【2018年最新】PUBGおすすめゲーミングPC 「60fps」or「144fps」で快適にプレイするためのガイド

この記事ではPUBGを「60fps」でプレイしたい人、「144fps」でプレイしたい人にオススメゲーミングPCを紹介していきます。

この記事を読んで欲しい人は以下の3つのうちどれか1つでも当てはまる人です。

  • PUBGにおすすめなゲーミングPCを知りたい
  • 「60fps」と「144fps」でどれくらい差があるか知りたい
  • 144fpsでプレイするために必要なものが知りたい


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい方は画像をクリックしてください。

PUBG60fps
PUBG144fps

PUBGの最低スペック・推奨スペックは?ゲーミングPC以外のパソコンでもプレイできる?

画像引用元

PUBGは普通のパソコンでプレイ可能?

PUBGはゲーミングPC以外のパソコンではプレイできません。
PUBGは他のPCゲームと比べてもかなり重いゲームなのでグラボがないパソコンだと起動すらできないです。
また、最低でもフレームレートが安定して60fps出るPCでなければ他のプレイヤーと圧倒的な差がついてしまいます。

ノートPCでPUBGがしたい!」という方は以下の記事も参考になると思います。

PUBG最低スペック

PUBG最低スペック
CPUi5-4430 / AMD FX-6300
メモリ8GB
GPUGTX 960 2GB / AMD Radeon R7 370 2GB

PUBGの最低スペック(Steamストアページ参照)です。

このスペックでは設定を限界まで下げてもフレームレートを安定して60fps出すことは難しいです。平均30fpsといったところなので”最低限遊べる”というレベルです。
フレームレート60~144fpsでプレイしてる人達と圧倒的な差がついてしまうので、最低スペックを参考にゲーミングPCを購入することはおすすめできないです。

PUBG推奨スペック

PUBG推奨スペック
CPUi5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ16GB
GPUGTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB

PUBGの推奨スペック(Steamストアページ参照)です。

GPUがGTX1060、メモリが16GBと他のゲームに比べて結構なスペックを要求されます。
設定を下げれば重たくなる場所以外ではフレームレート60fpsが出せるといったところでしょうか。
しかし、快適とは程遠いので推奨スペックよりもう少し性能の良いゲーミングPCにしたほうがいいですね。

PUBGをフレームレート144fpsでプレイする際のメリット・デメリット

144fpsでプレイするメリット
  • 画面がなめらかになりエイムがしやすい
  • 撃ち合いで差がつく
  • 目が疲れにくい
144fpsでプレイするデメリット
  • 144hzに対応したゲーミングモニターが必要
  • ゲーミングモニターの値段

メリット1: 画面がなめらかになりエイムがしやすい

PUBGに限らずFPS・TPSというジャンルはフレームレートが高ければ高いほど敵が見つけやすく、エイムがしやすいです。
特にPUBGにおいて敵を先に見つけることは重要です。「相手より有利なポジションをとる」「気づかれる前に奇襲をかける」など戦略を練りやすくなります。

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。

メリット2: 撃ち合いで差がつく

フレームレートが高いほうが撃ち合いに有利です。
144hzのゲーミングモニターでプレイすると60hzのモニターでプレイしている人よりも画面がなめらかに動くため、ヘッドショットを狙うときやショットガンで撃つ場面など確実に差がでる場面があります。

このようなとっさに撃たないといけない場面でもエイムが合わせやすい。

SRは60fpsで当てられる気がしません…。

メリット3: 目が疲れにくい

高いフレームレートでプレイしている場合、画面がなめらかに動くため目への負担も少ないです。
特にPUBGは撃ち合いや移動以外にも、物資を漁る場面など頻繁に視点を動かすことが多いのでゲーミングモニターを使用することをおすすめします。


PUBGを144fpsでプレイするメリットはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。


デメリット: 144hz対応ゲーミングモニターが必要

PUBGを144fpsでプレイするデメリットとしては144hz対応ゲーミングモニター」が必要。ということです。
一般的なPCディスプレイはリフレッシュレートが60hzとなっているので、144fpsを出すことができません。
そのため、144hzに対応しているゲーミングモニターが必要になります。

144hz対応ゲーミングモニターは価格が3万円前後なので、一般的なPCディスプレイに比べると高価な買い物になってしまいます。
しかし、一度買えば壊れるまで使い続けることができるものなので快適にドン勝を食べるための先行投資だと思って購入するのもいいでしょう。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ/フルHD/HDMI,DP,DVI端子/144Hz/1ms/ブルーライト軽減
ベンキュージャパン (2017-12-21)
売り上げランキング: 195

144hz対応ゲーミングモニターで一番人気の商品。筆者も所有している。

PUBGをフレームレート60fpsでプレイする際のメリット・デメリット

PUBGを一般的なPCディスプレイを使い60fpsで遊ぶ際のメリット・デメリットですが、ほぼ144fpsのメリット・デメリットを逆転させたものになります。

PUBGを60fpsでプレイするメリットとは?

PUBGを60fpsでプレイするメリットとしてはかかる費用です。
144hz対応ゲーミングモニターも必要ですし、高いフレームレートを出すためにはそれなりのスペックのゲーミングPCも必要になってきます。
もちろんハイスペックなPCは価格も高いですし、ゲーミングモニターも一般的なPCディスプレイと比べると高価なものです。

予算内に収まらないならば、フレームレートは60fpsで妥協してテクスチャの設定などをあげて高画質で遊ぶというのも1つの手です。

PUBGを60fpsでプレイするデメリットとは?

デメリットとしては、やはりゲーミングモニターを使い144fpsで遊んでいるプレイヤーと差がつくことです。

撃ち合いや索敵において60hzのモニターが144hzのゲーミングモニターを上回る要素は1ミリもないです。
また、ゲーミングモニターには室内などの暗いところを明るく表示する機能や、色味を調整し画面を見やすくする機能などゲームを有利にする機能が多数備わっています。
PUBGが上手い人でゲーミングモニターを使っていない人はほぼいないと思うのでそういう点でどうしても不利になってしまいます。

PUBGを144fpsでプレイするために必要なもの

PUBGを144fpsでプレイするために必要なものは「144hz対応ゲーミングモニター」と「高いフレームレートが出せるゲーミングPC」です。

必要なもの1: 144hz対応ゲーミングモニター

一般的なPCモニターでは、60hzまでしか対応していないので60fpsまでしか表示させることはできません。
そのため、144hzに対応したゲーミングモニターが必要となってきます。

必要なもの2: 高スペックゲーミングPC

144hzに対応したゲーミングモニターを持っていても、高いフレームレートを安定して出せるゲーミングPCを持っていなければ宝の持ち腐れです。

PUBGは非常に重いゲームなため120~144fpsでフレームレートを安定させるにはスペックの高いゲーミングPCでなければいけません。
そのため、スペックが低いPCを使っている方は、パーツを換装するかハイスペックなゲーミングPCに買い換える必要がでてきます。

PUBGおすすめゲーミングPC

この記事では60fpsと144fpsでプレイする場合、それぞれのメリット・デメリットを説明しました。
それをふまえて、「60fpsでプレイする場合」と「144fpsでプレイする場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介するゲーミングPCは全てBTOパソコンショップ『ドスパラ』の製品です。ドスパラでゲーミングPCを購入する方法はこちらの記事で紹介しています。

60fps高画質でPUBGを遊ぶなら「ガレリアXT」がおすすめ

GALLERIA XT
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-8700
グラフィック : GTX1060 6GB
メモリ : 8GB
ストレージ : 500GB SSD , 1TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

60fps + 高画質でプレイするなら「ガレリアXT」がおすすめです。

メリット
  • ゲーミングPCの中では価格が安い
  • 平均60fps + 高画質でプレイ可能
  • SSD搭載
デメリット
  • 144fpsでプレイしたい人には向いていない
  • メモリ8GB → 16GBへのカスタマイズは必須

CPU「i7-8700」、GPU「GTX1060 6GB」搭載で15万円を切るコスパの良いゲーミングPCです。
このスペックならPUBGを高画質設定にしつつも平均60fpsでプレイ可能です。
ゲーミングモニターを使って144fpsを出したい!」という人には向いていませんが、高画質60fpsでプレイしたい人には最適なのでおすすめします。

最低設定(←)と最高設定(→)の画質の違いです。雨の表現や服のテクスチャを見ると違いが分かりやすいです。

PUBGの推奨スペックではメモリが16GBとなっているので、注文するときにメモリを8GBから16GBにカスタマイズ必須です。


注文ページの「構成内容を変更する」からカスタマイズできます。※画像クリックで商品ページに飛びます。

ガレリアXT の詳細・価格情報はこちら


144fps(高フレームレート)で遊ぶなら「ガレリアZG」がおすすめ

GALLERIA ZG
GALLERIA ZG
CPU : Core i7-8700K
グラフィック : RTX2080
メモリ : 16GB
ストレージ : 512GB SSD , 3TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

144fpsでPUBGをプレイするなら「ガレリアZG」がおすすめです。

メリット
  • めちゃくちゃハイスペック
  • 平均144fps前後でプレイ可能
  • 数年間は買い換えなくても最新ゲームがプレイ可能
  • レイトレーシングに対応
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • ハイスペックなため価格が高め

GPUに「RTX2080」搭載のハイスペックマシン。
このゲーミングPCならPUBGを144fpsでプレイ可能です。
唯一のデメリットは”価格”ですが、一度購入すれば数年間は最新ゲームを遊び続けられるスペックなのでどうせゲーミングPCを購入するなら妥協せず良いものを手に入れるのもありだと思います。

このPCを購入すればドン勝食べ放題!」…は言いすぎかもしれませんが、妥協したくない人はこの「ガレリアZG」一択です。

また、PUBGのゲーム実況や動画投稿を考えている方にもおすすめです。
その場合はメモリ16GBだと快適とは言えないので、メモリを16GBから32GBにカスタマイズしましょう。


注文ページの「構成内容を変更する」からカスタマイズできます。※画像クリックで商品ページに飛びます。

ガレリアZG の詳細・価格情報はこちら


144hz対応ゲーミングモニターを持っていない方は忘れずに一緒に購入しておきましょう。


こちらのBenQ「XL2411P」がおすすめです。※画像クリックで商品ページに飛びます。

XL2411P の詳細・価格情報はこちら

さらに上のスペックを目指すならRTX 2080Ti搭載モデルがおすすめ

RTX2080Tiの画像

240hzモニターを使う人や、さらに高みを目指すなら「RTX 2080Ti」搭載モデルのゲーミングPCがおすすめです。

ガレリア ZZ i9-9900K
GALLERIA ZZ RTX
CPU : Core i9-9900K
グラフィック : RTX2080 Ti 11GB
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB SSD , 3TB HDD
ドスパラで詳細・価格を見る

筆者も現在RTX2080Ti搭載のゲーミングPCと240hzのモニターでPUBGを遊んでいてかなり快適です。しかし、コスパの面では正直微妙です。
数万円から~10万円ほど予算を増やす必要があるため、お金に余裕のある方か「コスパを無視してでも最高のスペック以外認めん!」という方以外には前述した「ガレリアZG」をおすすめします。

PUBGはレイトレーシングに対応すると発表しているので、そこに興味がある方も検討してみるのもいいかもしれません。

ガレリアZZ i9-9900K搭載モデル の詳細・価格情報はこちら

以下の記事でも、『RTX2080 Ti搭載のおすすめのゲーミングPC』を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングPCと一緒に購入するべきゲーミングデバイス一覧

ゲーミングPCと一緒に購入すると良いゲーミングデバイス一覧です。基本的には筆者も使用しているおすすめなデバイスを紹介していきます。
無理して最初から全て揃えるのではなく、予算の都合に合わせて少しづつ揃えていきましょう。

ゲーミングモニター

144hz対応ゲーミングモニターもしくは240hz対応ゲーミングモニターを購入しましょう。
ただし、PUBGで240hzの恩恵はあまりないので、「オーバーウォッチ」や「CS:GO」、「バトルフィールドシリーズ」など200fps以上安定して出せるタイトルをやらないのであれば144hz対応で充分です。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ/フルHD/HDMI,DP,DVI端子/144Hz/1ms/ブルーライト軽減
ベンキュージャパン (2017-12-21)
売り上げランキング: 203

144hz対応ゲーミングモニターで一番人気の商品。筆者も所有している。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2546 24.5インチ/フルHD/DisplayPort,HDMI,DVI-DL搭載/240Hz/1ms/Dyac技術搭載
ベンキュージャパン (2017-09-21)
売り上げランキング: 2,167

筆者が現在使用している240z対応ゲーミングモニター。

ゲーミングマウス

ゲーミングマウスはほとんどの製品にサイドボタンが付いているので、PUBGの場合「フリールック」や「インベントリ」キーを割り振るのがおすすめです。

【 国内正規品 】ゲーミング マウス SteelSeries Rival 600 デュアルセンサー 重量・重心カスタマイズ機能 32ビットARM プロセッサー搭載 62446
SteelSeries Rival 600
posted with amazlet at 18.08.22
SteelSeries (2018-03-02)
売り上げランキング: 2,251

筆者が現在使用しているゲーミングマウスRIVAL600。サイドボタンが3つも付いてます。

【PUBG JAPAN SERIES 2018推奨ギア】ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G903 ワイヤレス充電対応 LIGHTSPEED 軽量構造 左右対称
ロジクール (2017-09-21)
売り上げランキング: 810

無線マウスが良いという人はロジクール「G903」がおすすめ。

今回紹介したゲーミングマウスは価格が高めの物が多いですが、格安でゲーミングマウスが欲しい方はこの記事を参考にしてください。

マウスバンジー

マウスバンジーは邪魔くさいマウスのコードを固定してくれるアイテムです。
ケーブルで繋がっている有線のゲーミングマウスを使用する場合、あると快適にプレイできます。

COUGAR マウスバンジー BUNKER 超軽量 コンパクト 真空吸着パッド CGR-XXNB-MB1 【国内正規品】
Cougar (2016-07-29)
売り上げランキング: 482

机に強力な吸盤でくっつけて使うタイプなのでがっちり固定できておすすめ。

マウスパッド

マウスパッドは軽視されがちですが、とても重要なアイテムです。
マウスの滑りや止まりにかなり影響を与えるので導入を検討してみましょう。

【国内正規品】SteelSeries QcK マウスパッド 63004
SteelSeries
売り上げランキング: 338

定番のSteelSeries「QcK」低価格かつ高いクオリティで人気。

SteelSeries Dex Gaming Mousepad マウスパッド
SteelSeries (2014-10-17)
売り上げランキング: 16,335

筆者が使っているのはSteelSeries「Dex」。「QcK」より価格は高いが、よく滑り使っていて気持ちいいマウスパッド。

ゲーミングキーボード

一般的なキーボードだと複数のキーを同時に押してもちゃんと反応しないものが多いです。
ゲーミングキーボードであれば複数キー同時押しにも対応していますし、”軸’によって押し心地が変わるので好みで選びましょう。

Corsair K65 RAPIDFIRE CherryMX Speed RGB COMPACT-日本語 ゲーミングキーボード- KB356 CH-9110014-JP
Corsair (2016-08-05)
売り上げランキング: 3,000

「K65」は浅いキースイッチでキー荷重も45gと軽いため、素速く入力できる。

ゲーミングヘッドセット

PUBGは足音や銃声の鳴った位置を特定することがとても重要なのでゲーミングヘッドセット・ヘッドホンを用意しましょう。
スピーカーや安物のイヤホンでプレイしてもドン勝を取るのは難しいです…。

ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット 密閉型/ノイズキャンセルマイク GSP 600【国内正規品】
ゼンハイザー (2018-03-21)
売り上げランキング: 1,067

今まで色々なヘッドホンを試してきたが一番良かったのは「GSP600」。価格は2万円後半と値は張るが、それでも買って後悔しないゲーミングヘッドセット。

USB型サウンドカード/オーディオアンプ

USB型サウンドカードとはUSBにつなぐだけでデバイス側で処理してくれるサウンドカード。
イコライザ機能を使って、足音や銃声を聞こえやすくできる。

ゼンハイザー ゲーミング&PC用オーディオアンプ 7.1ch GSX 1000【国内正規品】
GSX 1000
posted with amazlet at 18.08.22
ゼンハイザー (2017-01-20)
売り上げランキング: 2,116

「GSX1000」のイコライザ機能は自分で難しい設定をしなくてもワンタッチで切り替えられるので初心者におすすめ。

ゲーミングチェア

イスはゲームプレイ時に限らず、日々の生活でも重要なアイテム。
個人的には一番お金をかけてもいい部分だと思っています。

DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN ブラック
Room works (2014-07-01)
売り上げランキング: 1,119

ゲーマーに人気のゲーミングチェア。当サイトで別のライターが1年間使用してレビューも書いているので気になった方はチェックして欲しい。(リンク

メーカー組立完成品 エルゴヒューマン プロ Ergohuman Pro ハイタイプ エラストメリックメッシュ EHP-HAM KM-11 ブラック EHP-HAM-HB-KM-11
Ergohuman
売り上げランキング: 14,407

筆者が使用しているのは「エルゴヒューマンプロ」。ゲーミングチェアではないが何時間でも座っていられるPCチェア。

関連記事

さらに詳しくおすすめゲーミングデバイスを知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

PUBG / ゲーミングPCカテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。