• CoD:BO4
  • Call of Duty: Black Ops 4(コールオブデューティブラックオプス 4)
20hz

【CoD:BO4】弾抜け・チックレート問題は将来的なアップデートで修正予定

『コールオブデューティ ブラックオプス4』で「ベータ版では60hzだったサーバー送信レートが製品版では20hzになっている」として、Redditで大きな話題になっている。

補足
10/28 マルチプレイヤーモードが60hzに改善されたとの報告がありました。ブラックアウトモードは変わらず20hzとのことです。(参考リンク

関連記事 CoD:BO4おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド

『CoD:BO4』が炎上した問題点

「チックレート」とネットワークの関係は『スプラトゥーン2』発売当時になされた議論がネット上に見つかるので、参考にしてほしい(参考)。

議論になっているサーバーの貧弱さ(?)が具体的にどういう問題を引き起こすのかユーザー目線では推測しかできないが、簡単に言えば、日本人の間で「アジアサーバー特有のping値の高さによるラグが原因」などと思われていた「弾抜け(アニメーション上は敵に弾が当たっているように見えるのに実際は当たっていない)」が実はTreyarch側のサーバーが原因で世界中で起こっているのではないか、というのだ。

「ベータ版はプロモーションとして良いサーバーを使い、実際の製品版では発売3日で5億ドルを稼いでおきながら悪いサーバーを使ってゲーム体験を損なうとは何事だ」というReddit民の怒りが炎上に繋がったようだが、この「チックレート問題」(正確には「アップデートレート」)に対し、Treyarch公式は10月22日、「改善する」と約束した。

Treyarchはプレイヤーにとって最高のネットワーク体験を実現するために絶えず努力を続けています。
グローバルな大規模ゲームのローンチにおいて、サーバーはなによりもまずゲームの安定性を最優先に設定されます。
今後2週間以内に、ネットワークパフォーマンスに関わる大きなアップデートを実施する予定です。
ゲームの発売は始まりにすぎず、継続的な追加・調整・改善を通じてBO4を最高のゲームにすることを約束します。
皆さんの支援と忍耐に感謝します。 -Trearch

前回のアップデート 「ブラックマーケット」アプデ情報まとめ

当たったように見える弾が当たっていない、またはその逆に当たっていないように見える弾が当たる問題はネットワーク上のラグではなくヒットボックス(当たり判定)の雑さによって起こっているのではないか、という指摘もある(参考)。
どんな理由であれ、こうした問題はプレイしていて不快なだけではなく「弾抜けしても関係ないほどにキルタイムが早いサブマシンガンが最強」という風にゲームバランスにさえ影響を与えるので、ユーザーとしても妥協できないところ。

たくさんの人が楽しんでゲームをやっているのだからそれでいいのではないか、という意見もあるが、ここ数年で最高のFPSになりうるポテンシャルを持ったゲームの開発者として、Trearchにはより長く楽しい経験のための努力を期待したい。

当サイトは「CoD:BO4」の攻略Wikiを運営しています。ぜひチェックしてください。

CoD:BO4 / ニュースカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。