Division2

【ディビジョン2】おすすめ武器&強い組み合わせ【Division2】

『ディビジョン2』は敵の数が多いので、「適切な距離」で「弾数を管理」しながら武器を切り替えながら戦う必要があります。

武器種ごとに武器の強みや使いやすさ、おすすめの組み合わせを紹介します。

アサルトライフル

オールレンジで扱いやすいアサルトライフルは「精度」が強みです。

普通の対人型FPSであれば高火力、高反動(例:AKなど)のアサルトライフルも強いのですが、『ディビジョン2』では火力を重視するならライフルを使ったほうがいいかもしれません。

MODで強化し60発を超える弾数を誇るアサルトライフルは1マガジンでネームドエネミーを倒すことができます。

・精度が良く扱いやすい
・当てやすい=火力を出しやすい
・弾数が多く、たくさんの敵と一気に戦うことができる
・オールレンジ対応

オススメのアサルトライフル

『P416』や『G36』などの安定したアサルトライフルがオススメです。

どんな距離でも戦いやすくクセがないので簡単に扱えて、すべての状況に対応する事ができます。

「遠くに敵がいるからスナイパーを持ちたいけど近くにも敵が迫ってきているから武器の持ち替えができない」なんて状況でも精度の高いアサルトライフル1つでどちらも倒す事ができます。

アサルトライフルと相性のいい組み合わせ

アサルトライフルはどんな武器とも好相性です。

遠距離でポジションを取る場合も少し敵が近付いてきた時にアサルトライフルを持っていれば十分に対処できますし、近距離戦闘でも主力になります。

アサルトライフルは基本的に1丁は常備しておくといいでしょう。

ライフル

ライフルは弾数は少ないですが高火力の単発武器です。

近距離でも使用でき、遠距離はヘッドを狙う事で力を発揮します。 乱戦には向かないですが、武器を2丁持てる『ディビジョン2』では常に2つ目の武器の候補には入るのではないでしょうか。

ARとしてもSRとしても活用できキルスピードが早いライフルは万能型の銃です。

・オールレンジ対応
・高火力
・弾数が少ない

オススメのライフル

『MDR』や『Mk17』などのライフルがオススメです。

ライフルは高火力であればあるほどいいと考える方もいるでしょうが、それならばスナイパーを使えばいいのでは?と思います。

ライフルの強みは「少し火力が高く」「連射しても反動制御をしやすい」という点なのです。

ライフルと相性のいい組み合わせ

マークスマンライフル

ライフルとマークスマンライフルで敵を寄せ付けずに高火力でひたすら処理できます。

狭い場所での乱戦では苦労しますが、ライフルなら一応戦えます。タレットなどのスキルも使って敵と距離を取れば、キルスピードが速いのでテンポよく敵を倒し続ける事ができます。

補足
精度の良いライフルならショットガンなどと組み合わせて近距離と中距離で戦うこともできますが、 アサルトライフルと違ってすべての状況に対応することはできません。

サブマシンガン

反動が強く弾がばらけるものの近距離戦闘では圧倒的な力を発揮します。

使い勝手はオールレンジ対応のアサルトライフルのほうが上ですが、大量に敵が攻めてくる『ディビジョン2』では近距離の乱戦状態になることも多く、サブマシンガンの使い方次第でキルスピードが格段に上がります。

・連射速度が速い
・キルスピードが速い
・反動が強く近距離でしか活躍できない

オススメのサブマシンガン

『MP5』や『Vector』がオススメです。

『MP5』は精度が良く扱いやすいうえにサブマシンガンならではの連射速度もあります。『Vector』は弾の反動は強いものの連射速度がものすごく早く、キルスピードに特化しています。

攻めてくる敵に対して強いのは『MP5』、近距離でカバーしている敵に強いのは『Vector』です。

サブマシンガンと相性のいい組み合わせ

ライフル

近距離特化のサブマシンガンは中距離でほとんど使用しませんが、かといってマークスマンライフルも中距離では若干使いにくい。そこで高火力+オールレンジ対応のライフルの近距離の弱みをサブマシンガンでカバーする組み合わせをオススメします。

ショットガン

ショットガンは完全に近距離特化型の武器で、すぐ目の前にいる敵にのみ力を発揮します。

敵も自分もカバーしている状態だとサブマシンガンの方が使いやすいのですが、自分から攻める時や左右から同じタイミングで敵が攻めてきた時は交戦時間ゼロで敵を倒せるショットガンのほうが強力です。

・高火力
・キルスピードが速い
・近距離特化

オススメのショットガン

ポンプ式のショットガンをオススメします。

ポンプ式ショットガンのリロード時間は遅いですが、1発詰めてリロードをキャンセルすれば即座に1発撃つ事ができます。トータル火力では連射式に劣りますが、単発火力の高さで1発で勝負が終わるポンプ式ショットガンをオススメします。

マガジン式のオススメは『SASG-12』です。

連射速度とリロード速度共に他のマガジン式のショットガンより早く、ダメージを出しやすい武器です。

マガジン式の弱みも薄い能力値なので、ボス戦ではSASG-12が圧倒的に強みを発揮する事ができます。

ショットガンと相性のいい組み合わせ

アサルトライフル

ショットガンは近距離戦闘以外で戦っても勝てないのでオールレンジ対応のアサルトライフルと組み合わせるのがオススメです。

ライフルと組み合わせる事もできますが、使い勝手で言えばアサルトライフルのほうが安定します。

マークスマンライフル

単発式と連射式の2種類あるスナイパーライフルですが、どちらにも用途はあります。

単発式のスナイパーライフルはカバーで隠れながらの戦闘がしやすく、敵が沸いて攻めてくるシーンで高所を取っていれば少し頭が見えるくらいの敵を1発で倒す事ができます。

連射式は移動する敵に対して強く、ボス戦などでも使い勝手自体はいいのですが、少し距離を詰めれば同じような使い方でライフルの方が火力がでるので使いどころが限られてしまいます。

オススメのマークスマンライフル

『M44』や『SR-1』などの武器がオススメです。

スナイパーは単発式なので反動なども大きな違いはなく能力値である程度の強さが決まってしまいますが、この2丁は「射程距離」というスナイパーとしての強みをしっかりと持っています。

マークスマンライフルと相性のいい組み合わせ

アサルトライフル

ヘッドショットを外してしまった時、多少距離が開いてても簡単に削りきれる武器を1丁持っておくと安定して敵を倒す事ができます。

マークスマンライフルは遠距離特化型なので、近距離でも中距離でも戦える武器と考えるとアサルトライフルが適任でしょう。

ライトマシンガン

ライトマシンガンの特徴として、敵を「制圧」状態にしやすいというものが挙げられます。 制圧状態とは一定時間敵がカバー(物陰に身を隠すこと)したまま動けなくなるというもので、一見強力ですが敵を倒しきる前に制圧してしまうのでキルを取り切れないシーンも多々あります。 制圧せずに敵を倒したいならずっとライトマシンガンを持ち続けるのは難しいかもしれません。

・弾数が多い
・簡単に制圧できる
・リロードが遅い
・精度が悪い

オススメのライトマシンガン

『L86』や『RPK』などの武器がオススメです。

一言で言えばアサルトライフルのようなライトマシンガンです。

装填数は少ないですが、ライトマシンガンの特性はしっかりと持っていて精度が高くフルオート撃ちできる武器なので制圧状態に入る前にキルを取ることも可能です。

ライトマシンガンと相性のいい組み合わせ

サブマシンガン

ライトマシンガンは他の武器と比べて精度が良いとは言えないので、実は中距離から一歩敵に近づいた距離ぐらいでポジションを取ると戦いやすいです。ただし近距離だとライトマシンガンのリロードは命取りになるので、サブマシンガンで近距離戦に安定感を持たせるのがいいでしょう。

『ディビジョン2』関連記事

『ディビジョン2』をこれからはじめる初心者のための序盤攻略はこちら。

『ディビジョン2』の攻略wikiはこちら。

ディビジョン2 / 攻略カテゴリの最新記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。