• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • 『Back 4 Blood(B4B)』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|『Left 4 Dead』の精神的後継をパソコンで楽しもう
『Back 4 Blood(B4B)』おすすめゲーミングPC

『Back 4 Blood(B4B)』おすすめゲーミングPCと推奨スペック|『Left 4 Dead』の精神的後継をパソコンで楽しもう

価格・スペック別4選!

2021年10月12日に発売された協力型ゾンビシューター『Back 4 Blood』を遊ぶなら、不朽の名作PCゲーム『Left 4 Dead』の精神的後継作として、当サイトではスペックと自由度が高いゲーミングPCをおすすめします。

説明は省いて『Back 4 Blood』におすすめなゲーミングPCだけ早く知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・格安で遊びたい → 「マグネイト MH
・最高設定・平均200fpsで遊びたい → 「ガレリアXA7C-R37
・ウルトラグラフィック・平均240fpsを目指したい → 「ガレリアXA7C-R38
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

『Back 4 Blood』動作環境・推奨スペック

『Back 4 Blood』動作環境・推奨スペック

『Back 4 Blood』必要スペック

必要スペック
CPUCore i5-6600 (3.3 GHz) OR Ryzen 5 2600 (3.4 GHz)
GPUGTX 1050 Ti OR AMD Radeon RX 570

via:Back 4 Blood on Steam

PCゲームでは一般的に「必要スペック」はかなり低めに設定されています。

必要スペック通りのPCでプレイしたら低設定でも30fpsが安定しない、ということも多いので、必要スペックはあまり信用しないようにしましょう。

『Back 4 Blood』推奨スペック

推奨スペック
CPUCore i5-8400 (2.8 GHz) OR Ryzen 7 1800X (3.6 GHz)
GPUGTX 970 OR AMD Radeon RX 590
via:Back 4 Blood on Steam

PCゲームの推奨スペックはだいたい「フルHD 60fps」が目安です。

最新のAAAタイトルと比べてゆるめの設定に見えるかもしれませんが、『Back 4 Blood』はFPSゲームなので、60fpsだと画面がガクガクしてプレイし辛くなってしまいます。

実際『Back 4 Blood』ではもう少し上のスペックを目指すことをおすすめします。

『Back 4 Blood』真の推奨スペック

真の推奨スペック
CPUCore i7-11700 or Ryzen 7 3700X
GPURTX 3070

『Back 4 Blood』を楽しむために何よりも重要なのは「高フレームレート(~240fps)」です。

だとすると、60fpsで動かすことを目的とした「推奨スペック」に従っていてはPCならではの体験は不可能です。

せっかくなら『Back 4 Blood』を最低でも200fps以上+高グラフィックで楽しめるだけの、この記事で「真の推奨スペック」と呼ぶPCを用意してプレイしてみましょう。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、パソコン大百科の「PCスペックの確認方法」という記事がGPU、CPU、メモリの確認方法をガイドしているので参考にしてください。
価格・スペック別4選!

『Back 4 Blood』はPC版が圧倒的におすすめ

『Back 4 Blood』を遊び尽くすためには、それに見合ったゲーミングPCでプレイすることをおすすめします。

『Back 4 Blood』の4Kウルトラ設定をRTX 3090でプレイした映像がこちらです。

一見して分かる通り、最もグラフィック設定の高い状態で200fps近いゲームプレイができています。これは家庭用ゲーム機では絶対に不可能なパフォーマンスです。

『Back 4 Blood』をウルトラ設定ないし200fpsを超える高フレームレートで体感するためには最低でも「RTX 3070」、できれば「RTX 3080」以上のスペックを強く推奨します。

価格・スペック別4選!

『Back 4 Blood』おすすめゲーミングPC

この記事では『Back 4 Blood』をゲーミングPCでプレイする場合のメリットを説明しました。
それをふまえ、「価格を抑えて快適に遊びたい場合」「144fps以上で遊びたい場合」「ウルトラグラフィックで遊びたい場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

ドスパラでゲーミングPCを購入する手順や支払い方法はこちらで解説しています。買うゲーミングPCを決めたらこの記事を参考にしてください。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

1月現在、RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは需要が高すぎるせいで供給不足という状況です。

どのBTOショップでもRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは頻繁に値上げされている状態なので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


『Back 4 Blood』を快適にプレイしたい人には「マグネイト MH」がおすすめ

マグネイト MH
マグネイト MH
CPU : Core i5-11400
グラフィック : GTX 1650 4GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 256GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では格安
  • PS4以上のスペック
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • 144fpsは不可能

『Back 4 Blood』をPC環境で遊びたい&できれば価格も抑えたいという方には「マグネイト MH」がおすすめです。

価格は最新ゲーミングPCの中ではかなり安く、PCゲームをプレイするのに必須であるSSDも搭載しているので性能的には問題ありません。
ただしPS4 Proと比べて極端に性能が良いというほどのスペックではなく、「『Back 4 Blood』を60fpsで遊びたい」なら十分とはいえ、「144fpsで遊びたい」という人には不向きです。

ゲーミングPCの中ではずば抜けて安い一方、コアゲーマーにとってカスタマイズしないデフォルト構成「マグネイトMH」のストレージ256GBはすぐに使い切ってしまう不安が残る容量である点は注意してください。


SSD 256GBに満足できない方はストレージ倍のPCをおすすめ

G-Tune PM-B-AF詳細なスペックを公式サイトで確認する

「G-Tune PM-B-AF」は「マグネイトMH」と同じ「GTX 1650」でスペック的に同レベルですが、「マグネイトMH」の256GB SSDの倍である512GB SSDを持っている点が強みです。

最新のAAAタイトルをインストールしたら256GBはすぐに埋まってしまいます。
値段も「G-Tune PM-B-AF」が5,000円ほど高いだけなので、複数のゲームをプレイしたい方におすすめです。

『Back 4 Blood』を200fps以上でプレイしたい人にはガレリアXA7C-R37がおすすめ

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-11700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R37」実機レビュー

メリット
  • 1440pのウルトラグラフィックを体感できる
  • 高設定200fpsでプレイできる
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • 4K144fpsは難しい

『Back 4 Blood』を200fpsでプレイしたいならドスパラ人気ナンバーワンモデル「ガレリア XA7C-R37」 がおすすめです。

ガレリア XA7C-R37」 なら次世代ゲームも不自由なく遊べるので、コアゲーマーに向けたワンランク上のゲーミングPCです。

『Back 4 Blood』を本気で遊びたい人はガレリアXA7C-R38がおすすめ

ガレリア XA7C-R38 第11世代Core搭載
ガレリア XA7C-R38
CPU : Core i7-11700
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 4Kウルトラ設定でも200fpsオーバーで遊べる
  • あらゆるゲームが最高の環境でプレイできる
デメリット
  • 高価

『Back 4 Blood』を最高のグラフィックで遊びたい、または4K200fps以上で遊びたいなら、「ガレリア XA7C-R38」 がおすすめです。

グラフィックにもフレームレートにも妥協したくない人はゲーミングPCの中でも最高峰の「ガレリア XA7C-R38」 で『Back 4 Blood』を楽しみましょう。ノーストレスで楽しめます。

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方」については以下の記事にまとめてあります。

ガレリア XL7C-R36-11800H
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「GALLERIA XL7C-R36 11800H」実機レビュー

メリット
  • 144fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の16GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 次世代GPU・RTX3060搭載
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「ガレリア XL7C-R36」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、2.0kgと比較的軽量なので持ち運びも楽勝の最強ゲーミングノートPCの一つです。

「ガレリア XL7C-R36」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

『Back 4 Blood』おすすめゲーミングPC購入時によくある質問

デスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

デスクトップPCをおすすめします。
「価格」「性能」共にノートPCよりもデスクトップPCの方が圧倒的に優れています。

「サブ機として使いたい」「置き場が無い」「持ち運びたい」という方にはノートPCをおすすめしています。
ゲーマー向けのモデルには、ノートPCでも144hz以上のディスプレイを搭載しているモデルがあるので、予算にあわせて選んでみてください。

グラボなしでも遊べる?

ほぼ不可能です。

『Back 4 Blood』は最新のゲームなので、グラボなしで遊ぶのは絶対に不可能です。

ゲーミングPCはどこで買えばいい?

パソコンを買うなら電気屋や家電量販店はNG」です。単純に割高だからです。ゲーミングPCはBTOショップで安く高性能なモデルを購入することをおすすめします。

BTOショップの中でも在庫の潤沢さ、出荷速度、値段、サポートなど総合的に考えるとまずは「ドスパラ」、それに次いでサポートの手厚い「マウスコンピューター」もおすすめです。

『Back 4 Blood』おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・低価格で快適に遊びたい → 「マグネイト MH
・200fpsで遊びたい → 「ガレリア XA7C-R37
・ウルトラグラフィックを目指したい →「ガレリア XA7C-R38
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36

この記事を参考にゲーミングPCを購入して『Back 4 Blood』で快適なゾンビシューターライフを送っていただけると嬉しいです。

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 初心者向けゲーミングPCおすすめランキング|絶対に失敗しない選び方

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事