KH3ソラ

【評価/感想】『キングダム ハーツIII』レビュー 平成最強のムービーゲー【KH3】

キングダムハーツIII

キングダムハーツIII
ジャンル  : アクションRPG
機種    : PS4/Xbox One
開発    : スクウェア・エニックス
発売日   : 2019年1月25日
Amazonで詳細を見る
  
総評

ディズニーランドのように初心者に優しいゲームシステムと一見さんお断りの尖ったシナリオ。完璧ではないが、最高クラスのアクションRPG

8.3/10
良い
  • 鮮やかなディズニーワールド
  • 大量のミニゲーム
  • ゴージャスな戦闘
  • ドナルドとグーフィー
  • レイジフォーム
悪い
  • 動きのないムービーの数々
  • クライマックス以外では魅力のない真XIII機関
  • 手応えのないグミシップ
  • 駆け足気味な伏線回収

『キングダムハーツIII』のプレイ体験は人によって大きく異なる。

  1. 予備知識なしにKH3で初めてシリーズに触れる人
  2. KH1とKH2をプレイしている人
  3. シリーズに何百時間も費やし、10年以上待ちに待った人

それぞれの立場でクリア後の感想も変わることは間違いない。連続したストーリーを持つシリーズ作品なら当然だ。

筆者は当時『キングダムハーツ』と『キングダム ハーツII』のみをプレイし、2年前に『キングダムハーツ HD 2.8』(OPは3よりこっちのほうが良い!)と『キングダムハーツ HD 1.5+2.5 リミックス』をプレイしている。なのでシリーズの基礎知識はあるが、残念ながら17年間このゲームと共に育ってきたプレイヤーの気持ちはわからない。

そんな人間から見て『キングダムハーツIII』のストーリーの良し悪しについては、正直何とも言い難い。あまりにもゴチャゴチャしていて物語にまとまりがないと感じる一方、長い旅に一区切りがついたという意味では感動的だし、愛すべきキャラクターたちの結末は美しい。

いまどき珍しいほどに大量のカットシーン

KH3チュートリアル

『キングダムハーツIII』を起動し下村陽子の音楽で多幸感に包まれながら「NEW GAME」を選択し、おなじみのステータス決定を終えて最初のワールドをしばらく進んだあたりで、あるいは遅くともその次のワールドをクリアしたあたりで多くのゲーマーが気付くことがある。

このゲームはムービーゲーだと。

ムービーゲーとは、ゲームプレイではなくムービー=カットシーンを中心に進行するゲームのことだ。ムービーを見ている間は操作できないのでプレイヤーは画面を眺めるしかやることがなく、流れるムービーに興味を抱けなければ退屈な思いをする。

近年のストーリー重視のAAAタイトルでは全てのカットシーンとゲームプレイをシームレスに接続させて没入感を高めるなどの工夫がなされているが(『ゴッド・オブ・ウォー』)、従来通りのやり方でゴリゴリにムービーを連発するのがスクエニとキングダムハーツの伝統だ。

とはいえ、「ムービーゲー」は必ずしも悪ではない。カットシーンでは開発者の意図した通りのカメラアングルと音楽を使った演出ができる。映画的なゲームがカットシーンを使うのは当たり前のことだ。そもそも、キングダムハーツはディズニー映画の世界を渡り歩くゲームだ。退屈なムービーは問題かもしれないが、それがディズニーなら?

残念なことに、『キングダムハーツIII』では美しいディズニーワールドの再現だけではなく真XIII機関のどうでもいい雑談にもムービーが使われる。一般的なJRPGでは吹き出しにテキストで表示されるような画的に動きがない会話も含めて全部ムービーで表現されるのだ。

真XIII機関の連中はゆったりと間を取って話すので、ディズニーコラボ作品とは思えないほどテンポが悪い(ディズニー関連はテンポが良いぶん、余計際立つ)。しかもそこで話されている内容の多くは既にプレイヤーが知っているか予測可能な情報を再確認しているだけ。たまに新しいネタが出てきてもそれは『キングダムハーツIII』の本筋とは関係がない続編の伏線を張っているに過ぎず、全く面白くない。

つまり、『キングダムハーツIII』には「良いムービー」と「悪いムービー」がある。ゲーム全体で軽く200個を超えるムービーを簡単に分類してみた。

アクションシーン

VERUM REX

ボスの登場&退場シーンもここに含まれる。どれだけ迫力あるアクションシーンでも操作可能なバトルのほうがよほど面白いのでこうしたムービーを多用されるとさすがに飽きてくるが、スキップしたくなるほどではない。

コミカルなシーン

KH3ギャグ

光と闇の戦争に巻き込まれても、真XIII機関にワールドをメチャメチャにされても、ディズニーらしいユーモアは健在だ。

『モンスターズ・インク』のブーや『アナと雪の女王』のオラフは期待通りの活躍を見せてくれる。こういうムービーならいくらあっても嫌にならない。

ディズニーワールドを再現するシーン

ありのままでKH3

ディズニーワールドの再現に費やされた努力は、他のムービーのそれを遥かに凌駕している。ひょっとしたらここに力を注ぎすぎたせいで他のムービーに手抜きが多いのかもしれない。

特に「Let It Go」や新規参戦のピクサーワールドは『キングダムハーツIII』をプレイすべき理由の一つだ。

もちろん、ディズニーの魔法はムービーに限らない。生き生きとしたワールド全体が「ディズニー映画に遊びに行く」体験を見事に実現している。

歩きながらグーフィーに解説させれば済むような説明シーン

13機関

『キングダムハーツIII』が近年のAAAタイトルの傾向に反する点の一つは、移動中にキャラクターがほとんど会話をしないところだ。

ウィッチャー3』にしても『Horizon Zero Dawn』にしても『ゴッド・オブ・ウォー』にしても『スパイダーマン』にしても、移動時間のあるゲームは間を埋めるためにしばしば会話や独り言や通信といった形でジョークを言ったり背景説明をしたりする。『キングダムハーツIII』では他のタイトルが操作中に裏で流しておくような台詞までもがムービー化されている。

ワールドの途中やクリア後に真XIII機関が登場するシーン

ヴァニタスvsサリー

真XIII機関が思わせぶりだが無意味なことを言う→理解力の高いグーフィーがXIII機関語を翻訳する→ソラ「心の繋がりはお前らなんかに負けない!」

これムービーで何度もやる必要あるか?明らかに演出にも力入ってないし、脚本が整理できていない気がする…。

真XIII機関はゲーム全体を通して出まくるのに台詞が印象に残らないせいで存在感が薄い。最後の最後になって真XIII機関連中がこぞって意味のある会話をしだした時は「最初からこれやっとけばもっとマシだったのに!」と思ってしまった。


総じて言えるのは、「良いムービー」は一つ一つが短め、「悪いムービー」は長め。人間の集中力はそう長くは続かない。プレイヤーにスマホをいじらせないほど魅力的な長いムービーを作るのは簡単なことではないのだ。

手触りの良い戦闘

KH3戦闘

キングダムハーツにおいてバトルとは、ハートレスではなく常に混乱したカメラワークとの戦いだった。ありがたいことに『キングダムハーツIII』ではこの点が大きく改善されている。

17年かけて磨き上げられた戦闘システムはとにかくなめらかで、あらゆる動きがシームレス。「動かしているだけで楽しい」とはこのこと。

キーブレードのアクションの種類はフォームチェンジまで含めれば途方もない数で、常にバトルを新鮮に感じさせる。何種類か存在する巨大なアトラクションに乗り込んで大暴れする「アトラクションフロー」、「ドナルドメテオ」や「グーフィーボンバー」といったコンビ技、MPを全消費する強力な召喚技「リンク」、バトルにも移動にも使える「アスレチックフロー」。これら大量の技をほぼワンボタンでスムーズに発動できるのはアクションRPGとして洗練されている証拠だ。

KH3アトラクション

バトルの派手さはシリーズ最高だが、操作は複雑ではない。というより、難易度はおそらくシリーズの中でも最も低い。自分はスタンダードモードでレベル上げせずガードせずの脳死〇ボタン連打でバトルに挑んだが、一度もボス戦で負けなかった。代わりに頻繁にピンチからのレイジフォームに陥ったが、これがまた気持ち良い!個人的にはこの簡単さを肯定したい。仮に難易度を高くして敵の動きばかりに目がいき、パレードのようなバトルフィールド全体を楽しめなくなるとしたら勿体ないと思う。

玉石混淆のミニゲーム

クラシックキングダム

バラエティ豊富なのは戦闘だけではない。クラシックキングダム、料理、グミシップ、航海、レース、その他たくさんのミニゲームやワールド固有のギミック。全てが夢中になるほど良く出来ているわけではないが、常に新しいゲームプレイが追加され続けるというのはちょっとした楽しみにはなる。

中でも最大のミニゲームといえばグミシップだが、これは気に入らなかった。グミシップが好きになれない理由はいくつかある。一つ目は、シューティングとして「撃った感」=手応えがあんまりないせいで与えたダメージがわかりにくく、気持ちよくないから。二つ目は、機体操作が『エースコンバット7』よりも難しいから。三つ目は、クラフトが下手だから。

グミシップ

もっとも、筆者はそもそも初代をプレイした小学生の頃からグミシップは嫌いだった。いくつか理由はあるにせよ、嫌いなものは嫌いというだけの話だ。『キングダムハーツIII』のグミシップは、個人的な好き嫌いを抜きに見ればそれほど悪くない。レールに乗って進むのではなく宇宙を自由に飛び回り、ブーストやネビュラーラインを駆使して素早く移動できる。大型ボスとの戦いはワールドとワールドの間の良いアクセントだ。

総評

リトルグリーンメン

『キングダムハーツIII』の長きに渡る開発地獄は過剰なカットシーンを生んだが、同時にバトルをピカピカに磨き上げた。思うがままにエリアを支配できる戦闘はカジュアルなアクションRPGの中で傑出している。

ディズニー&ピクサーワールドは細部まで作り込まれたこだわりの出来で、1回ストーリーをクリアしただけでは気付かない部分まで遊び心に溢れている。「グライド」アビリティを獲得した後にお気に入りのワールドを再訪してみることをお勧めする。

とにもかくにもダークシーカー編は完結したが、ソラの物語は終わる気配がない。17年の旅路には付き合えなかったが、次こそはキーブレード使いたちをリアルタイムで追っていきたい。

レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 10 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Anonymous

    シークレットムービーで次回作の舞台が東京であることが明かされましたけど、それはFF15で経験済みなんです、、、
    モデリングだるかったのかな、

    あと、IIIのラストで急にゼアノート改心すんの本当にやめてくれや

  2. Anonymous

    なんかこう、ソラが最初から一貫して言ってる意見で結局ゼアノートを言い負かしただけに見えたのは残念です
    ソラは頭が良いキャラクターではないけど最初から本質を理解して言動を行うタイプの主人公なのでその辺りも難しいですよね

    次回作以降ではゼアノートもマレフィセントのような扱いになるかと思うと悲しくなる
    シリーズを見返した時に一目を置けるくらい独立した完全悪の大ボスで良かったのに…
    (みんなを救いたいと思って3を待ってたけど、別にゼアノートを助けようとは思ってなかったし…)

  3. レイ

    よく戦闘がいいって書いてあるの見るけど○連打で勝てるような戦いの何が面白いのか理解できない。

    • syu

      >○連打で勝てるような戦いの何が面白いのか理解できない。
      自分も同意。
      レベルはできるだけあげなおようにしてたのに物語内での強敵がボタン適当に押すだけで勝手に死んでくのは興ざめでした…

      • wow

        expゼロってアビリティがあるのはなんのためだっけ?

  4. Anonymous

    そもそもムービーが駄目なら映画や小説はたまた音楽だって駄目だろ。
    あまりにも短絡的すぎるんだよ。単語のイメージだけで物事を考えてしまう文系バカは文系なのに物語を楽しむことすら出来ないのだから哀れなんてもんじゃない。それにプロであっても退屈で意味のない個人的感想による批判評価なのに

    ド素人の個人的批判も全くクソで意味がないよ。

    • Anonymous

      少なくとも、他人の評価をろくに読まずに批難する人間の文章よりは意味があるよ。
      ムービーゲーと批判してはいるけど、その中でも良かったムービーと悪かったムービーがあったとして
      褒めるべきところは褒めているし、批判一辺倒でもない。

      そもそも個人の評価や感想は人それぞれであってしかりだし、それを批判が入っている意味がないとバッサリ切り捨てるなら
      あなたが求めているだろう褒める評価だって意味がない。

      気に入らないからクソで無価値だっていうその考えの方がよっぽど哀れだと思うよ。

  5. Anonymous

    自由を奪われがちで直ぐに疲れるから 息抜きにダークソウルやってます。

  6. Anonymous

    筆者さんは一通りシリーズをプレイした人としてレビューを述べておりますが
    いわゆる長年待ったファンとしても似たような感想になります。
    ムービーゲーと揶揄される部分はそもそも初代の頃からそうなので完全新規でプレイする人間以外からしたらいつものKHです。
    ただ、今回はそのムービーの内容(特に性急な終盤~エンディングまで)が残念でした。

  7. Anonymous

    ほんと道中に会話させれば済むだろうってムービーが多すぎます。発売日に買ったのに やる気が出なくて まだクリアしていない…。