フォールアウト76(Fallout 76) おすすめゲーミングPC紹介&購入ガイド フレームレート60fps or 144fpsで快適にアパラチアを旅しよう

追記
11/23 アップデートによりfps制限が無くなったため記事を大幅に更新

この記事はPC版『Fallout 76(フォールアウト76)』を「60fps」or「144fps」でプレイしたい方に向けておすすめなゲーミングPCを紹介していきます。
快適にアパラチアを旅できるように当サイトが責任を持って(?)サポート・・・!

以下の3つのうちどれか1つでも当てはまった方には参考になるはずです。

  • 『Fallout 76』の最小・推奨スペックが知りたい
  • 『Fallout 76』におすすめなゲーミングPCが知りたい
  • 『Fallout 76』をフレームレート144fpsでプレイしたい


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい方は画像をクリックしてください。

フォールアウト76 60fps ゲーミングPC
フォールアウト76 4K60fps ゲーミングPC
Fallout76ゲーミングPC144fps

PC版『Fallout 76』最小スペック・推奨スペックを解説

PC版『Fallout 76』の最小動作環境・推奨動作環境、またグラボが刺さっていないゲーミングPC以外のパソコンでプレイすることは可能なのかを説明していきます。

Q.グラボが搭載されていないパソコンでも遊べる? → A.遊べません

Fallout76 グラボ無しではプレイできない

グラボが搭載されていないパソコンではプレイできません。

Fallout76は、広大なオープンワールドのマップとオンラインプレイという組み合わせなので、PCの性能が低いと動かすのは難しいです。
一昔前のパソコンやグラボが搭載されていないパソコンだと満足にプレイすることはおろか、起動すらしない可能性が高いので最新のゲーミングPCに買い換えることを検討しましょう。

PC版『Fallout 76』:最小動作環境

最小スペック(公式サイトから引用
CPU Core i5-6600k 3.5 GHz / Ryzen 3 1300X 3.5 GHz同等以上
メモリ8GB
GPUGTX 780 3GB / Radeon R9 285 2GB同等以上

最低でもCPUがi5、GPUがGTX780、メモリが8GBと、少し古いゲーミングPCでも動きます。
しかし、最低動作環境だとフレームレートは平均30fpsといったところなので快適に遊べるとは言えないですね。PS4版と変わらないか、それ以下のクオリティになってしまいます。(PS4 Proで30fps)

PC版『Fallout 76』:推奨動作環境

推奨スペック(公式サイトから引用
CPU Core i7-4790 3.6 GHz / Ryzen 5 1500X 3.5 GHz
メモリ8GB
GPUGTX 970 4GB / AMD R9 290X 4GB

推奨スペックも同時期に発売された、バトルフィールド5などと比べてみると、そこまで高くなく抑えめです。

関連記事 BF5最小スペック・推奨スペック

ミドルスペック程度のゲーミングPCなら、フレームレート平均40~50fpsで遊べますね。
安定してfps60張り付きを維持したい場合、もう少し上のスペックが欲しいところです。

PC版『Fallout 76』はフレームレート144fpsでプレイ可能? → 可能です

Fallout76は144fpsでプレイ可能
フォールアウト76は144fpsでプレイ可能です。

リリース直後はfpsが最大63までしか出ないように固定されていましたが、アップデートにより制限が解除され、144fpsでプレイすることが可能になりました。

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

144fpsでプレイするメリット・デメリット

144fpsでプレイするメリット
  • 画面の動きがなめらかになる
  • PvPで有利になる
  • 目が疲れにくい・画面酔いしにくい
144fpsでプレイするデメリット
  • 144hzに対応したゲーミングモニターが必要
  • ゲーミングモニターの値段が普通のモニターよりも高い

メリットとしては、フレームレートが高ければ高いほど、画面がなめらかに動くため、30fpsや60fpsとは比べ物にならないほど快適にプレイできます。
デメリットとしては144hz対応ゲーミングモニターが必要になり、PCのスペック要求も高くなるため、費用がかさむということです。

『Fallout 76』はPS4 Proだと30fpsが限界なので、PC版で120fps以上のフレームレートを出して遊ぶと、約3倍画面がなめらかな状態でプレイできます。
ほとんど別ゲーレベルの快適さになるので、個人的にはゲーミングモニターを使用して144fpsで遊ぶことをおすすめします。

筆者も所有している144hz対応ゲーミングモニター。Amazonでもランキング上位です。

PC版『Fallout 76(フォールアウト76)』おすすめゲーミングPC

ここからは、PC版『Fallout76』に最適なゲーミングPCを2つに絞って紹介していきます。

  • フルHD最高設定で余裕を持って60fpsを維持できるPC
  • ゲーミングモニターを使用して144fpsでプレイできるPC
  • 4K最高設定で60fps

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

予算を抑えて60fps維持したいなら「ガレリアXT」がおすすめ

GALLERIA XT
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-8700
グラフィック : GTX1060 6GB
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD , 1TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 最新GPU「RTX2070」搭載モデル
  • 平均60fpsでプレイ可能
  • SSD搭載
デメリット
  • 4Kで遊ぶのは難しい

フルHD最高設定でフレームレート60fpsを維持してプレイしたいなら「ガレリアXT」がおすすめです。
GPUがGTX1060 6GB、CPUがi7-8700と、14万円台で購入できてfps60を維持できる性能を持っています。

フォールアウト76はPS4Proでもフレームレート30fpsがやっとなので、倍の60fpsでヌルヌルサクサク遊べるのはPC版だけの特権ですね。
デメリットとしてあげた部分も、4Kモニターでプレイする予定がなければ問題ないでしょう。

Fallout76 1920*1080 GPU別フレームレート

1920*1080最高設定のGPU別フレームレート比較。GTX1060 6GBは60fps以上で維持ができている。(参考サイト

Fallout76 グラフィック最高設定

最高設定のスクリーンショット。

ガレリアXT の詳細・価格情報はこちら


ゲーミングモニターを使用して144fpsでプレイするなら「ガレリア ZF」がおすすめ

ガレリア ZF
ガレリア ZF
CPU : Core i7-9700K
グラフィック : RTX2070 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では価格が安い
  • 平均144fpsでプレイ可能
  • SSD搭載
  • メモリが16GB
デメリット
  • ゲーミングモニターの購入も必要なため費用がかさむ

フレームレート144fpsを維持してプレイしたいなら「ガレリアZF 」がおすすめです。

最新GPU「RTX2070」と8コアCPU「i7-9700K」搭載のハイスペックゲーミングPC。このスペックなら平均フレームレート144fpsでプレイできます。
ドスパラにある他のRTX2070搭載モデルはメモリが8GBのなのですが、「ガレリアZF 」はメモリが16GB搭載されているため144fpsでプレイするのにおすすめなゲーミングPCとして挙げました。

ガレリアZFの詳細・価格情報はこちら

144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は一緒に購入することを忘れないようにしましょう。(144hz対応モニターでなければ宝の持ち腐れなので)


こちらのBenQ「XL2411P」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

XL2411P の詳細・価格情報はこちら

4K最高設定で60fpsを維持したいなら「ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル」がおすすめ

ガレリア ZZ i9-9900K
GALLERIA ZZ RTX
CPU : Core i9-9900K
グラフィック : RTX2080 Ti 11GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 3TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 現状最高性能のGPUであるRTX 2080Ti搭載
  • 8コアCPU i9-9900K搭載
  • 4K最高設定で60fps動作可能
  • ゲーム実況配信・動画編集も難なくできる性能
デメリット
  • ハイスペックなため30万円超え

4K最高設定でプレイしたい方はドスパラの最高級モデル『ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル 』がおすすめです。

現行最高性能のGPU「RTX 2080Ti」と最新8コアCPU「i9-9900K」というとんでもない組み合わせのゲーミングPC。このスペックなら4K最高設定でも60fpsを維持することが可能です。

デメリットとしては価格の高さですが、4K最高設定でプレイしたい方は価格よりスペック優先だと思うのでデメリットにならないかもしれません…。
この性能なら数年間は最新ゲームでも快適に遊んでいけるので、この機会に思い切って手に入れてしまうのもアリですね。筆者もRTX2080Ti搭載ゲーミングPCをメインで使っていますが、ゲームに対するモチベーションがめちゃくちゃ上がります。

4K解像度(3840×2160)最高設定のGPU別フレームレート。(参考サイト

ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル の詳細・価格情報はこちら

4Kモニターを持っていない方は一緒に購入するのを忘れないようにしましょう。


4Kモニターはこちらの「BenQ EW3270U」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

フォールアウト76 関連記事

最後に、Fallout76購入前に読んでおくといい記事をまとめてみました。快適なアパラチアライフを送りましょう。

当サイトは、Fallout76のWikiも運営しています。攻略の参考にどうぞ。

Fallout 76 / ゲーミングPCカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。