• PUBG
  • プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ

【2020年最新】PUBGおすすめゲーミングPC 「60fps」or「144fps」で快適にプレイするためのガイド

この記事ではPUBGを「60fps」でプレイしたい人、「144fps」でプレイしたい人にオススメゲーミングPCを紹介していきます。

この記事を読んで欲しい人は以下の3つのうちどれか1つでも当てはまる人です。

  • PUBGにおすすめなゲーミングPCを知りたい
  • 「60fps」と「144fps」でどれくらい差があるか知りたい
  • 144fpsでプレイするために必要なものが知りたい

めんどくさい説明は省いてPUBGにおすすめなゲーミングPCの詳細だけ手っ取りばやく見たい」という方は以下のリストからどうぞ!

・60fpsで遊びたい → 「ガレリアXT
・144fpsで遊びたい → 「ガレリアXF
・最高級のハイスペックPCで遊びたい → 「ガレリアZZ
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCR2070RGF-E

PUBGの最低スペック・推奨スペックは?ゲーミングPC以外のパソコンでもプレイできる?

画像引用元

PUBGは普通のパソコンでプレイ可能?

PUBGはゲーミングPC以外のパソコンではプレイできません。
PUBGは他のPCゲームと比べてもかなり重いゲームなのでグラボがないパソコンだと起動すらできないです。
また、最低でもフレームレートが安定して60fps出るPCでなければ他のプレイヤーと圧倒的な差がついてしまいます。

ノートPCでPUBGがしたい!」という方は以下の記事も参考になると思います。

PUBG最低スペック

PUBG最低スペック
CPUi5-4430 / AMD FX-6300
メモリ8GB
GPUGTX 960 2GB / AMD Radeon R7 370 2GB

PUBGの最低スペック(Steamストアページ参照)です。

このスペックでは設定を限界まで下げてもフレームレートを安定して60fps出すことは難しいです。平均30fpsといったところなので”最低限遊べる”というレベルです。
フレームレート60~144fpsでプレイしてる人達と圧倒的な差がついてしまうので、最低スペックを参考にゲーミングPCを購入することはおすすめできないです。

PUBG推奨スペック

PUBG推奨スペック
CPUi5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ16GB
GPUGTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB

PUBGの推奨スペック(Steamストアページ参照)です。

GPUがGTX1060、メモリが16GBと他のゲームに比べて結構なスペックを要求されます。
設定を下げれば重たくなる場所以外ではフレームレート60fpsが出せるといったところでしょうか。
しかし、快適とは程遠いので推奨スペックよりもう少し性能の良いゲーミングPCにしたほうがいいですね。

PUBGをフレームレート144fpsでプレイする際のメリット・デメリット

144fpsでプレイするメリット
  • 画面がなめらかになりエイムがしやすい
  • 撃ち合いで差がつく
  • 目が疲れにくい
144fpsでプレイするデメリット
  • 144hzに対応したゲーミングモニターが必要
  • ゲーミングモニターの値段

メリット1: 画面がなめらかになりエイムがしやすい

PUBGに限らずFPS・TPSというジャンルはフレームレートが高ければ高いほど敵が見つけやすく、エイムがしやすいです。
特にPUBGにおいて敵を先に見つけることは重要です。「相手より有利なポジションをとる」「気づかれる前に奇襲をかける」など戦略を練りやすくなります。

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

メリット2: 撃ち合いで差がつく

フレームレートが高いほうが撃ち合いに有利です。
144hzのゲーミングモニターでプレイすると60hzのモニターでプレイしている人よりも画面がなめらかに動くため、ヘッドショットを狙うときやショットガンで撃つ場面など確実に差がでる場面があります。

このようなとっさに撃たないといけない場面でもエイムが合わせやすい。

SRは60fpsで当てられる気がしません…。

メリット3: 目が疲れにくい

高いフレームレートでプレイしている場合、画面がなめらかに動くため目への負担も少ないです。
特にPUBGは撃ち合いや移動以外にも、物資を漁る場面など頻繁に視点を動かすことが多いのでゲーミングモニターを使用することをおすすめします。


PUBGを144fpsでプレイするメリットはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。


デメリット: 144hz対応ゲーミングモニターが必要

PUBGを144fpsでプレイするデメリットとしては144hz対応ゲーミングモニター」が必要。ということです。
一般的なPCディスプレイはリフレッシュレートが60hzとなっているので、144fpsを出すことができません。
そのため、144hzに対応しているゲーミングモニターが必要になります。

144hz対応ゲーミングモニターは価格が3万円前後なので、一般的なPCディスプレイに比べると高価な買い物になってしまいます。
しかし、一度買えば壊れるまで使い続けることができるものなので快適にドン勝を食べるための先行投資だと思って購入するのもいいでしょう。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ/フルHD/HDMI,DP,DVI端子/144Hz/1ms/ブルーライト軽減
ベンキュージャパン (2017-12-21)
売り上げランキング: 195

144hz対応ゲーミングモニターで一番人気の商品。筆者も所有している。

PUBGをフレームレート60fpsでプレイする際のメリット・デメリット

PUBGを一般的なPCディスプレイを使い60fpsで遊ぶ際のメリット・デメリットですが、ほぼ144fpsのメリット・デメリットを逆転させたものになります。

PUBGを60fpsでプレイするメリットとは?

PUBGを60fpsでプレイするメリットとしてはかかる費用です。
144hz対応ゲーミングモニターも必要ですし、高いフレームレートを出すためにはそれなりのスペックのゲーミングPCも必要になってきます。
もちろんハイスペックなPCは価格も高いですし、ゲーミングモニターも一般的なPCディスプレイと比べると高価なものです。

予算内に収まらないならば、フレームレートは60fpsで妥協してテクスチャの設定などをあげて高画質で遊ぶというのも1つの手です。

PUBGを60fpsでプレイするデメリットとは?

デメリットとしては、やはりゲーミングモニターを使い144fpsで遊んでいるプレイヤーと差がつくことです。

撃ち合いや索敵において60hzのモニターが144hzのゲーミングモニターを上回る要素は1ミリもないです。
また、ゲーミングモニターには室内などの暗いところを明るく表示する機能や、色味を調整し画面を見やすくする機能などゲームを有利にする機能が多数備わっています。
PUBGが上手い人でゲーミングモニターを使っていない人はほぼいないと思うのでそういう点でどうしても不利になってしまいます。

PUBGを144fpsでプレイするために必要なもの

PUBGを144fpsでプレイするために必要なものは「144hz対応ゲーミングモニター」と「高いフレームレートが出せるゲーミングPC」です。

必要なもの1: 144hz対応ゲーミングモニター

一般的なPCモニターでは、60hzまでしか対応していないので60fpsまでしか表示させることはできません。
そのため、144hzに対応したゲーミングモニターが必要となってきます。

必要なもの2: 高スペックゲーミングPC

144hzに対応したゲーミングモニターを持っていても、高いフレームレートを安定して出せるゲーミングPCを持っていなければ宝の持ち腐れです。

PUBGは非常に重いゲームなため120~144fpsでフレームレートを安定させるにはスペックの高いゲーミングPCでなければいけません。
そのため、スペックが低いPCを使っている方は、パーツを換装するかハイスペックなゲーミングPCに買い換える必要がでてきます。

PUBGおすすめゲーミングPC

この記事では60fpsと144fpsでプレイする場合、それぞれのメリット・デメリットを説明しました。
それをふまえて、「60fpsでプレイする場合」と「144fpsでプレイする場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

60fps高画質でPUBGを遊ぶなら「ガレリアXT」がおすすめ

ガレリア XT
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-9700
グラフィック :GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD / 1TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

60fps + 高画質でプレイするなら「ガレリアXT 」がおすすめです。

メリット
  • ゲーミングPCの中では価格が安い
  • 平均60fps + 高画質でプレイ可能
  • SSD搭載
デメリット
  • 144fpsでプレイしたい人には向いていない

CPU「i7-8700」、GPU「GTX1660Ti 6GB」搭載で13万円台とコスパの良いゲーミングPCです。
このスペックならPUBGを高画質設定にしつつも平均60fpsでプレイ可能です。
ゲーミングモニターを使って144fpsを出したい!」という人には向いていませんが、高画質60fpsでプレイしたい人には最適なのでおすすめします。

最低設定(←)と最高設定(→)の画質の違いです。雨の表現や服のテクスチャを見ると違いが分かりやすいです。

ガレリアXT の詳細・価格情報はこちら


144fps(高フレームレート)で遊ぶなら「ガレリアXF」がおすすめ

ガレリアXF
CPU :Core i7-9700F
グラフィック : RTX2070 SUPER 8GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB NVMe SSD , 2TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

144fpsでPUBGをプレイするなら「ガレリアXF 」がおすすめです。

メリット
  • めちゃくちゃハイスペック
  • 18万円で買えるコスパの良さ
  • 平均144fps前後でプレイ可能
  • 数年間は買い換えなくても最新ゲームがプレイ可能
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • 60hzのモニターで遊ぶなら過剰スペックかも

GPUに「RTX2070 SUPER」CPUに「i9-9900」搭載のハイスペックマシン。
このゲーミングPCならPUBGを144fpsでプレイ可能です。
唯一のデメリットは”価格”ですが、一度購入すれば数年間は最新ゲームを遊び続けられるスペックなのでどうせゲーミングPCを購入するなら妥協せず良いものを手に入れるのもありだと思います。

このPCを購入すればドン勝食べ放題!」…は言いすぎかもしれませんが、妥協したくない人はこのモデル一択です。

また、PUBGのゲーム実況や動画投稿を考えている方にもおすすめです。
その場合はメモリ16GBだと快適とは言えないので、メモリを16GBから32GBにカスタマイズしましょう。


144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は忘れずに一緒に購入しておきましょう。


こちらのBenQ「XL2411P」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

XL2411P の詳細・価格情報はこちら

さらに上のスペックを目指すならRTX 2080Ti搭載モデルがおすすめ

240hzモニターを使う人や、さらに高みを目指すなら「RTX 2080Ti」搭載モデルのゲーミングPCがおすすめです。

ガレリアZZ
GALLERIA ZZ RTX
CPU : Core i9-9900KF
グラフィック : RTX2080 Ti 11GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

筆者も現在RTX2080Ti搭載のゲーミングPCと240hzのモニターでPUBGを遊んでいてかなり快適です。しかし、コスパの面では正直微妙です。

筆者のプレイ動画

数万円から~10万円ほど予算を増やす必要があるため、お金に余裕のある方か「コスパを無視してでも最高のスペック以外認めん!」という方以外には前述した「ガレリアXF」をおすすめします。

PUBGはレイトレーシングに対応すると発表しているので、そこに興味がある方も検討してみるのもいいかもしれません。

今回紹介しているこのスペックのゲーミングPCならば、144~200fpsは安定して出すことができます。

ガレリアZZ搭載モデル の詳細・価格情報はこちら

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

144fpsで遊びたい人に当サイトがおすすめするゲーミングノートPCは「ガレリア GCR2070RGF-E 」です。

ガレリア GCR2070RGF-E
CPU : Core i7-9750H
グラフィック : GeForce RTX2070 MAX-Q
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

ガレリアGCR2070RGF-Eは「i7-9750H」に「RTX2070」、メモリも16GB搭載とかなり高性能なモデル。最新PCゲームで遊んでもまず困ることはないです。もちろんSSDも搭載しているのでロードも爆速。
ディスプレイは144hzに対応。このスペックなら最新PCゲームでも144fpsでヌルヌルサクサクと遊べちゃいます。

RTX2080搭載ゲーミングノートPCのような、さらにハイスペックなものを求めるとコスパ的には厳しくなってくるので(30万円を軽く超えてきます…)、性能と価格のバランスが取れているこの機種を強くおすすめします。

ゲーミングノートPCを選ぶ際に気になる重量も「約2.01kg」とRTX搭載モデルとは思えないほどの軽量化に成功しています。

ガレリアGCR2070RGF-Eは「性能・価格・重量」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

ガレリアGCR2070RGF-Eの詳細・価格情報はこちら


PUBG おすすめゲーミングPCおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・60fpsで遊びたい → 「ガレリアXT
・144fpsで遊びたい → 「ガレリアXF
・最高級のハイスペックPCで遊びたい → 「ガレリアZZ
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCR2070RGF-E

この記事を参考にゲーミングPCを購入した方が快適なPUBGライフを送ってもらえると嬉しいです。

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

ゲーミングマウスは必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

ゲーミングキーボードももちろん必須アイテムです!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセットにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。


さらに詳しくPUBGにおすすめゲーミングデバイスを知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

PUBG / ゲーミングPCカテゴリの最新記事

「回線負けする…」「Pingが高い…」という悩みを解消
FPSゲーマー向け最強回線まとめ