『Cities Skylines II』ゲーミングノートPCのおすすめと推奨スペック グラボなしでも遊べる?重い・メモリ不足を回避できるモデルを紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、『Cities Skylines II』を快適に遊べるおすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。

なお、『Cities Skylines II』を外出先でもプレイできるのは現状ゲーミングノートPCだけです。

出張などで家にいる時間が短い方は、ぜひゲーミングノートPCでのプレイを検討してみてください。

説明を省いて必要なゲーミングPCだけ知りたいという方はこちらから↓

・『Cities Skylines II』をコスパ良く遊べるゲーミングノートPCモデル → 「G-Tune E5-I7G60BK-A
・高画質で快適に遊べるモデル → 「G-Tune E6-A7G70BK-A
・MODを導入して遊べるハイエンドモデル → 「G-Tune H6-I9G80BK-B

当サイトでは「『Cities Skylines II』のおすすめデスクトップPC」も紹介しているため、気になる方はぜひお読みください。

おすすめゲーミングPCをランキングで見たい人はこちらの記事で激安PCからハイエンドPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

『Cities Skylines II』おすすめゲーミングノートPC

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。また、Amazonアカウントからも支払いできるようになっているので、購入も簡単です。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

今回は主に「ドスパラ」「マウス」から最適なゲーミングノートPCを選んで紹介します。

ゲーミングPCの購入タイミングについて

ゲーミングPCは時期やPCパーツの需要、新製品の発表などのタイミングで値段が変動することがあります。

そのため、「ゲーミングPCはどのタイミングで購入すればいいのかわからない」という悩みも生まれることがありますが、基本的には「欲しくなったら買う」という気持ちでゲーミングPCを購入するのがおすすめです。

「PCが安くなるまで待っていたけど2~3年経っても変わらなかった」ということもありえるので、できるだけ欲しいと思ったときに購入するのが一番おすすめです。

また、PCパーツの需要が高くなるとパーツやゲーミングPCの供給が不足して一気に値上がりするので、逆に待っていると値上がりするケースもあるので注意しましょう。


安さを重視するなら「G-Tune E5-I7G60BK-A」がおすすめ

G-Tune E5-I7G60BK-A
G-Tune E5
CPU : Core i7-13650HX
グラフィック : RTX 4060
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB Gen4 SSD
モニター : 240Hz 15.3インチ
重量 : 2.09kg
バッテリー : 6.5時間
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • おすすめモデルのなかでは安い
  • 『Cities Skylines II』を遊べるスペックがある
  • 144Hz対応ディスプレイ
  • SSD搭載でロードが速い
デメリット
  • フルHDの高設定にすると動きが重くなる
  • 『Cities Skylines II』の推奨スペックにはやや届いていない

CPU・GPUともにミドルクラスのパーツを搭載した、高性能なゲーミングノートPCです。

『Cities Skylines II』の推奨スペックにはやや届いていませんが、フルHDの低設定までなら十分快適に遊べます。

なお、価格はそこそこ高いですが、『Cities Skylines II』は重量級のゲームなため、これ以上安いPCではまともな画質で遊べません

Cities Skylines IIの推奨スペックに近いスペックを搭載しつつ、なるべく安いゲーミングノートPCが欲しい方におすすめのモデルです。

高画質で遊ぶなら「G-Tune E6-A7G70BK-A」がおすすめ

G-Tune E6-A7G70BK-A
G-Tune E6
CPU : Ryzen 7 7840HS
グラフィック : RTX 4070
メモリ : 16GB
ストレージ : 500GB NVMe
ディスプレイ: 240Hz 16.0インチ
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • Ryzenプロセッサー搭載で価格が抑えられている
  • 『Cities Skylines II』の推奨スペックを満たしている
  • 240Hz対応モニター
デメリット
  • 4Kには設定できない
  • もっと高性能なモデルが存在する

「RTX 4070」を搭載した、ミドルハイクラスのゲーミングPCです。

『Cities Skylines II』の推奨スペックを超えているので、街づくりシミュレーションをより綺麗なグラフィックで体験できます。

なお、CPUにはRyzenプロセッサーを搭載しているため、高性能グラボを搭載している割に価格がそこまで高くありません

コスパのよいゲーミングPCが欲しい方も、ぜひチェックしてみてください。

MODを入れるなら「G-Tune H6-I9G80BK-B」がおすすめ

G-Tune H6-I9G80BK-B
G-Tune H5
CPU : Core i9-14900HX
グラフィック : RTX 4080
メモリ : 32GB
ストレージ : 1TB NVMe
ディスプレイ: 240Hz 16.0インチ
公式サイトで詳細・価格を見る
メリット
  • 高性能グラボ搭載であらゆるゲームを快適に遊べる
  • 『Cities Skylines II』でMODも導入できるスペック
  • 240Hz対応モニター
デメリット
  • おすすめモデルの中でもっとも高額

CPU・GPUともに最高クラスのパーツを搭載した、超ハイエンドなゲーミングノートPCです。

『Cities Skylines II』でMODを複数入れても快適に動作するので、街づくりの可能性をより広げられます。

なお、現行モデルのなかでは最上位レベルに位置するスペックを持っているため、このゲーミングノートPCで快適に遊べないゲームは基本的にありません。

とにかく高性能なゲーミングノートPCが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

『Cities Skylines II』の推奨PCスペック

PC版『Cities Skylines II』の公式推奨PCスペック・当サイトが考える真の推奨スペックについて解説します。

『Cities Skylines II』で不便な思いをしたくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

『Cities Skylines II』推奨PCスペック

推奨PCスペック
CPUIntel Core i5-12600K | AMD Ryzen 7 5800X
GPUNvidia GeForce RTX 3080 (10 GB) | AMD Radeon RX 6800 XT (16 GB)

推奨スペックは、基本的に『Cities Skylines II』をフルHDの中設定で60fpsを発揮できるように設定されています。

『Cities Skylines II』では、推奨スペックの時点でミドルクラスの性能を要求されているので、最新ゲームのなかでもかなり重い部類です。

ただ、公式の推奨スペックでは快適に遊べないケースがほとんどなため、できればもう少し余裕のあるスペックのゲーミングノートPCを用意しましょう。

『Cities Skylines II』真の推奨PCスペック

真の推奨スペック
CPUCore i7-12700
GPUGeForce RTX 4070 Ti

真の推奨スペックなら、MODを複数導入しつつ、フルHDの最高画質でも十分快適に遊べます。

公式推奨スペックよりも高いスペックを設定していますが、『Cities Skylines II』は建造物を増やすごとに重くなるので、実際にこのレベルのスペックが必要です。

本記事で紹介している「G-Tune H6-I9G80BK-B」であれば、真の推奨スペックを満たしているので、ぜひチェックしてみてください。

『Cities Skylines II』はグラボなしの一般向けPCで遊べる?

『Cities Skylines II』は、グラボなしの一般向けPCではまともに遊べません

『Cities Skylines II』が高度なグラフィックを実現している関係で、ゲーム自体がかなり重いためです。

したがって、『Cities Skylines II』を快適に遊びたいなら、グラボを搭載したゲーミングPCを用意しましょう。

『Cities Skylines II』を遊ぶなら快適に動かせるゲーミングノートPCがおすすめ

『Cities Skylines II』を遊ぶなら、ゲーミングノートPCがおすすめです。

街づくりを外出先でも進められるため、理想の街をいち早く作り上げられます。

以下では、『Cities Skylines II』をゲーミングノートPCで遊ぶメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

『Cities Skylines II』の街づくりを外出先でも進められる

持ち運び可能なゲーミングノートPCであれば、『Cities Skylines II』を外出先のホテルなどでも遊べます。

とくに、シミュレーションゲームである『Cities Skylines II』は、どこまでも時間がかかるゲームなため、プレイ時間は多いに越したことはありません。

自分の理想の街をいち早く完成させられるので、ゲーム自体に飽きる前に目的を達成できます。

現状、外出先でも『Cities Skylines II』を遊べる端末はゲーミングノートPC以外にないため、出張が多い方はぜひ購入を検討してみてください。

周辺機器がいらない分コストを抑えられる

ゲーミングノートPCを購入すれば、ディスプレイやキーボードなどの周辺機器を購入する必要がありません。

周辺機器がいらない分、『Cities Skylines II』を遊ぶ際の初期コストを大きく抑えられます

なお、周辺機器がいならいため、設置スペースもデスクトップPCほど必要ありません。

ワンルームで1人暮らしをしている方など、予算やスペースに余裕がない方ほどゲーミングノートPCの購入がおすすめです。

価格・性能別4選!

『Cities Skylines II』おすすめゲーミングノートPCおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・なるべくコスパ良く『Cities Skylines II』を遊びたい → 「G-Tune E5-I7G60BK-A
・『Cities Skylines II』を快適に遊べるゲーミングノートPCが欲しい → 「G-Tune E6-A7G70BK-A
・『Cities Skylines II』でMODを導入して楽しみたい → 「G-Tune H6-I9G80BK-B

『Cities Skylines II』は遊ぶ環境一つで大幅に面白さが変わってきます。家庭用版からの乗り換えやこれから新規で始める方もぜひゲーミングノートPCをチェックしてみてください!

当サイトでは「『Cities Skylines II』のおすすめデスクトップPC」も紹介しているため、気になる方はぜひお読みください。

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事