• CoD:BO4
  • Call of Duty: Black Ops 4(コールオブデューティブラックオプス 4)

【CoD:BO4】TORQUE(トルク) 使い方・立ち回り解説【スペシャリスト攻略】

TORQUE(トルク) 性能

武器特殊装備
バリケードレーザーワイヤー
堅固な防御壁を展開する
周囲に発生する電磁波が敵にダメージを与えるだけでなく、その動きを遅らせる
防御目的の鉄条網
通り抜ける敵を傷付け、その動きを遅らせる
・必要な時に即席の遮蔽物を展開
・戦略的主要地や目標物を要塞化
・動きを遅らせる波動でキルを効率化
・主要路を塞いで敵を阻害
・広間、階段、入り口を塞ぐ
・窓際や曲がり角に設置
・敵がワイヤーにかかると通知
・伸縮して空間を埋める

関連記事 CoD:BO4おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド

TORQUE(トルク)の立ち回り 「バリケード」と「レーザーワイヤー」の使い方

TORQUE(トルク)の基本的な立ち回りとしては、「レーザーワイヤー」「バリケード」による妨害・足止めがメインになってきます。

レーザーワイヤーの使い方

「レーザーワイヤー」は角や敵が逃げ込みそうな小部屋などに設置しておくと、面白いほど敵の体力をゴリゴリ減らしキルに繋がります。壊されるまで設置されたままなので足止めどころか思わぬ連続キルも…。

レーザーワイヤーにかかった敵の動きは遅くなるので、よほどのことがない限り軽く倒せます。
角や小部屋の入り口にレーザーワイヤーをかけてガン待ちするのも良し、レーザーワイヤーには単独で仕事をしてもらって自分は動き回って敵をキルしに行っても良しです。

トルク レーザーワイヤー1

通路や角など、戦闘中の敵が逃げ込みやすい場所に置くと引っかかりやすい。

トルク レーザーワイヤー2

放っといても仕事してくれるレーザーワイヤー。

バリケードの使い方

スペシャルウェポンの「バリケード」も設置系の武器です。バリケードは防御もできますし、敵の動きを遅くしダメージを与えるパルスも放ちます。

通路や小部屋の入り口などに設置して道を塞ぐ使い方もできますし、目標物を防衛するための手段としても使えます。
パルスダメージがかなり強力で近づいた敵がゴリゴリ死んでいきます。マップに一つはある敵が集まる広場などに設置するとスコアが美味しいです。

トルク バリケード1

通路や逃げ道になりそうな場所などいやらしい場所に置くと仕事します。

放っといても仕事してくれるバリケード。

TORQUE(トルク) 対策

この記事ではTORQUE(トルク)の使い方を紹介してきましたが、敵に回ったときの対処法も紹介します。

TORQUE(トルク)の嫌らしいレーザーワイヤーの対策はパーク1の「エンジニア」を装備することです。

「エンジニア」の効果は味方と敵の特殊装備・スコアストリークなどを色付きでハイライト表示してくれるというものです。
レーザーワイヤーもバリケードも壁越しに位置がわかるようになるので、エンジニアがあれば落ち着いて対処できます。

パーク1のエンジニア。個人的には必須パークだと思う。

TORQUE(トルク) 相性の良い武器・ギア・パーク

TORQUE(トルク) のスペシャルウェポンも特殊装備も放っといても仕事をしてくれるタイプのものなので、基本的にはどんな装備とも相性がいいです。

特にバリケードを設置し、頭出しでSRやDMRを撃つという使い方が強いです。
芋れそうな場所にバリケードを設置しそこを拠点に戦い、進行経路はレーザーワイヤーで潰すと安定します。 パークは相手の足跡を表示する「トラッカー」や、とりあえずつけとけ的な安定したパークである「エンジニア」がおすすめ。
ギアは「音響センサー」を選べば詰められる前に気づけます。

赤丸をつけたようなところでSRを持って芋ると強いです。

TORQUE(トルク) 総評

設置するだけで味方に貢献できる非常に強力な「レーザーワイヤー」、同じく防衛しつつキルもとれる「バリケード」が揃ったスペシャリスト。

初心者の方でも動かし方がわかりやすく、なおかつ強いので、誰を使うか迷ったらとりあえず選べばいいスペシャリストです。 「レーザーワイヤー」「バリケード」を上手く使いこなすにはマップの構造を覚える必要があり、そこで得た知識・経験は他のスペシャリストにも活かせます。

そのほかのスペシャリスト解説記事

『CoD:BO4』関連記事

CoD:BO4 / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。