそらく真実で、本作は急ピッチで仕上げられた製品なのだろう。

60点 EGM

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』は新しいコンセプトとオリジナルの忠実な再現の間でうまくバランスを取っている一方、不必要な水増しがあまりにも多い。

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』メタスコア

メタスコア87点

『ファイナルファンタジーVII REMAKE』の海外レビューを読んでいると、発売当時散々批判を受けた『FF13』のレビューを思い出します。一本道で自由度が低く、つまらないサイドクエスト。

それでも『ファイナルファンタジーVII REMAKE』が『FF13』より遥かに大きな称賛を得ているのは、グラフィックやサウンドデザイン、演出がそれだけ突き抜けているということでしょう。

単純にクラウドやティファがライトニングよりも人気がある、というだけのことかもしれませんが…。

メタスコアは『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』(95点)を除けば近年のJRPGとしては最高クラスで、『ファイナルファンタジー15』の81点を大幅に更新しました。

『ファイナルファンタジー15』の海外レビューはこちら。

メタスコアのランキングはこちら。


遊び終わったゲームソフトを売るならネット買取がおすすめ!

遊び終わったゲームソフトを売るなら、店舗買取よりも「ネット買取」がおすすめです。

  • ゲームを店舗に持ち込む必要がない
  • 査定額が不満なら返送してもらえる
  • 他のサービスと買取額を比較できる
  • 店舗買取よりネット買取のほうが査定額が高い

ゲーム買取サイトによっては「発売1ヶ月以内なら最大定価の40%保証 」などお得なキャンペーンもおこなわれています。

店舗だと安く買い叩かれるし、メルカリで1本ずつ売るのもダルい」という方は以下のリンクを参考にご検討ください!

話題のゲームの買取価格を徹底比較!

人気ゲームの「最大買取金額」まとめ

ゲーミングPCセール情報

ゲーミングPCのおすすめランキングと選び方
ゲーミングノートPCのおすすめランキングと選び方

関連するコンテンツ

PS4新作ソフト一覧リンク画像
ニンテンドースイッチ新作ソフト一覧リンク画像