• HOME
  • 全記事
  • レビュー
  • 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ&イーブイ』レビュー・評価・感想 懐かしくも新しい今までにないポケモン
ピカブイ

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ&イーブイ』レビュー・評価・感想 懐かしくも新しい今までにないポケモン

ポケットモンスターLet’s Go! ピカチュウ&イーブイ

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ
ジャンル  : RPG
機種    : ニンテンドースイッチ
開発    : ゲームフリーク
発売日   : 2018年11月16日
Amazonで詳細を見る
  
総評

ポケモンGO勢やライト層に向けたいつもと違うポケモン。コア層はやや物足りないかもしれないが、「ポケモン」が好きなら楽しめる。

7/10
良い点
  • 初代ポケモンの懐かしさ
  • グラフィックの向上
  • 野生ポケモンのシンボルエンカウント化
  • 全ポケモンの連れ歩き
  • 簡素なゲームシステム
  • ポケモンGOとの連携要素
  • 相棒ポケモンの可愛らしさ
悪い点
  • 直感的に操作できない古臭いUI
  • プロコン非対応
  • ポケモンXYから進化のないモーション
  • 対戦勢には物足りない
  • クリア後の要素が少ない

レッツゴーピカチュウ&イーブイ(ポケモンピカブイ)は11月16日に発売されたポケットモンスターシリーズ最新作。ニンテンドースイッチでは初となるポケモン本編であり、ポケモンGOの要素も取り入れたタイトルだ。
この記事では「ポケモン対戦勢」かつ「ポケモンGO勢」の筆者がポケモンピカブイをレビューしている。

ポケモンピカブイは初代リブートかつポケモンGO要素を取り入れた作品

野生ポケモンとのバトルは廃止され、ポケモンGOのゲットチャレンジが採用。

「ポケモンピカブイ」の大筋はゲームボーイで発売された『ピカチュウ版』と同じで、舞台は再びカントー地方なので、初代ポケモンを遊んでいた人は懐かしく感じるだろう。
今作は主人公とライバルが初代ポケモンから変更され、初代主人公とライバル(レッド・グリーン)は先輩という立場になっている。
システム面では野生バトルを廃止してポケモンGOの「ゲットチャレンジ」要素を取り入れているので新鮮味もある。

ハードが3DSからニンテンドースイッチに進化したことで、初代ポケモンには無かったムービーが挿入されている。
ピカチュウ(イーブイ)との出会い、ガラガラとカラカラの別れなど、思い出深い懐かしのシーンが綺麗になって蘇った。

メルタン

ポケモンGOに先行登場した幻のポケモン『メルタン』。
メタモンがへんしんして登場し、当初はバグポケモンと予想する人もいた。

作品の狙いについて話すと、やはり『ポケモンGO』の大ヒットを受け、ポケモンというコンテンツを楽しむ層の拡大を目指した作品という印象が強い。

ポケモン自体は子供向けゲームとしての色が強い反面、『ポケモンGO』は中高年にヒットしており、彼ら彼女らはまさにポケモンが取り入れたかった層だ。
そのポケモンGOの要素を取り入れて間口を広げ、幻のポケモンをポケモンGOで先行登場させるなどの仕掛けも行っている。

株式会社ポケモンの石原社長が「はじめてポケモンを遊ぶ人、ポケモンGOを遊んだ人に触って欲しい」と発言している通り、まだゲームを遊んだことすらない小さな子どもや、普段ゲームに触れない中高年層を狙ったゲームだということがわかる。
ゲームの内容にはアクション要素など複雑な操作が無く、ゲーム慣れしていなくてもクリアできる易しいつくりになっている。

逆に言えば、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のような探索要素の強いオープンワールドのゲームを期待していたユーザーにはおすすめできない。
今回はあくまでも「初代回帰」「ライト層向け」「新たな方向性」「ポケモンの可愛らしさ」を重視したタイトルであることは理解しなければならないだろう。

ニンテンドースイッチで実現した全ポケモン連れ歩き

ピカブイ 連れ歩き

ポケモンピカブイなら今までのなみのりではなく「ラプラスに乗って」を楽しむことができる。

今作で特筆すべきは連れ歩きシステムの復活だろう。

ゲームボーイの『ピカチュウ版』ではピカチュウを連れ歩いて冒険し、DSで発売された『HGSS(ハートゴールド・ソウルシルバー)』でもポケモンを連れ歩いて冒険することができた。
しかし3DS作品以降になってからはその機能が復活することはなく、ニンテンドースイッチでようやく実現にこぎつけた。

ポケモンピカブイ 連れ歩き ナゾノクサ

トキワのもりでナゾノクサを連れている様子。木漏れ日を通るとナゾノクサがくさタイプらしい反応してくれる。

全ポケモンに固有のモーションを実装し、そのポケモンならではの移動方法が用意されている。
例えばリザードンなら背中に乗って空を飛び、ラブラスなら波乗り、ヤドンならノロノロと遅い速度で主人公の後ろについてきてくれる。
くさタイプなら木漏れ日に反応し、みずタイプのポケモンなら海に反応するなど、作り込みは非常に細やか。

ゲームのタイトルこそ「ピカチュウ&イーブイ」だが、好きなポケモンと一緒に冒険することで「自分だけのレッツゴー」を楽しむことができるというのが最大の評価点だと言える。
もし全ポケモンを連れ歩いて堪能しようとすれば来年の新作発売にも間に合わないだろう。

ポケモンGOとの連携要素は薄め

GOパーク

ポケモンGOからポケモンを連れてきてゲットすることができる。
ポケモンピカブイからポケモンGOへポケモンを送ることはできない一方通行のシステム。

ポケモンピカブイのポケモンGO要素

・野生バトルが廃止されゲットチャレンジが採用
・ポケモンGOからポケモンを連れてくる施設『GOパーク』が登場
・ポケモンを博士に送ることでポケモンを強化できるアメを貰える

ゲットチャレンジの導入から『ポケモンGO』から大きな影響を受けているようにも見えるが、実はそうでもない。
ストーリーは今まで通りポケモンバトルで進んでいき、経験値のゲットが野生バトルからゲットチャレンジに変更されただけ。
基本的なゲット&バトルという要素は変わっておらず、むしろ特性と持ち物の廃止という点から初代への回帰という印象がより強い。

実際にポケモンGOと連携ができるのはジムバッジを4つ集めた後であり、ポケモンのレベルで言えば40ほどになっている段階でようやく解禁される。
連携機能はポケモンGOからポケモンを連れてくる程度であり、連れてきたポケモンはレベルが低いのでゲームバランスを壊すことはない。

ポケモンGO側では、ポケモンピカブイへポケモンを送ると幻のポケモン『メルタン』が手に入る『ふしぎなはこ』という道具が入手可能。
しかしポケモンを送ってしまうとポケモンGOへは返すことができないので、前述の通り連携の要素は薄い。

レート勢向けのコンテンツは2019年の新作



ポケモンピカブイで廃止された対戦向けの要素

・レート対戦とランダムマッチ
・GTSとミラクル交換
・タマゴの孵化による個体値厳選
・約400種類以上の技

ポケモンピカブイはそもそもレーティングマッチが存在していないため、対戦を目的としてポケモンシリーズを購入する人には向いていない。
そもそもポケモンピカブイの発表と同時に、2019年にもポケモン本編新作があると発表されており、グラフィックの向上やレート対戦を望んでいるコア層はそちらの作品待ちとなる。

とはいえ、このポケモンピカブイから対戦に興味を持つ人も少なからずいるだろう。
ポケモンの世界大会である『WCS2019(ワールドチャンピオンシップ)』は『ポケモンUSUM』で行われ、1年間は対戦するプレイヤーがいるので、本気で対戦を望むのであればポケモンUSUMを買うことをおすすめする。

ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS
任天堂 (2017-11-17)
売り上げランキング: 278

物足りないボリューム クリア後の要素は少なめ

ピカチュウ版からの変更によって出番がかなり増えたロケット団。

ポケモンピカブイはピカチュウ版をベースとしているため、最近の作品と比較するとシナリオボリュームが少なめ
イベントやムービーを増やしているものの、同じく初代ポケモンをベースとしているGBAの『FRLG(ファイアレッド・リーフグリーン)』のようにクリア後にリメイク元の初代には無かった場所へ行けるということもない。

クリア後の要素として『マスタートレーナーズ』という同じポケモン同士で戦うおまけ要素があるのだが、単調さは否めない。
ポケリフレ・アローラフォトクラブのように過去作品に登場していたバトル以外のミニゲームすら存在しないので、ポケモンを愛でたいという人は連れ歩きで我慢する他ないだろう。

これまでのポケモンシリーズのように1年間じっくり遊ぶには物足りないゲームであり、登場するポケモンの数も少ないのでコレクション要素も薄くなってしまっている。

国内外で過剰なネガキャンが目立つ ビッグタイトルの宿命か

Amazonのトップレビュー。未購入者かつ具体的な意見が無いにも関わらず331人が参考にしている異常な事態。(引用元)

ポケモンピカブイをレビューする上で避けては通れないのが「ポケモンピカブイに対する批判の大きさ」だ(多さではない)。
Amazonではレビューが禁止されるほどネガキャンが行われており、☆1レビューの8.5割が未購入者のレビューであった。
2017年12月に発売されたニンテンドースイッチソフト『ゼノブレイド2』でも同じ現象が起きており、そちらは購入者以外がレビューできないように変更されている。

メタスコアは81点だが、ユーザースコアが低い。更にユーザースコアは高評価か低評価の2極に分かれており、中間の評価がほぼ存在しない。

海外でも大量の低評価が連投され、具体的な意見の無いレビューが悪目立ちしている。
中でもMetacriticのユーザースコアは顕著で、各種ゲームメディアの評価とはかけ離れている。
もちろん正当な理由から低評価としているユーザーもいるが、ポケモンというコンテンツ自体が気に入らなかったり、「期待していたコアゲームではなかった」といういささか理不尽な怒りをぶつけるユーザーの声が大きいことがわかる。

関連記事 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』海外レビュー・メタスコア

確かに、ポケモンピカブイはいまどきのゲームとしては古臭く、同じニンテンドースイッチで発売されたソフトと比べても見劣りするかもしれない。
だが実際にピカブイを遊んでみるとノスタルジーと現代的な魅力を同時に感じる稀有な作品で、ポケモンが好きなら大人も子供も楽しめる「ポケモンシリーズ」には違いないことがわかるはずだ。

純粋に「ピカブイ」を楽しんで遊んでいる人々は、ポケモンのチャーミングさ、親しみやすさ、シンプルなゲームの構造に惹かれている。
ポケモンピカブイはまさにそうした層を狙ったゲームであり、グラフィックの質を理由に極端な低評価をしたり、レート対戦が無いからゲームに価値がないというのは単純にお門違いではないだろうか。

ポケモンピカブイ レビュー総評

ポケモンピカブイ ピカチュウ

ポケモンピカブイは今までの本編と違ってポケモンGO要素を取り入れた作品だが、それでも立派なポケモンシリーズとして成立している。
スイッチ第1作目ということもあるのかライト層を狙ったつくりになっており、コアゲーマー層からはガッカリしたという意見もある。
しかし、ポケモンピカブイがメインターゲットとして狙っていたライト層あるいは非ゲーマー層を掘り起こすことができれば、ポケモンはコンテンツとして大きく成長できるはずだ。

世界的にブームとなったポケモンGO。国内で再ブームを引き起こしたポケモンカード。
ポケモンピカブイと2019年新作ポケモンは新しいブームになれるのか?ついでに、『名探偵ピカチュウ』はヒットするのか?
成功するかどうかはわからないが、変化を志すゲームフリークと株式会社ポケモンの今後に注目したい。


レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Anonymous

    ポケモンのゲットのしにくさを追加で
    ポケモン捕まえるゲームなのに捕まえさせないのはゴミ過ぎる
    しかも育成するために捕獲しなきゃ行けないってなるとボール買うためのお金も必要になる
    考えたやつマジでなんなん!?

  2. Anonymous

    要するにポケモンを連れて歩ける以外に良いところは無いってわけね

  3. Anonymous

    USUMの対戦で疲れた心をピカブイで癒すというのが一番良いかもしれませんね。両バージョン買いましたが、流石に片方しかプレイしないかも…。

  4. Anonymous

    情報見ていればこれはポケモンGOのswitch版だと分かるでしょうに。実際ポケモンなんざしらんという層にとって不要なバランスすら取れないろくでもない対戦要素が無いのは入門用としてはかなり良いのではないでしょうか?
    正直フルプライスの値段に相応しいかと考えると怪しいですけどね。ミドルならそこそこの佳作
    ロープラなら間違い無くヒットしていたはずです