DEATH STRANDING

【デススト】『DEATH STRANDING』海外レビュー・メタスコア

DEATH STRANDING

DEATH STRANDING
ジャンル  : アクション
機種    : PS4/PC
開発    : コジマ・プロダクション
発売日   : 2019年11月08日
Amazonで詳細を見る

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』海外レビュー

100点 Trusted Reviews

長所
・今世代で最も独創的なゲーム
・恐ろしく、メランコリックで魅力的な世界の探検
・キャラクターは奇妙で、重層的で、面白い
・見事に噛み合った様々なシステム
・革新的なソーシャルインタラクション
短所
・ボス戦にフラストレーションが溜まることも
・一部の謎は未解決

100点 Game Revolution

長所
・ゲーム史上最も優れたストーリーの一つ
・シンプルだが中毒的なゲームプレイ
・俳優のキャスティングと演技は素晴らしい
・グラフィックとサウンドは最高
・まとまりのあるデザイン
・自分のペースでストーリーを進められる

デスストを遊ぶためにPS4を買ってもいい。今年絶対にプレイすべきゲームだ。

100点 Push Square

長所
・他のどんなゲームとも違う魅力的な物語
・忘れられないキャラクター
・素晴らしい配達システム
・楽しい体重管理
・小島秀夫っぽい
・PS4で最高のビジュアル
短所
・一部パートは面倒

『DEATH STRANDING』は特定のジャンルの新たな達成ではない。それは全く新しいジャンルにあるゲームだ。

100点 We Got This Covered

『DEATH STRANDING』は私がこれまでプレイしたゲームの中で最も魅力的な作品の一つです。
「連帯」というテーマは探索から戦闘まで、ゲームのあらゆるデザインに浸透しています。
未知のプレイヤーを助け、助けられ、私の冒険の全てが有意義に感じられました。
その独創性と野心はほとんどのAAAゲームとかけ離れており、一部のプレイヤーは混乱したり失望したりすることでしょう。
『DEATH STRANDING』がいつまでも記憶され続けることは間違いありません。

100点 Gaming Age

SEKIRO』、『Outer Worlds』、『ボーダーランズ3』、『キングダムハーツ3』の並ぶゲームオブザイヤーレースの中で、『DEATH STRANDING』こそ真のゲームオブザイヤー候補に相応しい。 『DEATH STRANDING』は決定的な小島秀夫体験にして、唯一無二のゲーム体験だ。

100点 TheSixthAxis

長所
・ユニークで恐ろしく、イカれてる
・複雑なストーリーを見事に演じる
・ゴージャスなビジュアル
・戦術的で奥深いゲームプレイ
短所
・くだらないジョークと変なカメオ出演
・ちょっと長すぎ

『DEATH STRANDING』はゲームオブザイヤー候補であるばかりか、ゲームオブザジェネレーション候補だ。

100点 Digitally Downloaded

私は小島秀夫の大ファンではない。
メタルギアシリーズにおいて、長ったらしいカットシーンやこじつけ臭いメタファーやたとえ話が、小島が考えるほどにはスマートではないと思うからだ。
そして『DEATH STRANDING』が私を魅了した理由は、まさにこのゲームが小島が考えるほどにスマートだからだ。

『DEATH STRANDING』は伝統的な「ゲーム」よりも「アート」に近い。私はこのレビューを書きながら、このゲームを酷評するレビュアーが出るであろうことを確信している。『DEATH STRANDING』の「ゲーム」的側面はイマイチなので、それはそれで正しい。
しかし芸術作品としての『DEATH STRANDING』は魅惑的で、知的で、パワフルで、私たちはこのような純粋な芸術をビッグバジェットのゲームに見たことがない。
私は新しい、インディー開発者としての小島が好きだ。

92点 Vandal

『DEATH STRANDING』はリスクを犯し、他と違うことを恐れません。数々のAAAゲームが同じフォーミュラに頼る中、小島秀夫は独自のゲームプレイと素晴らしい物語でもって、自らの道(path)を歩みました。

90点 PSX-Sense.nl

小島の新作はユニークで、おそらくユニークすぎるのかもしれません。

80点 ZTGD

長所
・素晴らしいグラフィック
・めちゃくちゃ面白いストーリー
・風変りなゲームの後半
短所
・配達は退屈
・空っぽな世界

コジマプロダクションは良くも悪くも真にユニークな作品を生み出しました。唯一無二のゲームですが、それは常に楽しかったことを意味しません。誰もがこのゲームを崇めることはないでしょうが、その体験を忘れられないことは保証します。

80点 Attack of the Fanboy

『DEATH STRANDING』は素晴らしい部分と腹立たしい部分が同じだけ存在します。優れたグラフィック、演技、サウンドと共に、不愉快なお使いクエストとアイテム管理も存在します。

80点 Easy Allies

『DEATH STRANDING』に対して怒ったり不満を言ったりするのは実に簡単なことだ。それでも、他の数ある保守的なゲームよりも遥かに魅力的な作品だ。

70点 Digital Trends

『DEATH STRANDING』はビデオゲーム界の「生命の樹」です。一部の人はそれをメディアを革新する技術的・物語的傑作と呼ぶでしょう。一部の人は遅く繰り返されるゲームプレイにうんざりするでしょう。このどちらも正当な見方です。
「ゲームじゃなくて映画を作ればいいのに」という小島のヘイターの意見が変わることはないでしょうが、『DEATH STRANDING』の思慮深い社会的側面は、なぜ小島秀夫がゲーム業界で重要な存在なのかを示しています。

70点 USgamer

『DEATH STRANDING』は、小島史上最も大胆な作品かもしれません。それと同時に、小島史上最も退屈なゲームかもしれません。

70点 Metro GameCentral

長所
・奇妙で魅力的な世界とキャラクター
・堅実な戦闘とステルス
・素晴らしいグラフィックと演技
・面白いオンラインシステム
短所
・反復的で退屈なゲームプレイ
・非暴力的なゲーム性に見合わないストーリー

このゲームを愛する人も、このゲームを嫌う人もいるでしょう。
しかし、多くのプレイヤーは単に途中で挫折してしまうでしょう。

68点 IGN

『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』や『レッド・デッド・リデンプション2』といった近年の記念碑的なゲームはリアリズムの硬直性と現実逃避的なゲームの楽しみの境界を上手く渡り歩きました。
一方、『DEATH STRANDING』は無数の独創的なアイディアがありながら、ゲームプレイは魅力的なSFの重みに耐えきれませんでした。

60点 AusGamers

私はこのゲームを小島秀夫の狂信的なファン以外にオススメすることができない。 こんな事は言いたくないが、KONAMIは小島にとって彼の暴走を止める必要悪だったのかもしれない。

35点 Stevivor

『DEATH STRANDING』は、出版社が開発者に自由に「アート」を作らせる事の危険性を教えてくれる救いようのないゴミクズだ。

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』メタスコア

メタスコア84点

近年のAAA大作では稀に見る賛否両論です。PS4(時限)独占タイトルとしては『Days Gone』や『The Order:1886』のようにメタスコアが80点を下回る作品はありましたが、『DEATH STRANDING』ほど真っ二つに評価が割れた作品は他にありません。

低評価のレビューからは「退屈なお使いクエストにどうしても耐えられない」「プレイヤーの時間を尊重していない」という意見が目立ち、配達システムが不評です。全体としてゲームに好意的なKotakuは「『MGS5』ほど顕著ではないが、女性が脇役で、父親についての物語だ」と批判しています。

Gameplanetは「典型的な意味での楽しいゲームではない」「多くのプレイヤーにとってはスローペースすぎる」「一部のプレイヤーにとってはカットシーンが多すぎる」「しばしば特殊な地形とサムの動きが合わない」など多くの欠点を挙げながら『DEATH STRANDING』に「最高傑作」と100点を与え、「ゲームが常に楽しい必要はない」という大胆な宣言をしています。

70点を付けたUSgamerは『DEATH STRANDING』を「独創的な作品が生まれたPS2時代への先祖帰り」とし、「2004年に人々が『塊魂』を説明するのに困った」ように、『DEATH STRANDING』を説明するのは難しいとしています。

『DEATH STRANDING』が「小島の最もパーソナルなゲーム」(Hobby Consolas)であること、万人受けするゲームではないことは間違いなさそうです。

海外レビューカテゴリの最新記事

  • コメント ( 10 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. Anonymous

    100点多すぎワロタ、逆に怖い

    • Anonymous

      食べログと一緒で金ばら撒いたら評価なんてどうとでもなる。
      問題はしこたまばら撒いたのに84点という低さにある。
      ファミ痛はケツの穴舐めんばかりの勢いで満点だったのにね。

  2. Anonymous

    まあ確かに当時の塊魂は楽しいけど説明ができなかったなw

  3. Anonymous

    ゲームを芸術としてみるのか娯楽としてみるのかという感じか
    または感動するためにプレイするか楽しむためにプレイするか

  4. Anonymous

    どつせ未完成なんでしょ

  5. Anonymous

    賛否両論って言ってる人は全員否な気がする。

  6. Anonymous

    この点数の順番は最後まで遊びきった順番だと思う
    最後までプレイすれば100点なんて出そうという気になるわけない

  7. 評価が割れたというよりはツマラナイのに一部が忖度してるだけやろコレ…

  8. Anonymous

    100点のはずなのにコメントが100点とは思えない

  9. Anonymous

    忖度しまくったのにポケモンで存在を忘れられちゃったね