• HOME
  • 全記事
  • ゲーミングPC
  • 【2020年最新】PC版『黒い砂漠』おすすめゲーミングPC | 「リマスター」「ウルトラ」推奨スペック紹介
黒い砂漠

【2020年最新】PC版『黒い砂漠』おすすめゲーミングPC | 「リマスター」「ウルトラ」推奨スペック紹介

大量のコンテンツと最高峰のグラフィック、高いアクション性でMMORPGの到達点とも言われた『黒い砂漠』。

PC版だけでなくPS4版とモバイル版もリリースしており、プレイしたことがなくても名前を耳にしたことがある人は多いかと思います。
この記事では新たに『黒い砂漠』をプレイしたいという方に向けて、「PC版向け『黒い砂漠』におすすめなゲーミングPC」と「PC版とPS4版の違い」を、実際にPS4版からPC版に移行した筆者個人の意見を交えて紹介します。

以下の3つのうちどれか1つでも当てはまる人はこの記事を参考にしてください。

  • 『黒い砂漠』のPC版とPS4版のどちらをやればいいのか悩んでいる
  • 『黒い砂漠』を自分のPCでプレイできるか分からない
  • 『黒い砂漠』をPS4版でプレイしているが、PC版にも興味がある

めんどくさい説明は省いて『黒い砂漠』におすすめなゲーミングPCの詳細だけ手っ取りばやく見たい!」という方は以下のリストからどうぞ!

・とにかく遊びたい → 「ガレリアXA7C-G60S
・高設定60fpsで遊びたい → 「ガレリアXA7C-R70S
・ウルトラ設定で遊びたい → 「ガレリアZA9C-R80T
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCL2060RGF-T

そもそも『黒い砂漠』ってどんなゲーム?

黒い砂漠 馬車

『黒い砂漠』は、ひとことでいうと何でも出来るゲームです。

戦闘、貿易、錬金、釣り、狩猟、航海、馬の調教など、ファンタジーMMORPGの基本コンテンツは全て抑えているので、
戦闘が苦手な人は生産系の職業やスキルを極めて、貿易でお金を稼ぐのもよし
最前線で戦い、対人戦で自分の強さを追求するもよし
狩猟スキルや釣りを鍛えて、生計を立てるのもよし
物語を進めて、黒い精霊の謎を突き止めるのもよし

それぞれのユーザーに合ったプレイスタイルを実現可能なのが、『黒い砂漠』というゲームです。

黒い砂漠はPS4版よりPC版がおすすめ

ここからは、PC版『黒い砂漠』でしか味わうことの出来ない、他のハードにはないPC版ならではの良さをプレイヤー視点で書いていきます。

コンソール版は集団戦で処理落ちする」「PC版は基本無料だけどPS4版は有料」といった露骨な違いもありますが、それ以上に「放置を含めたマイペースなプレイ」「没入できる美しいグラフィック」という『黒い砂漠』の強みを最も完全な形で味わえるのがPC版なのです。

詳しく説明していきましょう。

最新のクラスが実装されるのはPC版『黒い砂漠』だけ

実は、『黒い砂漠』のPC版とそれ以外とではゲームのアップデート状況や仕様に大きな差があります。
最新のパッチが適用されているのはPC版のみで、それ以外のバージョンはPC版にアップデートが追い付いていないため、実装内容が違います。

が、しかし、元PS4版ユーザー現PC版ユーザーである私がPS4版をプレイしていた時に感じていたことは・・・「利用できるクラスが違う!!(結構大事)」。
例えば「ガーディアン」という近距離アタッカーがPC版に追加される時も、すぐにPS4版に実装されるわけではありません。

黒い砂漠 ガーディアン

これで困るのが、一部の強すぎるクラスがいる時、PS4版にはそのクラスの天敵となるクラスが存在しないため強クラスが暴れるがままでどうしようもない、という環境が出来上がってしまうことです。

コンソール版のアプデの遅れ自体は『ARK:Survival Evolved』しかり、マルチ展開されているオンラインゲームとしてそれほど珍しいわけではありません
ですが、そもそもMMORPGには頻繁なアプデでリアルタイムに変わっていくゲームを楽しむという側面もあるので、せっかくのアプデに新鮮味がないっていうのは残念なんですよね。

『黒い砂漠』PS4版の画質は低い・重い

黒い砂漠 グラフィック

『黒い砂漠』といったら、やはりグラフィックです。
異世界でありながら「現実的」としか言いようがない味のあるフィールドへの没入感は、他のMMORPGにもそうはありません。

この『黒い砂漠』の美麗グラフィックをフルに描画できるのはPCのみです。
PS4版は、PS4のスペックに合わせてグラフィックの読み込みを抑え、コントラストを上げることでユーザーにオブジェクトの位置がわかりやすいように設定されています。
このPS4の設定は、PC版の設定でいうところの下から2番目くらいの設定です。

黒い砂漠ps4黒い砂漠pc

PS4版はプレイヤーキャラクターの周りのオブジェクトだけを描画するように出来ているので、奥にある船や海面に反射された光などの細かい環境光が反映されていません。
水中で比較すると、PS4版でこの環境光がどれだけカットされているかがよく分かります。

ps4黒い砂漠水中pc黒い砂漠水中

フィールドのオブジェクトの一部を比較しただけでもこれだけ違いますが、街中のNPCも、PS4版だと読み込みが追い付かず黒いシルエットになることがしばしば。
PC版なら黒い化け物となったNPCと街中で遭遇することはありません。

黒い砂漠npc

私自身、現在はPC版ユーザーでグラフィックボードにもこだわっているということもあり、今振り返ってみるとPS4版のグラフィックについては惜しい点が多かったです。

『黒い砂漠』CS版のシステム的制限

PC版とPS4版では、システムに若干ですが差があります。
PS4版は、マシンへの高負荷を避けるために「街中での搭乗物のスキルが使えない」「UIの配置を自分好みに変えることが出来ない」など、いくつかの制約があります。
そして、個人的にPS4版の最も重要な欠点は、「スクリーンショット時にフィルターを使うことが出来ない」という点です。

『黒い砂漠』といったら、美しいグラフィックを活かした豊富なキャラクタークリエイトも人気です。そのため、自分の作ったキャラをオシャレにかっこよく見せたいと思う人も多いはず。
PC版では、画面に対してフィルターをかけて、オシャレにスクリーンショットを撮れます。

黒い砂漠 フィルター

「Cyan」という青みが強くなるフィルターを使用


PS4版にこの機能がないのは個人的にかなり惜しいと感じてしまいました。

PC版『黒い砂漠』ならではの放置要素

黒い砂漠 馬

『黒い砂漠』を他のMMORPGと比べた時の大きな特徴の一つが「充実した放置要素」です。

「放置」というのは要するに、プレイヤーがゲームから離れて寝ている時でも『黒い砂漠』の中ではプレイヤーキャラクターが釣りをしたり、料理をしたり、馬を走りまわせて育てたりして勝手にレベルアップしてくれるという育成の核となる成長システムのことです。

その「放置」はPS4版などの家庭用機ではできないのか?と言えば、できないわけではありません。ただ、圧倒的にマシンに負荷をかけてしまうだけで。
「放置」するということはもちろん電源は入れっぱなし、ゲームは動作しっぱなしで、筆者などはPC版で『黒い砂漠』を常時起動させてバックグラウンドで放置しているわけですが、PS4では「タスクトレイに入れて負荷軽減しながら放置」とかもできないので、ただただゲーム機を酷使して故障の可能性を上げることになってしまいます。

『黒い砂漠』は元々PC向けに作られたゲームなので当然ですが、単純な遊びやすさだけではなく、全体的なゲームデザイン自体がPCを前提とした作りになっています。

『黒い砂漠』必要環境・推奨環境

『黒い砂漠』は2018年のリマスタリングアップデートで大幅に画質が上昇、それと同時に要求されるスペックも上昇しました。

BTOショップのドスパラが『黒い砂漠』の推奨スペックを「低設定向け」「中設定向け」「高設定向け」で分けて載せているので、ここで紹介します。

『黒い砂漠』低設定推奨スペック

LOW
OS32ビットまたは、64ビットのWindows 10
CPUIntel Core i5
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GTX 970/ AMD RX 480
容量27GB以上

『黒い砂漠』を「LOW」設定で遊びたい人向けのスペックです。
全体的にかなり安いパーツが並んでおり、画質やフレームレートを気にせずただ動かすだけなら5年前のPCでも問題なさそうです。

『黒い砂漠』中設定推奨スペック

MIDDLE
OS32ビットまたは、64ビットのWindows 10
CPUIntel Core i7-8700
メモリ16GB RAM
GPUGTX1070 8GB
容量27GB以上

『黒い砂漠』を快適にプレイできるのがこの水準になります。
GTX1070はPS4世代のゲームをPCでプレイするのに必要とされる平均的なGPUです。

『黒い砂漠』高設定推奨スペック

HIGH
OS32ビットまたは、64ビットのWindows 10
CPUIntel Core i7-8700K
メモリ32GB RAM
GPUGTX1080ti 11GB
容量27GB以上

『黒い砂漠』を最高設定で快適にプレイしようと思ったらかなりのスペックを要求されます。
実際にプレイしている感覚で言えば、メモリ16GBは確かに必須レベルだと思いますが、32GBまでいくと好みの領域かもしれません。

『黒い砂漠』おすすめゲーミングPC

この記事では『黒い砂漠』をゲーミングPCでプレイする場合のメリットを説明しました。
それをふまえ、「60fpsで遊びたい場合」「高設定で遊びたい場合」「本気でやりこみたい場合」のおすすめゲーミングPCを紹介していきます。

今回紹介しているゲーミングPCはBTOショップ「ドスパラ」のネット通販で購入できます。

ドスパラでゲーミングPCを購入する手順や支払い方法はこちらで解説しています。買うゲーミングPCを決めたらこれらの記事を参考にしてください。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCについて

RTX3080、RTX3090搭載ゲーミングPCが各BTOショップから販売開始されていますが、現在は「在庫切れ」「出荷までの日数が2~3週間」のものが多いためおすすめゲーミングPCには挙げづらい状況となっています。

今すぐにゲーミングPCを手に入れてゲームをプレイしたい方にはこれから紹介する既存モデルをおすすめします。

ですが、「入手までに時間がかかってもいいから最新のグラボが搭載されているゲーミングPCが欲しい」という方には以下の記事で「RTX3080、RTX3090のおすすめゲーミングPC」を紹介しているので参考にしてください。

RTX3080ゲーミングPCおすすめ
RTX3090ゲーミングPCおすすめ

『黒い砂漠』を60fpsで快適にプレイしたい人には「ガレリアXA7C-G60S」がおすすめ

ガレリア XA7C-G60S
ガレリア XA7C-G60S
CPU : Core i7-10700
グラフィック : GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ゲーミングPCの中では格安
  • PS4以上のスペック
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • 最高設定は不可能

『黒い砂漠』をPS4以上の環境で遊びたい&できれば価格も抑えたいという方には「ガレリアXA7C-G60S」がおすすめです。

価格は最新ゲーミングPCの中ではかなり安く、『黒い砂漠』をプレイするのに必須であるSSDも搭載しているので性能的には問題ありません。
ただしPS4 Proと比べて極端に性能が良いと言えるほどのスペックではないため、「そこそこのグラフィック設定の『黒い砂漠』を60fpsで遊びたい」なら十分ですが、「最高のグラフィックで遊びたい」人には不向きです。

また「ガレリアXA7C-G60S」だと次世代ゲームの高い要求スペックに付いていけるかも怪しいので、もし『黒い砂漠』以外にも色んなMMOや新作ゲームをプレイしようと考えているなら、少しお金を足して性能の高いゲーミングPCを買うことをおすすめします。

『黒い砂漠』を高設定でプレイしたい人にはガレリアXA7C-R70Sがおすすめ

ガレリア XA7C-R70S
ガレリア XA7C-R70S
CPU : Core i7-10700
グラフィック : RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R70S」実機レビュー

メリット
  • 高設定で60fpsが維持できる
  • ドスパラ推奨『黒い砂漠』向けPC
  • ゲーム実況配信・動画編集もできる性能
デメリット
  • 最高設定だと60fpsを下回ることも

『黒い砂漠』を高設定(リマスターモード)+60fps以上でプレイしたいならドスパラの人気モデル「ガレリア XA7C-R70S」がおすすめです。

ガレリア XA7C-R70S」なら次世代ゲームも不自由なく遊べるので、流行りのオンラインゲームには常に付いていきたい!というコアゲーマーに向けたワンランク上のゲーミングPCになります。

ドスパラも『黒い砂漠』向けゲーミングPCとして「ガレリア XA7C-R70S」を推奨しているため、「ウルトラ設定でフレームレートもヌルヌルで処理落ちゼロで4Kで・・・」なんて過大な期待をしなければ十分満足できるでしょう。

『黒い砂漠』を最高設定で本気でやり込みたい人はガレリアZA9C-R80Tがおすすめ

ガレリア ZA9C-R80T
ガレリア ZA9C-R80T
CPU : Core i9-10900K
グラフィック : RTX 2080 Ti 11GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る
メリット
  • ウルトラ設定でも普通に遊べる
  • 4K最高画質でも普通に遊べる
  • ドスパラ推奨『黒い砂漠』向けPC
  • あらゆるゲームが最高の環境でプレイできる
デメリット
  • 高い

『黒い砂漠』を最高のグラフィックで遊びたい、または4Kで遊びたいなら、「ガレリアZA9C-R80T」 がおすすめです。

『黒い砂漠』というのは上を見ればキリがないほど負荷のかかるゲームなので、みんなどこかでグラフィック設定を妥協してプレイしています。
そんな中で「ガレリアZA9C-R80T」 なら「リマスター + 4K」という真の最高設定でプレイできます。

「ウルトラ」というのは圧倒的な美麗グラフィックをスクリーンショットなどで保存して楽しむためのモードなので、ウルトラ設定でゲームプレイを楽しむというのはあまり現実的ではないのですが、やろうと思えばそんなおかしなプレイもできてしまうのが「ガレリアZA9C-R80T」 です。

グラフィックにもフレームレートにも一切妥協したくない人はゲーミングPCの中でも最高峰の「ガレリアZA9C-R80T」 で『黒い砂漠』を楽しみましょう。完全なノーストレスとはこのことです。

ゲーミングノートPCを選ぶなら144hz液晶搭載 + 高性能GPU のモデルがおすすめ

この記事ではデスクトップゲーミングPCをメインにおすすめしてきましたが、「場所を取りたくない」「手軽に持ち運びたい」という方はゲーミングノートPCも選択肢に入ってきます。

ノートPCはデスクトップPCと比べて性能が低いイメージがありますが、最近のゲーミングノートPCは「高性能GPU + 144hz液晶搭載」のものが増えてきてるので、そのような機種を選べばデスクトップゲーミングPCと遜色なく快適にゲームを遊ぶことができます。

「ゲーミングノートPCの選び方」については以下の記事にまとめてあります。

144fpsで遊びたい人にゲーミングノートPCを1つ選ぶと「GALLERIA GCL2060RGF-T」がおすすめです。

ガレリア GCL2060RGF-T
ガレリアGCL2060RGF-T
CPU : Core i7-10750H
グラフィック : GeForce RTX 2060 6GB
メモリ : 16GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ : 512GB NVMe SSD
ディスプレイ: 144Hz 15.6インチ
ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア GCL2060RGF-T」実機レビュー

GCL2060RGF-Tは「i7-9750H」に「RTX2060」、メモリも16GB搭載とかなり高性能なモデル。最新PCゲームで遊んでもまず困ることはないです。もちろんSSDも搭載しているのでロードも爆速。

ディスプレイは144hzに対応。このスペックなら最新PCゲームでも設定を詰めれば144fpsでヌルヌルサクサクと遊べちゃいます。

さらにハイスペックなものを求めるとコスパ的には厳しくなってくるので(25~30万円を軽く超えてきます…)、性能と価格のバランスが取れているこの機種を強くおすすめします。

ガレリア GCL2060RGF-Tは「性能・価格」全てのバランスがパーフェクトなゲーミングノートPCです。

当サイトに実機レビュー記事もあるので参考にしてください。


『黒い砂漠』おすすめBTOパソコンおさらい

この記事で紹介したゲーミングPCをまとめました。

・60fpsで遊びたい → 「ガレリアXA7C-G60S
・高画質で遊びたい → 「ガレリア XA7C-R70S
・妥協なしで遊びたい → 「ガレリアZA9C-R80T
・ゲーミングノートPC → 「ガレリア GCL2060RGF-T

この記事を参考にゲーミングPCを購入して『黒い砂漠』で快適なMMOライフを送っていただけると嬉しいです。

ゲーミングPCを購入するあなたに読んで欲しい記事

ゲーミングPCと一緒に購入する「ゲーミングデバイス」にもこだわりたいあなたに向けた記事一覧です。

FPSをメインにプレイするゲーマーが最優先で用意するべきアイテムであるゲーミングモニター。
144hzに慣れてしまったら60hzのモニターには二度と戻れなくなります・・・!

ゲーミングマウスも必須アイテムなので一緒に購入しておきましょう。
ワイヤレスゲーミングマウスがおすすめです。一度コードの煩わしさから開放されると元には戻れません・・・!

ゲーミングキーボードももちろん必須アイテムです!

FPS系のジャンルでは音周りはかなり重要です。足音を聞き逃さないために、ゲーミングヘッドセット・イヤホンにはこだわりましょう。

ゲーミングチェアのおすすめランキングです。
ゲーミングチェアはコピー商品が多いため、ちゃんとした品質のものを厳選してセレクトしました。

ゲーマーに最適なネット回線をピックアップしました。
回線速度やラグに悩まされている人は参考にしてみてください。

FPSゲーマーにおすすめなネット回線

関連するコンテンツ