• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • 『Dead Space(デッドスペース)』ゲーミングPCおすすめモデルと推奨スペック リメイクされたサバイバルホラーを高fpsで快適に動かせるモデルを紹介

『Dead Space(デッドスペース)』ゲーミングPCおすすめモデルと推奨スペック リメイクされたサバイバルホラーを高fpsで快適に動かせるモデルを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

『Dead Space(デッドスペース)』は、EA Redwood Shoresが開発を行い、2008年10月14日に初めてリリースされたサードパーソン・シューティング(TPS)ゲームです。

2023年1月27日には、Motive Studioが開発を行ったリメイク版が発売され、PlayStation 5、Xbox Series X/S、PCでリリースされています。

リメイク版では、グラフィックの向上はもちろん、演出にも一部強化が入っているのでより臨場感溢れるゲームとなっています。

ホラー要素をより強く感じながら、臨場感あふれるプレイをしたい方は、高画質・高フレームレートでプレイできるPC版でのプレイがおすすめです。

この記事はこんな悩みを抱えている人に向けて書いています。

後に詳しく説明しますが、結論から言えば、『Dead Space(デッドスペース)』を遊ぶなら「ゲーミングPC」がおすすめです。

説明を省いて必要なゲーミングPCだけ知りたいという方はこちらから↓

・安定スペック → 「ガレリア RM5R-G60S
・余裕を持った推奨スペック → 「ガレリア XA7C-R46T
・大人気ゲーミングPC → 「ガレリアXA7C-R47T

おすすめゲーミングPCをランキングで見たい人はこちらの記事で激安PCからハイエンドPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

『Dead Space(デッドスペース)』おすすめゲーミングPC

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。また、Amazonアカウントからも支払いできるようになっているので、購入も簡単です。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

今回は主に「ドスパラ」「マウスコンピューター」から最適なゲーミングPCを選んで紹介します。

激安PCで『Dead Space(デッドスペース)』を遊びたいなら「ガレリア RM5R-G60S」がおすすめ

ガレリア RM5R-G60S
ガレリア RM5R-G60S
CPU : Ryzen 5 4500
グラフィック :GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 激安ゲーミングPC
  • フルHDの低設定までなら快適にプレイできる
デメリット
  • エントリークラスなのでPC上級者向けではない
  • フルHDの高設定以上では60fpsを維持できない

予算を抑えてとにかく『Dead Space(デッドスペース)』を快適に遊びたい、という方には「ガレリア RM5R-G60S」がおすすめです。

価格が11万円とゲーミングPCの中でもお手頃価格となっているので、PC初心者の方でも比較的手が出しやすいといえるでしょう。

『Dead Space(デッドスペース)』は、動きの激しいゲームとなっているため、ほかのゲームに比べても高度なPCスペックを求めてきます。

そんな『Dead Space(デッドスペース)』でも、「ガレリア RM5R-G60S」ならフルHDの低設定までの画質なら60fpsを保つことが可能です。

『Dead Space(デッドスペース)』以外のゲームでも、画質を抑えれば十分プレイできるスペックを持ち合わせているので、まずは入門用として安いゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

激安PCで『Dead Space(デッドスペース)』を遊びたい人向け!
「マグネイト MH」の詳細・価格情報はこちら


とにかくお得にゲーミングPCが欲しい人向け!

gamingpc-sale-bnrお得なセール情報をチェックする

少しでもゲーミングPCお得に購入したい方には、各BTOショップで開催されているセールをチェックしてゲーミングPCを購入することをおすすめします。

「予算を出来るだけ抑えたい」「パーツが無料でアップグレードできたりキャンペーンが開催してるところで購入したい」と考えている方は要チェックです。

余裕を持った構成で『Dead Space(デッドスペース)』を遊びたいなら「ガレリア XA7C-R46T」がおすすめ

ガレリア XA7C-R46T
ガレリア ZA7C-R47
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4060 Ti
メモリ : 16GB DDR5 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • フルHD60fpsも楽勝
  • WQHDの中設定までなら60fpsを保てる
デメリット
  • もっとハイスペックなゲーミングPCも存在する
  • 4Kでのプレイは厳しい

「ガレリア XA7C-R46T」は、比較的高スペックな環境を求めてくる『Dead Space(デッドスペース)』においても、WQHDの中設定までなら60fpsを安定して保つことができます。

フルHDの最高設定であれば、90fps以上を維持することも可能です。

しかし、WQHDの最高設定では40fpsほどまでフレームレートが下がることがあるので、画質についてはある程度妥協する必要があります。

フルHDやWQHDまでの画質で満足な方であれば、「ガレリア XA7C-R46T」の購入がおすすめです。。

『Dead Space(デッドスペース)』を遊ぶための最強コスパモデル!
「ガレリア XA7C-R46T」の詳細・価格情報はこちら


【特価モデル】ストレージ容量を落としてもいいならこちらもおすすめ

G-Tune HM-B-3060Ti-AF詳細なスペックを公式サイトで確認する

「ガレリア XA7C-R46T」に近いスペックのマウスコンピューター製PC「G-Tune HM-B-3060Ti-AF」はコスパ特化モデルです

納期に関してはドスパラと違い即日出荷ではないという弱点がありますが、より高性能なマシンで快適にプレイしたい方におすすめです。

最高画質で快適に動かせるハイエンドゲーミングPCが欲しいなら「ガレリアXA7C-R47T」がおすすめ

ガレリア XA7C-R47T
ガレリア XA7C-R47T
CPU : Core i7-13700F
グラフィック : RTX 4070 Ti
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 次世代ゲーミングPCの標準となるスペック
  • 4K 60fpsを維持できる
デメリット
  • 『Dead Space(デッドスペース)』を4K+レイトレーシングでプレイするのは少し厳しい
  • 4Kや高リフレッシュレートのハイスペックなモニターも必要

『Dead Space(デッドスペース)』を4K高画質でプレイしたい方には、「ガレリアXA7C-R47T」がおすすめです。

「ガレリアXA7C-R47T」であれば、異形の化け物達との戦闘シーンや宇宙船内で起こる恐怖体験をよりリアルに感じることができます。

4Kでプレイしても、「DLSS Quality」をオンにすれば、60fpsのフレームレートを保てるので、操作性が落ちる心配もありません。

フルHDのモニターでは本来の力を発揮できないので、「ガレリアXA7C-R47T」を購入する場合は、4K対応のモニターとセットで購入しましょう。

4K60fps安定!大人気ゲーミングPC!
「ガレリア XA7C-R47T」の詳細・価格情報はこちら


ゲーミングノートPCを選ぶなら165Hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144Hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

おすすめのゲーミングノートPCの選び方はこの記事」にまとめてあります。

NEXTGEAR J6-A5G50GN-A
NEXTGEAR-notepc
CPU : Ryzen 5 7535HS
グラフィック : RTX 4050
メモリ : 32GB
ストレージ : 500GB NVMe SSD
モニター : 165Hz 16.0インチ
重量 : 2.29kg
バッテリー : 8.0 時間

マウスコンピューターで詳細・価格を見る

メリット
  • 144fps~240fpsで最新ゲームを楽しめる
  • メモリが充実の32GB
  • マウスやキーボードを揃えなくていい
  • 165Hzの液晶対応
  • PS5を遥かに上回る性能
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量が少なめ

「NEXTGEAR J6-A5G50GN-A」は並のデスクトップPCをはるかに上回るハイスペックかつ、165Hzのモニターに対応している最強コスパゲーミングノートPCの一つです。

メモリも32GB搭載されておりPCゲームの快適性はもちろんのこと、配信や動画編集なども相性の良いなんでもこなせることが可能となっています。

「NEXTGEAR J6-A5G50GN-A」はハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

『Dead Space(デッドスペース)』動作環境・必要スペック

『Dead Space(デッドスペース)』を動かすためのハードウェアの必要スペックを紹介します。

『Dead Space(デッドスペース)』はサードパーソン・シューティング(TPS)というジャンルであり、リメイク版はかなりグラフィックが向上していることから、推奨スペックはかなり高めです。

宇宙船内で起こる様々な恐怖イベントが本作の魅力ですが、ホラーシーンをより高画質で体験したいと考えているのであれば、公式サイトで発表している推奨スペックよりも余裕をもったゲーミングPCを購入しましょう。

『Dead Space(デッドスペース)』必要スペック

『Dead Space(デッドスペース)』公式必要スペック
CPUCore i5 8600 / Ryzen 5 2600x
GPUGTX 1070 / RX 5700
メモリ16GB

『Dead Space(デッドスペース)』必要スペックはこちらです。

公式サイトが発表している必要スペックでは、フルHDでのプレイも厳しいため、『Dead Space(デッドスペース)』を快適にプレイすることができません。

このスペックでプレイしていても、プレイヤーの動きがカクついてしまい、攻略の難易度に影響が出てしまう可能性もあるので注意しましょう。

『Dead Space(デッドスペース)』公式推奨スペック

CPUCore i5 11600K / Ryzen 5 5600X
GPURTX 2070 / Radeon RX 6700 XT
メモリ16GB

『Dead Space(デッドスペース)』公式推奨スペックはこちらです。

こちらのスペックでも、『Dead Space(デッドスペース)』をプレイすることは可能ですが、画質についてはある程度妥協する必要があります。

高フレームレートで操作性を維持しつつ、4K高画質で宇宙船の探索を楽しみたいと考えているのであれば、もう少し上のスペックを持つゲーミングPCを購入しましょう。

『Dead Space(デッドスペース)』真の推奨スペック

『Dead Space(デッドスペース)』真の推奨スペック
CPUAMD Ryzen 7 5800X3D / intel Core i7 12700K
GPURTX 4070Ti以上
メモリ16GB

筆者が個人的に考える『Dead Space(デッドスペース)』を満足して快適にプレイするために必要なスペックは上記の通りです。

これくらいのスペックがあれば、『Dead Space(デッドスペース)』で60fps以上を維持しつつ、4K高画質でプレイすることができるでしょう。

宇宙船内で起こる様々な恐怖体験をよりリアルに感じることもできるので、ホラー好きにはたまりません。

この記事で紹介している「ガレリア XA7C-R47T」なら、4K高画質でも快適にプレイすることができます。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、Windows左下の検察バーから「dxdiag」と入力すると自身のPCスペックが表示されるので確認してみましょう
価格・性能別4選!

『Dead Space(デッドスペース)』は家庭用機よりゲーミングPCがおすすめ

『Dead Space(デッドスペース)』は、宇宙船の修理をするためにやってきた主人公が宇宙船内を探索するサードパーソン・シューティング(TPS)ゲームです。

次々に現れる異形の化け物達を銃で撃退するアクションは、とても高揚感を感じさせてくれるでしょう。

また、グラフィック面にもかなり力を入れており、宇宙船内で起こる様々な恐怖体験をよりリアルに感じられます。

しかし、グラフィックやアクション性が高いが故に、PCなどのハードにも高いスペックが求められているのが難点です。

『Dead Space(デッドスペース)』で60fpsを維持しながら、4K高画質でプレイできるのはハイエンドなゲーミングPCのみとなっているので、4Kでより臨場感溢れる体験をしたい方はPC版でのプレイをおすすめします。

ど迫力のホラー展開を4K高画質で楽しめる

『Dead Space(デッドスペース)』は、PS5などの家庭用機でもリリースされていますが、4Kの高画質でプレイできるのはPC版のみです。

4Kの高画質で『Dead Space(デッドスペース)』をプレイできれば、宇宙船内で起きる様々な恐怖体験をよりリアルに感じられるほか、宇宙船を探索すること自体が楽しくなるでしょう。

したがって、『Dead Space(デッドスペース)』を4Kでプレイしたい方は、PC版でのプレイがおすすめです。

『Dead Space(デッドスペース)』を4Kでプレイするためには、かなりの高スペックが要求されるので、本記事で紹介している「ガレリア XA7C-R47T」の購入をおすすめします。

高いフレームレートで戦闘アクションが向上する

『Dead Space(デッドスペース)』は、サードパーソン・シューティング(TPS)ゲームというジャンルであることから、高いフレームレートを維持することがとても重要です。

フレームレートが落ちると、宇宙船内での戦闘中にプレイヤーの動きがカクついてしまい、攻略の難易度に影響する可能性があります。

家庭用機でもフレームレートが大きく落ちることはありませんが、WQHD以上の高画質設定では60fpsを維持できないため、やはり操作性の低下は懸念されます。

宇宙船内の探索や戦闘において、プレイヤーの操作性を重視するのであれば、PC版でのプレイがおすすめです。

MODを実装できる

PC版のゲームといえば、MODカルチャーの盛り上がりで有名です。

『Dead Space(デッドスペース)』においても、一部のコミュニティ内でMODの共有がされています。

グラフィックの設定を一部変更したり、主人公のヘルメットに少々アレンジを加えるものなどが存在するので、『Dead Space(デッドスペース)』で一味違った体験ができるでしょう。

MODを実装できるのはPC版のみなので、MODで特殊な遊び方をしてみたい方は、PC版でのプレイがおすすめです。

価格・性能別4選!

『Dead Space(デッドスペース)』おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・格安PCで遊びたい → 「ガレリア RM5R-G60S
・余裕を持った環境で遊びたい → 「ガレリア XA7C-R46T
・人気No.1モデル → 「ガレリア XA7C-R46T
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア XL7C-R36H

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事