『RUST』おすすめゲーミングPCと推奨スペック 再流行中ゲームを最高の環境で遊び尽くそう

この記事では『RUST』をPC版でプレイしたいという方に向けて、「安いPCを使って60fpsでプレイしたい人」「低画質の144fpsでプレイしたい人」「最高画質の144fpsでプレイしたい人」用のおすすめのゲーミングPCを紹介しています。


説明無しで手っ取り早くおすすめゲーミングPCを知りたい!」という方はこのリストからどうぞ!

・激安+~60fps → 「ガレリア RM5C-R36
・大人気ゲーミングPC+144fps安定 → 「ガレリアXA7C-R37
・最高画質+144fpsを目指すなら → 「ガレリア ZA9C-R38

おすすめゲーミングPCをランキングで見たい人はこちらの記事で激安PCからハイエンドPCまで詳しく紹介しているのでチェックしてみてください。

大前提として、『RUST』はオンラインゲームです。『RUST』におすすめの回線はこちらから。

注意!

当サイトで紹介するゲーミングPCはすべてBTOショップ製です。
家電量販店でゲーミングPCを買うのは、BTOショップと比べてコスパが悪いです。
家電量販店で買う際のデメリットを詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてください。

関連記事 電気屋や家電量販店でのパソコン購入をおすすめしない理由

RUST

RUSTのゲーム概要説明
ジャンル  : サバイバル、FPS
機種    : PS4、PS5、Xbox One、PC
開発    : フェイスパンチ・スタジオ
リリース日   : 2018年2月9日
RUSTをAmazonで見る

RUSTおすすめゲーミングPC

RUSTおすすめゲーミングPC

どのメーカーからどのPCを買えばいいのか?」を具体的に解説していきます。

  マウス  ドスパラ フロンティア  Dell  
価格二重丸二重丸二重丸三角
出荷スピード丸二重丸三角三角
サポート二重丸丸三角三角

特に有名な大手メーカー4つを比較しました。

「フロンティア」最大の売りはPCの安さです。
人気機種は在庫が少なくほとんど受注生産なので、出荷が1か月待ちになることも珍しくありません。
電話サポートは10:00~19:00までと短めで、混雑が激しいのは難点。

「Dell」の高級ブランド「ALIENWARE」のゲーミングPCのデザイン性は随一です。
問題は、モノによっては他社と10万円以上の差が付くほど強気な値段であること。
サポートスタッフは外国人が多く手間取るかもしれませんが、基本的には日本語も通じます。
工場が海外にあるため、機種によりますが出荷までに最低でも2週間はみたほうがいいでしょう。

「ドスパラ」は品薄のRTX30シリーズ搭載ゲーミングPCに関して全メーカー中最も安定した値段・出荷速度・サポートを保っています。また、Amazonアカウントからも支払いできるようになっているので、購入も簡単です。

「マウスコンピューター」の出荷スピードはドスパラほどではありませんが比較的速く、上記メーカーで唯一の24時間365日電話サポートがあるので初心者でも安心です。値段も決して高すぎません。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは発売当初、需要が高すぎるせいで供給不足という状況が続いていました。

10月現在、最近は仮想通貨の暴落に伴ってGPUを使ったマイニング需要が減ってパーツに余裕ができ、一時期は一週間以上かかっていたマウスコンピューター製品出荷日が「翌日」や「3日後」になるなど、一時と比べれば明らかに早くなっているのがわかります。

それに伴ってPCの値段も下降傾向にあり、もともとゲーミングPCを欲しかった人たちにとってはかなり手を出しやすい状況になりました。

そうはいってもいつどういう要因で値上げがあるのかわからないのがPCの世界ですから、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


格安PCで60fpsを目指したいなら「ガレリア RM5C-R36」がおすすめ

ガレリア RM5C-R36
GALLERIA RM5C-R36
OS : Windows 10
CPU : Core i5-12400
グラフィック : RTX 3060 12GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 500GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 格安ゲーミングPC
  • PS4を大きく上回るスペック
デメリット
  • グラフィック最高設定で建造物が増えると一部環境でカクつく可能性がある
  • エントリークラスなのでPC上級者向けではない

格安ゲーミングPCでありながらゲーミングスペックはそれなりに高く、『RUST』を「高画質+60fps」で快適に遊ぶことができます。

フレームレートを最重視するなら最高のグラフィック設定で遊ぶのは難しいかもしれません。しかし、「PS4を遥かに上回る体験をしたい!」というなら、「ガレリアRM5C-R36」がぴったりです。

補足
『RUST』の推奨CPUは「Core i7-4900K」、「ガレリア RM5C-G60S」のCPUは「Core i5-12400」です。
一般にi5よりi7のほうが性能が良いとはいえ、「Core i5-12400」のほうが最新のモデルなだけあって、ゲームの実行性能は「Core i7-4900K」よりも上です。
様々なサイトで比較されていますが、UserBenchmarkの検証を見ると、「Core i5-12400」のほうがハイスペックであることがわかります。

PCのコスパは間違いなく最高クラスなので、「とにかくRUSTを遊びたい」という人にはうってつけのゲーミングPCです。

【人気No.1】144fps完全維持で遊びたいなら「ガレリアXA7C-R37」がおすすめ

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R37」実機レビュー

メリット
  • 次世代ゲーミングPCの標準となるスペック
  • すぐに在庫切れになる大人気ゲーミングPC
  • 144fpsでプレイ可能
  • ゲーム実況配信や動画編集も楽勝
  • PS5を大きく上回る性能
デメリット
  • 人気すぎて頻繁な在庫切れで手に入りにくい
  • 人気すぎてときどき値上げされる

RUSTを本気でプレイしたいなら、「ガレリアXA7C-R37」がコスパ最強です。

低画質で144fps張り付きを狙え、中画質でも100fpsは超えます。 建造物を大量に建ててもカクつくことはありません。

在庫さえ潤沢なら文句なしにこのモデルをおすすめしたいのですが、「RTX 3070」はコスパがよく人気で価格が高騰していました。

最近になってようやく値段も落ち着き、間違いなく今が買い時です。

「値下がりを待って買い時に買おう」と考える人もいるでしょうが、残念ながら2023年まで値下がりしないという情報もあり、また在庫が切れてしまう前に買っておいたほうが結果的には賢明かもしれません。

144fps安定!大人気ゲーミングPC!
「ガレリアXA7C-R37」の詳細・価格情報はこちら



【特価モデル】高性能な3070 Tiモデルが欲しいならこちらもおすすめ

G-Tune HN-Z-AF詳細なスペックを公式サイトで確認する

マウスコンピューター製「G-Tune PP-Z-AF」はドスパラのRTX3070搭載マシンよりスペックが高いにも関わらず、破格の値段です。

即出荷のドスパラと違って納期に数日時間がかかるとはいえ、この値段と性能はかなりお得な仕様となっています!

最高画質+144fpsを目指すなら「ガレリアXA9C-R38」がおすすめ

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38
CPU : Core i9-12900K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 超ハイスペック
  • レイトレーシング+60fpsでプレイ可能
  • 最新ゲームを最高設定で遊べる
  • ゲーム実況配信や動画編集も楽勝
デメリット
  • 性能に比例して高額

RUSTを最高画質かつ144fpsでプレイしたいなら 「ガレリア ZA9C-R38」をおすすめします。

ガレリア ZA9C-R38」は最新かつ最高スペックのGPUとCPUを搭載した最高峰のゲーミングPCです。
やはりスペックに比例して価格は上がってしまいますが、「最強のスペックで遊びたい」というゲームに妥協を許さない人におすすめします。

この性能があれば4Kでも90fps近くは出ます。

ここまで高スペックだとRUSTに限らずさまざまな最新ゲームを快適に遊ぶことができるので、今後数年はあらゆる新作で最高設定を目指せるハイエンドゲーミングPCと言えます。
画質やフレームレートにこだわりがあるゲーマーならば初期投資と割り切って、優雅なPCゲームライフを送りたいところです。

ガレリア ZA9C-R38」を購入する時にメモリを「32GB(16GB×2)」にカスタマイズすれば重い動画編集もサクサクできるようになるうえ、ゲーム実況や配信の負荷も物ともしないので、「RUST以外の色んな作業にPCを使いたい!」という人にもおすすめです。



最強グラボRTX3090搭載ゲーミングPCが欲しい方はこちらもおすすめ

ガレリア  ZA9C-R39詳細なスペックを公式サイトで確認する

「ガレリア ZA9C-R39」は「RTX 3070 Ti」から「RTX 3080 Ti」までをも上回る最強GPU「RTX 3090」を搭載した最高性能のゲーミングPCです。

対人ゲーからシングルゲームまでほぼ全てのタイトルでオーバースペックとなる性能で、ストリーマーや動画編集者、「ゲーム中絶対にPCに足を引っ張られたくない」というコアゲーマーにとっては魅力的なモデルとなっています。

「ガレリア ZA9C-R39」は限界までハイスペックなPCを体験してみたい人におすすめします。

ゲーミングノートPCなら240Hz液晶搭載の「ガレリア UL7C-R37」がおすすめ

ガレリア UL7C-R37
ガレリア UL7C-R37
CPU : Core i7-11800H
グラフィック : RTX 3070
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • 240Hz対応モニター
  • 次世代GPU・RTX3070搭載
  • 最強のゲーミングノートPC
デメリット
  • デフォルト構成のストレージ容量がやや少なめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ガレリア UL7C-R37」のモニターはノートPCとしては異例の「240Hz対応」で、60fpsを大きく超える240fpsまで表示できるようになっています。

ハイエンド級の性能でありながらコストパフォーマンスは非常に高く、『RUST』をPS5以上のパフォーマンスで遊びたいノートPCプレイヤーには最適なモデルです。

RUST 動作環境・必要推奨スペック

RUSTGは普通のパソコンでは絶対に遊べない

PC版『RUST』の必要スペック・推奨スペックと、グラボなしのパソコンでもプレイ可能なのかを解説します。

RUST 必要スペック

最低スペック
CPUIntel Core i7-3770
GPUGTX 670

『RUST』の必要スペックはかなり高いです。具体的には、PS4のスペックでは必要スペックにぎりぎり届かないんじゃないかというレベルで高いです。

『サイバーパンク2077』の推奨スペックが『RUST』の必要(最小)スペックと同じくらい」といえば、『RUST』が要求するスペックの高さもわかるのではないでしょうか。

もちろんグラフィック設定を下げてフレームレートも落としてプレイするならこれくらいのスペックでも、あるいはこのスペック以下のPS4やPCでもプレイはできるかもしれません。

しかし間違いなく言えるのは、もし『RUST』を最高に楽しみたいなら「PC版」1択です。

PC版で少しでも安く『RUST』を遊びたい方には、フルHD/30fpsを望めるGTX 1650搭載「マグネイト MH」がおすすめです。

RUST 推奨スペック

推奨スペック
CPUIntel Core i7-4790K
GPUGTX 980

『RUST』は「多人数参加型のマルチプレイ」「オープンワールド」なので、要求スペックは高く思う存分遊び尽くすには上位・最新のパーツが必要になるかもしれません。

また、拠点などを建築していくので、建造物が増えれば増えるほど重くなっていきます。

本編をPS4以上の環境で一通りプレイしたい、というだけなら推奨スペック通りのPCでも問題ありません。

RUSTはグラボなしの低スペックPCでは絶対に遊べない

『RUST』はグラボなしの普通のパソコンでは絶対に遊ぶことができません

ゲーミングPCだとしても10年前のグラボを搭載している場合、60fpsを安定して動作させることは不可能です。

補足
現在使っているパソコンの性能に不安のある方は、パソコン大百科の「PCスペックの確認方法」という記事がGPU、CPU、メモリの確認方法をガイドしているので参考にしてください。

RUSTはPC版が絶対におすすめ!

RUSTはPC版が絶対におすすめ!

『RUST』は2018年に正式リリースされたゲームですが、最近急激に盛り上がりを見せています。 その理由はゲーム実況者であるソバルトさんが『RUST』の配信者向けサーバーを作り、多くの有名ストリーマーやVTuberが参加したからです。

サバイバルゲームならではの協力や対立、ロールプレイなど、配信者たちが織りなすヒューマンドラマがいくつもの名場面を生みました。 また、今まで絡んだことがなかった配信者どうしの絡みなども見ることができ、実現するとは思わなかった夢の共演を楽しむこともできます。

そんな今再流行中のゲームを思う存分遊ぶにはPC版一択です。『RUST』はPS4にもありますが、スペック不足でフレームレートは低く、バグも多いのでPS4版のAmazonの評価は低くなっています。

PCならMODで遊び放題

sekiro ニーア

『RUST』だけに限りませんが、PCゲームにはMODというものがあります。 MODとは、ゲームの拡張パックのようなもので、新しいシナリオや追加アイテム・種族などゲームの幅がとても広がります。

RUSTの場合、ソロだと物資を集めるのに時間がかかるため、採取量アップなどの便利なMODもあります。

最初はMODなしで遊び、MODを入れてまた遊ぶことによって二度たのしむことができます。 PC版で遊ぶ理由は画質やロードの速さなどもありますが、このMODの存在も非常に大きいです。

PS5はPCより手にれにくく、人口も少ない

PS5はスペックが高いので、MODで遊べないという致命的な点に目をつむれば『RUST』をプレイすることは一応できます。

ただ、RUSTは多人数参加型のオープンワールドなのでゲーム人口は非常に重要です。PS4とPCはサーバーが違います。PS4はスペックが低く、バグも多いので評価が悪いです。そのため、PC版ほど人が賑わっていません。

PS5は性能的には悪くありませんが、過疎っていてはRUSTを最大限に楽しむことはできません。

また、残念ながらPS5は需要に供給が間に合っておらず、特に日本において定価で購入することはほとんど不可能です。

わざわざ高い金を出してPC以下のプラットフォームを買うくらいなら、普通に手に入るミドルスペック~ハイエンドなゲーミングPCを買ったほうがはるかにお得です。

家庭用ゲーム機を選ぶメリットがほぼない

PS5はミドルスペックのPCに近いスペックを持っていますが、それでもPS5などの家庭用ゲーム機を選ぶメリットはほぼ存在しません。

正確には、唯一DualSense(PS5コントローラー)のハプティックフィードバック機能=振動機能だけがメリットで、3Dオーディオなどには非対応となっており、残念ながらPC版のメリットを上回るほどのものとは言えません。

『RUST』おすすめゲーミングPC購入時によくある質問

デスクトップPCとノートPCどっちがおすすめ?

デスクトップPCをおすすめします。
「価格」「性能」共にノートPCよりもデスクトップPCの方が圧倒的に優れています。

「サブ機として使いたい」「置き場が無い」「持ち運びたい」という方にはノートPCをおすすめしています。
ゲーマー向けのモデルには、ノートPCでも240hzディスプレイを搭載しているものがあるので予算にあわせて選んでみてください。

グラボなしでも遊べる?

ほぼ不可能です。

『RUST』はマルチ要素のあるゲームなので、一人だけグラボなしでプレイしていたらまともに動けず周りに迷惑をかけてしまいます。

ゲーミングPCはどこで買えばいい?

パソコンを買うなら電気屋や家電量販店はNG」です。単純に割高だからです。ゲーミングPCはBTOショップで安く高性能なモデルを購入することをおすすめします。

BTOショップの中でも在庫の潤沢さ、出荷速度、値段、サポートなど総合的に考えるとまずは「ドスパラ」、それに次いでサポートの手厚い「マウスコンピューター」もおすすめです。

RUSTはどこで買えばいい?

PC版『RUST』を買うならSteamからダウンロードするのがベストです。

RUSTおすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・格安PC60fpsで遊びたい → 「ガレリア RM5C-R36
・大人気ゲーミングPC+144fps安定 → 「ガレリア XA7C-R37
最高画質+144fps → 「ガレリア ZA9C-R38
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア UL7C-R37

ぜひ、自分に合ったゲーミングPCを見つけて『RUST』ライフを楽しんでください!

以下の記事でも「初心者向けおすすめゲーミングPC」を総合的に紹介しています。様々な価格帯のモデルからゲーミングPCを探したい人はぜひ参考にしてください。

関連記事 ゲーミングPC おすすめ

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入したいおすすめゲーミングデバイスはこちらの記事でまとめています。
モニター、マウス、キーボード、ヘッドホンからゲーミングデスクやゲーミングチェアまで、この記事を参考にすればゲーミング環境がすべて揃います。

ゲーマーに最適なおすすめネット回線はこちらでピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

関連サイト ゲーマー向けネット回線メディア『ファストゲーミング』

スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事