コントロール

『Apex Legends』コントロールモードの基本ルールと遊び方

高フレームレートで有利に勝つためのスペックを紹介
『Apex Legends』コントロールモードの基本ルール ・9人対9人のチーム戦
・開始時にロードアウト(武器の組み合わせ)を選択して戦場に出る
・複数のゾーンを占領し、コントロールポイントを稼ぐ
・最初にスコア上限に到達したチームがマッチで勝利

『Apex Legends』バトルロイヤルモードの基本ルール」「『Apex Legends』アリーナモードの基本ルール」はこれらの別記事を参照してください。

『Apex Legends』コントロールモードの試合の流れ

コントロールモードの試合の流れ

コントロールモードのルールは他のFPSでいういわゆる「ドミネーション」、スプラトゥーンでいえば「ガチエリア」です。

とはいえ、他のFPSと比べるとお祭り色が強く、18人のレジェンドがグチャグチャに撃ち合う超カジュアルモードとして楽しめます。

コントロールモードの試合の流れ(例)
  • 1
    レジェンド選択
    1分隊3人の中で被らないよう、自分の使いたいレジェンドを選ぶ
  • 2
    ロードアウト選択
    複数の武器の組み合わせから一つのロードアウトを選び、出撃
  • 3
    初期位置からスポーン
    初期位置からゾーン目掛けて進軍し、ゾーン確保を目指す
  • 4
    ゾーン確保
    どちらかのチームがゾーン確保するとポイントを獲得する。ゾーンの奪い合いで試合が決まる
  • 5
    【補足】復活
    デスしたら、ロードアウトを変更して復活できる。復活ポイントは初期位置もしくは獲得ゾーン内
  • 6
    【補足】レジェンズ レーティング
    キル数ではなく活躍度合いに応じたレートによって「レートリーダー」を奪い合う

レジェンド選択

Apex Legends レジェンド画像

ゲームがスタートしたらまずは自分が使うレジェンドを選択します。チームメイトと同じレジェンドを選ぶことはできません。ここまではバトルロイヤルルールのレジェンド選択と同じです。

最強レジェンドランキングはこちら」でまとめていますが、普通のバトルロイヤルとコントロールモードではレジェンドの強さが大幅に異なる可能性があります。

ロードアウト選択

ロードアウト選択

ロードアウト選択は自由です。遠距離で戦いたいか、近距離で戦いたいか、くらいの感覚で選んでOKです。デスしたら何度でも選択しなおせるので、気軽に選びましょう。

最強武器ランキングはこちら」でまとめていますが、普通のバトルロイヤルとコントロールモードでは強い武器が異なる可能性があります。

初期位置からスポーン

初期位置からスポーン

試合開始直後は2チーム18人が初期位置から一斉にスポーンします。

初動ではロードアウト武器2つに加え投げ物と無限の注射器・医療キットを所持しています。

積極的に攻めてまずは一つゾーンを確保しましょう。

ゾーン確保

ゾーン確保

ゾーンを確保すると確保した時間だけポイントが溜まっていきます。

一方的に有利な状況を長く維持するため、できる限りデスしないように守り続けること、敵の注意をひきつけている間に他のゾーンも奪い取ることが重要です。

【補足】復活

キルされてもいくらでも復活できます。しかも、ロードアウトを変更することも可。

重要なのは、スポーンポイントは初期位置だけでなく、確保済みのゾーンからでも復活できるという点です。

つまり、ゾーンを確保するということはただポイントを獲得するだけでなく、デスした味方をすぐに前線復帰させられるということです。

【補足】レジェンズ レーティング

レート

ゾーンの制圧、キル、アシストなど、チームに貢献することでレーティングを獲得できます。

レーティングはブルー、パープル、ゴールドのティアに分かれており、ティアが成長するにつれてより強力な武器が手に入ります。

ティアを上がる度にアルティメットを獲得するので、レジェンドアビリティをうまく活用しましょう。死ぬとレーティングはリセットされるので、活躍しながら生き残るメリットは大きいです。

『Apex Legends』関連記事

『Apex Legends』の攻略ガイド」はこちら。

『Apex Legends』のはじめ方」はこちら。

『Apex Legends』をプレイするためのゲーミングPCを持っていない方は以下の記事が参考になります。

【裏技】Amazonギフト券チャージで初回限定2,000円分のポイントGET

Amazonギフト券チャージでお得に利用




HARDMODE おすすめ記事