ハンドガンキル-min

『VALORANT』で勝ちたいならゲーミングモニターがおすすめ!プロゲーマー御用達の24インチ&144hz / 240hzモニターを紹介

プロゲーマーも愛用!

『VALORANT』は「10年前のスペックのPCでも遊べる」と運営が公言している通り、今現在稼働しているシューター系のゲームの中ではトップクラスに軽量級のタイトルです。

そのため最新の超ハイスペックなマシンでなくとも144fpsを出すことができます。

最近のPCゲーマーにとって144hz対応のモニターは一家に一台レベルで普及しており、また240hz対応のモニターですら手の届く価格帯となってきたこともあり、さすがにもう「60fps以上は人間の目では区別が付かない」なんて発言は聞かなくなりました。

誰がどう見ても240fpsはヌルヌルでゲームに有利だし、60fpsはカクカクでゲームに不利です。

240fpsでプレイする人が多いゲームの中で自分ひとりだけ60fpsだと仲間の足を引っ張ってしまうことになりかねません。

『VALORANT』をきっかけにモニターを買いたい人や、144hzのモニターを持ってはいるけど更にスペックアップしたい人、妥協せずゲームを上手くなりたい人に向けて、クローズドベータから『VALORANT』をプレイしている筆者がオススメのモニターを紹介します。

Valorantおすすめゲーミングモニター価格(税込/2022年7月現在)
30,100円
63,091円
Amazon人気商品!
当サイト独自で紹介

『VALORANT』におすすめのゲーミングモニター・パソコン紹介

実際に筆者がおすすめしたいゲーミングモニターを紹介します。またモニターを最大限活かすための高フレームレートを出せるマシンも紹介します。

また、当サイトで紹介している以外にもAmazonにはおすすめのゲーミングモニターがあるので、気になった方は以下のAmazon売れ筋ランキングもチェックしてみてください。

『VALORANT』におすすめの「144hz」「240hz」対応ゲーミングモニター

『VALORANT』をプレイしているプロプレイヤーがどんなモニターを使っているのか?という統計結果が公表されています。

モニターリフレッシュレート-min

これを見ていただくと圧倒的に240hzモニターの使用者が多いことがわかります。 これらはプロプレイヤーの話ですが、エンジョイ勢でも今は144hz対応モニターを使うのが当たり前です。

そこで、「144hz対応」のモニターと「240hz対応」のモニターの両方を紹介します。

また、当サイトで紹介している以外にもAmazonにはおすすめのゲーミングモニターがあるので、気になった方は以下のAmazon売れ筋ランキングもチェックしてみてください。

144fpsで『VALORANT』をプレイしたいなら144hz対応「BenQ XL2411K」がおすすめ

メリット
  • 安くて十分すぎる性能と耐久性
  • FPS入門にぴっったり
デメリット
  • ハイスペックPCと組み合わせるなら若干スペック不足

家にあるモニターが144fpsに対応していない、または新規でこれからPCゲームを始めようと検討している方におすすめしたいモニターです。

BenQのXL2411Kは競技シーンでも人気で、数々の公式大会などで使用されてきた製品でもあり、ゲーミングモニターの中でもかなりお求めやすい価格になっています。

「安価でとにかく144fpsを体感したい」「60fpsの今よりも強くなりたい」人におすすめです。

更なる高みの240fpsを目指すなら「BenQ XL2546K」がおすすめ

メリット
  • プロ使用のガチモニター
  • 少しでも勝率を上げたいならこれ
デメリット
  • カジュアルに遊ぶだけなら必要ない

「BenQ XL2546K」は現在CSGOやPUBGの公式大会に採用されている、まさしくプロ仕様のモニターです。『VALORANT』でも非常に多くのプロがこのモニターを使用しています。

さきほどのプロプレイヤーの統計をみてわかる通り、妥協せず本気でプレイしたい、カジュアルプレイヤーと差を付けたい、勝ちたいという志があるのであれば絶対に240hzのモニターを使用するべきです。

240hzモニターは意外にも、PCゲームを始めたばかりの入門者にもオススメです。エイム力の向上につながるからです。

自身の目と体の動きに合わせてヌルヌルと動く画面は、すぐにあなたの実力を高めてくれます。

最初から低いfpsでプレイしていては、伸びるはずの実力が頭打ちになってしまう人が多いです。最初につまづいてFPSを好きになれず辞めてしまう人もいるので、非常にもったいないです。

モニターは一度購入したら中々買い換えるものでもありません。そのため、別のモニターを買って後悔するくらいなら思い切って240hzモニターを買ってしまったほうがいいかと思います。

ぜひ『VALORANT』で240fpsを体感してみてください!

『VALORANT』で「144fps」「240fps」が出せるおすすめのパソコン

240hzのモニターを導入してもPC側のスペックの問題で240fpsを維持できないともったいないので、PCスペック不足の方はこれから紹介するPCに買い替えを検討してみてください。

フレームレートの安定性を重視して、公式の推奨スペックよりも上のPCを紹介しています。

今回紹介しているゲーミングPCは全てBTOショップ『ドスパラ』のネット通販で購入できます。

ドスパラの特徴として「カスタマイズありでも最短翌日出荷+48回分割払いが無料」が魅力です。

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCの在庫状況について

RTX30シリーズ搭載ゲーミングPCは発売当初、需要が高すぎるせいで供給不足という状況が続いていました。

10月現在、最近は仮想通貨の暴落に伴ってGPUを使ったマイニング需要が減ってパーツに余裕ができ、一時期は一週間以上かかっていたマウスコンピューター製品出荷日が「翌日」や「3日後」になるなど、一時と比べれば明らかに早くなっているのがわかります。

それに伴ってPCの値段も下降傾向にあり、もともとゲーミングPCを欲しかった人たちにとってはかなり手を出しやすい状況になりました。

そうはいってもいつどういう要因で値上げがあるのかわからないのがPCの世界ですから、購入希望者は早めに買っておくことをおすすめします。
この記事で紹介しているゲーミングPCは出荷日が翌日~3日のものを中心にチョイスしています。

RTX30シリーズの在庫不足問題について詳しく知りたい方は「グラボ在庫不足・品薄の原因 」を参考にしてください。


『VALORANT』を144fps安定でプレイしたい方は「ガレリア XA7C-R37」

ガレリア XA7C-R37
ガレリア XA7C-R37
CPU : Core i7-12700
グラフィック : RTX 3070 8GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB NVMe SSD

ドスパラで詳細・価格を見る

関連記事 「ガレリア XA7C-R37」実機レビュー

『VALORANT』を240fps安定でプレイしたい方は「ガレリアZA9C-R38」

ガレリア ZA9C-R38
ガレリア ZA9C-R38
CPU : Core i9-12900K
グラフィック : RTX 3080 10GB
メモリ : 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ : 1TB Gen4 NVMe SSD
ドスパラで詳細・価格を見る

『VALORANT』で勝つために必要なこと

連携-min

『VALORANT』で勝つために重要なのはエイム力です。

そんなのFPSなら当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、『VALORANT』では特にエイムが重要です。

そもそも『VALORANT』では足音を消して敵に気付かれずに移動するのが基本なので、「出会い頭での撃ち合い」が頻繁に発生します。

『VALORANT』はヘッドショット一発で敵を倒すことができるので、「とっさにヘッドを狙うエイム力」が試されるゲームなのです。

どれだけ味方同士で連携して作戦を決めてサポートしあっても、こうした撃ち合いで勝てなければ意味がありません。

『Apex Legends』や『フォートナイト』といったバトロワゲームと比べても、『VALORANT』はよりエイムの「反応速度」と「正確な狙い」、そしてゲームと自分のシンクロ率を高める必要があります。

それをサポートするのが高いフレームレートなのです。

そもそもフレームレートとは?

via:https://gifmagazine.net/post_images/709585
フレームレート(fps値)とは”1秒間に何フレームの画像を表示しているか”ということです。fpsの値が高ければ高いほどなめらかに画面が動きます。
上記の画像では60fpsまでしか載っていませんが144fpsだと倍以上なめらかに動きます。
プロゲーマーも愛用!

『VALORANT』は144Hz/240Hzモニターでプレイしよう

「自身とゲームのシンクロ率を高める」ことがなによりも大事なことはおわかりいただけたと思います。

具体的にどうすればシンクロ率が高まるのか紹介します。

マシンスペックが重要

スナイパーヘッド-min

大前提としてゲーミングPCのスペックが重要となります。

いくら「10年前のPCでも動く」と言われても、それは「動く」でしょうが、せいぜい30fpsで「動く」だけで、快適なプレイは望めません

しかし、最新の最高スペックが必須かと言われたら、そうではないです。意外と学生さんでも手の届きやすいエントリークラスのゲーミングPCでも144fpsで遊ぶことができます

以下記事では『VALORANT』の推奨ゲーミングPCを詳しく紹介しているので、気になる方はこちらを確認してください。

高いfpsを映すためのモニターが重要

ハンドガンキル2-min

高いfpsを出せるゲーミングPCを持っていても、モニター側がそのfpsに対応していなかったら意味がありません

また、『VALORANT』は多くのプレイヤーが144fpsでプレイしているため、144hz対応モニター程度ではアドバンテージになりません。

実際に筆者は240hz対応のモニターでプレイしています。

『VALORANT』では主に高速に移動しながらクナイを飛ばして敵を倒すジェットというエージェントを使用しています。

クナイはヘッドショット一撃で敵を倒せるので超強力ですが、高速移動しながら完璧にエイムを合わせるのは難しいです。

特に60hzモニターだとよっぽど上手い人でもない限り全然当たらないのではないでしょうか。

私は特別FPSが上手いわけではないのですが、240hzのモニターの力でエイムや索敵には自信があります。個人的には、自分の力を最大限引き出してくれる240hz対応モニターは『VALORANT』を本気でプレイするには絶対に不可欠だと思っています。

プロゲーマーも愛用!

60fpsで『VALORANT』をプレイするデメリット

ヘッドショット1

『VALORANT』に限らず、今人気のFPSタイトルを60fpsでプレイするメリットは1つもありません

キルタイムの短い『VALORANT』では、モニターやPCなどハードウェアが劣っているとそれだけで瞬間的な撃ち合いに負けてしまいます。60fpsでプレイしていたせいで勝てるはずの場面で負けてしまっていたら、自分だったらチームのメンバーに申し訳なく感じてしまいます

『VALORANT』は敵が居るか居ないかわからない時に決め撃ちをする場面が多くあります。もしそこに敵が居て一発で決まれば問題ないのですが、想定していた場所よりちょっとズレた位置に敵がいたら?

エイムを瞬間的に微調整して敵を撃ち続けるわけですが、この「微調整」が60fpsだと厄介なんです。

「映像が滑らかに動かないと敵に照準を合わせるのが難しい」という当たり前のことは、一度240fpsの世界を体験してみないと気付けません。

ちょっと話はそれますが、アクションゲームやFPSゲームをプレイしていて「なんか画面酔い(3D酔い)するなあ」なんて悩みを持っている人がいますが、その原因も意外と低いフレームレートにあったります。

144fps~240fps出力することができるモニターに変えるだけでも症状が改善されるかもしれません。

補足
あまりにもカクカクする場合は、ただ回線がラグってるだけという可能性もあります。フレームレートが低いだけなのか、回線にも問題があるのか判断の付かない人は一度通信速度をチェックしてみてください。

関連記事 FPSゲーマーにおすすめの光回線を徹底解説

Amazon人気商品!
当サイト独自で紹介

ゲーミングモニターとフレームレート(fps)の重要性まとめ

valorantplay

筆者はもともとPS4で『レインボーシックス シージ』(『R6S』)をプレイしていましたが、PCでもシージをプレイしてみたい!と思い、初めてゲーミングPCを購入しました。

その時PCと同時に購入したモニターは144hz対応のもので、60fpsとは全く違う操作感を実現させてくれるゲーミングモニターに満足していました。

しかしシージも『VALORANT』に劣らぬくらい咄嗟の撃ち合いが多いゲームで、「先に撃ったはずなのに負ける」場面が多々ありました。

私自身の反応速度の問題なのか、使っているマウスが悪いのか、といろいろ考えて様々なゲーミングデバイスを試しましたが改善されませんでした。

なにかの拍子に240Hz対応モニターの存在を知り、買い替えてみたところ、急にこれまで撃ち負けていた「とっさの撃ち合い」に勝てるようになりました。

よく「144fpsと240fpsは人間の目からみたら区別がつかない」という意見を聞きますが、そんなことはありません。マウスを動かしたときのチラツキがまったくなくなりました。そして勝率もあがりました

上で言った通り、『VALORANT』は非常に軽いゲームで、それなりのスペックのゲーミングPCでも240fpsを出すことができます。つまり240hzのモニターを持っていれば手軽に240fpsの世界を体感できるゲームといえます。

144hzのモニターを卒業して、240hzのモニターに買い替えるいい機会ではないでしょうか?時代はとっくに240fpsモニターです。

いままで使っていた144hzのモニターはサブモニターとして有効活用しましょう。60hzのモニターは兄弟か親戚のこどもにでもあげちゃいましょう。

この記事を読んで240hzのモニターをゲットした人は、144hzのモニターを使っている人より上達が早いことでしょう。あとは自分の腕を磨くだけです。頑張ってください!

ゲーム以外の作業もできる「デュアルディスプレイ環境」を作りたい人は「おすすめサブモニター」をご覧ください。

補足

144Hz対応モニターのはずなのにリフレッシュレートが「144」になっていない、というトラブルは多々あります。

これはモニターのリフレッシュレート設定が最初「60」になっていることが原因です。治し方は以下の記事で解説しています。

Amazon人気商品!
当サイト独自で紹介

『VALORANT』関連記事

『VALORANT』向けのゲーミングPCについてもっと詳しく知りたいという人はこちらの記事から推奨ゲーミングPCを確認してください。

『VALORANT』でプロゲーマーが使っているマウスはこちらの記事で紹介しています。

『VALORANT』の攻略ガイドはこちら。

Amazon人気商品!
当サイト独自で紹介
スマホゲームのおすすめアプリをジャンル別に厳選

スマホゲーム おすすめ




HARDMODE おすすめ記事