Microsoft Flight Simulator

【MSFS2020】フライトシミュレーター『Microsoft Flight Simulator』おすすめゲーミングPCと推奨スペック紹介

価格・スペック別5選!

『Microsoft Flight Simulator』は間違いなく「史上最高のフライトシム」であり、航空機好きなら必携レベルの傑作です。

日本人にはあまりなじみのないXbox Game Studiosのゲームではありますが、Steamでも販売されているので遊ぶだけなら簡単です。

最大の問題は「とにかくゲームが重いこと」。何しろ世界中の地形や環境がリアルにシミュレートされておりそのデータ量は2PB(ペタバイト)。そんじょそこらのFPSやオープンワールドゲームと比べても圧倒的にPCへの負荷は大きいです。

というわけで、必然的にゲーミングPCも高性能なマシンが必要となってきます。この記事では『Microsoft Flight Simulator』で空を飛び回るのにおすすめのゲーミングPCを紹介します。

詳しい説明を省いて必要なゲーミングPCだけ知りたいという方はこちらから↓

・最低限の性能 → 「ガレリアXA7C-G60S
・推奨スペック → 「ガレリア XA7C-R37
・理想的なスペック → 「ガレリアZA9C-R38
・『Microsoft Flight Simulator』専用PC → 「ガレリアUA9R-R39 MSFS2020推奨モデル
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCR2070RGF-QC

『Microsoft Flight Simulator』は現世代で最も重いゲーム

『Microsoft Flight Simulator』は現世代のゲームの中で「最も高性能なPCスペックを要求するゲーム」です。

『ARK:Survival Evolved』の推奨スペックもなかなかでしたが、『Microsoft Flight Simulator』の比ではありません。

ライト兄弟が世界で初めて飛行機を飛ばしたのが1903年、本格的なフライトシムをPC上で実行できるようになったのが2020年、というわけです。

おそらく今後のハイエンドゲーミングPCは『Microsoft Flight Simulator』をベンチマークとして性能が測られていくことになるでしょう。
そのくらい重いゲームなので、ゲーミングPCの推奨スペックもかなり高いです。

既にゲーミングPCを持っていてほとんどのPCゲームをプレイできるという人でも、『Microsoft Flight Simulator』のためにPCの買い替えを検討するケースが多いようです。

価格・スペック別5選!

『Microsoft Flight Simulator』動作環境・推奨スペック

『Microsoft Flight Simulator』の動作環境を公式サイトから紹介します。

スペック表に「帯域幅」とあるのは、クラウド上にある世界中の地形データ(衛星画像)を取得するため、オンライン回線が必要となるからです。

「ハイエンドゲーミングPCを持っているけどネット回線はしょぼい」なんて人はそうはいないと思いますが、以下の記事では回線の計測方法も説明していますので念のためご一読ください。

関連記事 おすすめの光回線まとめ

『Microsoft Flight Simulator』最小スペック

『Microsoft Flight Simulator』最小スペック
CPUIntel i5-4460
GPUGTX 770
メモリ8 GB
ストレージ150 GB HDD
帯域幅5 Mbps

こちらが『Microsoft Flight Simulator』の最小スペックです。

「なんだ、この程度で動くんだ」と思われるかもしれませんが、動きません。グラフィック最低設定で60fpsも出ません。一応空を飛ぶことはできるというレベルです。

『Microsoft Flight Simulator』必要スペック

『Microsoft Flight Simulator』必要スペック
CPUIntel i5-8400
GPUGTX 970
メモリ16 GB
ストレージ150 GB HDD
帯域幅20 Mbps

このくらいのスペックがあれば『Microsoft Flight Simulator』を快適に遊ぶことができます。

そうはいってもグラフィックを最高設定にすると30fpsすら出ませんし、グラフィックかフレームレートのどちらかを切り捨てて割り切って遊べば「快適」ということです。

『Microsoft Flight Simulator』推奨スペック

『Microsoft Flight Simulator』推奨スペック
CPUIntel i7-9800X
GPURTX 2080
メモリ32 GB
ストレージ150 GB SSD
帯域幅50 Mbps

グラフィック最高設定かつ60fpsを目指すならこのくらいのスペックが理想です。4K画質でも30fpsに到達します。

『Microsoft Flight Simulator』にはフレームレートよりも美しいグラフィックを求めるユーザーが多いのですが、それでも30fps以下だとカクついて不快感を覚えるので、画質とフレームレートを両立できるこのスペックが「真の推奨スペック」と言えます。

『Microsoft Flight Simulator』おすすめゲーミングPC

この記事では『Microsoft Flight Simulator』をハイエンドなゲーミングPCで遊んだほうが良い理由を説明しました。
それをふまえ、「価格を抑えて遊びたい場合」「最高画質で遊びたい場合」「最高画質+高フレームレートで遊びたい場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCはBTOパソコンショップ「ドスパラ」の製品です。ゲーミングPCの購入手順は「ドスパラでゲーミングPCを購入する方法」からどうぞ。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

この記事で紹介しているRTX30シリーズ搭載ゲーミングPC、なかでもRTX 3080搭載モデルは需要が高すぎるせいでPCを購入しても届くのが「2週間~3週間後」になる場合があります。

当サイトでは少しでも早くゲーミングPCを手に入れてゲームをプレイしたい方にコスパに優れ、出荷も早いRTX 3070搭載の最新中位モデルガレリア XA7C-R37」をおすすめしています。

ですが、「多少時間がかかってもいいから最上位のグラボが搭載されているゲーミングPCが欲しい」という方には以下の記事で「RTX3080RTX3090のおすすめゲーミングPC」を複数モデル紹介しているので参考にしてください。

RTX3080ゲーミングPCおすすめ
RTX3090ゲーミングPCおすすめ

とにかく低予算で遊ぶなら「ガレリアXA7C-G60S」がおすすめ

ガレリア XA7C-G60S
ガレリア XA7C-G60S
CPU : Core i7-10700
グラフィック : GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 格安ゲーミングPC
  • 家庭用機以上の性能
デメリット
  • 最低設定で遊ぶしかない
  • 数年後には時代遅れになるGPU性能

とにかく低予算で『Microsoft Flight Simulator』を遊びたい、という方には「ガレリアXA7C-G60S」がおすすめです。

CPUとGPUの性能は一般的な基準で言えば十分高いものの、『Microsoft Flight Simulator』の基準からすると「最小ライン」です。

もちろん「グラフィックやフレームレートなんか重要じゃない!飛びたいんだ!」という原理主義者ならこのモデルでもフライトシムを楽しむことは可能です。

今後は『Microsoft Flight Simulator』並に重いゲームもたくさん発売されていくでしょうから、長い目で見てもう少しスペックの高いゲーミングPCにチャレンジしてみてもいいと思いますが、PC本体+ゲーミングデバイスの合計予算を15万円以下に抑えたい方はこのモデル一択となります。

最高画質で遊びたいなら「ガレリアXA7C-R37」がおすすめ

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-10700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R37」実機レビュー

メリット
  • 数年間は安定して最新作をプレイできる
  • 大容量ストレージ
  • 最高設定30fps以上でプレイできる
デメリット
  • 4Kで遊ぶのは難しい

ガレリア XA7C-R37」なら『Microsoft Flight Simulator』を最高設定でプレイできます。

ほとんどのアクションゲームでは60fps、場合によっては144fpsで動作することが求められますが、『Microsoft Flight Simulator』のような圧倒的に重いフライトシムの場合は「フレームレートよりも最高のグラフィックが優先」というユーザーが多いので、「最高画質+30fps以上」を確保できる「ガレリア XA7C-R37」は十分な性能を備えています。

ただし、あくまでこれは1080p画質の話。『Microsoft Flight Simulator』が真価を発揮する4Kゲーミングを楽しむためには更なる上位モデルのゲーミングPCが必要になってきます。

ガレリア XA7C-R37」は価格も16万円とゲーミングPCの中では高くはないので、コストパフォーマンスの面でも優秀です。

本気でゲーミングPCを始めたい方はまずはこれ、という王道モデルと言えます。

『Microsoft Flight Simulator』推奨スペック以上の「ガレリアZA9C-R38」

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38
CPU : Core i9-10850K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 最強のハイスペックマシン
  • 4K 30fpsで遊べる
  • 『Microsoft Flight Simulator』推奨スペック以上
デメリット
  • 『Microsoft Flight Simulator』以外のゲームにとってはオーバースペック
  • 4K対応ゲーミングモニターと合わせると高額に
  • メモリは16GBから32GBにカスタマイズする必要あり

ガレリア ZA9C-R38」は『Microsoft Flight Simulator』の超ド級推奨スペックを上回る最上位クラスのゲーミングPCです。

ガレリア ZA9C-R38」なら『Microsoft Flight Simulator』を最高画質+4Kを30fps以上でプレイできます。上空の景色を楽しむという点では30fps以上を維持できれば十分なので、まさに理想的なスペックです。

このモデルと同程度のPCで『Microsoft Flight Simulator』をプレイしている動画がこちらです。

これだけのスペックがあれば、今後数年は最新ゲームをグラフィック最高設定で快適にプレイできます。もちろん、ゲーム配信や動画制作なんかも全く問題なくこなせます。

ただし、購入の際のカスタマイズでメモリを16GBから32GBに増やしておくことはおすすめします。
このカスタマイズがどのくらいゲームに影響するのかは上記動画で検証されているので参考にしてください。

『Microsoft Flight Simulator』は4Kモニターが欲しくなるゲームの代表格です。4Kゲーミングにチャレンジしてみたい方はBenQの4Kモニターがおすすめです。

『Microsoft Flight Simulator』特化!「ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル」

ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル
ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル
CPU : Ryzen 9 5900X
グラフィック : RTX 3090 24GB
メモリ : 128GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD / 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 『Microsoft Flight Simulator』推奨モデル
  • 4K 60fpsで遊べる
  • できないことなど何もない
デメリット
  • 『Microsoft Flight Simulator』に特化しすぎた性能
  • 4K対応ゲーミングモニターと合わせると高額に

ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル」は『Microsoft Flight Simulator』に特化したウルトラハイエンドゲーミングPCです。

このモデルの特徴はなんといっても128GB搭載メモリ(ストレージではなく、メモリ!)です。
GPUもCPUも現行最上位モデルを採用していますが、それだけでは足りないとばかりにメモリもとんでもない量を詰め込んでいます。

普通のゲーマ-の感覚だと一つ前に紹介した「ガレリア ZA9C-R38」が「最上位のハイエンドPC」ですが、本物のフライトシミュレーターマニアには「ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル」がおすすめです。

この2つのPCの違いは単純で、『Microsoft Flight Simulator』を「4K 30fps」でプレイするか「4K 60fps」でプレイするかの差です。

このモデルは徹底的に『Microsoft Flight Simulator』をやりこみたい、という人以外にはおすすめしにくいほど高価なウルトラハイエンドPCですが、10年後に発売されるゲームでさえ快適にプレイできるであろう超絶スペックなので、このPCで長く遊びたいという方にもおすすめです。

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

ゲーミングノートPCの選び方」については以下の記事にまとめてあります。

144fpsで遊びたい人にゲーミングノートPCを1つ選ぶと「ガレリア GCR2070RGF-QC」がおすすめです。

ガレリア GCR2070RGF-QC
ガレリアGCL2070RGF-QC
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : GeForce RTX 2070 MAX-Q 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ディスプレイ: 144Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリア GCR2070RGF-QCは「Core i7-9750H」に「RTX 2070 MAX-Q」、メモリも16GB搭載とかなり高性能なモデル。最新PCゲームで遊んでもまず困ることはないです。もちろんSSDも搭載しているのでロードも爆速。

ディスプレイは144hzに対応。このスペックなら最新PCゲームでも設定を詰めれば144fpsでヌルヌルサクサクと遊べちゃいます。

さらにハイスペックなものを求めるとコスパ的には厳しくなってくるので(25~30万円を軽く超えてきます…)、性能と価格のバランスが取れているこの機種を強くおすすめします。

ガレリア GCR2070RGF-QCは「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。


『Microsoft Flight Simulator』おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・格安PCで遊びたい → 「ガレリアXA7C-G60S
・高画質で遊びたい → 「ガレリア XA7C-R37
・4K画質を目指したい → 「ガレリア ZA9C-R38
・4K 60fpsを目指したい → 「ガレリア UA9R-R39 MSFS2020推奨モデル
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCR2070RGF-QC

なお、『Microsoft Flight Simulator』はHoneycomb Aeronautical、Thrustmasterやロジクールほか、さまざまなメーカーのフライトスティックに正式対応しています。
パッドやキーボードで操作するのと比べて臨場感は段違いなので、本格的にフライトシムの世界に入門したいかたは正式対応品の中からフライトスティックをチェックしてみてください。

THRUSTMASTER(World)

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

以下のページではゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスをまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

おすすめのゲーミングPC
おすすめのゲーミングノートPC

関連するコンテンツ