• BF5
  • BFV、BattlefieldV(バトルフィールド5)
  • HOME
  • 全記事
  • BF5 , 攻略
  • 【BF5】バトルフィールドV初心者向け講座 立ち回り・撃ち合い・各兵科の役割を攻略

【BF5】バトルフィールドV初心者向け講座 立ち回り・撃ち合い・各兵科の役割を攻略

この記事はバトルフィールドⅤの初心者向け講座です。
FPS初心者や、BFシリーズを初めてプレイする人に向けた記事なので、立ち回り・撃ち合いについての基礎的な内容が中心となります。
どのルールで遊んでも役に立つ知識です。

操作方法を知りたい方はこちらの記事を先に読んでください。

関連記事 BF5 おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド

BF5 基礎テクニック・立ち回り・撃ち合い

BF5を初めた人がまず覚えること、意識することを解説していきます。

味方の分隊と一緒に行動する

BF5は今までのバトルフィールドシリーズより、分隊行動が重視されたつくりになっています。
出撃したときに持ってる弾薬も少ないですし、回復も一定量までしか回復しないので、マップ上に置いてある回復キットをとるか衛生兵に回復してもらうことになります。
このように兵科ごとの役割がとても重要なので、できるだけ分隊で固まって動くようにしましょう。

bf5分隊

また、初心者のころは敵と撃ち合いになっても中々勝てないかもしれませんが、分隊で固まって行動していれば自分が倒しきれなかった敵も味方が倒してくれるかもしれません。
分隊で固まって行動することにはメリットしかないので意識してみましょう。

回復パック、弾薬パックを積極的に配る

衛生兵なら回復パック、援護兵なら弾薬パックを味方に配っていきましょう。
回数制限はないので積極的に投げつけて大丈夫です。

ミニマップを見る・マップを覚える

マップ構造を覚えましょう。
コンクエストなどの64人マップは広くて覚えるのが大変かもしれませんが、マップ構造を覚えることによって、”ここによく敵がいる”、”ここにいるとSRで狙われやすい”など有利に立ち回れる知識が付きます。
何度も繰り返し遊んで覚えるしかないですが、意識してみると立ち回りやすくなります。

ミニマップを見ることも重要です。
例えば、味方の死亡マーク(ドクロ)の近くには敵がいる可能性が高いです。常にミニマップを確認する癖をつけて動きましょう。
デフォルトだとミニマップのサイズが小さいので、100% → 150%くらいに設定すると見やすいです。
設定方法はこちらの記事に載せています。

BF5ミニマップ

赤枠の部分です。

足音を聞く・銃声を聞く

”音”はBF5に限らずFPSでは重要な要素です。
足音がしたときはミニマップを確認し味方なのか敵なのか確認しましょう。

クリアリング

クリアリングとは、敵が隠れている、こちらに出てくる可能性がある場所を確認することです。
クリアリングを怠ると、視覚外の後ろや横にいた敵から撃たれて、対応できずすぐに死んでしまうため生存率が大幅に下がってしまいます。
マップの角、オブジェクトの裏など敵が隠れていそうなポイントを確認しましょう。

裏取り

裏取りとは敵に気づかれないように近づき、背後や横から奇襲をかけることです。
守りが薄い拠点などの裏から攻めて相手の不意を突きましょう。
成功すればこちらが一方的に拠点を制圧できます。

角待ち

足音やミニマップの情報で敵が来るのを予測してマップの曲がり角などで待ち伏せをするテクニックです。
こちらが先撃ちできるため自分のペースで撃ち合いに持っていけます。

接近戦では覗き込まずに撃つ

敵との距離がかなり近い撃ち合いのときは、覗き込まず(ADS)に腰撃ち(ADSせずそのまま射撃)で対応しましょう。
敵が目の前にいるような状況ではADSすると逆に狙いづらく、覗き込む時間もかかります。腰撃ちだと精度はさがりますが敵が目の前にいるような距離なら大丈夫です。

ヘッドショットを狙う

BF5は体の部位によってダメージが違うので、ダメージの多いヘッド(頭)を狙うことを意識しましょう。
特に斥候兵のスナイパーライフルは頭に当てないと中々敵が倒せません。

リロードのタイミングを考える

リロード中は銃が撃てないので一方的に攻撃されてしまいます。
敵が複数人いる状態で、1人倒して弾が切れたときはリロードをするよりサブウェポンのハンドガンなどに切り替えて攻撃した方が良いです。
リロードは遮蔽物があるときや、安全が確保されたタイミングでおこなうように心がけましょう。

BF5 各兵科ごとの役割・立ち回り

BF5には、突撃兵・援護兵・衛生兵・斥候兵と4つの兵科があります。兵科ごとに役割が変わってくるので解説していきます。

突撃兵の枠割・立ち回り

BF5突撃兵

突撃兵は唯一アサルトライフル(AR)が使える兵科です。
初期から使える武器「Sturmgewehr 1-5」がかなり強力かつ使いやすいです。他兵科と撃ち合いになっても余程不利な状況じゃない限り撃ち勝てます。
積極的に撃ち合っていく立ち回りがしたい人におすすめです。

STG 44

デメリットとしては、すぐに弾薬が足りなくなります。援護兵の分隊員と一緒に行動すると良いでしょう。

援護兵の役割・立ち回り

BF5援護兵

援護兵は味方に”弾薬を配る”ことを意識しましょう。
今作は出撃時の弾薬が少ないので、弾薬を味方に配れる援護兵はかなり重要な役割となっています。
分隊員と行動し、弾を配りながら動いていきましょう。

援護兵が使える建築ツールは、ビークルを修理することもできるので覚えておきましょう。
キルが取れなくても味方に貢献できる兵科です。

衛生兵の役割・立ち回り

BF5衛生兵

衛生兵は回復パックが使えるので、慎重に立ち回れば戦場で生き残り続けることができます。
もちろん、味方の蘇生や回復も行いながら立ち回りましょう。
援護兵と一緒に行動すれば弾と体力を維持した状態で戦い続けられます。

衛生兵が使えるサブマシンガンは精度がよく扱いやすいので初心者におすすめです。
突撃兵と正面から撃ち合いになると倒しきれないことが多いので慎重に動くことを心がけると良いです。

斥候兵の役割・立ち回り

BF5斥候兵

斥候兵はスナイパーライフルが使える兵科です。
スナイパーライフルは胴体に当ててもダメージが低く倒しきれないこともあるのでヘッドショットを意識して使いましょう。

単眼鏡・フレアガンを使えば、敵の位置をスポットできるため味方に敵の位置を知らせることができ、貢献できます。

BF5関連記事

当サイトはBF5のWikiも運営しています。攻略の参考にどうぞ。


BF5 / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。