【MHW】モンハンワールド:アイスボーンおすすめゲーミングPC 高画質60fpsで遊べる推奨スペックをベンチマークから厳選!

PCに先行されて発売されたPS4版の評価も高く、ついに待望のPC版が発売された『モンスターハンター:ワールド』(そしてその大型アップデートであるアイスボーン!)。
高画質・高フレームレートで遊ぶためにPS4版を買わずにPC版の発売を待っていたという人も多いのではないでしょうか。(筆者もその1人です。)

この記事ではPC版モンハンワールドを「最高設定・最高画質60fps」、「ゲーミングモニターを使って60~144fps」でプレイするために最適なゲーミングPCを紹介していきます。
PC版を待ち望んでいた人も、PS4版で遊びはしたけど「綺麗な画質と高いフレームレートでもう一度遊びたい…」という人も参考にしてください。

説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・高画質60fps → 「ガレリアXA7R-R37
・144fpsを出したいなら → 「ガレリアXA7R-R38
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

PC版モンハンワールド:アイスボーンの動作環境・推奨スペックは?

この記事は高画質60fps、またはゲーミングモニターを使い60fps~144fpsのフレームレートを出したい方に向けた記事なので最低環境(いわゆる必要スペック)の説明はせずに推奨環境を見ていきます。

MHW:IB 推奨環境(公式サイトから引用)
OSWINDOWS® 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT 必須)
プロセッサーIntel®Core™ i7 3770 or Core™ i3 8350 or Core™ i3 9350F or AMD Ryzen™ 5 1500X or Ryzen™ 5 3400G
メモリー8GB RAM
ストレージ48GB以上の空き容量
グラフィックNVIDIA® GeForce® GTX 1060(VRAM 3GB) or GTX 1650
DirectXVersion 11
サウンドカードDirectSound対応(DirectX® 9.0c以上)
備考 グラフィック設定「高」で、1080p/30fpsのゲームプレイが可能。

公式サイトに記載されている推奨スペックはCPUがi7 3770、GPUがGTX1060 3GB以上と、性能の高いPCを要求しています。
この推奨スペックは「グラフィック高で30fps」を出せるスペックが基準になっています。

正直、30fpsしか出せないならPCでやる意味はないと断言します。PS4で充分です。
なので、この推奨スペックギリギリのゲーミングPCだと快適に遊べません。
PC版でモンハンワールドをやるなら最低でも60fps、高みを目指すならゲーミングモニターを使用して60~144fpsが理想です。

当然のことですが、フレームレートが30fpsと60fpsでは別ゲーレベルの差があります。144fpsならなおさらです。

フレームレートについて補足

フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

フレームレートについてもっと詳しい解説を読みたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 フレームレートとは何か?ゲームに最適なfpsを比較・確認

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、パソコン大百科の「PCスペックの確認方法」という記事がGPU、CPU、メモリの確認方法をガイドしているので参考にしてください。

価格・スペック別3選!

モンハンワールドはPS4よりゲーミングPCがおすすめ

モンスターハンターワールドのPC版とPS4版の比較。PC版にしかできないことを解説していきます。

MHW PS4版とPC版ではグラフィックに差がある

モンハンワールド PC版とPS4版のグラフィック・画質比較はこちらの動画がわかりやすいです。
フルHDだと細かい違いはありますがパッと見てそれほど大きなグラフィックの差があるようには感じませんでした。

ちなみに、PC版4K最高設定はめちゃくちゃ綺麗です。しかし、フレームレートは30fps出ればいい方で、とてつもなくハイスペックなPCが必要です。

PC4KとPS4、PS4 Proのグラフィック比較。引用元

MHW PC版はフレームレート(fps)が無制限

モンハンワールドをPCでやる最大のメリットは高いフレームレート(fps)が出せることです。

PS4はフレームレートの上限が60fps。上記の動画を見てもらえれば分かる通り、そもそもPS4だと25~30fps、PS4 Proだと30~40fpsしか出ません。

それに対してPC版はフレームレートの最大値を無制限に設定できるので、PCスペックが許す限りまるで本当に生きているかのようにヌルヌル動くモンスターを狩ることができます。

MHW PC版はMOD導入が可能

水着化MOD

PCゲームの醍醐味とも言える「MOD」の導入が可能です。
UI・HUDの変更から、根本的にキャラクターモデルを変更してしまうMODまで様々な種類があります。

しかし、公式ではサポートされていないので導入には注意が必要です。以下の記事にてMODの紹介と導入方法を紹介しているのでMOD導入予定の方は目を通しておいてください。

MHW PC版とPS4版のロード時間比較

モンハンワールドPC版とPS4版のロード時間の差が分かりやすい動画があったので紹介させていただきます。
動画を見てもらえれば分かる通りロード時間に数十秒~から1分の差があります。

PC版+SSDの爆速ロードならばロード時間にイライラせずにストレスなく遊べます。
唯一のデメリットとしてはロード時間が一瞬すぎてロード画面中に表示される説明が読めないことくらいでしょうか(笑)。

MHW PC版の操作はマウス・キーボードも使用可能

マウス・キーボード操作をするならサイドボタンも活用しよう

PCゲーマーの方はマウス・キーボードで操作したいという方も多いと思います。PC版モンハンワールドはマウス・キーボードを使った操作も可能です。
もちろんPS4コントローラーや、箱コンで遊ぶこともできます。
しかし、リリースされた直後はマウス操作の最適化がうまくいっていないのか少し操作しにくく感じました。

気になる方は、マウス・キーボード・各種ゲームパッドの操作感をレビューした記事を用意したのでチェックしてください。

価格・スペック別3選!

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ベンチマーク測定

こちらはモンハンワールドをGTX 1650でテストしたベンチマーク動画です。推奨スペックに近い環境では30fpsは安定しても、60fps安定は難しいようです。

推奨スペックよりかなり高いGTX 1070でテストしたベンチマーク動画がこちらです。最高設定で平均60fpsに到達していますが、激しい戦闘や環境が変化する場面では60fpsを切ることもあるようです。

RTX 2070なら1080pで平均80fps、1440pで平均50fpsが望めそうです。

モンハンワールドで最高画質60fps以上安定を求めるならRTX 2070くらいは必要だということがわかりました。

モンハンワールド:アイスボーンにおすすめなBTOゲーミングPC

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

9月現在、RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは需要が高すぎるせいで供給不足という状況です。

どのBTOショップでもRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは頻繁に値上げされている状態なので、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


最高設定60fpsを実現させるモンスターマシン

ガレリア XA7R-R37
ガレリア XA7R-R37
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7R-R37」実機レビュー

モンハンワールドを最高画質60fpsでプレイするのに最適なゲーミングPCは「ガレリア XA7R-R37」です。
GPUがハイスペックなため、他のゲームに比べてスペック要求が高いモンハンワールドも難なく動きます。SSDも搭載されており、ほぼ一瞬で終わる爆速ロードを実現できます。

MHW公式サイトで発表されている推奨スペックでは「GTX1060 3GB」となっていましたが、これは30fpsでの動作の場合なので60fpsのプレイを実現させることは不可能です。
しかし、このゲーミングPCのGPUであれば最高設定・高画質で平均60~90fpでの動作が可能です。

せっかくPCで遊ぶなら、PS4レベルの低画質・30fpsで遊ぶより高画質かつヌルヌル動く「ガレリア XA7R-R37」 でプレイすることを検討してみましょう。

最低設定(←)と最高設定(→)の画質の違いです。モンスターの肌のテクスチャを見ると分かりやすい差があります。

ゲーミングモニターを使ってプレイするならこれ一択

ガレリア XA7R-R38
ガレリア XA7R-R38
CPU : Ryzen 7 3700X
グラフィック : RTX 3080
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
Core i9搭載モデル → ZA9C-R38
ドスパラで詳細・価格を見る

ゲーミングモニターを使ってフレームレート144fpsでプレイしたい方はドスパラの最高級モデル 「ガレリア XA7R-R38」がおすすめ。

GPUのRTX3080は快適に遊べないゲームが無いレベルの化物グラボです。その分価格も高いが妥協したくない人はこれ一択

私が所有しているこのゲーミングPCに近い環境でフレームレートを測定してみたところ、最高設定で90~120fpsとマップや場所によってかなり上下しましたが、高い水準でプレイできました。
マップが狭い闘技場では240fps以上で安定していましたね。

144hzや240hzのゲーミングモニターを持っている人やゲーミングPCと一緒に購入しようと思っている方は 「ガレリア XA7R-R38」を選べば間違いないと思います。

144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は忘れずに一緒に購入しておきましょう。


こちらのBenQ「XL2411K」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方」については以下の記事にまとめてあります。

ガレリア XL7C-R36
ガレリア XL7C-R36
CPU : Core i7-10875H
グラフィック : RTX 3060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XL7C-R36」実機レビュー

メリット
  • 144fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の16GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 次世代GPU・RTX3060搭載
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「ガレリア XL7C-R36」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、2.0kgと比較的軽量なので持ち運びも楽勝の最強ゲーミングノートPCの一つです。

「ガレリア XL7C-R36」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

以下の記事でも「おすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPCおすすめランキング|初心者でも絶対に失敗しない選び方解説

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

以下のページではゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスをまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事