FF14でG600

FF14でゲーミングマウス『G600』を活用してDPSやプレイ効率を上げる方法

FF14をプレイしていて、「もっと戦闘が上手になりたい」「DPSを上げたい」「効率よくゲームをプレイしたい」と思ったことはありませんか?

FF14の操作をとても楽にしてくれるゲーミングマウス『G600』を使えば、その希望が叶うかもしれません。

この記事では、G600がどんな機能を持っていてなぜDPSやプレイ効率が上がる可能性があるのかを説明したうえで、実際にFF14でG600を使うとどんなことが楽になるのかをまとめていきます。

『G600』とはどんな機能を持つゲーミングマウスか

ゲーミングマウス『G600』

マウス側面にある12個のボタンでゲームプレイを効率化

G600をぱっと見たとき最初に目に入るのは、側面に並んだ12個のボタンだと思います。このボタンにはそれぞれキーストロークを割り当てることが可能で、例えば「G20」ボタンにキーボードの「A」キーを割り当てれば、G20ボタンを押したときにAキーを押したときと同じ反応が返ってくるようになります。

つまり、G600の12個のボタンにそれぞれキーボードのキーを割り当てれば、マウスだけしか操作していなくても12種類のキーを押すことができるというわけです。

もちろん「Shift+1」や「Ctrl+i」など、複数のキーを組み合わせて入力するコマンドもG600のボタンに割り振ることができます。

ながら押しで2倍のアクションが使える「Gシフト」の魅力

G600には、ただ12個のボタンが付いているというだけではありません。マウス右側面(右クリックのさらに右の位置)には「Gシフト」という機能を担うボタンがあり、Gシフトボタンを押しながら他のボタンを押すことで、そのボタンに割り当てられたもう1つのキーを押したのと同じ反応を得ることができるのです。

例えば「G9」ボタンに「3」キーを割り当て、さらに「Gシフト+G9」に対して「Alt+3」を指定すれば、Gシフトを押さずにG9ボタンを押すと3キーを押したのと同じことになり、Gシフトを押しながらG9ボタンを押せばAlt+3を入力したのと同じようになるのです。

ここまでで考えると、「側面のボタン12個」+「Gシフトを押しながら側面のボタン12個」を使って合計24種類のコマンドがG600のみで実行できることになります。

マウスホイール、マウス上面の2つのボタン、左右のクリックもGシフトOK

G600のGシフト

G600で入力できるコマンドは24種類に留まりません。G600のマウス上面にはマウスホイール、2つのボタン、右クリックと左クリックに対応したボタンがあるのですが、これらのボタン類にもGシフトを適用することが可能です。

マウスホイールは左右に倒すことでも別のコマンドを入力可能ですので、例えばホイールを左に倒したときに「Ctrl+Z」、Gシフトを押しながらホイールを左に倒すと「Ctrl+Y」というようにキーを割り当てると、「元に戻す」「やり直し」をそれぞれ実行できるという具合です。

これだけたくさんのコマンドをマウス一つに割り当てられるので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくるにつれてGシフトの便利さがわかってくると思います。

G600のデメリットは重さと大きさ

G600は他のマウスよりもかなり重さがあります。ちょっと持ち比べてみたのですが、スマホより少し軽いくらいかなと思いました。

知り合いのFF14プレイヤーでG600を使っている人の中には重さが気になったのでばらして重りを外したと話していた人もいたので、気になる人は気になるかもしれませんがこれも慣れます。

ちなみに、G600はカーソルの移動速度をかなり細かく調整できるので、重くてあまり大きく動かすのはつらいという人はカーソル移動の入力感度を高めに設定してカバーすることも可能です。

また、G600はそこそこ大きさもあるゲーミングマウスなので、女性など手が小さめの人はサイズが大きく感じるかもしれません。

これもやはり慣れで、筆者も最初は結構大きめだと思いましたが、ギターの練習を続けているとだんだん弦を押さえる指が楽になっていくのと同じでさほど気にならなくなりました。

FF14でG600を使うとなぜDPSやプレイ効率が上がるのか

G600で使いたいFF14のアクション

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

G600なら移動しながらインスタントアクションを使いやすい

FF14をマウス&キーボードでプレイしている人は、WASDで移動することが多いのではないかと思います。つまり、移動するときは左手がふさがってしまうということですね。その状態でさらにキーボード入力でアクションを発動するのがつらいと感じたことがある人は少なくないでしょう。

このような状況が一番G600の使いやすさを感じるときではないでしょうか。移動中に使いたいアクションをG600の側面12個のボタンに登録しておくことで、左手を移動に使いながら右手でアクションを発動するということが可能になるからです。

一番わかりやすいのが、インスタントで発動できる攻撃アクションです。例えば赤魔導士ならインスタントアビリティとしてフレッシュやコントルシクストといった攻撃アクションが備わっていますが、これらのインスタントアビリティをG600のボタンに割り振っておくだけで、移動中も簡単に攻撃アクションを出すことが可能です。

また、ヒーラーをやっているときは「移動しながらPTメンバーをターゲットしてヒールしなければならないのがつらい」という悩みも生じてきますが、リジェネや生命活性法、ディグニティといったヒールアクションをG600に登録しておけば、移動中でも手軽にヒールが使えます。

このようにしてG600で攻撃やヒールの効率を上げることで操作の負担を軽減でき、結果的にDPSを上げることが可能なのです。

G600に割り当てれば設置型アクションを自由自在に置ける

G600で縮地も快適

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

もう一つ、G600と特に相性がいいと言えるアクションが、アサイラムやソルトアースといった設置型アクションです。G600のボタンにこれらの設置型アクションを登録しておけば、マウスでカーソルを動かした先にポンとヒールエリアやダメージエリアを置けるので感覚的にとても楽です。

このありがたみを特に強く感じたのが絶バハムート討滅戦でした。当時は学者をやっていたのですが、ギミックをこなすために移動しながら野戦治療の陣を意図した場所に置かなければならないシーンが少なからずあったので、普通のマウス&キーボードだったらけっこう難しかったかもしれません。

あと、個人的に楽しいのが忍者の縮地ですね。カーソルを置いた先に瞬時に移動できるという感覚です。

戦闘以外でもG600は活用できる

G600が便利に活用できるのは戦闘だけではありません。ESCを登録しておけばキャンセルを素早くできますし、スプリントやマウントを割り振ると移動が楽になります。

ギャザラーをやるときはランドサーベイやアーバーコール、シャークアイといった採集場所を感知するアクションを入れておくと効率が上がることに加え、コーディアル系アイテムを登録すると移動中でも手軽にGPを回復できます。


MOマクロではカーソルを合わせた相手にアクションを発動できる

MOというのは「マウスオーバー」の略で、対象にカーソルを重ねた状態をさします。

わかりやすいのがPTリストのメンバーをターゲットするときで、普通ならクリックしたりF1~F8キーで選択したりしてターゲットしていないと相手に発動できないアクションが、MOマクロを使えばカーソルを乗せるだけで相手に対して発動できるのです。

MOマクロの組み方はシンプルで、以下のように「/ac」(アクションを実行)、「アクション名」、「<mo>」(マウスオーバーしている対象に発動)という形で書きます。アクション名と書かれているところは、使いたいアクションの名前に変えてください。

/ac アクション名 <mo>

実際にホットバーに置くときは、アイコンがデフォルトのままではどれがどれだか分からなくなってしまうので以下のような一文を加えます。そうすることで、アイコンがMOマクロを発動させたいアクションのアイコンに変わってくれます。

/micon アクション名

また、マクロを使うと先行入力ができないという問題は「/ac アクション名 <mo>」を繰り返し書くことで疑似的に解決します。このとき、先頭行に「/merror off」という一文を入れればチャットログにエラーメッセージが連打されるのを防ぐことができます。

最終的に、MOマクロは以下のような15行マクロになります。

/merror off
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/ac ケアル <mo>
/micon ケアル

G600に登録したいアクション ヒーラー

Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

G600のボタンに登録したいアクションが最も多いロールはヒーラーです。単体回復や補助アビリティを味方にかけるシーンが多く、設置型アクションもそれぞれ持っているため、G600を大いに活用できるロールだといえるでしょう。

単体回復アビリティ

G600のボタンに登録して大きな恩恵を受けられるのは、白のテトラグラマトン、学者の生命活性法、占星のディグニティなどの単体回復アビリティです。

先述の通り、これらのヒールアビリティをG600に登録することで、移動中でも手軽にヒールを投げられるようになります。

注意したほうがいいのは白のベネディクションで、例えば暗黒のリビングデッドに対するヒールとして使うことが決まっている場合など、マウスオーバーがずれて他のPTメンバーにかけてしまうと致命的なミスとなりかねないことがあります。G600の操作に慣れるまでは、ベネディクションは普通にターゲットして投げるという選択肢も視野に入れたほうがよいでしょう。

補助アビリティ

白のディヴァインベニゾン、学者の深謀遠慮の策、占星のシナストリーといった補助アビリティも、G600に割り当てると移動中やGCDの間に簡単に使用できるのでとても楽です。

補助アビリティの中で扱いに気を付けたいのは展開戦術で、鼓舞展開が必須となる箇所でマウスオーバーがずれるとかなり危険な展開になることがあります。

決め打ちする必要があるアビリティについては、MOマクロとターゲットして発動する方法の両方を用意しておいてもいいかもしれません。

設置型アビリティ

白のアサイラム、学者の野戦治療の陣、占星のアーサリースターなどの設置型アビリティは、先に説明したとおりG600で使うと感覚的に楽です。

設置型アビリティが苦手で「/ac アサイラム <t>」のようなマクロを使っているけど本当は好きな位置に置きたいという人はぜひ試してみてほしいです。

単体回復魔法

ケアルや鼓舞、ベネフィクといったGCDが回る単体回復魔法についても、G600で感覚的に使える方が負担が少ないという理由と、左手側(G13)に配置できるアクション数に限度があるという理由から、筆者はMOマクロを使用してG600に登録しています。

対象を指定できる範囲回復であるケアルガは2パターンの発動方法を用意するのもいいです。

1つはMOマクロとしてケアルガをG600に登録するパターン。絶バハムートの最後のフェーズで「アク・モーン」を2人受けするタンクにMOでケアルガを使う、紅蓮エリアのAモブ「船幽霊」との戦闘中に離れた位置から近接をMOでケアルガを投げる、といったシーンで活用できます。

もう一つはMOマクロを使わずにその場で発動するようキーボードなどに割り振るパターン。ケアルガは自分中心の小範囲回復と考えても強力なので、不発防止も兼ねてシンプルな発動方法を用意しておくといいと思います。

蘇生やエスナはどうする?

レイズ・リザレク・アセンド・エスナは使用頻度が上にあげたようなアクションほど高くないので、無理にG600に登録する必要はありません。

筆者はMOマクロを作って左手側に割り振り、マウスオーバーした状態で左手のキーを押すという使い方をしています。

G600に登録したいアクション タンク

G600はPTリストから対象をターゲットして使用したいシーンで特に輝くので、タンクの場合ならナイトのインタージェクトや暗黒のブラックナイトのようにPTメンバーを守る効果のあるアビリティを登録するといいでしょう。

ヒーラーの回復アクションと同じように、ナイトのクレメンシーをMOにして投げるのもありだと思います。上で触れたように暗黒のソルトアースは設置型なのでG600で感覚的に置くことが可能です。

また、戦士のオンスロートや暗黒のプランジカットといった移動系のアビリティもG600に割り振れば移動中に出すのが楽です。

さらに、シールドロブやトマホークといったタゲ取りアクションも、G600に登録すると移動しつつターゲットしながら投げるといった一連の動作がしやすくなります。

気を付けたほうがいいのはシャークで、マウスオーバーがずれて敵視が意図しないPTメンバーに飛ぶことがないように扱う必要があります。

G600に登録したいアクション DPS

DPSの場合、インスタントの攻撃アビリティが豊富に揃っているので、それらをG600に割り振ることで移動中にも無駄なくリキャストを回すことができます。

また、吟遊詩人の地神のミンネや竜騎士のドラゴンサイト、黒魔道士のエーテリアルステップのように、PTメンバーを指定して投げる補助アビリティはMOマクロに登録すると快適です。

実際に1年以上FF14でG600を使って思ったこと

G600は多機能であるぶん覚えることも多く、重さやサイズと相まって使いこなすには慣れが必要だと言えますが、慣れてしまえばとても楽にFF14をプレイできるようになります。

G600を使う前は極スサノオでも苦労するレベルだった筆者も、G600(と左手デバイスのG13)を使うようになって戦闘が楽しくなったし、絶2種も無事に攻略できました。

戦闘以外でも、ESCキーやターゲット関連の操作、スプリント・マウント・ジャンプといった移動系のコマンドなど、よく使うキーをG600に登録することでゲームプレイを効率化できているとも感じます。

また、FF14でG600を使いこなすうえでは、MOマクロは必須といっても過言ではないくらい便利なマクロです。ぜひ自分なりの使い方を見つけて、G600でFF14を一層楽しんでもらえたら嬉しいです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

FF14 関連記事

漆黒のヴィランズに備えてゲーミングPC環境を見直してみるのもいいかもしれません!

kotonoha記事一覧
kotonoha

ゲーム翻訳者やWebライターとしてお仕事をしています。
FF14の攻略サイトも運営中。

Webサイト:ことのはのまごのて
Twitter

ゲーミングマウス / FF14 / ゲーミングデバイスカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。